3053717 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces

☆101
踏みしだかれて
 なにごともなく
散るにまかせ
 折れるにまかせ
隔靴に触れて
 落花の優をみる

「花のみな 散りてののちぞ 山里の はらはぬ庭は 見るべかりける」


【B101 大天使 ジョフィエル】

☆102
花の季節を待ちわびた
こぞの模様を思いやる

散りぬればこその 色なれど
とわねばならぬ この春の時 

「ふるさとは 花こそいとど しのばるれ 散りぬるのちは とふ人もなし」


【B102 大天使 サミエル】

☆103
吹く風を 憂えるほどの
のどけさよ
こぞの心地が いま
いとおしき

「吹く風を なこその関と 思へども 道もせに散る 山ざくらかな」


【B103 大天使ハニエル】

☆105
さかえきたりて おわりあり
ひかりみつれど さびしかり
はなひらきても ちりつみて
たちすくむもの ひとりあり

「鏡山 ひかりは花の みせければ ちりつみてこそ さびしかりけれ」


【大天使 アズラエル】

☆106
こころ漂い 幾たびも
寄せられ 還されて
ゆきつきし 春のみさき

そのかぐわしさ
いぶせき身をも はや
わすれさせ

「心なき 我が身なれども 津の国の 難波の春に たへずもあるかな」


【B106 大天使 ラツィエル】

☆108
草のしとねに 身をおく我に
青き香を 聞き分けて

まず触れし花を 持てかえり
白き手にのせて  

「こよひ寝て 摘みて帰らん すみれ咲く 小野の芝生は 露しげくとも」


【大天使 ジェレミエル】

☆641
ひとにも ものにも 
日々恋して暮らしつ

人に紛れててひとり
日々戯れて暮らしつ

ひめなれてのこの生
おわりくるときには

「難波江の 藻にうづもるる 玉かしは あらはれてだに 人を恋ひばや」


【B41 叡智のボトル/黄金郷】

☆642
香ばしき紙に 黒き文字はしらせ 
こころ躍らせるごとく

明滅の地平に 彩な手跡のみはやらせ 
こころ向けても それ 恋は恋 

「まだ知らぬ 人をはじめて 恋ふるかな 思ふ心よ 道しるべせよ」


【B42 収穫】

☆643
あなたの心がわからないなんて
言ってみるのは虚しいけれど

あなたの心を見せようだなんて
聴いているのも空しいけれど

すでにないから見えないのだもの

「わりなしや 思ふ心の 色ならば これぞそれとも 見せましものを」


【B43 クリエイティビティ】

☆136
花の名残も 夜雨にさらわれ
水含む枝は はや優をわすれ

夏の勢を眺めやるのは
たしか春にいたわたし

「なつごろも 花のたもとに ぬぎかへて 春のかたみも とまらざりけり」


【B36 チャリティ】

☆167
待つなど 造作もないことと
きやすく 始めてみてみれば
何とまあ 心ならず時は過ぎ

夜になき 空に散り地に降る
声などきかず また過ぎる時  

「心をぞ つくしはてつる ほととぎす ほのめく宵の むら雨の空」


【B67 神聖なる愛/小さきことの中の愛】

☆138
まちを追われ 身横たえる地に
なつかしき香 なじみの色みて

ひと時の宿り 一夢むすぶ腕に 
あてなき草の あとをうつして 

「宮こ人 引きなつくしそ あやめ草 かりねのとこの 枕ばかりは」


【B68 ガブリエル】

☆171
とわに匂う 果実のなかに
はかなき薫 閉じ込めて君

そはいつか
 
あの芳しき 花の色かたち
憶えぬなら

「ただならぬ 花たちばなの にほひかな よそふる袖は たれとなけれど」*171     

【B71 エッセネボトルII
      /蓮の花の中の宝石 】

☆177
寂しい?などと 誰が訊ねるというの
一人いてなにも 咎められぬ雨の日に

喜びこそあれど 誰が侘しいというの
一人いて彼方の 万友と語らえる世に

「さみだれに 思ひこそやれ いにしへの 草の庵の 夜半のさびしさ」


【B77 カップ】

☆500
右腕に 波音聴きつ 
額上は 月を受けて

恋知らぬと 約せし人も
今は仮寝の 夢を結ぶか

「あたら夜を 伊勢の浜荻 折りしきて 妹恋しらに 見つる月かな」


【B50 エルモリア】

☆501
嵐よぶおと すがるおと
月待つなどは 無駄なこと

波のこえを うちききて
幸い待つなど 無駄なこと

「波のうゑに 有明の月を 見ましやは 須磨の関屋に やどらざりせば」


【B01 フィジカルレスキュー】

☆503
たゆたう舟を 抱える千尋の
かみ梳く我を 捉える惑いの

胸つくほどに 片割れを追い
鳴きむせびて この身もまた

「水のうゑに うき寝をしてぞ 思ひ知る かかれば鴛(をし)も 鳴くにぞありける」

【B03 アトランティアン/ハートボトル 】

☆504
こころの調べを 目で奏で
知ってはいても 涙する

幾尋も海を 越えるとき
知ってはいても たたら踏む

などか声する などか笑みする
 
「思ふ事 なくてぞ見まし 与謝の海の 天の橋立 みやこなりせば」

【B04 サンボトル/サンライト】

☆208
冬のけしきに にぶく咲く 
あつき陽の花 とじこめて

とわ求めれば 永久に咲く
あおき陽の花 解きはなて

「春秋も のちのかたみは なきものを 氷室ぞ冬の なごりなりける」


【B08 アヌビス】

☆206
ときの花 
 時運あわせて咲くのには

ときの声 
 逃さずききてともに舞い

「見るがなを この世のものと おぼえぬは からなでしこの 花にぞありける」

【B06 エナジーボトル】

☆209
ふれてもないのに
 あつさ漂い 

まどいもないのに
 ちから臨み

みればひとよに 
 みればひとよに

「あたりさへ 涼しかりけり 氷室山 まかせし水の こほるのみかは」


【B09 クリスタルの洞窟
   /ハートの中のハート 】

☆210
なつの声は どこできくの
冷たき滴を 四肢に受けて

あきの声は いつ始まるの
灼熱の気配 さめぬ夕べに

「山かげや 岩もる清水の をとさえて 夏のほかなる ひぐらしの声」


【B10 ゴーハグアツリー
   (行って木を抱きなさい)】

☆211
ひとつふたつ 
いのりの数を 珠にして

みっつよっつ
あゆみの音を 糧にして

「夕されば 玉ゐるかずも 見えねども 関の小川の をとぞすずしき」


【B11 エッセネボトルI
        /花の鎖 】

☆1202
ここにて何をするかを決めながら
いまだ漂いふらつき気づかぬ風で

こんどは何になるかを知りながら
そしらぬ顔で廻りまわりて元通り

憂きも苦きも愉しきに見せる螺旋

「ここに消え かしこに結ぶ 水のあはの 憂き世に廻る 身にこそありけれ」


【B02 ピースボトル】

☆1203
知っているのに 
なぜまだここにいるのだろう

分っているのに
なぜまた戻ってくるのだろう

毎夜ねむりにつき 身をよじり
そしてまた 今日の遊びを考えて

「定め成き 身は浮雲に よそへつつ はてはそれにぞ 成り果てぬべき」

【B03 アトランティアン
        /ハートボトル】

☆1204
あなたはわたし
疎めばみち失い

あなたこそわたし
避ければ光りなき

「世の中は 皆仏なり をしなべて いづれの物と 分くぞはかなき」*1204


【B04 サンボトル/サンライト 】

☆1205
五色にそめわけたごと
おなじかたちや声ききつ

隣座しつつ見得ぬごと
こたえ持つ手を前にして

「おほぞらの 雨はわきても そそがねど うるふ草木は をのが品々」


【B05 サンライズ
        /サンセット】
☆1206
今いまここで うけたいの
次あうことは もうないから

戻らないかも しれないの
次にすすんで みえないから       

「求めても かかる蓮の 露をおきて 憂き世に又は 帰るものかは」


【B06 エナジーボトル】

☆258
陽に地に風に もまれたゆたう
ちいさき舟に つめられし人は

もの皆ひとつ 皆ものひとつと
繰り返しまた 立ちあがりまた

「野分する 野辺のけしきを 見る時は 心なき人 あらじとぞ思ふ」*258


【B58 オリオン&アンジェリカ】

☆226
青きそらには 地の色は
映ってはいるのだろうか

香るかぜには かの声は
溶け入っているだろうか

目に染み肌にまとわせる
佳き朝の踏みしめたもの

「秋きぬと 聞きつるからに わが宿の 萩の葉風の ふきかはるらん」


【B26 ハンプティダンプティ
/エーテルレスキュー/ショックボトル】

☆227
あしもとに 残るつめたさ
目には紅く 秋がおとずれ

かわらぬと 唱え嘆きつつ
一つ二つと 進み行くあし

「浅茅生の 露けくもあるか 秋きぬと 目にはさやかに 見えけるものを」


【B27 ロビンフット】

☆228
目に映らぬもののたしかさを
あざやかに知るここに生まれ

手に触らぬもののやさしさを
そのままに置くここに生まれ

「秋のくる けしきの森の した風に たちそふ物は あはれなりけり」


【B28 メイドマリアン】

☆229
ひきこもり さして動かぬ身にも
ひかりの色 やわらかくとどいて

まつばかり さして努めぬ身さえ
まぶしき色 胸ひらき受けとめて  

「八重葎 さしこもりにし 蓬生に いかでか秋の わけてきつらむ」


【B29 起きて進め】

☆230
もう驚くことなど 何もありはしない
準備万端 いつでもここから出発OK

どこへ石を置いても そこがいしずえ 

「秋はきぬ 年もなかばに すぎぬとや 荻ふく風の おどろかすらむ」


【B30 地上に天国をもたらす】

☆644
なみだなんぞに だまされはせぬと
知っているのに なぜ心うごくのか

微笑みなんぞに 惑わされはせぬと
誓っているのに なぜ面ゆるむのか

「思ふより いつしかぬるる たもとかな 涙ぞ恋の しるべなりける」*644


【B44 守護天使】

☆646
いずれ手放す ものと知りつつ
色に出ぬよう まもるのは何故

まだ幾百万遍も 来ねばならぬ 

ひとを恋う ちから失うよりは
ひとを思う こころ失うよりは


【B46 放浪者】

☆647
名はいらぬ そが誰でも
めにうつる それが答え

形もいらぬ もはや今は
めにのこる それが御身  

「ひとめ見し 人はたれとも 白雲の うはの空なる 恋もするかな」


【B47 オールドソウル(古い魂)】

☆648
いつしかたまる 恋のあかし
かぞえて初めて 自らを知る

かくすものなど ないけれど
きれぎれに纏う 恋のあかし

「包めども 涙に袖の あらはれて 恋すと人に 知られぬるかな」


【B48 癒しの翼】

☆649
いいなと思ふこころ
つつんで掌にのせて

あけてみよかよそか
みるまにきえるから

「包めども たえぬ思ひに なりぬれば 問はず語りの せまほしきかな」


【B49 ニューメッセンジャー】

☆650
この増殖した私を どうたためというの
あちらをぱたりし またぱたりし続けて            

とっときのものも どうでもいいものも
まぎれてうもれて また次がひろがるの

「おほかたの 恋する人に 聞きなれて 世のつねのとや 君思ふらん」


【B50 エルモリア】

☆651
言わねば消えてしまう
そんな程度の思いなら

言おか言おまいか迷う
余地ある程の思いなら

「思へども いはでの山に 年をへて 朽ちやはてなむ 谷のむもれ木」


【B51 クツミ】

☆652
耳にするあなたのほうが
私にはかえってリアルで

目にしたあなたのほうが
悲しくも修正しが必要で

「高砂の 尾上の松に ふく風の 音にのみやは 聞きわたるべき」


【B52 レディナダ】

☆653
あたりもせずに
くだけるものか
そのこころ

みがきもせずに
あらわるものか
かのかたち

「荒磯の 岩にくだくる 浪なれや つれなき人に かくる心は」


【B53 ヒラリオン】

☆654
いつのまにか
かんがえてる

しらぬうちに
かきとめてる

こころむく道
ながれゆく先

「岩間ゆく 山のした水 堰きわびて もらす心の ほどを知らなむ」


【B54 セラピスベイ】

☆655
みなもにえがく
みなわのごとく

うかびてはしり
きしべをさわり

しのぶるくさに
はなさかさんか

「水隠り(みごもり)に いはで古屋の 忍草 しのぶとだにも しらせてし哉」


【B55 キリスト】

☆656
春まつなんていうのは
種まいてからにしてよ

枯れたなんていうのは 
根をみてからにしてよ

「思ふ事 岩間にまきし 松の種 千世と契らむ いまは根ざせよ」


【B56 サンジェルマン】

☆57
なれし島まもり
あたらしき風音
しろうともせず

わかき時わすれ
あらたなる胎動
みようともせず

「おぼつかな うるまの島の 人なれや わが言の葉を 知らぬがほなる」

 
【B57 パラスアテナ&アイオロス】

☆658
とじた袖ぐちに
ひめた恋のあと

ひえた雨おとに
とかす熱のあと

「人知れず もの思ふころの 袖みれば 雨も涙も わかれざりけり」


【B58 オリオン&アンジェリカ】

☆659
うきなとしても
たつうちがはな

うきななくとも
みればさくはな

「立ちしより 晴れずもものを 思ふ哉 無き名や野辺の 霞なるらん」

 
【B59 レディポルシャ】

☆660
言わぬままで
大事にしていたいのに

思わぬすきに
伝わってしまったから

もう遊べなくなった
すきに遊んでいられなくなった

「歎きあまり しらせそめつる 事の葉も 思ふばかりは いはれざれけり」

 
【B60 ラオツー&クアンイン(老子と観音)】

☆661
ずっとかくしておいたなら
いつか忘れてしまうでしょ

しられぬことがだいじなら
いつか消えてしまうでしょ

そっとめくった昔の日々に
かすかな香り覚えるのみの

「人知れぬ 木の葉の下の むもれ水 思ふ心を かき流さばや」


【B61 サナトクマラ&レディーヴィーナスクマラ 】

☆662
わけもなく そのすがた 
さがしてしまっていたなら

しらぬまに そのかたち 
ふれたくなってしまったら

「恋しとも いはぬに濡るる 袂かな 心を知るは 涙なりけり」

  
【B62 マハコハン】


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.