3033494 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces 801-

☆801
しらぬから
いえたこと

みないから
みせるかお

「よそにして もどきし人に いつしかと 袖のしづくを 問はるべきかな」2015.09.11

☆802
とけばみだれて
おうくろかみの

あえばもつれて
ひくくろかみの

「長からん 心も知らず 黒髪の 乱れてけさは ものをこそ思へ」2015.09.30

☆803
ことばなくして
まちくらすのと

ことばたよりに
まちくらすのと

「宵の間も 待つに心や なぐさむと いま来んとだに 頼めをかなむ」2015.09.30

☆804
といたこころの
ゆきつくさきは

とけたこころの
みるものはみな

「磯馴れ木の そなれそなれて ふす苔の まをならずとも 逢ひ見てしがな」2015.09.30

☆805
あえぬあいだも
ことばたよりに

あえぬあいだも
わがみたよりに

「人はいさ あかぬ夜床に とどめつる 我心こそ 我を待つらめ」2015.09.30

☆806
さきにゆくほど
のこるおもいを

あとになるほど
かけるおもいを

「思へただ 入りやらざりし 有明の 月より先に 出でし心を」2015.10.19

☆807
ひとよゆえにか
こひつづくのも

いくよゆえにか
わすれさるのも

「難波江の 蘆のかりねの 一夜ゆゑ 身をつくしてや 恋ひわたるべき」2015.10.19

☆808
おもきそでには
はなつべきもの

かるきそでには
とどむべきもの

「恋ひ恋ひて 逢ふうれしさを 包むべき 袖は涙に 朽ちはてにけり」
2015.10.19

☆809
ぼくのことは
もうわすれて

きみをしらない
ぼくをわすれて

「君やたれ ありしつらさは たれなれば 恨みけるさへ 今はくやしき」2015.11.01

☆810
わたしのてには
あなたがのこる

うつつになくも
ゆめにはのこる

「姿こそ 寝覚めの床に 見えずとも 契し事の うつつなりせば」2015.11.08

☆811
いくつもときを
あわせていても

ひとたびきりの
ときだとしても

「東屋の 浅木の柱 我ながら いつふしなれて 恋しかるらん」2015.11.08

☆812
わたしのおもいを
わかっているのは

かなわぬものだと
きづいているのは

「つつめども 枕は恋を 知りぬらん 涙かからぬ 夜半しなければ」2015.11.08


☆813
「恋すれば 燃ゆる蛍も なく蝉も 我身のほかの ものとやは見る」


☆814
ひるまはおとに
まぎれてみても

よるはしじまを
さがしてみても

「引きかけて 涙を人に つつむまに 裏や朽ちなむ 夜半の衣は」2015.11.16

☆815
いっそくちるまで
ひたせればいいの

いっそなくすまで
ながせればいいの

「潮たるる 伊勢をの海人の 袖だにも ほすなるひまは ありとこそきけ」2015.11.16

☆816
きりもみには
はなつてを

あばるみには
はなるめを

「しばしこそ 濡るる袂も しぼりしか 涙にいまは まかせてぞみる」2015.11.16

☆817
こころしまえず
ながすなみだは

こころみせたく
ながすなみだの

「よしさらば 涙に朽ちね から衣 ほすも人目を 忍ぶかぎりぞ」2015.11.25

☆818
いのちあるから
ながれるものを

なみだあるから
ひとたるものを

「思ひわび さても生命は あるものを 憂きに堪えぬは 涙なりけり」2015.11.25

☆819
わたしはなにも
しらないけれど

つきがわたしを
ながめるままに

「数ならぬ 身にも心の ありがほに ひとりも月を ながめつる哉」2015.11.25

☆820
あかるみでさえ
あえるものなら

くらがりでさえ
みえぬものなら

「涙にや 朽ちはてなまし から衣 袖のひるまと 頼めざりせば」2015.11.25

☆821
これがさいごと
しらずにわかれ

これがふしめと
しらずにあそび

「枯れはつる 小笹がふしを 数ふれば すくなかりける よよの数かな」2015.12.19

☆822
ないているのは
かなしみでなく

なけているのは
こころしるから

「分け来つる 小笹が露の しげければ 近江路にさへ 濡るる袖かな」2015.12.19

☆823
ひとよのあとの
ながきせつなの

ひとよなきまの
むなしせつなの

「をきてゆく 涙のかかる 草枕 露しげしとや 人はあやめむ」2015.12.19

☆824
わたしのこころも
わたしがわからず

わたしのみさえも
わたしはわからず

「涙をも 忍ぶるころの 我袖に あやなく月の 宿りぬるかな」2015.12.19

☆825
わたしのなまえが
まだないころなら

わたしのなまえが
もしないとしたら

「忍びかね いまは我とや 名のらまし 思ひ捨つべき けしきならでは」2016.01.07

☆826
ながしられれば
はじまらぬ恋

ながしれるまで
さきのすく恋

「知られても いとはれぬべき 身ならずは 名をさへ人に つつむべしやは」2016.01.07

☆827
まだこころのうちは
ちらされることなく

もうことばつくれば
ちらされるがはなの

「いづくより 吹きくる風の 散らしけむ たれもしのぶの 森の言の葉」2016.01.07

☆828
ころものうらも
あきらかにして

こころのうらも
あきらかにして

「思ひかね 夢に見ゆやと 返さずは 裏さへ袖は 濡らさざらまし」2016.01.07

☆829
じき きえるって
わかっているのに

もう きえるって
さとっているのに

「くりかへし くやしきものは 君にしも 思ひよりけり 賤のをだまき」2016.01.25

☆830
この身がいやだと
いうのなら

こころもいやだと
いうのなら

「いとはるる 身を憂しとてや 心さへ 我を離れて 君に添ふらん」2016.01.25

☆831
いわないでいて
しられぬ思いと

しらせてのちに
いわれぬままと

「あぢきなく いはで心を つくすかな つつむ人目も 人のためかは」016.01.25

☆832
いろかわるほど
おもたき心の

いろうせるほど
しずけく迄の

「くれなゐに しほれし袖も 朽ちはてぬ あらばや人に 色も見すべき」2016.01.25

☆833
こころのうちで
おえてるうちは

いのちのうちで
とめてるうちは

「命こそ をのがものから 憂かりけれ あればぞ人を つらしとも見る」2016.02.15

☆834
忘れられたなら
なかったことに

目にうつらねば
なかったことに

「何とかや 忍ぶにはあらで ふるさとの 軒端に茂る 草の名ぞ憂き」2016.02.15

☆835
夢想すべての
かなうあした

夢想すべての
さめるあした

「見し夢の 覚めぬやがての うつつにて けふと頼めし 暮を待たばや」2016.02.15

☆836
まだわかると
思うから
辛いの

まだ伝わると
思うから

「知るらめや をつる涙の 露ともに 別れの床に 消えて恋ふとは」2016.02.15

☆837
わたしがなくした
ものとはくらべて

わたしがのこした
なみだとくらべて

「まだ知らぬ 露をく袖を 思ひやれ かごとばかりの 床の涙に」2016.02.29

☆838
つきさえあれば
かけられるはし

そらをねみれば
かわってしまう

「帰りつる 名残の空を ながむれば なぐさめがたき 有明の月」2016.02.29

☆839
つぎのよも
またつぎもなんて

つぎのよも
またもどるなんて

「忘るなよ 世々のちぎりを 菅原や 伏見の里の 有明の空」2016.02.29

☆840
あさはひかりに
まぎれていても

よるのとばりに
かくれぬものを

「いかにして 夜の心を なぐさめん 昼はながめに さても暮らしつ」2016.03.18

☆841
いつのよからか
つづくおもいを

いまこのよこそ
あらわるものを

「これもみな さぞなむかしの 契ぞと 思ふ物から あさましきかな」2016.03.18

☆842
ちかくにいても
みないでいれば

とおくにいても
うかんでいれば

「よそにては なかなかさても ありにしを うたて物思ふ きのふけふかな」2016.04.08

☆843
あわれぬままの
日々のながさと

あわれたあとの
日々のおもさと

「思ひ出でて たれをか人の 尋ねまし 憂きに堪えたる 命ならずは」2016.04.08

☆844
「待つとても かばかりこそは あらましか 思ひもかけぬ 秋の夕暮」

☆845
あなたがなくすも
わたしにのこされ

ときにけされても
わたしにしるされ

「ほどふれば 人は忘れて やみぬらん 契りしことを 猶頼むかな」2016.05.26

☆846
つゆのようにわく
きれぎれのおもい

ついではながれる
きれぎれのおもい

「竹の葉に 玉ぬく露に あらねども まだ夜をこめて をきにけるかな」2016.05.26

☆847
みえるうちは
いまだふられて

みえぬうちは
わすれさられて

「木の間より ひれ振る袖を よそに見て いかがはすべき 松浦佐用姫」2016.05.26

☆848
「まぶしさす 賤男の身にも 堪えかねて 鳩吹く秋の 声たてつなり」

☆849
花にいまだに
風ふくうちは

恋にいまだに
水さすうちは

「吹く風に 堪えぬこずえの 花よりも とどめ難きは 涙なりけり」2016.06.23

☆850
逢うよりさきに
みえてはいたの

生くるのはもう
みえてはいたの

「逢ひ見むと いひわたりしは 行すえの もの思ふ事の はしにぞありける」2016.06.23

☆851
おとにだせれば
かなうはずなの

おもいえがけば
すでにあるもの

「恋ひわびて あはれとばかり うち歎く ことよりほかの なぐさめぞなき」2016.06.23

☆852
みたとのあかしを
のこすのみなら

きたとのかたちを
のこしたいなら

「立ち帰る 人をも何か 恨みまし 恋しさをだに とどめざりせば」2016.07.22

☆853
そんなにこころは
いらないものなの

ただいるだけなら
いらないものなの

「鶉鳴く 賤屋にをふる 玉小菅 かりにのみ来て 帰る君かな」2016.07.22

☆854
恋しつくせば
戻りはしないの

記しつくせば
還りはしないの

「別れては 形見なりける 玉章を なぐさむばかり 書きもをかせで」2016.07.22

☆855
かいなきところを
たどってみても

たねなきこころを
さがしてみても

「我袖の涙や 鳰の海ならむ かりにも人を 見るめなければ」2016.07.22

☆856
きみはねぼくの
まとではなくて

この思いだって
きみにはなくて

「東屋の お萱の軒の しのぶ草 しのびもあえず 茂る思ひに」2016.08

☆857
こころはどこかに
うつせるものなの

こころはじざいに
たためるものなの

「恋をのみ 飾磨の市に 立つ民の 絶えぬ思ひに 身をや替えてむ」2016.08

☆858
ひといなければ
おいしげるもの

ひとりでいれば
すむはずのもの

「恋をのみ 姿の池に 水草ゐて すまでやみなむ 名こそをしけれ」2016.08

☆859
みればわかると
おもっているの

みればたぶんね
あきるものなの

「露深き 浅間の野らに 小萱刈る しづの袂も かくは濡れじを」2016.08

☆860
いつでもあえる
きみへの恋と

あうにまかせぬ
きみとの恋と

「逢ふ事は 引佐細江の みをつくし 深きしるしも なき世なりけり」2016.08.29

☆861
あえぬあいだの
ぼくのすがたを

あえるあいだに
ぼくのすがたは

「人伝ては さしもやはとも 思ふらむ 見せばや君に なれる姿を」2016.08.29

☆862
見たいわたしを
みたいようにみて

分けてるわたしを
とれるだけ手にして

「あさましや さのみはいかに 信濃なる 木曽路の橋の かけわたるらん」2016.08.29

☆863
ひとのことなら
とってもみえるの

ひとのことなら
とっくにわかるの

「人のうゑと 思はばいかに もどかまし つらきも知らず 恋ふる心を」2016.08.24

☆864
いついつまでもと
おもっているのは

いついつもでもと
ねがっているとは

「契しも もろともにこそ 契りしか 忘れば我も 忘れましかば」2016.09.24

☆865
こころのなかでは
逢えてもいるのに

こころのなかには
君のみがいるのに

「君にのみ 下の思ひは 川島の 水の心は 浅からなくに」2016.09.24

☆866
こころのなかでは
いつでもはたちの

こころのきみはね
いつでもはたちの

「思ひきや 年の積るは 忘られて 恋に命の 絶えむものとは」2016.09.24

☆867
なやむこころが
あるゆえの身は

くやむこころの
あるゆえの身は

「歎きあまり 憂き身ぞ今は なつかしき 君ゆへものを 思ふと思へば」2016.10.22

☆868
おもひのたけを
あつめてみても

ことのはの橋を
あつめてみても

「水茎は これを限りと かきつめて 堰きあえぬものは 涙なりけり」2016.10.22

☆869
「たれもよも まだ聞きそめじ うぐひすの 君にのみこそ をとし始むれ」
☆870
「うぐひすは なべて都に なれぬらん 古巣に音をば 我のみぞなく」

☆871
はなれていても
いつかあえるの

わかれていても
ここであえるの

「見せばやな 露のゆかりの 玉かづら 心にかけて 忍ぶけしきを」2016.10.22

☆872
はごろもおいて
のこすこころは

かをりをおいて
のこすこころは

「逢坂の 名は忘れにし 中なれど 堰きやられぬは 涙なりけり」2016.10.22

☆873
まっているのは
ひかりではなく

まっているのは
かをりではなく

「月待つと 人にはいひて ながむれば なぐさめ難き 夕暮の空」2016.10.22

☆874
きざまれるのは
いまだけでなく

のこされるのは
ここだけでなく

「蘆の屋の かりそめぶしは 津の国の ながらへゆけど 忘れざりけり」2016.10.22

☆875
ぼくがきみを
みたときにはね

ぼくがきみを
えたときにはね

「知らざりき 雲居のよそに 見し月の かげを袂に 宿すべきとは」2016.12.22

☆876
うきよの恋が
つづくものなら

とこよの夢が
さめるものなら

「逢ふと見し その夜の夢の 覚めであれな 長きねぶりは 憂かるべけれど」2016.12.22

☆877
「秋風の 憂き人よりも つらきかな 恋せよとては 吹かざらめども」

☆878
すがたに依り
こころを変えて

ぼくはきのうの
ぼくとわかれて

「心さへ 我にもあらず なりにけり 恋は姿の 変わるのみかは」2016.12.22

☆879
みえぬから
まてるもの

きけぬから
もてるもの

「待ちかねて さ夜も吹飯の 浦風に 頼めぬ波の をとのみぞする」2017.01.05

☆880
ひとよひとよに
おりがかさなり

ひとよひとよに
なれがかさなり

「一夜とて 夜離れし床の さむしろに やげても塵の 積りぬるかな」2017.01.05

☆881
こころはかわると
わかってしまえば

いのちのかぎりを
おぼえてしまえば

「ながえらへて 変る心を 見るよりは 逢ふに命を 替えてましかば」2017.01.05

☆882
わからないから
こいしたがうの

かなわないから
こころかけるの

「逢ふことの ありし所し 変らずは 心をだにも やらましものを」2017.01.05

☆883
もういないのに
こころのこるの

まだみえるのに
こころはないの

「移香に 何しみにけん さ夜衣 忘れぬつまと なりける物を」2017.01.19

☆884
あなたもきっと
みているはずの

あなたもそっと
ひめてるはずの

「忘れぬや しのぶやいかに 逢はぬまの 形見と聞きし ありあけの空」2017.01.19

☆885
どうしてあなたは
まだいつづけるの

そうしてあなたは
おもいつづけるの

「思ひかね 猶恋路にぞ かへりぬる 恨みはすえも とをらざりけり」2017.01.19

☆886
なみだかわいて
のこされるいろ

こころかわいて
ひらかれるいろ

「見せばやな 雄島の海人の 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色はかはらず」2017.1.19

☆887
ぼくはねきみを
思っているから

ぼくがねきみを
閉じこめるのは

「山城の 美豆野の里に 妹をおきて いくたび淀に 舟呼ばふらん」2017.03.31

☆888
みぬまに君は
色あせるから

こめれば君は
色たえぬから

「人知れず むすびそめてし 若草の 花の盛りも 過ぎやしぬらん」2017.03.31

☆889
はなれていれば
おもいやれるの

そばにいるより
おもいつのるの

「いかなれば 流れは絶えぬ 中川に 逢う瀬の数の すくなかるらん」2017.03.31

☆890
あえぬままでも
つむがねば絶え

あわぬままでも
おもわねば絶え

「すみなれし 佐野の中川 瀬だえして 流れ変るは 涙なりけれ」2017.03.31

☆891
離れるからこそ
恋しとおもわれ

今さらゆえにぞ
憎しとおもわれ

「いまさらに 恋しといふも 頼まれず これも心の 変ると思へば」2017.05.13

☆892
はじめはきっと
たのしかったの

いまよりきっと
たのしかったの

「恋そめし 心の色の 何なれば 思ひ返すに かへらざるらん」2017.05.13

☆893
かさかさしてた
あのころよりも

うつうつしてた
かのひとよりも

「伊勢島や 一志の浦の 海人だにも かづかぬ袖は 濡るるものかは」2017.05.13

☆894
あなたとともに
きくおとよりも

あなたにみられ
きくおとよりも

「思ひきや 憂かりし夜半の 鳥の音を 待つことにして 明かすべしとは」2017.05.13

☆895
つかの間ならば
逢いたくないの

こころ獲るから
逢いたくないの

「から衣 かへしては寝じ 夏の夜は 夢にもあかで 人別れけり」2017.06.02

☆896
しらないうちは
何処にいたのか

つらいという今
何処にいるのか

「身の憂さを 思ひしらでや やみなまし 逢ひ見ぬ先の つらさなりせば」2016.06.02

☆897
次はともにと
前にもいってた

今はともにと
前にもいってた

「逢ふことは 身を変へてとも 待つべきを 世々を隔てん ほどぞかなしき」2017.06.02

☆898
夢であえるから
あなたはいらない

夢でなければ
あなたはいらない

「思ひ寝の 夢になぐさむ 恋なれば 逢はねど暮れの 空ぞ待たるる」2017.06.02

☆899
もうすでに
彼のひとはなく

もうすでに
夢でもみえずに

「恋わびて うちぬる宵の 夢にだに 逢ふとは人の 見えばこそあらめ」2017.07.20

☆900
ぼくはきみとは
あえないけれど

ぼくのかわりに
みててねきみを

「わびつつは なれだに君に 床なれよ かはさぬ夜半の 枕なりとも」2017.07.20


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.