3425845 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PR

X

Freepage List

手作り石鹸◎楽工房◎


オーラの泉 日記リンク


ヨーガ療法 教室 子連れOK


源氏物語で恋愛セミナー1【桐壺】


恋愛セミナー2【帚木】


恋愛セミナー3【空蝉】


恋愛セミナー4【夕顔】


恋愛セミナー5【若紫】


恋愛セミナー6【末摘花】


恋愛セミナー7【紅葉賀】


恋愛セミナー8【花宴】


恋愛セミナー9【葵】


恋愛セミナー10【賢木】


恋愛セミナー11【花散里】


恋愛セミナー12【須磨】


恋愛セミナー13【明石】


恋愛セミナー48【雲隠】


恋愛セミナー14【澪標】


恋愛セミナー15【蓬生】


恋愛セミナー16【関屋】


恋愛セミナー17【絵合】


恋愛セミナー18【松風】


恋愛セミナー19【薄雲】


恋愛セミナー20【朝顔】


恋愛セミナー21【乙女】


恋愛セミナー22【玉鬘】


恋愛セミナー23【初音】


恋愛セミナー24【胡蝶】


恋愛セミナー25【蛍】


恋愛セミナー26【常夏】


恋愛セミナー27【篝火】


恋愛セミナー28【野分】


恋愛セミナー29【行幸】


恋愛セミナー30【藤袴】


恋愛セミナー31【真木柱】


恋愛セミナー32【梅枝】


恋愛セミナー33【藤裏葉】


恋愛セミナー34【若菜上】


恋愛セミナー35【若菜上】


恋愛セミナー36【若菜上】


恋愛セミナー37【若菜下】


恋愛セミナー38【若菜下】


恋愛セミナー39【若菜下】


恋愛セミナー40【若菜下】


恋愛セミナー41【柏木】


恋愛セミナー42【横笛】


恋愛セミナー43【鈴虫】


恋愛セミナー44【夕霧】


恋愛セミナー45【夕霧】


恋愛セミナー46【御法】


恋愛セミナー47【幻】


恋愛セミナー49【匂宮】


恋愛セミナー50【紅梅】


恋愛セミナー51【竹河】


恋愛セミナー52【竹河】


恋愛セミナー53【橋姫】


恋愛セミナー54【椎本】


恋愛セミナー55【椎本】


恋愛セミナー56【総角】


恋愛セミナー57【総角】


恋愛セミナー58【総角】


恋愛セミナー59【総角】


恋愛セミナー60【総角】


恋愛セミナー61【早蕨】


恋愛セミナー62【宿木】


恋愛セミナー63【宿木】


恋愛セミナー64【宿木】


恋愛セミナー65【宿木】


恋愛セミナー66【宿木】


恋愛セミナー67【東屋】


恋愛セミナー68【東屋】


恋愛セミナー69【東屋】


恋愛セミナー70【東屋】


恋愛セミナー71【浮舟】


恋愛セミナー72【浮舟】


恋愛セミナー73【浮舟】


恋愛セミナー74【浮舟】


恋愛セミナー75【浮舟】


恋愛セミナー76【蜻蛉】


恋愛セミナー77【蜻蛉】


恋愛セミナー78【蜻蛉】


恋愛セミナー79【蜻蛉】


恋愛セミナー80【手習】


恋愛セミナー81【手習】


恋愛セミナー82【手習】


恋愛セミナー83【手習】


恋愛セミナー84【手習】


恋愛セミナー85【夢浮橋】


恋愛セミナー86【雲隠2】


恋愛セミナー87【雲隠3】


恋愛セミナー88【儚炎】


恋愛セミナー89【花咲園】


恋愛セミナー90【春琴】


恋愛セミナー91【藤壺】


恋愛セミナー92【紅戯】


恋愛セミナー93-100


浜松中納言物語


Portable Story 100 pieces 1-10


PS 100pieces 11-20


PS 100pieces 21-30


PS 100pieces 31-40


PS 100pieces 41-50


PS 100pieces 51-60


PS 100pieces 61-70


PS 100pieces 71-80


PS 100pieces 81-90


PS 100pieces 91-


PS 100 pieces


PS 100pieces2 


Portable Story 1000 pieces 1-100


PS 1000pieces 101-


PS 1000pieces 201-


PS 1000pieces 301-


PS 1000pieces 401-


PS 1000pieces 501-


PS 1000pieces 601-


PS 1000pieces 701-


PS 1000pieces 801-


PS 1000pieces 901-


PS 1000pieces 1001


PS 1000pieces 1101


PS 1000pieces 1201


PS 1000pieces


PS 1000pieces2


PS 1000pieces3


PS 1000pieces4


PS 1000pieces5


PS 1000pieces6


PS 1000pieces7


PS 1000pieces8


ふたりのマダム・ジリー


クレア1843『オペラの華』


クレア1843『カストラート』


クレア1846『救済』


クレア1846『音楽の天使』


クレア1846『仮面の下』


クレア1846『エトワール』


クレア1846『幻影』


エリザベート1848『ローレライ』


エリザベート1848『祝杯』


エリザベート1848『手紙』


ルイーズ1854『結婚』


クレア1854『花』


ルイーズ1854『レッスン』


ルイーズ1854『宝石』


ルイーズ1854『伝言』


エリック1855『呼び声』


エリック1855『テンペスト』


エリック1855『スピリット』


クレア1856『恋』


ルイーズ1860『誕生』


クレア1860『娘』


ルイーズ1861『再会・改』


クレア1864『降臨』


グスタフ1870『妖精』


ルイーズ1871『神供』


エリック1874『海岸』


エリック1874『約束』


エリック1874『真実』


クレア1875『柿落とし』


クレア1875『秘密』


☆密かにジェリーズバトン☆


ルイーズ1876『変身』


エリック1878『幼子』


エリック1880『デビュー』


クリスティーヌ1880『指輪』


二度目の手紙


オーラの泉・日記リンク


三島由紀夫全集雑記


第一巻 盗賊・仮面の告白・純白の夜


第二巻 愛の渇き・青の時代・夏子の冒険


第三巻 禁色


第四巻 にっぽん製・潮騒・恋の都


第五巻 女神・沈める滝・幸福号出帆


第六巻 金閣寺/永すぎた春/美徳のよろめき


第七巻 鏡子の家


第八巻 宴のあと/お嬢さん/獣の戯れ


第九巻 愛の疾走/午後の曳航/肉体の学校


第十巻 美しい星/絹と明察


第十一巻 音楽/三島由紀夫レター教室/夜会服


第十二巻 複雑な彼/命売ります


第十三巻 春の雪/奔馬


第十四巻 暁の寺/天人五衰


第十五巻 花山院/みのもの月


第十六巻 世々に残さん/菖蒲前


第十七巻 殉教/花山院


第十八巻 日食/死の島


第十九巻 ラディケの死/志賀寺上人の恋


第二十巻 月澹荘奇譚/孔雀


第二一巻卒塔婆小町/只ほど高いものはない


第二二巻 葵上/鹿鳴館


第二三巻 弱法師/黒蜥蜴


第二四巻 サド侯爵夫人/わが友ヒットラー


第二五巻 癩王のテラス/LONG AFTER LOVE


Favorite Blog

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

黄砂 New! moririn65さん

連休中は・・・ サボテン_01さん

桜と鯉のぼり(岐阜… ☆えみりー☆さん

桜の中の神戸ハープ… 47弦の詩人さん

洋楽を楽しもう♪ サバイバル父さん
ただいまキレイ見習… itoka77さん
伝説のキャプテンが… ツイてるファシリテーターさん
人生を3秒で変える名… コタロウ1614さん
カテゴリなしの方向で ドコルルさん

Category

カテゴリ未分類

(0)

本当に生きんがために

(381)

美味しい手作り石けん

(35)

重曹で快適ライフ

(15)

キレイのひみつ

(35)

簡単レシピ

(95)

健康美(自然療法など)

(40)

お金と愉しくつき合う方法

(25)

知性美(次へのヒント)

(46)

精神美(あそびの話)

(24)

アート&コミュニティ

(56)

我が家の庭

(58)

欧州鉄道の旅・愛・地球博

(27)

近郊で遊ぶ

(64)

明治村・大正村・薔薇園・ターシャの庭

(186)

花とお城と洋館めぐり

(297)

京都・神戸・大和探訪

(392)

源氏物語ゆかりの地めぐり

(41)

バスツアー

(104)

名城めぐり

(69)

上高地・高山・しらびそ高原

(82)

富嶽めぐり

(49)

北海道時計回りの旅

(88)

新選組ゆかりの地巡り

(30)

山本耕史くんの舞台&映画&ドラマ

(48)

藤原竜也くんの舞台

(12)

堺雅人さんの映画

(10)

生田斗真さんの舞台&映画&ドラマ

(20)

奥田瑛二さんの映画

(4)

美輪明宏さんの舞台&映画

(111)

歌舞伎

(40)

劇団四季

(13)

Mr.Children音楽&ライブ

(4)

フィギュアスケート☆

(34)

映画談義

(95)

TV談義

(95)

演劇談義

(43)

オペラ座の怪人

(117)

ふたりのマダム・ジリー

(31)

二度目の手紙

(9)

今月のギフト

(172)

源氏物語で恋愛セミナー

(114)

オーラの泉

(582)

休日スタイル

(108)

我が家のお買い物

(58)

我が家の釣果

(10)

Originな物語

(111)

オーラソーマボトルを選ぶ

(24)

本&アートのお部屋

(130)

アントワネットの文机

(32)

子どもの絵

(12)

☆楽天バトン☆

(12)

Portable Story 100 pieces

(45)

Portable Story 1000 pieces

(682)

Recent Posts

Rakuten Card

December 18, 2004
XML
独りで惑うジュリエット。
幼き恋の選択肢。

第五十二帖  <蜻蛉-1 かげろう>  あらすじ

突然浮舟がいなくなり、山荘では皆、慌てふためいています。
浮舟が母君に書いた文を開け、自ら命を絶ったのだと悟る右近。
乳母も取り乱し、ただ泣くばかりです。

匂宮は浮舟からの文に胸騒ぎがして、時方を宇治に向かわせます。
大騒ぎになっている山荘の様子に驚き、侍従に無理やり事情を聞く時方。
「急に亡くなられて。最後にお会いできなかったことを悔やんでいらしたことなども
喪が明けましたらお話いたしましょう。」と泣きながら語る侍従。
「どこに行ってしまわれたのでしょう、大事な姫君。ご遺体さえお残しにならないとは。」
山荘から乳母の泣く声が聞こえ、時方は誰かが浮舟を隠したのではないかと侍従を問い詰めます。
「薫の君が匂宮様とのことを仄めかされたことはありましたが、姫君はただ一人で悩んでおられ、
そのまま消えてしまわれたようで、皆、なにが起こったかわからず泣き叫んでいるのです。」
侍従は浮舟が自ら命を絶ったことを隠したい一心で、時方を京へ帰るよう促しました。

母君も山荘へやってきて、右近と侍従から浮舟の悩みを初めて告げられます。
驚き悲しみ、宇治川をさらえてでも浮舟を探そうとする母君を、女房たちは甲斐ないことと止め
浮舟の葬送の手ばずを整えました。
日頃使っていた身の回りの品々を車に乗せ、焼かせるだけの儀式で、
周囲に住む人々はあまりにも簡単に済ませしまったことを不審に思っています。
「薫の君には、ほとぼりが冷めてから匂宮とのことをお話しよう。」
女房達は心ひとつに秘密を留めようと決心するのでした。

女三尼宮が病気のため、石山寺へ篭っていた薫は、浮舟が亡くなった翌朝ようやく宇治に使いを出しました。
あまりにも急な不幸に、宇治がその名のとおり憂い多いところだと疎ましくなる薫。
匂宮が浮舟に通ったのも、長い間放っておいた自分の落ち度だと悔やむばかりです。
京へ戻っても、女二宮を訪ねる気にもなれず「縁ある者に不幸がおきまして。」と言いつくろい、ただ浮舟のことを思う薫。
「世を捨てようと思いながら俗にまみれてゆく私を仏は憎いと思われ、このような報いを受けさせているのだろうか。」
薫はひたすら仏道修行に励みます。

匂宮はあまりの悲しみに狂乱し、物の怪に憑かれたとさえ思われていました。
ようやく涙を流し尽くし、心が鎮まると、かえって浮舟への愛しさが増して辛さが蘇ります。
匂宮の様子を噂に聞いて、浮舟との関係が文だけではなかったのだと悟り、悲しみが冷める気がする薫。
薫が見舞いに行くと、匂宮はあふれ出る涙を止めることができません。
「浮舟とはいつから関係しておられたのだろう。二人で私を笑っていたに違いない。」
匂宮はすっかり冷静になっている薫を羨ましく思い、浮舟に縁の人だと慕わしく見ています。

「幼い頃から何でも打ち明けてきましたが、このところ身分も高くなり、ゆっくりお話しできない間に、
私は宇治にあの大姫の縁の女性を置いておりました。妻ではなく愛人の一人にするつもりでしたが、
急に亡くなってしまったのです。お聞き及びかもしれませんが。」
話しながらようやく泣き出す薫。
「聞いておりましたが、お隠しになっているとのことでしたので。」とさり気なく対する匂宮。
「そのうち差し上げようかと思っていたのです。こちらにも出入していた人なのでご存知かもしれませんね。」
薫はわざとこんな風に言いつのって、帰途に着きます。

匂宮の思いを知り、改めて浮舟の運勢が強かったのだと思う薫。
女二宮を妻に迎えながら、浮舟へ愛執を持ったことは匂宮の執着と変わりはしないと
自らに言い聞かせる薫なのでした。

恋愛セミナー76
1 薫と浮舟    俗への報い
2 匂宮と浮舟   邪恋の報い

浮舟がいなくなったのに惑う人々。
深窓の女性が姿を消してしまえば、例えそれが誰かにさらわれたのだとしても
鬼に喰われたか、急死したかと紛らわせるのがこの時代。
自ら命を絶つ、まして宇治川まで足を運んで身を投じるなどとはとても言えません。

右近や侍従にしてみれば、浮舟の死の責任の一端を背負ってしまった形。
現実的で、威勢の良いほうになびくのが自然な女房たちにとって、悩むのは甲斐ないこと。
主人・浮舟は、匂宮と薫を両天秤にかけ、好きな方を取ればよいだけの話。
匂宮へ心を移そうとも、そのまま薫に嫁ごうとも、どちらでも対処はできる。
一方に思い定めてもらえば、ついてゆくだけ。

そんな現実的な柔軟性を、浮舟は持ってはいませんでした。
思い詰め、命を絶とうと思う初心な様は、まるでジュリエット。
ともに逝こうとするロミオはいないのですが。

さて、またしても宇治の橋姫を失ってしまった薫。
二度あることは三度、すべて悠長に構えていたあげくの失恋です。

大姫のときは、心を開いてくれるのを待っていた。
中の姫は、いったんは手に入れながら、匂宮に。
浮舟は、宇治に放置しておいた。

初めの恋では聖なる自分とを天秤にかけた。
二番目の恋は亡き人との思い出を大切にする自分を、
そして三番目の恋は皇女を迎えた自分を。
薫が三つの恋を失ったのは、常に己を崩すことへの恐れが原因なのかもしれません。

なりふりかまわず浮舟に迫り、魂が抜け出かと思われるほどその死を惜しむ匂宮。
落ちるところまで落ち込んだ恋の手達は、恋敵さえ亡き人の縁と懐かしく思います。
奪うだけに終始した匂宮は、今後も浮舟の面影を追い続けるでしょうか。






Last updated  December 19, 2004 12:01:58 AM
[源氏物語で恋愛セミナー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.