000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces 901-

☆901
あえない日々が
かさなれば

あえない夢見が
かさなれば

「嘆きつつ かはさぬ夜半の 積るには 枕もうとく ならぬものかは」2017.07.20

☆902
あまりに恋うから
このさきこわいの

なげき愛しむのは
わかってはいたの

「これはみな 思ひし事ぞ なれしより あはら名残を いかにせむとは」2017.07.20

☆903
ぼくはことばで
いきつづけるよ

きみにことばの
あやをかけるよ

「死ぬとても 心を分くる ものならば 君に残して 猶や恋ひまし」2017.07.20

☆904
夢で逢うのさえ
いまはつらいの

夢で逢えるのは
いないことなの

「うたた寝に はかなく覚めし 夢をだに この世に又は 見でややみなむ」2017.08.21

☆905
音しなければ
心はやぶれて

涙なければ
心あふれて

「音を泣けば 袖は朽ちても 失せぬなり なを憂き事ぞ つきせざりける」2017.08.21

☆906
すぐに言葉が
出るならば嘘

すぐに心音を
聞けるなら嘘

「ともかくも いはばなべてに なりぬべし 音に泣きてこそ 見すべかりけれ」2017.08.21

☆907
月をみる夜は
私のあなたを

月をみる夜も
私のあなたは

「有明の 月見すさびに をきていにし 人の名残を ながめしものを」
2017.08.21

☆908
おんなじときに
きえたらいいのに

さきにわすれて
くれたらいいのに

「忘るるは 憂き世の常と 思ふにも 身をやる方の なきぞわびぬる」2017.08.21

☆909
思っていれば
思われるなんて

誓っていれば
忘れないなんて

「ちはやぶる 加茂の社の 神も聞け 君忘れずば 我も忘れじ」2017.08.21

☆910
みじかきこの
命よりもなお

かぎりあると
嘆くよりなお

「うたがひし 命ばかりは ありながら 契りし中の 絶えぬべきかな」2017.09.07

☆911
あなたはどうして
いまやってくるの

あなたはどうして
いまそこにないの

「狩人は とがめもやせむ 草しげみ あやしき鳥の 跡の乱れを」2017.09.07

☆912
僕がねいればね
大丈夫なの君は

僕はねみえるよ
このままの君が

「山よりも 深き所を たづね見ば わが心にぞ 人は入るべき」2017.09.07

☆913
あったことない
なんて
きみはいうけど

おぼえてないわ
なんて
きみはいうけど

「いにしへも 越えて見しかば 逢坂は 踏みたがふべき 中の道かは」2017.10.06

☆914
でかけるなんて
いいのねそれで

これないなんて
いいのねそれで

「かりにとぞ いはぬさきより 頼まれず たちとまるべき 心ならねば」2017.10.06

☆915
ぼくはねそこに
あるとしんじた

きみはどこにも
ないとしってた

「人心 何をたのみて 水無瀬河 せきの古くひ 朽ちはてぬらん」2017.10.06

☆916
このまれぬまま
おぼえらるのと

うとまれたまま
わすらるるのと

「恨みずは 忘れぬ人も ありなまし 思ひしらでぞ あるべかりける」2017.10.06

☆917
あれから1000日
きみを待ったよ

1000日たっても
きみはこないよ

「まことにや 三年も待たで 山城の 伏見の里に 新枕する」2017.10.06

☆918
ぼくのこころは
きみにはないよ

だからこころは
ぼくではないよ

「憂き人を 忍ぶべしとは 思ひきや 我心さへ など変るらむ」2017.10.27

☆919
ぼくはまえにも
きみにあえるよ

ぼくはいまでも
きみとあえたよ

「憂きかりける 世ゝの契りを 思ふにも つらきはいまの 心のみかは」2017.10.27

☆920
きみはしってる
ぼくのおもひを

ぼくもしってる
みられてるのを

「知るなれば いかに枕の 思ふらん 塵のみ積もる 床のけしきを」2017.10.27

☆921
またあえるなんて
わかりはしないの

でもあえるよって
いまはねちかうの

「はかなくも 来む世をかけて 契かな ふたゝび同じ 身とはならじを」
2017.10.27

☆922
ぼくのこころは
きえはてるのに

ぼくのこころは
かわりゆくのに

「思ひ出でよ 夕べの雲も たなびかば これや歎きに 絶えぬけぶりと」2017.11.16

☆923
じぶんでも
さあ
わからない

はなれても
もし
むすぶなら

「恋ひ死なば うかれん魂よ しばしだに 我思ふ人の 褄にとどまれ」2017.11.16

☆924
どこにいくのか
しらぬよふけに

どこをむすぶか
しらぬこころに

「君恋ふと うきぬる魂の さ夜ふけて いかなる褄に むすばれぬらん」2017.11.16

☆925
つぎもつぎも
おもうなんて

つぎもつぎも
あえぬなんて

「君恋ふる 心の闇を わびつつは この世ばかりと 思はましかば」2017.11.16

☆926
ぼくのみひとり
きみをながめて

もうみていない
きみをながめて

「変りゆく けしきを見ても 生ける身の 命をあだに 思ひけるかな」2017.12.16

☆927
きみだけがひとり
かわったのなら

ぼくだってひとり
かわれたのなら

「君やあらぬ 我身やあらぬ おぼつかな 頼めし事の みな変りぬる」2017.12.16

☆928
なやむならばと
やめてしまえる
ほどのこと

なやみとしても
やめてしまえぬ
まだこの身

「もの思へども かからぬ人も あるものを あはれなりける 身の契りかな」2017.12.16

☆929
あふるなみだは
うつくしき月の

あふるおもひは
つめたかる君の

「なげけとて 月やはものを 思はする かこち顔なる 我涙かな」2017.12.16

☆930
ぼくのこころを
ぼくはしらない

つきをみてても
ぼくはしらない

「ひさかたの 月ゆえにやは 恋そめし ながむればまづ 濡るる袖かな」2018.01.18

☆931
ぼくはきみでは
ないのだけれど

ぼくとなげきは
ちがうのだけど

「つらしとて 恨むるかたぞ なかりける 憂きをいとふは 君ひとりかは」2018.01.18

☆932
よりそうなんて
なんてごうまん

みつめるなんて
なんてれいたん

「思ひ知る 心のなきを なげくかな 憂き身ゆへこそ 人もつらけれ」2018.01.18

☆933
おもってるのは
たまたまなのに

おもわれるのも
たまたまなのに

「思ふをも 忘るる人は さもあらばあれ 憂きをしのばぬ 心ともがな」2018.018

☆934
しらなかったのは
ぼくだけだろうか

しらないままより
しあわせだろうか

「はかなくぞ のちの世までと 契りける まだきにだにも 変る心を」2018.02.02

☆935
きみがぼくから
はなれたように

どうしてこころは
はなれてくれない

「いとはるる そのゆかりにて いかなれば 恋はわが身を 離れざるらん」2018.02.02

☆936
ぼくの恋には
距離がひつよう

すぐに会えても
距離がひつよう

「思ひあまり うち寝る宵の まぼろしも 浪路を分けて 行きかよひけり」2018.02.02

☆937
もどってきても
こころはおなじ

もどってきても
あなたはおなじ

「年ふれど 憂き身はさらに 変らじを つらさも同じ つらさなるらん」2018.02.02

☆938
ぼくのかたちが
かわるのならば

あのことばさえ
かわるのはただ

「嘆くまに 鏡のかげも をとろへぬ 契りし事の 変るのみかは」2018.03.12

☆939
ぼくのなみだは
なにもかえない

ぼくのなみだは
きみをかえない

「年ふれど あはれに絶えぬ 涙かな 恋しき人の かからましかば」2018.03.12

☆940
ぼくのこころは
かわっていない

ときがふれても
かわれはしない

「今はただ をさふる袖も 朽ちはてて 心のままに をつる涙か」2018.03.12

☆941
うまれたおもいを
ながめていたら

いつものことだと
ながめていたら

「をく山の 岩垣沼の うきぬなは 深きこひぢに 何乱れけん」2018.03.12

☆942
ぼくのすがたが
老いたとしても

ぼくのしとねが
朽ちたとしても

「しきしのぶ 床だに堪えぬ 涙にも 恋は朽ちせぬ ものにぞありける」2018.03.26

☆943
日ごときみに
あえたとして

ひごときみに
あえないとして

「朝夕に みるめを潜く(かづく) 海人だにも 恨みは絶えぬ ものとこそ聞け」2018.03.26

☆944
あてにならぬと
しっていたのに

あきらめようと
きめていたのに
「何せむに 空頼めとて 恨みけん 思ひ絶えたる 暮もありけり」2018.03.26

☆945
苦しいなんて
思えることが

空言葉たよりに
待ててることが

「なをざりの 空頼めとて 待ちし夜の くるしかりしぞ 今は恋しき」2018.04.20

☆946
月しずむまに
あえたとして

別れまつまに
あえたとして

「をしみかね げにいひ知らぬ 別れ哉 月もいまはの 有明の空」2018.04.20

☆947
ぼくのこころは
この身はなれて

ぼくのからだは
おもくしずんで

「恋ひわぶる 心は空に 浮きぬれど 涙の底に 身は沈む哉」2018.04.20

☆948
ぼくはね日ごと
きみにあいたい

ぼくはね夜ごと
きみにあいたい

「思ひかね 越ゆる関路に 夜を深み 八声の鳥に 音をぞ添えつる」2018.03.26

☆949
「世にも知らぬ 秋の別れに うち添へて 人やりならず ものぞかなしき」

☆950
ぼくがきみに
誓っていても

そんな人もと
朧になっても

「契りしに あらずなるとの 浜千鳥 跡だにみせぬ 恨みをぞする」2018.05.14

☆951
かわってゆくと
しってはいても

このひとときが
すぎるとしても

「しかばかり 契りし中も 変りける この世に人を 頼みけるかな」2018.05.14

☆952
「秋の夜を もの思ふことの 限りとは ひとり寝覚めの 枕にぞ知る」

☆953
いつかはきっと
わすれるのなら

あなたをきっと
わすれさるなら

「よしさらば 君に心は つくしてん またも恋しき 人もこそあれ」2018.05.19

☆954
いなくなると
しっていたなら

ぼくもいつかと
しっていたなら

「なき人を 思ひ出でたる 夕暮は 恨みしことぞ くやしかりける」2018.05.19

☆955
ぼくがねいつも
わらっているのは

そうでもないのに
わらっているのは

「これを見よ 六田の淀に さでさして しほれし賤の 麻衣かは」2018.05.19

☆956
ひとがどんなに
あわれんでても

ひとがまたもや
くりかえしても

「ささめ刈る 荒田のさわに 立つ民も 身のためにこそ 袖もぬるらめ」2018.05.19

☆957
「笹の葉に あられ降る夜の 寒けきに ひとりは寝なむ ものとやは思ふ」















☆958
わたしはたのしく
あなたを想おう

あなたがわたしを
デリートしてても

「恨むべき 心ばかりは あるものを なきになしても 問はぬ君かな」































☆964
時を遊べば わかるのだから
戯れたって いいでしょう

今を生きれば わかるのだから
恋してみたって いいでしょう

空腕のままに 君を待つ僕

「春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ」


【B064 ジュアルクール】


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.