000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces 701-

☆701
思い出のなかに
閉じたかった恋

此の身のうちに
綴じたかった恋

「思ひ出づる その慰めも ありなまし 逢ひ見てのちの つらさなりせば」2013.09.03

☆702
さきざきを照らせ
ぼくが歩むときは

袖しぼりても進め
ぼくが辿るみちを

「照射する 端山が裾の した露や 入るより袖の かく萎るらん」2013.09.03

☆703
ふつふつと
燃え残りの
たちのぼる

ふつふつと
恋い残りの
いろくらべ

「いかにせむ 室の八島に 宿もがな 恋のけぶりを 空にまがへん」2013.09.03

☆704
あわぬうちにも
めしませなみだ

あいみてのちも
なおませなみだ

「思ひあまり 人に問はばや 水瀬川 むすばぬ水に 袖はぬるやと」2013.09.20

☆705
あなたとわたしと
いつかいれかわり

こころとおもいと
いつかたちかわり

「はかなくも 人に心を つくすかな 身のためにこそ 思ひそめしか」2013.09.20

☆706
きみは変わらぬ
わたしはかわるのに

恋いはかわらぬ
なみだはかわるのに

「恋ひそめし 人はかくこそ つれなけれ 我なみだしも 色変るらん」2013.09.20

☆707
どれほどの
涙でひたせば
伝わるのだろう

どれほどの
時でみたせば
憶えるのだろう

「かかりける 涙と人も 見るばかり しぼらじ袖よ 朽ちはてねただ」2013.09.20

☆708
こんな風に
祈りはしなかった

こんな君に
頼みはしなかった

「憂かりける 人を初瀬の 山をろしよ はげしかれとは 祈らぬものを」2013.09.20

☆709
自分のこころも
分からないのに

祈ったとたんに
不安になるのに

「うれしくは のちの心を 神も聞け ひく標縄の 絶えじとぞ思ふ」2013.10.11

☆710
旅をゆくのに
恋もしないで

共にゆくのに
夢もみないで

「むすびをく 伏見の里の 草枕 とけでやみぬる 旅にもある哉」2013.10.11

☆711
きみへの波は
戻りはしない

沙中にいても
消えはしない

「恋ひ恋ひて かひもなぎさに 沖つ浪 寄せてはやがて たちかへれとや」2013.10.11

☆712
あなたになったら
わたし 楽になるの?

わたしになったら
あなた 恋痴れるの?

「いかで我 つれなき人に 身を替えて 恋しきほどを 思ひ知らせむ」2013.10.11

☆713
自分だけ じぶんだけ
こんな思いをしてるのは

自分だけ じぶんだけ
こんな恋いをしてるのは 

「玉藻刈る 野島の浦の 海人だにも いとかく袖は 濡るるものかは」2013.10.24

☆714
はじめから
限りみえる
恋いなんて

はじめから
命はかれる
恋いなんて

「逢ふことを その年月と 契らねば 命や恋の かぎりなるらん」2013.10.24

☆715
なんであなたに
逢えないんだろ

この瀬で待てど
逢えるんだろか

「恋ひわたる 涙の川に 身をなげむ この世ならでも 逢ふ瀬ありやと」2013.10.24

☆716
ひとにはなにも
いわずにおこう

たえぬおもいは
いわずにおこう

「みちのくの 十綱の橋に くる綱の 絶えずも人に いひわたるかな」2013.11.09

☆717
きのうのなみだは
わすれてしまった

きょうのなみだを
かさねてしまった

「恋ひわぶる けふの涙に くらぶれば きのふの袖は 濡れし数かは」2013.11.09

☆718
あさにおく
つゆのごと
きよらかな

よるにおく
そでのごと
おもきかな

「朝まだき 露をさながら ささめ刈る 賤が袖だに かくは濡れじを」2013.11.09

☆719
うみひとならば
このていっぱい
つかめるものを

つかめばけして
はなさぬものを
「潮たるる 伊勢をの海人や 我ならむ さらばみるめを 刈るよしもがな」2013.11.09

☆720
ゆめであってる
あいだがいいの

うつつにさめる
ときよりいいの

「よしさらば 逢ふと見つるに なぐさまむ 覚むるうつつも 夢ならぬかは」2013.12.17

☆721
なみだなんてもう
すべにはならない

ことばなんてもう
いろにはならない

「いかばかり 思ふと知りて つらからん あはれ涙の 色を見せばや」2013.12.17

☆722
「恋ひ死なむ 命をたれに 譲りをきて つれなき人の はてを見せばや」

☆723
こころとあたまの
たづなをとらえて

わたしとあなたの
てにてをとらえて

「堰きかねる 涙の川の 早き瀬は 逢ふよりほかの しがらみぞなき」2013.12.17

☆724
ながらえる恋を
さいわいとよび

ながらえる命を
さいわいとよび

「我恋は 年ふるかひも なかりけり うらやましきは 宇治の橋守」2014.01.17

☆725
あって後の
かなしみと

まった命の
かなしみと

「馴れてのち 死なむ別れの かなしきに 命に替へぬ 逢う事もがな」2014.01.17

☆726
いにしえは
千束の思ひ
ゆるされて

うつつには
何の束なら
ゆるされん

「錦木の 千束にかぎり なかりせば 猶こりずまに 立てましものを」2014.01.17

☆727
わざと遠きに
おきてこそ恋

いつも近きに
おきてこそ愛

「いかばかり 恋路は遠き ものなれば 年はゆけども 逢ふよなからむ」2014.01.17

☆728
逢いみてのちを
おそれるこころ

逢えずなのたつ
ときめくこころ

「馴れてのち つらからましに 比ぶれば なき名はことの 数ならぬかな」2014.01.31

☆729
わたしに
おもいは
かけないで

あなたに
わたしは
あまるから

「逢ひ見むと 思ひな寄りそ 白浪の 立ちけん名だに をしきみぎはを」2014.01.31

☆730
かれのため
しずむ身は
あらたのし

かれをさえ
みつけたら
あらたのし

「思ひしなむ 身はをしからず 逢ふ事に 替えむほどまでと 思ふばかりぞ」2014.01.31

☆731
言の葉ひとつで
生きられるから

視線ひとさしで
生きられるから

「いまはさは 逢い見むまでは 難くとも 命とならん 言の葉もがな」2014.02.15

☆732
なぜなぜなびく
すぐ忘れるのに

なぜなぜなげく
すぐ変れるのに

「ひとかたに なびく藻塩の 煙かな つれなき人の かからましかば」2014.02.15

☆733
おなじ道なら
ともに進もう

みえぬ道なら
さらに進もう

「恋ひわびぬ 茅渟のますらを ならなくに 生田の川に 身をや投げまし」2014.02.15

☆734
ここにいるのと
知らせたいから

いきているのと
知らせたいから

「命をば 逢ふに替えむと 思ひしを 恋ひ死ぬとだに 知らせてし哉」2014.02.15

☆735
にくみても
あまりある
おもいこそ
恋いに似て

たのしとも
つらしとも
しらぬまに
恋いへ落ち

「恋しとも 又つらしとも 思ひやる 心いづれか さきに立つらむ」2014.02.28

☆736
あわない方が
いいだなんて

みえない方が
らくだなんて

「逢ふならむ 恋なぐさめの あらばこそ つれなしとても 思ひ絶えなめ」2014.02.28

☆737
いまここで
すむだけの
恋いならば

てんじれば
二度はない
恋いならば

「つれなさに いまは思ひも 絶えなまし この世ひとつの 契りなりせば」2014.02.28

☆738
夢みれたのは
だれのため?

未だ棲むのは
だれのため?

「うたた寝の 夢に逢い見て のちよりは 人も頼めぬ 暮れぞ待たるる」2014.02.28

☆739
髪はしってる
私のおもいを

頬はしってる
私のなみだを

「あはれとも 枕ばかりや 思ふらん 涙絶えせぬ 夜半のけしきを」2014.03.22

☆740
なみだのいろで
わかるものなら

なみだのいろで
かわるものなら

「衣手に 落つる涙の 色なくは 露とも人に いはましものを」2014.03.22

☆741
もてあまして
恋をすてるも

もてあまして
我をすてるも

「思ふこと 忍ぶにいとど 添ふものは 数ならぬ身の 歎きなりけり」2014.03.22

☆742
こんなにも文字を
かわしあう時代に

こんなにも心情の
あらわれる時代に

「行き帰る 心に人の なるればや 逢ひ見ぬ先に 恋しかるらん」2014.03.22

☆743
逢いたいとなれば
この名もかわるの

逢いたいとなれば
この身もかわるの

「逢ふことを さりともとのみ 思ふかな 伏見の里の 名を頼みつつ」2014.04.25

☆744
空をたのみ
星をたのみ
心あそばせ

文字をおい
他人をおい
心とられて

「などやかく さも暮れ難き 大空ぞ 我がまつことは ありと知らずや」2014.04.25

☆745
わたしはもう
惧れはしない

きみにはもう
隠れはしない

「袖の色は 人の問ふまで なりもせよ 深き思ひを 君し頼まば」2014.04.25

☆746
「秋は惜し 契りは待たる とにかくに 心にかかる 空の暮かな」

☆747
からき涙を
またあつめ

からの空は
またくれる

「恋をのみ しぐるゝ空の 浮雲は 曇りもあへず そで濡らしけり」2014.05.24

☆748
ひと葉ひと葉を
かきあつめ

ひとめひとめに
ぬいあわせ

「磯がくれ かきはやれども 藻塩草 立ちくる波に あらはれやせん」2014.05.24

☆749
あってはいても
さしているのは

いまをいきても
あすにみるのは

「暮にとも 契りてかれか 帰るらん 思ひ絶えたる あけぼのの空」
2014.05.24

☆750
どこにいったの
わたしのことば

どこにまいたの
きのうのことば
「契りをく その言の葉に 身を替へて のちの世にだに 逢ひ見てしがな」

☆751
月にまどいて
この文をうち

影にまどいて
この身あやまち

「たれゆゑに あくがれにけむ 雲間より見し月影は ひとりならじを」2014.05.31

☆752
まよいて越さぬ
関よりも

まよいて越える
恋よりも

「越えやらで 恋路にまよふ 逢坂や 世を出ではてぬ 関となるらん」2014.05.31

☆753
かをるる夜の
のちをみて

けぶるる夕の
もとをみて

「手枕の うゑに乱るる 朝寝髪 したに解けずと 人は知らじな」2014.05.31

☆754
こころこわれて
あたうものなく

こころこわれて
さだむときなく

「我袖の 塩の満ち干る 浦ならば 涙の寄らぬ をりもありまし」2014.06.14

☆755
せつなく
きこえる
笛のごと

ときなく
きこえる
潮のごと

「潮たるる 袖の干るまは ありやとも あはでの浦の 海人に問わばや」2014.06.14

☆756
夢で逢って
いるひとが

夢であって
いるうちが

「思ひきや 夢をこの世の 契りにて 覚むる別れを 歎くべしとは」2014.06.14

☆757
みせるための
なみだなの

我ゆえながす
なみだなの

「我ゆゑの 涙とこれを よそに見ば あはれなるべき 袖のうへかな」2014.06.14

☆758
岩も木もまた
おせば動けど

人の気もまた
波はたてども

「逢う事の かく難ければ つれもなき 人の心や 岩木なるらむ」2014.06.24

☆759
わけさえあれば
ひとりたてども

しらぬなかでも
ともにたつなら

「思ひ死なむ 涙のはてや 渡り河 ふかき流れと ならむとすらん」2014.06.24

☆760
かくれてみえぬ
うなばらの石も

かくれてきけぬ
むなはらの声も

「我袖は 潮干に見えぬ をきの石の 人こそ知らね かはく間ぞなき」2014.06.24

☆761
ああなぜなんて
きいたところで

ああせよなんて
きいたところで

「かかりける 歎きはなにの むくいぞと 知る人あらば 問はましものを」2014.06.24

☆762
あまの河には
あう瀬あれども

わたる河にて
われを待つのは

「恋い死なむ ことぞはかなき 渡り河 逢ふ瀬ありとは 聞かぬものゆへ」2014.07.18

☆763
あわときえても
のこるものとは

このみきえても
のこるものとは

「妹があたり 流るる川の 瀬に寄らば あはとなりても 消えんとぞ思ふ」2014.07.18

☆764
もどりたいと
ねがう先には

こころここに
おいた先には

「はかなしな 心づくしに 年を経て いつとも知らぬ 逢ふの松原」2014.07.18

☆765
想いかかえて
あけるあさと

想いかなえて
あけるけさと

「思ひ寝の 夢だに見えで 明けぬれば 逢はでも鳥の 音こそつらけれ」2014.07.18

☆766
ねやのすきまに
ところさがして

ねやのすきまに
こころさがして

「夜もすがら もの思ふころは 明けやらぬ 閨のひまさへ つれなかりけり」2014.08.08

☆767
なみだのひまに
みえるわたしを

はがんのひまに
みえるわたしは

「いたづらに しほるる袖を 朝露に かへる袂に 思はましかば」

☆768
ひとりにしてと
ひとりにしないでの
あいだ

恋のはじめと
恋のはなれの
あいだ

「恋ゆへは さもあらぬ人ぞ 恨めしき 我よそならば 問はましものを」2014.08.08

☆769
堰くほどの
心ごころの
もちあわせ

堪うほどの
涙なみだを
つきあわせ

「思ひ堰く 心中(こころのうち)の しがらみも 堪えずなりゆく 涙川かな」2014.08.08

☆770
なぜに此処と
思いさだめて

なぜに此方と
想いさだめて

「をのづから つらき心も 変るやと 待ち見むほどの 命ともがな」2014.08.30

☆771
思われたはてに
忘れられるとも

覚えも忘られも
なき身なりとも

「忘らるる 憂き名はさても 立ちにけり 心の中は 思ひ分けても」2014.08.30

☆772
つづけるほどに
いやます想いと

おもいのすぎて
あきはてるのと

「よとともに つれなき人を 恋草の 露こぼれ増す 秋の夕風」2014.08.30

☆773
こいしさも
ならいへと
変じたとき

つれなさも
彼方しだい
此方しだい

「恋しさを いかがはすべき 思へども 身は数ならず 人はつれなし」2014.08.30



☆774
もしもあなたに
ひとの心地おく
透きあるならば

もしもあなたに
ひとの為業との
差知あるならば

「恋ひ死なば 我ゆへとだに 思ひ出でよ さこそはつらき 心なりとも」2015.02.23

☆775
わたしはいまも
覚えているのに

わたしはいまも
黙しているのに

「ひたすらに 恨みしもせじ 前の世に 逢ふまでこそは 契らざりけめ」2015.02.23

☆776
うつるわたしが
あまりに哀れで

うつるこころが
あまりに憐れで

「ます鏡 心も映る ものならば さりともいまは あはれとや見む」2015.02.23

☆777
こなくともなお
まつはたのしき

みなくともなお
きくはたのしき

「いましばし 空頼めにも なぐさめて 思ひ絶えぬる 宵のたまづさ」2015.03.14

☆778
ことの葉を
その身とし


このと葉と
その意とし

「そま川の 浅からずこそ 契りしか などこの暮を 引きたがふらん」2015.03.14

☆779
ひとよ足らずに
おわらせる恋と

ももよ足りても
おわりみる恋と

「思ひきや 榻の端書き かきつめて 百夜も同じ まろ寝せむとは」2015.03.14

☆780
こころかわるから
こころはあかるく

ひとはかわるから
きょうもいきられ

「契りこし ことの違ふぞ 頼もしき つらさもかくや 変ると思へば」2015.04.21

☆781
しらぬゆえ
ゆめはなたれ

いわぬゆえ
こころあそび

「知らじかし 思ひも出でぬ 心には かく忘られず 我歎くとも」2015.04.21

☆782
のこることばの
くさびのいたみ

はなつことばの
むすばぬいたみ

「つれもなく なりぬる人の たまづさを 憂き思ひ出の 形見ともせじ」2015.04.21

☆783
おぼえてるのは
あなたではなく

わすれないのは
こころではなく

「やはらかに 寝る夜もなくて 別れぬる 夜々の手枕 いつか忘れむ」2015.04.21

☆784
ほしみえて
あえるとは

いろみえて
あえるとは

「たなばたに 貸しつと思ひし 逢ふ事を その夜なき名の 立ちにけるかな」2015.07.25

☆785
このよをば
つぐみのうしの
こころはやりて

「うらめしや むすぼほれたる 下紐の 解けぬや何の 心なるらむ」2015.07.25

☆786
このよをば
とくみのうしの
こころまさりて

「下紐は 人の恋ふるに 解くなれば 誰がつらきとか むすぼをるらん」2015.07.25

☆787
だからわかるの
そこにないもの

いまはわかるの
そばにないもの

「ひとり寝る 我にて知りぬ 池水に つがはぬ鴛の 思ふ心を」2015.07.25

☆788
くりかえす
くるしみと

はてしない
しずけさと

「恋をのみ 賤のをだまき くるしきは 逢はで年経る 思ひなりけり」2015.07.25

☆789
しきしのぶ
こころをかてに
うたづくれれば

わきかえる
いのちをかてに
うたづくれれば

「麻手ほす 東乙女の かやむしろ しきしのびても 過ぐるころ哉」2015.08.09

☆790
呆けたものと
恋のゆくえは

老せぬものと
恋のゆくえは

「夜とともに 行くかたもなき 心かな 恋は道なき ものにぞありける」2015.08.09

☆791
なみだのいろは
あるはずないの

こころのいろも
あるはずないの

「旅衣 涙の色の しるければ 露にもえこそ かこたざりけれ」2015.08.09

☆792
あそびとも
あたまのなかとも
つかぬもの
 
ことばとも
かみのうえとも
つかぬもの

「満つ潮に すえ葉を洗ふ 流れ葦の 君をぞ思ふ 浮きみ沈みみ」2015.08.17

☆793
したはしる
みずにつれ

からぬもは
とわにゆれ

「我恋は 海人の刈藻に 乱れつつ かはく時なき 波の下草」2015.08.17

☆794
無視と愚弄の
何れかを選び

無風と翻弄の
何れかを好み

「なをざりに 三輪の杉とは 教へおきて 尋ぬる時は 逢はぬ君哉」2015.08.17

☆795
そんなつもりは
ないはずなのに

まっててなんて
いってないのに

「頼めこし 野辺の道芝 夏ふかし いづくなるらん 鵙の草ぐき」2015.08.28

☆796
まってるあいだの
ときこそながいの

あてないあいだの
ときこそながいの

「冬の日を 春より長く なすものは 恋つつ暮らす 心なりけり」2015.08.28

☆797
ぼくはねきみを
まちくらすだけ

わたしはきみに
たゆたうのみの

「万世を 契りそめつる しるしには かつがつけふの 暮ぞ久しき」2015.08.28

☆798
幾十たびの
ふみよりも

幾代連ねた
こえよりも

「今朝問はぬ つらさにものは 思ひ知れ 我もさこそは 恨みかねしか」2015.09.11

☆799
わかっていたの
あえばつらいと

わかっていたの
けれどすすむの

「かねてより 思ひし事ぞ ふし柴の こるばかりなる 歎きせむとは」2015.09.11

☆800
あえばさめると
きいてたけれど

しればあきると
きいてたけれど

「恋しさは 逢ふとかぎりと 聞きしかど さてしもいとど 思ひ添ひける」2015.09.11



























Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.