3054704 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces2

☆663
凪いだみずに
紅とかすごと

白きころもに
色うつすごと

一たびあえば
一あやそえて

「思へども いはで忍ぶの すり衣 心の中に みだれぬるかな」

 
【B63 ジュアルクール&ヒラリオン】

☆664
それがほんとのものならば
ちかづこうともするけれど

それがうそだとしらぬなら
てをだそうともするけれど

このないだこころのおもて
なみだたせるほどのものは

「みちのくの 信夫もぢずり 忍びつつ 色には出でじ 乱れもぞする」


【B64 ジュアルクール】

☆665
ちろろにともる火
おさえしわが身の

ぽたたとくべる木
とまらぬわが意の

「難波女の すくもたく火の 下焦がれ 我身なりけり」

 
【B65 頭は天に、足は地に】

☆395
てにてにのこる
ふゆのこはいろ

めにめにはいる
おくれたこころ

「かけひの水の こほるらん さこそあらしの をとのかはらめ」


【B95 大天使 ガブリエル】

☆396
ひとつ風に ひとつ筆も
繕わぬ まつげさらして

ふたつ声に ひとつ綾も
纏わぬ こころさらして 

「外山ふく あらしの風の をと聞けば まだきに冬の をくぞ知らるる」

 
【B96 大天使 ラファエル】

☆397
しろきうすぎぬ おりて
あららかなおと つつみ

つきぬことのは ためて
あらぶるこころ たえぬ

「はつしもや をきはじむらん あか月の 鐘のをとこそ ほの聞こゆなれ」

 
【B97 大天使 ウリエル】

☆398
鐘おとのなみ
氷をつなげて
白き花むすび

恋うひとのね
空をつたいて
透く星さかせ

「高砂の 尾上の鐘の をとすなり あか月かけて しもやをくらむ」

 
【B98 大天使 サンダルフォン 】

☆432
月あびまちて一人
肌さすよわき切先

空みつたちて一人
身をとかすものは

「このごろの 鴛のうきねぞ あはれなる うわ毛の霜よ したのこほりよ」


【B32 ソフィア 】

☆430
うきくさの生とおくみて
あしもとの崩れしらずに

かたきちに足たつとみて
みふるわす揺れしらずに

「水鳥を 水のうゑとや よそに見む われもうきたる 世をすぐしつつ」


【B30 地上に天国をもたらす 】

☆431
おもいくらべの
ことばかわして

さるひとのせに
はじめてかたる

「水鳥の たまもの床の うきまくら ふかき思ひは たれかまされる」


【B31 泉】

☆433
たのしき ひとりね
うきよに ただよい

うえねば ひとりね
こいなど せずとも

「難波潟 いり江をめぐる あしがもの たまもの舟に うきねすらしも」


【B33 ドルフィン/目的のある平和】

☆434
こいのはじめに
きるべきころも

あいのおわりに
おくべきつるぎ

うきねのとこは
まだみだれんか

「をしどりの うきねの床や あれぬらん つららゐにけり 昆陽(こや)の池水」

    
【B34 ヴィーナスの誕生】

☆476
おいつおわれつ
とまればさめる

まいつまわれつ
ことばわくまで

「むかし見し 心ばかりを しるべにて 思ひぞをくる 生の松原」


【B76 信頼】

☆477
また君にあえるから
まだ私がいとおしい

もし声がきけるなら
もう少しながらえて

「わかれより まさりてをしき 命かな 君にふたたび 逢はむと思へば」


【B77 カップ】

☆479
どこにこの小さき身おくとも
いまあるここがわたしの宇宙

たとえこの生とおく別つとも
まだ終わりなきかに見えても

「帰りこむ ほども定めぬ 別れ路は みやこの手振り 思ひ出でにせよ」

 
【B79 オーストリッチボトル】

☆480
ふたたび逢うなんて
おもえるだけで幸い

おいても思うなんて
ふしねがうより幸い

「行く末を 待つべき身こそ をいにけれ 別れは道の とをきのみかは」

【B80 アルテミス】

☆666
一瞬の間におとずれる
激情に身をおとすより

一生の秘をむねにだき
知らぬ間にきえたきよ

「恋ひ死なば 世のはかなきに いひをきて なき跡までも 人に知らせじ」

   
【B66 アクトレス(女優)】

☆667
なにもせぬなら
なにものこさぬ

きづつけぬなら
きづつけられぬ

いわでこのまま
されるものなら

「人知れぬ 涙の川の みなかみや いはでの山の 谷のした水」

   
【B67 神聖なる愛
/小さきことの中の愛】

☆668
つたえなくては いけないなんて
もう はるかむかしのはなしなの

つたえられぬのを なげくなんて
もう なくからこそうたになるの

「いかにせむ 御垣が原に 摘む芹の ねにのみ泣けど 知る人もなき」


【B68 ガブリエル】

☆669
いつも一人で
歩いていると?

いつも一緒に
歩いているの

「つれもなき 人の心や 逢坂の 関路隔つる 霞なるらん」


【B69 鳴り響く鐘】

☆670
幾度なみだを流しても
馴得ぬままに時はすぎ

ふくらみにふくらんだ
むねのうちおりをもち

何時なんどき爆ぜても
平穏なままの生をいき

「涙川 うき寝のとりと なりぬれど 人にはえこそ 身馴れざりれ」

   
【B70 壮麗なるヴィジョン 】

☆672
逃げても逃げても
振り落とせぬ我心

この橋をわたれば
もう苦しまぬなど

行けども行けども
必ず出あうは我心

「世をいとふ はしと思ひし 通ひ道に あやなく人を 恋わたるかな」


【B72 クラウン(ピエロ)】

☆673
埋もれさせた方が良かったのか
こと伝えるさまは数々あれども

言わぬままの方が先あったのか
はな咲かぬままに日々こせども

「便あらば 海人の釣舟 こと伝てん 人を見るめに 求めわびぬる」
 
【B73 チャンツー(荘子)】

☆674
君おもえるからこそ
我ありかさだまりぬ

ふた心なくみてこそ
わが灯かりともりぬ

「またもなく ただひと筋に 君を思ふ 恋道にまどふ 我やなになる」

 
【B74 勝利】

☆675
月を待つ 日のひかり
君を恋う 僕のすまい

空に花を 風はみちて

「君恋ふる 身はおほぞらに あらねども 月日をおほく 過しつるかな」

   
【B75 流れとともに行く】

☆676
きみのこのひと文字にて
ぼくは此処にかよい初め

あやなることの葉にまた
たえなる音のせるごとく

「琴の音に 通ひそめぬる 心かな 松ふく風の をとならねども」

  
【B76 信頼】

☆77
さくらにみどりが
ひらり兆ざすまで

さくらがもとへに 
しろき片まくまで

ひがな君ながめて

「咲きしより ちるまで見れば 木の本に 花も日かずも つもりぬるかな」

     
【B77 カップ】

☆78
はなにあそぶ
ときはとわに

さくもちるも
めにはのこり

とくうせても
きしはおなじ

「池水に みぎわのさくら ちりしきて 波の花こそ さかりなりけれ」

    
【B78 クラウンレスキュー】

☆109
花の主を
誰にせん 誰にせん

今宵ばかりの
標つけたとて

花の主は
誰にせん 誰にせん
 
「きぎすなく 岩田の小野の つぼすみれ しめさすばかり なりにけるかな」


【B109 大天使 ザカリエル 】

☆110
春のかたみは
花もて帰らむ

恋のかたみに
君みて忘れむ

「道とをみ 入野の原の つぼすみれ 春のかたみに 摘みてかへらむ」 


【B10 ゴーハグアツリー
(行って木を抱きなさい)】

☆677
頬辺に冷たさ
さがす夜

君への辿り路
えがく夜

「はかなしや 枕さだめぬ うたた寝に ほのかにまよふ 夢の通い道」


【B77 カップ】

☆678
想うよりさきに
流れるのなみだ

恋すよりさきに
惑わすのあなた

「先に立つ 涙とならば 人しれず 恋路にまどふ 道しるべせよ」

     
【B78 クラウンレスキュー】

☆679
時をたのんで
何をえたいの

君をたのんで
僕になれるの

「ながらへば つらき心も 変るやと 定めなき世を 頼むばかりぞ」
  
【B79 オーストリッチボトル】 

☆680
いまのなみだに
いみなんてない

袖こえるほどに
震えてみえても

「洩らさばや 忍びはつべき 涙かは 袖のしがらみ かくとばかりは」

 
【B80 アルテミス】

☆681
そのときまでは
たしかにあった

いいえぬときは
たしかにあった

はれておんみの
かたわらにいて

「恋しさを 憂き身なりとて 包みしは いつまでありし 心なるらむ」


【B81 無条件の愛】

☆682
ああ僕は 待っていたんです
そう君が こう言うのだから

ああ僕は 分かってたんです
そう君が もう舟にいるのを  

「頼めとや いなとやいかに 稲舟の しばしと待ちし ほどもへにけり」


【B82 カリプソ】

☆683
すきかきらいかなんて
もはやどうでもよくて

われかなんじかなんて
もはやさかいもなくて

「かくばかり 色に出でじと 忍べども 見ゆらんものを 堪えぬけしきは」


【B83 オープンセサミ】 

☆684
ああ もう咲いてしまったことよ
この いだいて愉しきときは過ぎ 

ああ もう知れてしまったことよ
この ながめて愉しきときは過ぎ

「人知れず 思ふ心は ふかみ草 花咲きてこそ 色にいでけれ」


【B84 風の中のキャンドル】 


☆685
継ぐべきものさえないのなら
勇んでとだえられるのに

逢うなんて言葉もないのなら
思うことさえしないのに

「日をへつつ しげさはまさる 思ひ草 逢う言の葉の などかなからむ」


【B85 タイタニア】

☆686
あなたは決してしらないの
あゆむたび花 傷つけるのを

あなたには決してわからないの
あめむすぶたび恋 流れゆくのを

「落つれども 軒に知られぬ 玉水は 恋のながめの しづくなりけり」


【B86 オベロン】 

☆201
ふれたものには すべて
火がやどるのを 知って

とびちがうのは すべて
いまここをさす あなた

「むかしわが あつめし物を 思ひいでて 見なれがほにも くるほたるかな」


【B01 フィジカルレスキュー】

☆207
よとせをめぐる はなのごと
いまさきひかる ひとのかお

よとせにかくる はなのごと
いまさきさわぐ ひとのいし

いそぎたまうな むれたまうな     

「常夏の 花もわすれて あき風を 松のかげにて けふはくれぬる」


【B07 ゲッセマネの園】 

☆213
空のいろにも
紗はきえゆき

夜のこえにも
秋たちまじり

月はすずしき
君をてらすか

「さらぬだに ひかり涼しき 夏の夜の 月を清水に やどしてぞ見る」


【B13 新しい時代の変化】 

☆214
つぎはわたし
つぎはあなた

のぼる舞台を
まつの人びと

つぎはあなた
つぎはわたし

おりる舞台に
みるの足あと

「せきとむる 山した水に みがくれて すみけるものを 秋のけしきは」


【B14 時代の叡智】

☆215
ながきゆめみて
あそびつくすも

ときをおしみて
やまをめざすも

ふたたびあえる
われのすがたに

「我ながら ほどなき夜やは をしからむ 猶(なほ)山のはに 有明の月」


【B15 新しい時代の癒し2】

☆216
月も陽をも
諸手に抱き

冷熱の光り
御身に納む


「夏夜の 月のひかりは さしながら いかにあけぬる 天の戸ならむ」


【B16 ヴァイオレットローブ
      (菫色の衣)】 

☆217
これが同じ海だなんて
まるで夢を見てるよう

これが同じ心だなんて
そうよ夢を見てるのよ

「夕立の まだはれやらぬ 雲まより おなじ空とも 見えぬ月かな」


【B17 吟遊詩人I/希望】

☆218
月はね それを眺めてた人の
物なの って誰かがいってた

花はね それに見惚れた人の
物よね って言ってたのは君

「小萩原 まだ花さかぬ 宮木のの 鹿やこよひの 月になくらむ」*218


【B18 エジプシャンボトルI
/ターニングタイド 】


☆219
はだは知ってる
ひとみより先に

かみは知ってる
てゆびより先を

「夏ごろも すそのの原を わけゆけば をりたがえたる 萩が花ずり」


【B19 物質界に生きる】 

☆220
思いもしませんでした
今この時が変わるのを

考えもしませんでした
君がここを越えるのを

「秋風は 波とともにや こえぬらん まだき涼しき すえの松山」


【B20 チャイルドレスキュー
/スターチャイルド 】

ひとつすくって
ひとつはなして

ここであそぶの
このよるのかぜ

「みぞぎする 川瀬に小夜や ふけぬらん かへるたもとに 秋風ぞふく」*225


【B25 回復期のボトル
/ナイチンゲール 】

☆231
満たされて もういいよと
流れるのが なみだなのに

染められて もういいよと
落ちるのが このはなのに

「木の葉だに いろづくほどは あるものを 秋風ふけば ちる涙かな」


【B31 泉】 

☆232
めにはけしきが
みみにはこえが

はだにはかぜが
あきを染ませて

「神山の 松ふく風も けふよりは いろはかはらで をとぞ身にしむ」*232


【B32 ソフィア】 

☆233
かみからいつも
あきもたらされ

ひとにはいつも
われがうつされ

「ものごとに 秋のけしきは しるけれど まづ身にしむは をぎのうは風」


【B33 ドルフィン/目的のある平和】


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.