3013647 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

ルイーズ1854『伝言』

ルイーズ 1854 

「伝言」

「ジェラールさん、もしご褒美をくださるのなら歌をひとつ、教えていただきたいんです。」
私は猿のオルゴールが『仮面舞踏会』とは違う曲になったことを話しました。
「よく気がついたね。あのオルゴールはいろいろ仕掛けがあってね。
左の靴を抑えると『今宵、君の手をとりて』、
右の靴を引くと君の歌った祝福の歌に切り替わるんだ。
ルイーズが見つけたのはどの曲かな。」

私がハミングすると、ジェラールさんのお顔の色が少し曇りました。
「ああ、それはまだ完成していないオペラの中の曲なんだ。
歌うには、君はまだ早過ぎると思う。」
「音は取れているんです、もしよかったら曲名と歌詞を。」
「歌えるかどうかではなく、歌うには君は幼すぎるのだよ。」
「私、もうすぐ9歳なんです。ジェラールさんは私の歳には、もうお家を出られて、
旅をなさっていたのでしょう?」

突然、肩をつかまれ、私の顔は仮面のすぐそばに引き寄せられました。
「・・・ルイーズ。知らない方がいいこともある。
聴いてしまったら、もとには戻れなくなるかもしれない。
その覚悟はあるのかな。」

仮面の奥の光、なんて青なんだろう。
いったい何が隠されているというの?
「私、知りたいんです。」
微かにため息の音がして、肩から力が引いてゆきました。
「よろしい。聴かせよう。神に背き、凱歌をあげ続ける男の曲を。」

「君をここへ 連れてきたのは私
 別々に 燃えさかっていた炎が 
 次第にひとつに 結ばれてゆくように

 まだ引き返そうとしているのか
 振り返ろうと無駄な抵抗を
 駆け引きはもう終わったというのに 」
 
ああやっぱり。
オルゴールの音でさえ、心臓がどきどきしてくるのだもの。
マントに覆われた立ち姿で、この声で歌っていただいたら。
体の表面を駆け巡る美しいビブラート、力強いアクセントに満ちた言葉。
頭の中まで熱くなって、私は最後のフレーズまで聴いていたのかしら。
夢かうつつか、はっきりしないままに、くり返されるあのフレーズ。

控え室の長椅子の上で起き上がったとき、手には二枚のカードが残されていました。
両方ともとても端正な文字で綴られていて、一枚目はあの曲の歌詞、
もうひとつは出発のメッセージ。

「可愛いルイーズ

 ルイーズ、君はきっと、とても早くレディになるだろう。
 あの歌を知ってしまったからにはね。
  
 これから私は、東の端の国へ向かう。
 君は聞いたことがあるだろうか。
 極東の小さな島に、いま続々と各国の船が迫っているのを。
 
 フランスも遅れをとらぬよう、山と文明と叡智を誇示するものを携えて
 かの地を目指すことになり、私の目眩まし、それと建築の技術にも白羽の矢がたったのだ。
 いや、本当はどうしても忘れたいことがあって、公爵に頼んで、
 政府に口をきいてもらったというのが実際のところなのだが。
  
 結婚するときは、必ず招待状を。必ずだよ。
 式には行けないかもしれないが、そのときは工芸技術が優れているというかの国で、
 花嫁人形でも作らせて贈ろう。
 それとも君には、チョコレートの方がいいのかな。
 
 忘れたい場所と同じ大陸にあるここを去るのが、寂しくなるとは思わなかった。
 とにかく、私は出発する。

 クレアによろしく

                           かつての導き手より」

もう戻れないっておっしゃったのは、あなた。
地の果てまで離れても、時がたっても、
たとえ私が他の誰かのものになり、
あなたの記憶そのものが薄れてしまっても、
逃れることはできない、
あの青い光からは。

クレアお姉さまには、何も言わない、
あなたから教えていただいたことのすべて。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.