000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces 501-

☆501
嵐よぶおと すがるおと
月待つなどは 無駄なこと

波のこえを うちききて
幸い待つなど 無駄なこと

「波のうゑに 有明の月を 見ましやは 須磨の関屋に やどらざりせば」2011.07.01

☆502
いにしえひとの
旅寝のかなしみ

うつつのひとの
旅へのおもひは

「夜な夜なの 旅寝のとこに 風さえて はつ雪ふれる 佐夜の中山」2020.12.12

☆503
たゆたう舟を 抱える千尋の
かみ梳く我を 捉える惑いの

胸つくほどに 片割れを追い
鳴きむせびて この身はまた

「水のうゑに うき寝をしてぞ 思ひ知る かかれば鴛(をし)も 鳴くにぞありける」2011.07.04

☆504
こころの調べを 目で奏で
知ってはいても 涙する

幾尋も海を 越えるとき
知ってはいても たたら踏む 

「思ふ事 なくてぞ見まし 与謝の海の 天の橋立 みやこなりせば」2011.07.09

☆505
こぞとことしの
そまをかきわけ

こぞとことしの
へだてかきわけ

「宮木引く 梓の杣を かきわけて 難波の浦を とをざかりぬる」202012.12

☆506
こころつくして
ときをまてども

このみつくして
としのふりゆく

「住の江に 待つらんとのみ 歎きつつ 心づくしに 年をふるかな」202012.12










☆507
「別れ行く みやこのかたの 恋しきに いざ掬びみむ 忘井の水」
☆508
「さ夜ふかき 雲居に雁も 音すなり 我ひとりやは 旅の空なる」
☆509
「狩衣 袖の涙に やどる夜は 月も旅寝の 心地こそすれ」














☆545
ひともはなにも
またもさくから

ひとにもはなにも
ふたたびあうから

「春くれば 散りにし花も さきにけり あはれ別れの かからましかば」2015.04.13

☆546
ゆきてかえるは
ひともはなをも

ことのはうむは
ひともはなをも

「行き帰り 春やあはれと 思ふらむ 契りし人の 又も逢はねば」2015.04.15












☆564
幸いにもまだ
あなたの影は
生きていて

幸いにもまだ
あなたの形は
生きていて

「いづかたの 雲路と知らば たづねまし つらはなれけん 雁がゆくゑを」2015.02.23


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.