3056333 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces5

☆726
いにしえは
千束の思ひ
ゆるされて

うつつには
何の束なら
ゆるされん

「錦木の 千束にかぎり なかりせば 猶こりずまに 立てましものを」


【B026 ハンプティダンプティ/エーテルレスキュー/ショックボトル 】  

☆727
わざと遠きに
おきてこそ恋

いつも近きに
おきてこそ愛

「いかばかり 恋路は遠き ものなれば 年はゆけども 逢ふよなからむ」


【B027 ロビンフット】

☆728
逢いみてのちを
おそれるこころ

逢えずなのたつ
ときめくこころ

「馴れてのち つらからましに 比ぶれば なき名はことの 数ならぬかな」


【B028 メイドマリアン】  

☆729
わたしに
おもいは
かけないで

あなたに
わたしは
あまるから

「逢ひ見むと 思ひな寄りそ 白浪の 立ちけん名だに をしきみぎはを」


【B029 起きて進め】 

☆730
かれのため
しずむ身は
あらたのし

かれをさえ
みつけたら
あらたのし

「思ひしなむ 身はをしからず 逢ふ事に 替えむほどまでと 思ふばかりぞ」


【B030 地上に天国をもたらす 】

☆731
言の葉ひとつで
生きられるから

視線ひとさしで
生きられるから

「いまはさは 逢い見むまでは 難くとも 命とならん 言の葉もがな」


【B031 泉】

☆732
なぜなぜなびく
すぐ忘れるのに

なぜなぜなげく
すぐ変れるのに

「ひとかたに なびく藻塩の 煙かな つれなき人の かからましかば」


【B032 ソフィア】

☆733
おなじ道なら
ともに進もう

みえぬ道なら
さらに進もう

「恋ひわびぬ 茅渟のますらを ならなくに 生田の川に 身をや投げまし」


【B033 ドルフィン/目的のある平和】 

☆734
ここにいるのと
知らせたいから

いきているのと
知らせたいから

「命をば 逢ふに替えむと 思ひしを 恋ひ死ぬとだに 知らせてし哉」


【B034 ヴィーナスの誕生】 

☆735
にくみても
あまりある
おもいこそ
恋いに似て

たのしとも
つらしとも
しらぬまに
恋いへ落ち

「恋しとも 又つらしとも 思ひやる 心いづれか さきに立つらむ」*735


【B035 親切】 

☆736
あわない方が
いいだなんて

みえない方が
らくだなんて

「逢ふならむ 恋なぐさめの あらばこそ つれなしとても 思ひ絶えなめ」


【B036 チャリティ】 

☆737
いまここで
すむだけの
恋いならば

てんじれば
二度はない
恋いならば

「つれなさに いまは思ひも 絶えなまし この世ひとつの 契りなりせば」

      
【B037 地上に舞い降りた守護天使 】

☆738
夢みれたのは
だれのため?

未だ棲むのは
だれのため?

「うたた寝の 夢に逢い見て のちよりは 人も頼めぬ 暮れぞ待たるる」


【B038 吟遊詩人II/識別】 

☆739
髪はしってる
私のおもいを

頬はしってる
私のなみだを

「あはれとも 枕ばかりや 思ふらん 涙絶えせぬ 夜半のけしきを」*739


【B039 エジプシャンボトルII/操り人形師】

☆740
なみだのいろで
わかるものなら

なみだのいろで
かわるものなら

「衣手に 落つる涙の 色なくは 露とも人に いはましものを」


【B040 アイアム】

☆741
もてあまして
恋をすてるも

もてあまして
我をすてるも

「思ふこと 忍ぶにいとど 添ふものは 数ならぬ身の 歎きなりけり」


【B041 叡智のボトル/黄金郷】 

☆742
こんなにも文字を
かわしあう時代に

こんなにも心情の
あらわれる時代に

「行き帰る 心に人の なるればや 逢ひ見ぬ先に 恋しかるらん」


【B042 収穫】

☆743
逢いたいとなれば
この名もかわるの

逢いたいとなれば
この身もかわるの

「逢ふことを さりともとのみ 思ふかな 伏見の里の 名を頼みつつ」


【B043 クリエイティビティ】 

☆744
空をたのみ
星をたのみ
心あそばせ

文字をおい
他人をおい
心とられて

「などやかく さも暮れ難き 大空ぞ 我がまつことは ありと知らずや」


【B044 守護天使】

☆745
わたしはもう
惧れはしない

きみにはもう
隠れはしない

「袖の色は 人の問ふまで なりもせよ 深き思ひを 君し頼まば」


【B045 ブレスオブラブ】

☆747
からきなみだを
またあつめ

からのおそらは
またくれて

「恋をのみ しぐるゝ空の 浮雲は 曇りもあへず そで濡らしけり」


     
【B047 オールドソウル(古い魂)】  

☆748
ひと葉ひと葉を
かきあつめ

ひとめひとめに
ぬいあわせ

「磯がくれ かきはやれども 藻塩草 立ちくる波に あらはれやせん」


【B048 癒しの翼】

☆749
あってはいても
さしているのは

いまをいきても
あすにみるのは

「暮にとも 契りてかれか 帰るらん 思ひ絶えたる あけぼのの空」


【B049 ニューメッセンジャー】

☆750
どこにいったの
わたしのことば

どこにまいたの
きのうのことば

「契りをく その言の葉に 身を替へて のちの世にだに 逢ひ見てしがな」


【B050 エルモリア】

☆751
月にまどいて
この文字をうち

影にまどいて
この身あやまち

「たれゆゑに あくがれにけむ 雲間より 見し月影は ひとりならじを」*750


【B051 クツミ】

☆752
まよいて越さぬ
関よりも

まよいて越える
恋よりも

「越えやらで 恋路にまよふ 逢坂や 世を出ではてぬ 関となるらん」


【B052 レディナダ】

☆753
かをるる夜の
のちをみて

けぶるる夕の
もとをみて

「手枕の うゑに乱るる 朝寝髪 したに解けずと 人は知らじな」


【B053 ヒラリオン】

☆754
こころこわれて
あたうものなく

こころこわれて
さだむときなく

「我袖の 塩の満ち干る 浦ならば 涙の寄らぬ をりもありまし」

   
  【B054 セラピスベイ】

☆755
せつなく
きこえる
笛のごと

ときなく
きこえる
潮のごと

「潮たるる 袖の干るまは ありやとも あはでの浦の 海人に問わばや」

  
【B055 キリスト】

☆756
夢で逢って
いるひとが

夢であって
いるうちが

「思ひきや 夢をこの世の 契りにて 覚むる別れを 歎くべしとは」

 
【B056 セントジャーメイン(サンジェルマン)】

☆757
みせるための
なみだなの

我ゆえながす
なみだなの

「我ゆゑの 涙とこれを よそに見ば あはれなるべき 袖のうへかな」


【B057 パラスアテナ&アイオロス】
      
☆758
岩も木もまた
おせば動けど

人の気もまた
波はたてども

「逢う事の かく難ければ つれもなき 人の心や 岩木なるらむ」


【B058 オリオン&アンジェリカ】

☆759
わけさえあれば
ひとりたてども

しらぬなかでも
ともにたつなら

「思ひ死なむ 涙のはてや 渡り河 ふかき流れと ならむとすらん」


【B059 レディポルシャ】

☆760
かくれてみえぬ
うなばらの石も

かくれてきけぬ
むなはらの声も

「我袖は 潮干に見えぬ をきの石の 人こそ知らね かはく間ぞなき」


【B060 ラオツー&クアンイン(老子と観音)】

☆761
ああなぜなんて
きいたところで

ああせよなんて
きいたところで

「かかりける 歎きはなにの むくいぞと 知る人あらば 問はましものを」


【B061 サナトクマラ&レディーヴィーナスクマラ】

☆762
あまの河には
あう瀬あれども

わたる河にて
われを待つのは

「恋い死なむ ことぞはかなき 渡り河 逢ふ瀬ありとは 聞かぬものゆへ」


【B062 マハコハン】

☆763
あわときえても
のこるものとは

このみきえても
のこるものとは

「妹があたり 流るる川の 瀬に寄らば あはとなりても 消えんとぞ思ふ」


【B063 ジュアルクール&ヒラリオン】

☆764
もどりたいと
ねがう先には

こころここに
おいた先には

「はかなしな 心づくしに 年を経て いつとも知らぬ 逢ふの松原」


【B064 ジュアルクール】

☆765
想いかかえて
あけるあさと

想いかなえて
あけるけさと

「思ひ寝の 夢だに見えで 明けぬれば 逢はでも鳥の 音こそつらけれ」


【B065 頭は天に、足は地に】

☆766
ねやのすきまに
ところさがして

ねやのすきまに
こころさがして

「夜もすがら もの思ふころは 明けやらぬ 閨のひまさへ つれなかりけり」


【B066 アクトレス(女優)】

☆767
なみだのひまに
みえるわたしを

はがんのひまに
みえるわたしは

「いたづらに しほるる袖を 朝露に かへる袂に 思はましかば」


【B067 神聖なる愛/小さきことの中の愛】

☆768
ひとりにしてと
ひとりにしないでの
あいだ

恋のはじめと
恋のはなれの
あいだ

「恋ゆへは さもあらぬ人ぞ 恨めしき 我よそならば 問はましものを」

 
【B068 ガブリエル】

☆769
堰くほどの
心ごころの
もちあわせ

堪うほどの
涙なみだを
つきあわせ

「思ひ堰く 心中(こころのうち)の しがらみも 堪えずなりゆく 涙川かな」

   
【B069 鳴り響く鐘】

☆770
なぜに此処と
思いさだめて

なぜに此方と
想いさだめて

「をのづから つらき心も 変るやと 待ち見むほどの 命ともがな」

  
【B070 壮麗なるヴィジョン】

☆771
思われたはてに
忘れられるとも

覚えも忘られも
なき身なりとも

「忘らるる 憂き名はさても 立ちにけり 心の中は 思ひ分けても」

【B071 エッセネボトルII/蓮の花の中の宝石】

☆772
つづけるほどに
いやます想いと

おもいのすぎて
あきはてるのと

「よとともに つれなき人を 恋草の 露こぼれ増す 秋の夕風」

【B072 クラウン(ピエロ)】

☆773
こいしさも
ならいへと
変じたとき

つれなさも
彼方しだい
此方しだい

「恋しさを いかがはすべき 思へども 身は数ならず 人はつれなし」


【B073 チャンツー(荘子)】

☆270
ひといなくとも
くさおいしげり

かれいなくとも
あきおりたてり

「宿かれて 幾日もあらぬに 鹿のなく 秋の野べとも なりにけるかな」*270


【B070 壮麗なるヴィジョン】

☆271
目にのこる青の
いまのいろめは

手にのこる衣の
いまのはだめは


【B071 エッセネボトルII/蓮の花の中の宝石 】

☆272
こころのままに
ふぶくかざおと

こころのままに
ひらくひとみち

「夕されば 小野の浅茅生 玉ちりて 心くだくる 風のおとかな」


【B072 クラウン(ピエロ)】

☆273
色も熱も
ひとしくとも

人も所も
ひとしくとも

「ときはなる 青葉の山も 秋くれば 色こそかえね さびしかりけり」


【B073 チャンツー(荘子) 】

☆274
あきの憂うつは
もの想うゆえに

痛めるうつつも
月あるがゆえに

「秋の夜の 心をつくす はじめとて ほのかに見ゆる 夕月夜かな」


【B074 勝利】

☆275
月のぼれど
未だしろく

陽かくれて
光えるもの

「秋の月 たけねの雲の あなたにて 晴れゆく空の くるるまちけり」

  
【B075 流れとともに行く】

☆276
風ふきはじめ
雲はらわれて
月あらわるる

気しみはじめ
陽もかくれて
月あらわるる

「こがらしの 雲ふきはらふ たかねより さえても月の すみのぼるかな」


【B076 信頼】

☆277
目にひとしくも
身にとおすのは

身はかわらねど
名をおしむのは

「いづこにも 月はわかじを いかなれば さやけかるらん 更級の里」


【B077 カップ】

☆401
ひとりいるまに
きりがさすよに

かわくふしどに
しぐれふるよに

「霜さえて かれゆく小野の をかべなる ならのひろ葉に しぐれふるなり」


【B001 フィジカルレスキュー】



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.