3013579 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces 601-

☆614
「神世より ひさしかれとや 動きなき 岩根に松の 種をまきけむ」2013

☆625
「白雲に 羽うちつけて とぶ鶴の はるかに千代の 思ほゆるかな」2014

☆628
「千歳ふる 尾上の小松 うつし植ゑて よろづ世までの 友とこそ見め」2012


                      
☆641 
ひとにも ものにも 
日々恋して暮らしつ

ふたりでいても一人
ひとりでいても二人

日々戯れて暮らしつ

ひめかくしてこの生
おわりくるときには

「難波江の 藻にうづもるる 玉かしは あらはれてだに 人を恋ひばや」2011.05.21

☆642
香ばしき紙に 黒き文字みて 
こころ躍らせる 古のごとく

明滅の地平に 彩な文字のみにて 
こころ向けても それ 恋は恋 

「まだ知らぬ 人をはじめて 恋ふるかな 思ふ心よ 道しるべせよ」2011.05.24

☆643
あなたの心がわからないなんて
言ってみるのは虚しいけれど

あなたの心を見せようだなんて
聴いているのも空しいけれど

すでにないから見えないのだもの

「わりなしや 思ふ心の 色ならば これぞそれとも 見せましものを」2011.05.27

☆644
なみだなんぞに だまされはせぬと
知っているのに なぜ心うごくのか

微笑みなんぞに 惑わされはせぬと
誓っているのに なぜ面ゆるむのか

「思ふより いつしかぬるる たもとかな 涙ぞ恋の しるべなりける」2011.09.24

☆645
見えない方が いいのかなあ
君のすがたの 本当のところ

しらない方が いいのかなあ
僕のこころの 向かってる先

「藻屑火の 磯間を分くる いさり舟 ほのかなりしに 思ひそめてき」2011.09.26

☆646
いずれ手放す ものと知りつつ
色に出ぬよう まもるのは何故

まだ幾百万遍も 来ねばならぬ 

ひとを恋う ちから失うよりは
ひとを思う こころ失うよりは

「いかにせむ 思ひをひとに そめながら 色にいでじと しのぶ心を」2011.10.01

☆647
名はいらぬ そが誰でも
めにうつる それが答え

形もいらぬ もはや今は
めにのこる それが御身  

「ひとめ見し 人はたれとも 白雲の うはの空なる 恋もするかな」2011.10.04

☆648
いつしかたまる 恋のあかし
かぞえて初めて 自らを知る

かくすものなど ないけれど
きれぎれに纏う 恋のあかし

「包めども 涙に袖の あらはれて 恋すと人に 知られぬるかな」2011.10.14

☆649
いいなと思ふこころ
つつんで掌にのせて

あけてみよかよそか
みるまにきえるから

「包めども たえぬ思ひに なりぬれば 問はず語りの せまほしきかな」2011.10.23

☆650
この増殖した私を どうたためというの
あちらをぱたりし またぱたりし続けて            

とっときのものも どうでもいいものも
まぎれてうもれて また次がひろがるの

「おほかたの 恋する人に 聞きなれて 世のつねのとや 君思ふらん」2011.10.23

☆651
言わねば消えてしまう
そんな程度の思いなら

言おか言おまいか迷う
余裕ある程の思いなら

「思へども いはでの山に 年をへて 朽ちやはてなむ 谷のむもれ木」2011.10.28

☆652
耳にするあなたのほうが
私にはかえってリアルで

目にしたあなたのほうが
悲しくも修正しが必要で

「高砂の 尾上の松に ふく風の 音にのみやは 聞きわたるべき」2011.10.31

☆653
あたりもせずに
くだけるものか
そのこころ

みがきもせずに
あらわるものか
かのかたち

「荒磯の 岩にくだくる 浪なれや つれなき人に かくる心は」2011.11.05

☆654
いつのまにか
かんがえてる

しらぬうちに
かきとめてる

こころむく道
ながれゆく先

「岩間ゆく 山のした水 堰きわびて もらす心の ほどを知らなむ」2011.11.07

☆655
みなもにえがく
みなわのごとく

うかびてはしり
きしべをさわり

いつか忍ぶ草に
花をさかさんか

「水隠り(みごもり)に いはで古屋の 忍草 しのぶとだにも しらせてし哉」2011.11.13

☆656
春まつなんていうのは
種まいてからにしてよ

枯れたなんていうのは 
根をみてからにしてよ

「思ふ事 岩間にまきし 松の種 千世と契らむ いまは根ざせよ」2011.11.14

☆657
なれし島まもり
あたらしき風音
しろうともせず

わかき時わすれ
あらたなる胎動
みようともせず

「おぼつかな うるまの島の 人なれや わが言の葉を 知らぬがほなる」2011.11.20

☆658
とじた袖ぐちに
ひめた恋のあと

ひえた雨おとに
とかす熱のあと

「人知れず もの思ふころの 袖みれば 雨も涙も わかれざりけり」2011.11.22

☆659
うきなとしても
たつうちがはな

うきななくとも
みればさくはな

「立ちしより 晴れずもものを 思ふ哉 無き名や野辺の 霞なるらん」2011.11.25

☆660
言わぬままで
大事にしていたいのに

思わぬすきに
伝わってしまったから

もう遊べなくなった
すきに遊んでいられなくなった

「歎きあまり しらせそめつる 事の葉も 思ふばかりは いはれざれけり」2011.11.29

☆661
ずっとかくしておいたなら
いつか忘れてしまうでしょ

しられぬことがだいじなら
いつか消えてしまうでしょ

そっとめくった昔の日々に
かすかな香り覚えるのみの

「人知れぬ 木の葉の下の むもれ水 思ふ心を かき流さばや」2011.12.03

☆662
わけもなく そのすがた 
さがしてしまっていたなら

しらぬまに そのかたち 
ふれたくなってしまったら

「恋しとも いはぬに濡るる 袂かな 心を知るは 涙なりけり」2011.12.07

☆663
凪いだみずに
紅とかすごと

白きころもに
色うつすごと

一たびあえば
一あやそえて

「思へども いはで忍ぶの すり衣 心の中に みだれぬるかな」2011.12.09

☆664
それがほんとのものならば
ちかづこうともするけれど

それがうそだとしらぬなら
てをだそうともするけれど

このないだこころのおもて
なみだたせるほどのものは

「みちのくの 信夫もぢずり 忍びつつ 色には出でじ 乱れもぞする」2011.12.13

☆665
ちろろにともる火
おさえしわが身の

ぽたたとくべる木
とまらぬわが意の

「難波女の すくもたく火の 下焦がれ 上はつれなき 我身なりけり」2011.12.17

☆666
一瞬の間におとずれる
激情に身をおとすより

一生の秘をむねにだき
知らぬ間にきえたきよ

「恋ひ死なば 世のはかなきに いひをきて なき跡までも 人に知らせじ」2012.02.07

☆667

なにもせぬなら
なにものこさぬ

きづつけぬなら
きづつけられぬ

いわでこのまま
されるものなら

「人知れぬ 涙の川の みなかみや いはでの山の 谷のした水」2012.02.10

☆668
つたえなくては いけないなんて
もう はるかむかしのはなしなの

つたえられぬのを なげくなんて
もう なくからこそうたになるの

「いかにせむ 御垣が原に 摘む芹の ねにのみ泣けど 知る人もなき」2012.02.18

☆669
いつも一人で
歩いていると?

いつも一緒に
歩いているの

「つれもなき 人の心や 逢坂の 関路隔つる 霞なるらん」2012.02.26

☆670
幾度なみだを流しても
馴得ぬままに時はすぎ

ふくらみにふくらんだ
むねのうちおりをもち

何時なんどき爆ぜても
平穏なままの生をいき

「涙川 うき寝のとりと なりぬれど 人にはえこそ 身馴れざりれ」2012.02.28

☆671

「我恋は 尾花ふきこす 秋風の 音にはたてじ 身にはしむとも」

☆672
逃げても逃げても
振り落とせぬ我心

この橋をわたれば
もう苦しまぬなど

行けども行けども
必ず出あうは我心

「世をいとふ はしと思ひし 通ひ道に あやなく人を 恋わたるかな」2012.03.03

☆673
埋もれさせた方が良かったのか
こと伝えるさまは数々あれども

言わぬままの方が先あったのか
はな咲かぬままに日々こせども

「便あらば 海人の釣舟 こと伝てん 人を見るめに 求めわびぬる」2012.03.13

☆674
君おもえるからこそ
我ありかさだまりぬ

ふた心なくみてこそ
わが灯かりともりぬ

「またもなく ただひと筋に 君を思ふ 恋道にまどふ 我やなになる」2012.03.23

☆675
月を待つ 日のひかり
君を恋う 僕のすまい

空に花を 風はみちて

「君恋ふる 身はおほぞらに あらねども 月日をおほく 過しつるかな」2012.03.31

☆676
きみのこのひと文字にて
ぼくは此処にかよい初め

あやなることの葉にまた
たえなる音のせるごとく

「琴の音に 通ひそめぬる 心かな 松ふく風の をとならねども」2012.04.06

☆677
頬辺に冷たさ
さがす夜

君への辿り路
えがく夜

「はかなしや 枕さだめぬ うたた寝に ほのかにまよふ 夢の通い道」2012.05.11

☆678
想うよりさきに
流れるのなみだ

恋すよりさきに
惑わすのあなた

「先に立つ 涙とならば 人しれず 恋路にまどふ 道しるべせよ」2012.05.17

☆679
時をたのんで
何をえたいの

君をたのんで
僕になれるの

「ながらへば つらき心も 変るやと 定めなき世を 頼むばかりぞ」2012.05.23

☆680
いまのなみだに
いみなんてない

袖こえるほどに
震えてみえても

「洩らさばや 忍びはつべき 涙かは 袖のしがらみ かくとばかりは」2012.05.28

☆681
そのときまでは
たしかにあった

いいえぬときは
たしかにあった

はれておんみの
かたわらにいて

「恋しさを 憂き身なりとて 包みしは いつまでありし 心なるらむ」2012.06.06

☆682
ああ僕は 待っていたんです
そう君が こう言うのだから

ああ僕は 分かってたんです
そう君が もう舟にいるのを  

「頼めとや いなとやいかに 稲舟の しばしと待ちし ほどもへにけり」2012.06.16

☆683
すきかきらいかなんて
もはやどうでもよくて

われかなんじかなんて
もはやさかいもなくて

「かくばかり 色に出でじと 忍べども 見ゆらんものを 堪えぬけしきは」2012.06.21

☆684
ああ もう咲いてしまったことよ
この いだいて愉しきときは過ぎ 

ああ もう知れてしまったことよ
この ながめて愉しきときは過ぎ

「人知れず 思ふ心は ふかみ草 花咲きてこそ 色にいでけれ」2012.06.30

☆685
継ぐべきものさえないのなら
勇んでとだえられるのに

逢うなんて言葉もないのなら
思うことさえしないのに

「日をへつつ しげさはまさる 思ひ草 逢う言の葉の などかなからむ」2012.07.02

☆686
あなたは決してしらないの
あゆむたび花 傷つけるのを

あなたには決してわからないの
あめむすぶたび恋 流れゆくのを

「落つれども 軒に知られぬ 玉水は 恋のながめの しづくなりけり」2012.07.13



☆686
わたしにはもう
涙さえないのに

わたしにはいま
恋さえないのに

「落つれども 軒に知られぬ 玉水は 恋のながめの しづくなりけり」2013.08.02

☆687
あのひとだけは
知られたくない

このいろだけは
見せたくはない

「人知れず 思ひそめてし 心こそ いまは涙の 色となりけれ」2013.08.02

☆688
だれにも話さず
愉しむのこの恋

だれにも知れず
葬れるのこの恋
「色見えぬ 心のほどを 知らするは 袂を染むる 涙なりけり」2013.08.02











☆689
「我とこは 信夫(しのぶ)の奥の ますげ原 露かかるとも 知る人のなき」
☆690
「君恋ふる 涙しぐれと 降りぬれば 信夫(しのぶ)の山も 色づきにけり」
☆691
「いかにせむ 信夫(しのぶ)の山の 下紅葉 しぐるるままに 色のまさるは」
☆692
「いつしかと 袖にしぐれの そそくかな 思ひは冬の はじめならねど」
























☆693
おおいかくして
わたしのなみだを

ゆくえかくして
ながれるこころを

「あさましや 抑ふる袖の 下潜る 涙の末を 人やみつらん」2013.08.09

☆694
あらわれるのが
こわいのはなぜ

こころみるのが
こわいのはなぜ
「忍び音の 袂は色に 出でにけり 心にも似ぬ 我涙かな」2013.08.09

☆695
かんがえてるから
ふみだせないなら

こころをみるから
みうしなうのなら
「同じくは 重ねてしぼれ 濡れ衣 さても乾すべき 無き名ならじを」2013.08.09

☆696
いついつのまにか
ひとの想いをきて

ひついつのひにか
ひとの重りになれ

「流れても 濯ぎやすると 濡れごろも 人は着すとも 身には馴らさじ」2013.08.20

☆697
つつむほどに
現るのなみだ

ぬぐうほどに
顕るのこころ

「人目をば 包むと思ふに せきかねて 袖にあまるは 涙なりけり」2013.08.20

☆698
告げるまえに
体よくわかれ

君はみぬめを
氷室にかこう 

「つれなさに いはで絶えなんと 思ふこそ 逢ひ見ぬ先の 別れなりけれ」2013.08.20

☆699
なみだはひとに
みせるものとか

なみだはきみに
みせるためとか

「よそ人に 問はれぬるかな 君にこそ 見せばやと思ふ 袖の雫を」2013.08.20

☆700
夢にもあえないのは
想いたりないのまだ

夢でもつれないのは
心うつるからあなた

「つれなくぞ 夢にも見ゆる さ夜衣 うらみむとては 返しやはせし」2013.09.03









花まちて 春すぎて
このここちよきばしょから
うごくほどのものはたして

みしらぬ風に
みえうる処において

何としても必要で





















































































Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.