3107685 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PR

Freepage List

手作り石鹸◎楽工房◎


オーラの泉 日記リンク


ヨーガ療法 教室 子連れOK


源氏物語で恋愛セミナー1【桐壺】


恋愛セミナー2【帚木】


恋愛セミナー3【空蝉】


恋愛セミナー4【夕顔】


恋愛セミナー5【若紫】


恋愛セミナー6【末摘花】


恋愛セミナー7【紅葉賀】


恋愛セミナー8【花宴】


恋愛セミナー9【葵】


恋愛セミナー10【賢木】


恋愛セミナー11【花散里】


恋愛セミナー12【須磨】


恋愛セミナー13【明石】


恋愛セミナー48【雲隠】


恋愛セミナー14【澪標】


恋愛セミナー15【蓬生】


恋愛セミナー16【関屋】


恋愛セミナー17【絵合】


恋愛セミナー18【松風】


恋愛セミナー19【薄雲】


恋愛セミナー20【朝顔】


恋愛セミナー21【乙女】


恋愛セミナー22【玉鬘】


恋愛セミナー23【初音】


恋愛セミナー24【胡蝶】


恋愛セミナー25【蛍】


恋愛セミナー26【常夏】


恋愛セミナー27【篝火】


恋愛セミナー28【野分】


恋愛セミナー29【行幸】


恋愛セミナー30【藤袴】


恋愛セミナー31【真木柱】


恋愛セミナー32【梅枝】


恋愛セミナー33【藤裏葉】


恋愛セミナー34【若菜上】


恋愛セミナー35【若菜上】


恋愛セミナー36【若菜上】


恋愛セミナー37【若菜下】


恋愛セミナー38【若菜下】


恋愛セミナー39【若菜下】


恋愛セミナー40【若菜下】


恋愛セミナー41【柏木】


恋愛セミナー42【横笛】


恋愛セミナー43【鈴虫】


恋愛セミナー44【夕霧】


恋愛セミナー45【夕霧】


恋愛セミナー46【御法】


恋愛セミナー47【幻】


恋愛セミナー49【匂宮】


恋愛セミナー50【紅梅】


恋愛セミナー51【竹河】


恋愛セミナー52【竹河】


恋愛セミナー53【橋姫】


恋愛セミナー54【椎本】


恋愛セミナー55【椎本】


恋愛セミナー56【総角】


恋愛セミナー57【総角】


恋愛セミナー58【総角】


恋愛セミナー59【総角】


恋愛セミナー60【総角】


恋愛セミナー61【早蕨】


恋愛セミナー62【宿木】


恋愛セミナー63【宿木】


恋愛セミナー64【宿木】


恋愛セミナー65【宿木】


恋愛セミナー66【宿木】


恋愛セミナー67【東屋】


恋愛セミナー68【東屋】


恋愛セミナー69【東屋】


恋愛セミナー70【東屋】


恋愛セミナー71【浮舟】


恋愛セミナー72【浮舟】


恋愛セミナー73【浮舟】


恋愛セミナー74【浮舟】


恋愛セミナー75【浮舟】


恋愛セミナー76【蜻蛉】


恋愛セミナー77【蜻蛉】


恋愛セミナー78【蜻蛉】


恋愛セミナー79【蜻蛉】


恋愛セミナー80【手習】


恋愛セミナー81【手習】


恋愛セミナー82【手習】


恋愛セミナー83【手習】


恋愛セミナー84【手習】


恋愛セミナー85【夢浮橋】


恋愛セミナー86【雲隠2】


恋愛セミナー87【雲隠3】


恋愛セミナー88【儚炎】


恋愛セミナー89【花咲園】


恋愛セミナー90【春琴】


恋愛セミナー91【藤壺】


恋愛セミナー92【紅戯】


恋愛セミナー93-100


Portable Story 100 pieces 1-10


PS 100pieces 11-20


PS 100pieces 21-30


PS 100pieces 31-40


PS 100pieces 41-50


PS 100pieces 51-60


PS 100pieces 61-70


PS 100pieces 71-80


PS 100pieces 81-90


PS 100pieces 91-


PS 100 pieces


PS 100pieces2 


Portable Story 1000 pieces 1-100


PS 1000pieces 101-


PS 1000pieces 201-


PS 1000pieces 301-


PS 1000pieces 401-


PS 1000pieces 501-


PS 1000pieces 601-


PS 1000pieces 701-


PS 1000pieces 801-


PS 1000pieces 901-


PS 1000pieces 1001


PS 1000pieces 1101


PS 1000pieces 1201


PS 1000pieces


PS 1000pieces2


PS 1000pieces3


PS 1000pieces4


PS 1000pieces5


PS 1000pieces6


PS 1000pieces7


PS 1000pieces8


ふたりのマダム・ジリー


クレア1843『オペラの華』


クレア1843『カストラート』


クレア1846『救済』


クレア1846『音楽の天使』


クレア1846『仮面の下』


クレア1846『エトワール』


クレア1846『幻影』


エリザベート1848『ローレライ』


エリザベート1848『祝杯』


エリザベート1848『手紙』


ルイーズ1854『結婚』


クレア1854『花』


ルイーズ1854『レッスン』


ルイーズ1854『宝石』


ルイーズ1854『伝言』


エリック1855『呼び声』


エリック1855『テンペスト』


エリック1855『スピリット』


クレア1856『恋』


ルイーズ1860『誕生』


クレア1860『娘』


ルイーズ1861『再会・改』


クレア1864『降臨』


グスタフ1870『妖精』


ルイーズ1871『神供』


エリック1874『海岸』


エリック1874『約束』


エリック1874『真実』


クレア1875『柿落とし』


クレア1875『秘密』


☆密かにジェリーズバトン☆


ルイーズ1876『変身』


エリック1878『幼子』


エリック1880『デビュー』


クリスティーヌ1880『指輪』


二度目の手紙


オーラの泉・日記リンク


三島由紀夫全集雑記


第一巻 盗賊・仮面の告白・純白の夜


第二巻 愛の渇き・青の時代・夏子の冒険


第三巻 禁色


第四巻 にっぽん製・潮騒・恋の都


第五巻 女神・沈める滝・幸福号出帆


第六巻 金閣寺/永すぎた春/美徳のよろめき


第七巻 鏡子の家


第八巻 宴のあと/お嬢さん/獣の戯れ


第九巻 愛の疾走/午後の曳航/肉体の学校


第十巻 美しい星/絹と明察


第十一巻 音楽/三島由紀夫レター教室/夜会服


第十二巻 複雑な彼/命売ります


第十三巻 春の雪/奔馬


第十四巻 暁の寺/天人五衰


第十五巻 花山院/みのもの月


第十六巻 世々に残さん/菖蒲前


第十七巻 殉教/花山院


第十八巻 日食/死の島


第十九巻 ラディケの死/志賀寺上人の恋


第二十巻 月澹荘奇譚/孔雀


第二一巻卒塔婆小町/只ほど高いものはない


第二二巻 葵上/鹿鳴館


第二三巻 弱法師/黒蜥蜴


第二四巻 サド侯爵夫人/わが友ヒットラー


第二五巻 癩王のテラス/LONG AFTER LOVE


Favorite Blog

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

寒さ戻る New! moririn65さん

大河ドラマ『いだて… New! ☆えみりー☆さん

常識のウソ New! サボテン_01さん

文化庁「文化芸術に… 47弦の詩人さん

天気の子を見た帰り… daytonawolfさん

健康経営の浸透によ… サバイバル父さん
ただいまキレイ見習… itoka77さん
伝説のキャプテンが… ツイてるファシリテーターさん
人生を3秒で変える名… コタロウ1614さん

Category

カテゴリ未分類

(0)

本当に生きんがために

(324)

美味しい手作り石けん

(35)

重曹で快適ライフ

(15)

キレイのひみつ

(35)

簡単レシピ

(95)

健康美(自然療法など)

(39)

お金と愉しくつき合う方法

(23)

知性美(次へのヒント)

(46)

精神美(あそびの話)

(24)

アート&コミュニティ

(55)

我が家の庭

(58)

欧州鉄道の旅・愛・地球博

(27)

近郊で遊ぶ

(62)

明治村・大正村・薔薇園・ターシャの庭

(184)

花とお城と洋館めぐり

(297)

京都・神戸・大和探訪

(392)

源氏物語ゆかりの地めぐり

(41)

バスツアー

(101)

名城めぐり

(15)

上高地・高山・しらびそ高原

(82)

富嶽めぐり

(49)

北海道時計回りの旅

(89)

新選組ゆかりの地巡り

(30)

山本耕史くんの舞台&映画&ドラマ

(48)

藤原竜也くんの舞台

(12)

堺雅人さんの映画

(10)

生田斗真さんの舞台&映画&ドラマ

(20)

奥田瑛二さんの映画

(4)

美輪明宏さんの舞台&映画

(109)

歌舞伎

(39)

劇団四季

(13)

Mr.Children音楽&ライブ

(4)

フィギュアスケート☆

(33)

映画談義

(94)

TV談義

(88)

演劇談義

(40)

オペラ座の怪人

(117)

ふたりのマダム・ジリー

(31)

二度目の手紙

(9)

今月のギフト

(155)

源氏物語で恋愛セミナー

(114)

オーラの泉

(580)

休日スタイル

(105)

我が家のお買い物

(52)

我が家の釣果

(10)

Originな物語

(109)

オーラソーマボトルを選ぶ

(24)

本&アートのお部屋

(125)

アントワネットの文机

(32)

子どもの絵

(12)

☆楽天バトン☆

(12)

Portable Story 100 pieces

(45)

Portable Story 1000 pieces

(592)

Recent Posts

Rakuten Card

November 2, 2004
XML
家の事情に左右される結婚。
あなたの本当に求める場所は。

第三十帖  <藤袴 ふじばかま>  あらすじ

玉鬘は帝に心ひかれるものの、寵愛を受けることになれば父・内大臣の娘・弘徽殿の女御や秋好中宮から
疎まれることになるだろうと思い悩んでいます。
また、中途半端な状態で六条院にいることが世間から何と言われているだろうと考えるのも苦しく、
何とかして自分の身の潔白を晴らしたいと思うのでした。
源氏は内大臣に告白をしてからは以前よりもっと頻繁に迫ってくるので気を許すことができません。

大宮が亡くなり、孫である玉鬘も薄い鈍色(にびいろ 薄墨色 喪服の色)の衣をまとい
それがかえって美しさを引き立てています。
帝の言葉を伝えに夕霧がやってきました。
玉鬘よりさらに濃い鈍色を着て、手にした藤袴(紫の小さい花が咲く。秋の七草のひとつ)を
御簾の中に差し入れる夕霧。
受けとろうとした玉鬘は花を離していなかった夕霧に衣の袖をとられてしまいます。

「この花の薄紫と同じくあなたと共に喪に服している私に情けをかけてほしい。」と歌にたくす夕霧。
玉鬘は気分が悪くなったと奥へ逃げてしまい、夕霧は、恋を打ち明けたことを後悔します。

夕霧は源氏のところへ行き、玉鬘が宮仕えをした時の女御や中宮の間に入ることの難しさや
兵部卿宮の落胆を示唆します。
「髭黒の右大将も内大臣に玉鬘と結婚できるよう頼んでいたのにと、こちらを恨めしく思っているようだ。
玉鬘はしっかりしているので宮仕えにも、兵部卿宮の正妻にもふさわしいだろう。」と源氏。
夕霧は源氏の気持ちをはかりかね、玉鬘を宮仕えに出すのは表向きで
本当は愛人にするつもりなのだ、と内大臣が語っているらしいと伝えました。
源氏は笑って否定しますが、自分の考えを見抜かれてしまったことをいまいましく思います。

柏木は玉鬘が実の姉と知ってからふっつりと文を出さなくなりましたが、
ある日内大臣の伝言を持って訪ねてきました。
「実の姉弟だったのに恋の深い道に迷い込んでいました。」と詠む柏木。
「姉弟だったことも恋の道に迷っていることも知らないであなたの文を見ていました。」と玉鬘。
夕霧ほど整ってはいませんが、この柏木もとても美しく、
魅力ある公達として並び立っているのでした。

髭黒の右大将は柏木の上官にあたるので、何度も呼び寄せては玉鬘との取り持ちを頼み、
内大臣にも熱意を伝えます。
帝からも信頼されている髭黒の右大将なのですが、内大臣はやはり
今まで世話をしてくれた源氏の意向に従おうとしていました。
紫の上の姉にあたる式部卿宮の娘が髭黒の右大将の正妻なのを理由に
源氏はこの結婚には乗り気ではないようです。

参内を控えた九月のある朝、玉鬘は密かに届けられた恋文を女房に読ませています。
「結婚にふさわしくないとされる九月。その九月にさえ恋に命をかけているはかない命の私。」と髭黒の右大将。
「帝の愛を受けても霜のようにはかない私のこの愛は忘れないで欲しい。」と笹に霜がついたままに届けた兵部卿宮。
「自分から望んで日に向かう向日葵も、朝おりた霜を自分で消しはしません。
望んではいない私ならなおさら。」と返す玉鬘。
その他にもたくさんの文がきましたが、玉鬘は兵部卿宮だけに返事をしたのでした。

恋愛セミナー30

1 夕霧と玉鬘           美しい姉から従姉への思い
2 柏木と玉鬘           恋の残照
3 髭黒の右大将と玉鬘     無骨者が恋をすると
4 兵部卿宮と玉鬘        未練残して
5 源氏と玉鬘           実の父に公認されて


玉鬘を取り巻く男性達の織り成す心の動きが現われる帖です。
紫の上とも文を交わし、花散里ともうまくやっている玉鬘は女性にも好かれていますが、それにしても大人気。

帝をはじめ、夕霧と柏木という若きエリート、内大臣に次ぐ権力者と目されている髭黒の右大将、
優雅な兵部卿宮、そして源氏。
恋を楽しめる女性なら、冥利につきる面々ですね。

けれど玉鬘は悶々と悩み続けます。
内大臣の所にいけば、その他大勢の子どもに立ち混じり、
所詮は近江の君と似た出自であることが際立ってしまう。
宮仕えをすれば、帝の妃たちがいる中にあとから割って入ることに。
今いる六条院では、源氏が実の父でないことが世間に知れたため、
好奇のまとになっているのが苦痛。
彼女が求める場所は、いったい何処なのでしょうか?

女性にも男性にも好かれている玉鬘はなるべく波風を立てない、
誰の顔も潰さないことを求めているようです。
聡明なので帝では内大臣方に、髭黒の右大将では源氏方に差し障りがあることを知っている。
夕霧や柏木では役不足。
姉から従姉に、またはその反対に、というややこしい事情があった以上に、
源氏という美しさも趣味も権力も誰の追随も許さない大人の男性を間近にみて
審美眼が格段に上がっている玉鬘には、彼らはとても恋愛対象にはならないのでしょう。

この消去法によって残ったのは兵部卿宮。
玉鬘は彼だけに歌を返すことで、身の振り方を自分では決められないこと、
宮仕えは本意ではないことを知らしめるのです。
なよなよと相手に頼り合わせることで男心を虜にした母・夕顔と、
世間の風を省みずに源氏を訪ねた父・内大臣の実直さがあらわれていますね。

彼女の落ち着く先は何処でしょうか。
あなたならどの道を選ばれるでしょうか。






Last updated  November 3, 2004 09:08:31 AM
[源氏物語で恋愛セミナー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.