3055123 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces3

☆234
あわねばよいのに
なぜときあうのか

きかねばよいのに
なぜゆきかうのか

「秋風や なみだもよをす つまならむ をとづれしより そでのかはかぬ」


【B34 ヴィーナスの誕生】  

☆242
どんなに誓ったとしても
僕のおもいがはれぬなら

なんども誓ったとしても
君のこころがかわるなら

「秋くれば 思ひみだるる かるかやの した葉や人の 心なるらむ」


【B42 収獲】

☆243
いちにのさんで
はじまった恋の

いちじんのかぜ
ふきいれる隙の

「をしなべて 草葉のうゑを 吹風に まづした折るゝ 野辺のかるかや」


【B43 クリエイティビティ】

☆244
つめたくのこる
あとをたどりて

まだ手にのこる
かれをさがして

「ふみしだき 朝ゆく鹿や すぎつらん しどろに見ゆる 野ぢのかるかや」


【B44 守護天使】 

☆245
まだわからない
あきはきてるか

まだわからない
かぜはきてるか

「秋きぬと 風もつげてや やまざとに 猶ほのめかす はなすゝきかな」


【B45 ブレスオブラブ】     

☆246
そのことばひとつで
心おれてしまうのは

そのおもいひとつで
生きるときめるのは

「いかなれば うは葉をわたる 秋風に した折れすらむ 野辺のかるかや」*246


【B46 放浪者】 

☆255
すそにつめたく
のこるくさつゆ

みみにすずしく
さわるむしおと

「夕されば 萱がしげみに なきかわす 虫のねをさへ わけつゝぞ ゆく」


【B55 キリスト】

☆256
身にしみのこる
夏のあとさがし

肌におぼえある
秋のひをむかえ

「さまざまに 心ぞとまる 宮木野の 花のいろいろ 虫のこゑごゑ」


【B56 セントジャーメイン(サンジェルマン】

☆257
RENT レント
この世は 借り物

ならばと 急いで
この秋を 越えん  
 
「秋くれば やどにとまるを たびねにて 野辺こそつねの すみかなりけれ」


【B57 パラスアテナ&アイオロス 】

☆259
その風きけば
はだえ恋しく

その香きけば
さとや愛しく

「夕されば 野辺の秋風 身にしみて うづらなくなり 深草のさと」


【B59 レディポルシャ 】 

☆260
かくるる里の
哀しき夕べに

ひめたる恋の
現わる夜わに

「なにとなく 物ぞかなしき 菅原や 伏見の里の 秋の夕ぐれ」


【B60 ラオツー&クアンイン(老子と観音) 】

☆261
髪の香そえて
君まつものを

秋の音そえて
君ひくものを

「さまざまの 花をばやどに うつしうゑつ 鹿のねさそへ 野辺の秋風」


【B61 サナトクマラ&レディーヴィーナスクマラ 】 

☆262
君にそまりて
我いろなくし

我がそまれば
君はさりゆく

「秋の野の 千草の色に うつろへば 花ぞかへりて 露をそめける」


【B62 マハコハン】

☆263
寂しき心に
露はこぼれて

涸れた心の
色をたどりて

「草木まで 秋のあはれを しのべばや 野にも山にも 露こぼる覧」


【B63 ジュアルクール&ヒラリオン】 

☆264
気づきはしない
ここにいるのを

分かりはしない
きえてないのを

「はかなさを 我身のうゑに よそふれば たもとにかかる 秋に夕露」


【B64 ジュアルクール】 

☆267
そのそわそわとした心は
だれがあなたに与えたの

このうつうつとした心を
なにがわたしに移したの

「おほかたの 露にはなにの なるならん たもとにをくは 涙なりけり」


【B65 神聖なる愛/小さきことの中の愛】 

☆269
いつまでもあると
思わないであなた

いつきてもいいと
信じないであなた

「ときしもあれ 秋ふるさとに きて見れば 庭は野辺とも 成にけるけな」


【B69 鳴り響く鐘】  

☆387
とうとうきてしまった
昨日のこだまはすてて

とうとうみてしまった
明日のことばをはって

「きのふこそ 秋はくれしか いつのまに 岩間の水の うすこほるらむ」


【B87 愛の叡智】

☆388
ひとつふたつの
にしきのなごり

とえにはたえに
ふまれるひかり

「いかばかり 秋のなごりを ながめまし けさは木の葉に あらしふかずは」


【B88 翡翠の皇帝】

☆390
きのうはたしかに
そこにあったのに

あなたはたしかに
みてたはずなのに
「ひまもなく ちるもみぢ葉に うづもれて 庭のけしきも 冬ごもりけり」


【B90 ウィズダムレスキュー】 

☆393
いっさいがっさい
つれさるあらしよ

いつでもけっして
わらわぬあなたよ

「秋のうちは あはれ知らせし 風のおとの はげしさそふる 冬はきにけり」


【B93 ヘンゼル】 

☆391
どこに生まれようとも
洗われねばならぬなら

なにに倦まれようとも
顕されねばならぬなら

「さまざまの 草葉もいまは しもがれぬ 野辺より冬や たちてきつらん」*391


【B91 フェミニンリーダーシップ】

☆392
あなたの放つこと葉に
力あることを知ってて

あなたの延べし手より
形になることを覚えて                                                                         
「すむ水を 心なしとは たれかいふ こほりぞ冬の はじめをも知る」


【B92 グレーテル】   

☆399
ひとりもいない
このしろき夜に

ひとりでいない
このひろきよに

「ひさぎをふる 小野の浅茅に をく霜の しろきを見れば 夜やふけぬらん」


【B99 大天使 ザドキエル】

☆400
ひとよふた夜の
恋いをすごして

ひとよふたりの
ときをすごして

「冬きては 一夜ふた夜を たまざさの 葉わけの霜の ところせきかな」


【B100 大天使 メタトロン】 

☆435
このてにのこる
あかきこころよ

このせにやどる
あをきひかりよ

「かものゐる 入江のあしは 霜がれて をのれのみこそ あを葉成けれ」


【B035 親切】

☆436
おれてもおれても
哭くこえはかれず

ふしてもふしても
於くしもをといて

「をく霜を はらひかねてや しほれふす かつみがしたに 鴛のなくらん」


【B036 チャリティ】  

☆437
なみのかずほど
うまれていても

みずのつぶほど
こころおいても

「あしがもの すだく入江の 月かげは こほりぞ波の かずにくだくる」


【B037 地上に舞い降りた守護天使】

うすきこおりの
まくをかさねて

*438
つきはこよいも
舞い降りて潜む

つきはこよいこそ
まいおりてひそむ

「夜をかさね むすぶこほりの したにさへ 心ふかくも すめる月かな」


【B038 吟遊詩人II/識別】 

☆439
ひかりはどこへ
行ったのだろう

たなごころには
月がのこるのに

「いづくにか 月はひかりを とどむらむ やどりし水も こほりゐにけり」


【B039 エジプシャンボトルII/操り人形師】 

☆440
つめたきみずに
ふれられるまに

いそがぬきみが
くちはてぬまに

「冬くれば ゆくてに人は くまねども こほりぞむすぶ 山の井の水」


【B040 アイアム】


☆441
しらしらとすごせば
くもりはてるまで空

さえざえとひかれば
熾きやどるのよ君に

「月のすむ 空には雲も なかりけり うつりし水は こほりへだてて」


【B041 叡智のボトル/黄金郷】 

☆442
きみをかざしてみれば
すべてかがやくよそら

きみをすかしてみれば
すべていただくよかげ

「つららゐて みがけるかげの 見ゆるかな まことにいまや 玉川の水」


【B042 収獲】  

☆443
ぱらぱらちるの
わたしのこころ

はらはらみるの
きみのあしさき
「月さゆる こほりのうゑに あられふり 心くだくる 玉川の里」


【B043 クリエイティビティ】 

☆444
思いおこせとかぜがなく
おまえはひとりなのだと

忘れさるなとかみがなく
おまえとひとつなのだと

「さゆる夜の まきのいたやの ひとりねに 心くだけと あられふるなり」


【B044 守護天使】 

☆445
まだ知らなかったのだ
ひと夜で君が変るのを

まだ憶えなかったのだ
無限に歩みが変るのを

「朝戸あけて 見るぞさびしき 片岡の 楢のひろ葉に ふれるしらゆき」


【B045 ブレスオブラブ】 

☆446
みえるような気がするの
あなたが白くそまるのが

わかるような気がするの
わたしに風がとおるのが

「夜をこめて 谷のとぼそに 風さぶみ かねてぞしるき 峰のはつ雪」


【B046 放浪者】 

☆447
この夜のふかさに
手をのべてごらん

かの夜のけしきに
身をむけてごらん

「さえわたる 夜半のけしきに み山べの 雪のふかさを そらに知るかな」


【B047 オールドソウル(古い魂)】

☆448
このよに幸いあふれるのなら
わがみを通しひろがるものを

このよの白きゆきをあつめて
わがてに降ろしまたながれん

「消ゆるをや みやこの人は をしむらん けさ山里に はらふ白雪」


【B048 癒しの翼】 

☆450
碧き月より
舞いおりて 

黒き髪より
立ちこめる

姿は幾たび
変わろうと

「たとへても いはむかたなし 月かげは 薄雲かけて ふれるしら雪」*450


【B050 エルモリア】

☆451
きみがあとを
 辿りたいのに

年月のおりは
 あまりに深く

「み山路は かつふる雪に うづもれて いかでか駒の あとをたづねむ」


【B051 クツミ】

☆001
ひとつ見ればみえる
小さきつぶとなって
今この谷をそめよう

ひとつ追えばおえる
事なきくいとなって
今この春へむかおう

「春のくる 朝の原を 見わたせば 霞もけふぞ 立ちはじめける」


【B001 フィジカルレスキュー】 

☆002
つちにふれたゆきの
みるまにねつをもち
いまたにをはしるよ

ついにそえた御手の
みるまにねつをもち
いまこころはしるよ

「三室山 谷にや春の たちぬらん 雪のした水 岩たたくなり」


【B002 ピースボトル】 

☆006
このみはいまだ
ふゆをしるのに

このめはいまだ
かれをみるのに

「山里の かきねに春や しるか覧 かすまぬさきに うぐひすのなく」


【B006 エナジーボトル】

☆007
めをこらしてみれば
わかるはずのものを

こころすませるなら
ふれるはずのものを

「けぶりかと 室の八島を 見し程に やがても空の かすみぬるかな」


【B007 ゲッセマネの園】

☆008
おきつしらなみ
ちどりなるごと

ながすしすみの
めがみなるごと

「霞しく 春のしほぢを 見わたせば みどりをわくる 沖つしら浪」


【B008 アヌビス】

☆009
あなたとわたしを
へだててるいろは

ふゆとはるのひを
わけてゆくかぜは

「わぎもこが 袖振山も 春きてぞ かすみのころも たちわたりける」


【B009 クリスタルの洞窟/ハートの中のハート 】 

☆10
いにしえはぜひにと
もとめられた木々の

うつしよはきひへと
おとしめられた霞の

「春くれば 杉のしるしも 見へぬかな かすみぞたてる 三輪のやま本」


【B009 ゴーハグアツリー(行って木を抱きなさい)】 

☆11
あるがごとくに
みえる人を惧れ

あるがごとくに
おもう己を畏れ

「みわたせば そことしるしの 杉もなし かすみのうちや 三輪のやまもと」


【B011 エッセネボトル/花の鎖】

☆51
そらまでそめる
はなのうすいろ

こえさえかおる
かぜのなみおと

「花ざかり 春のやまべを 見わたせば 空さへにほふ 心ちこをすれ」


【B051 クツミ】

☆53
手折らねば
つづく命と
知りながら

野におけど
去りぬ色と
しればこそ

「たづねきて 手折るさくらの あさ露に 花のたもとの ぬれぬ日ぞなき」


【B053 ヒラリオン】

☆118
しるとしらぬの
さかいめのごと

べにがふじへと
そめかわるごと

「いづかたに にほひますらん 藤の花 春と夏との 岸をへだてて」


【B018 エジプシャンボトルI/ターニングタイド 】  

☆119
ひかるきみにも
架かるむらさき

いくえにいのる
咲けるうすべに

「九重に 咲けるを見れば 藤の花 こきむらさきの 雲ぞ立ちける」


【B019 物質界に生きる】

☆120
いろはこくとも
かわらぬものかは

としはふれども
たのめるものかは 

「年ふれど かはらぬ松を たのみてや かかりそめけむ 池の藤波」


【B020 チャイルドレスキュー/スターチャイルド 】 

☆121
ひとはあやまたず
不自己のかなしみ

ひとはまぎれなく
非自己のよろこび

「我もまた 春とともにや かへらまし あすばかりをば こゝにくらして」


【B021 愛の新しい始まり 】


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.