3055181 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces8

☆851
おとにだせれば
かなうはずなの

おもいえがけば
すでにあるもの

「恋ひわびて あはれとばかり うち歎く ことよりほかの なぐさめぞなき」


【B051 クツミ】

☆852
みたとのあかしを
のこすのみなら

きたとのかたちを
のこしたいなら

「立ち帰る 人をも何か 恨みまし 恋しさをだに とどめざりせば」


【B052 レディ・ナダ】

☆853
そんなにこころは
いらないものなの

ただいるだけなら
いらないものなの

「鶉鳴く 賤屋にをふる 玉小菅 かりにのみ来て 帰る君かな」


【B053 ヒラリオン】

☆854
恋しつくせば
戻りはしないの

記しつくせば
還りはしないの

「別れては 形見なりける 玉章を なぐさむばかり 書きもをかせで」

☆855
かいなきところを
たどってみても

たねなきこころを
さがしてみても

「我袖の涙や 鳰の海ならむ かりにも人を 見るめなければ」

☆856
きみはねぼくの
まとではなくて

この思いだって
きみにはなくて

「東屋の お萱の軒の しのぶ草 しのびもあえず 茂る思ひに」

☆857
こころはどこかに
うつせるものなの

こころはじざいに
たためるものなの

「恋をのみ 飾磨の市に 立つ民の 絶えぬ思ひに 身をや替えてむ」

☆858
ひといなければ
おいしげるもの

ひとりでいれば
すむはずのもの

「恋をのみ 姿の池に 水草ゐて すまでやみなむ 名こそをしけれ」

☆859
みればわかると
おもっているの

みればたぶんね
あきるものなの

「露深き 浅間の野らに 小萱刈る しづの袂も かくは濡れじを」

☆860
いつでもあえる
きみへの恋と

あうにまかせぬ
きみとの恋と

「逢ふ事は 引佐細江の みをつくし 深きしるしも なき世なりけり」

☆861
あえぬあいだの
ぼくのすがたを

あえるあいだに
ぼくのすがたは

「人伝ては さしもやはとも 思ふらむ 見せばや君に なれる姿を」

☆862
見たいわたしを
みたいようにみて

分けてるわたしを
とれるだけ手にして

「あさましや さのみはいかに 信濃なる 木曽路の橋の かけわたるらん」

☆863
ひとのことなら
とってもみえるの

ひとのことなら
とっくにわかるの

「人のうゑと 思はばいかに もどかまし つらきも知らず 恋ふる心を」

☆864
いついつまでもと
おもっているのは

いついつもでもと
ねがっているとは

「契しも もろともにこそ 契りしか 忘れば我も 忘れましかば」*864

☆865
こころのなかでは
逢えてもいるのに

こころのなかには
君のみがいるのに

「君にのみ 下の思ひは 川島の 水の心は 浅からなくに」

☆866
こころのなかでは
いつでもはたちの

こころのきみはね
いつでもはたちの

「思ひきや 年の積るは 忘られて 恋に命の 絶えむものとは」

☆867
なやむこころが
あるゆえの身は

くやむこころの
あるゆえの身は

「歎きあまり 憂き身ぞ今は なつかしき 君ゆへものを 思ふと思へば」

☆868
おもひのたけを
あつめてみても

ことのはの橋を
あつめてみても

「水茎は これを限りと かきつめて 堰きあえぬものは 涙なりけり」

☆871
はなれていても
いつかあえるの

わかれていても
ここであえるの

「見せばやな 露のゆかりの 玉かづら 心にかけて 忍ぶけしきを」

☆872
はごろもおいて
のこすこころは

かをりをおいて
のこすこころは

「逢坂の 名は忘れにし 中なれど 堰きやられぬは 涙なりけり」

☆873
まっているのは
ひかりではなく

まっているのは
かをりではなく

「月待つと 人にはいひて ながむれば なぐさめ難き 夕暮の空」

☆874
きざまれるのは
いまだけでなく

のこされるのは
ここだけでなく

「蘆の屋の かりそめぶしは 津の国の ながらへゆけど 忘れざりけり」*874


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.