3093572 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PR

Freepage List

手作り石鹸◎楽工房◎


オーラの泉 日記リンク


ヨーガ療法 教室 子連れOK


源氏物語で恋愛セミナー1【桐壺】


恋愛セミナー2【帚木】


恋愛セミナー3【空蝉】


恋愛セミナー4【夕顔】


恋愛セミナー5【若紫】


恋愛セミナー6【末摘花】


恋愛セミナー7【紅葉賀】


恋愛セミナー8【花宴】


恋愛セミナー9【葵】


恋愛セミナー10【賢木】


恋愛セミナー11【花散里】


恋愛セミナー12【須磨】


恋愛セミナー13【明石】


恋愛セミナー48【雲隠】


恋愛セミナー14【澪標】


恋愛セミナー15【蓬生】


恋愛セミナー16【関屋】


恋愛セミナー17【絵合】


恋愛セミナー18【松風】


恋愛セミナー19【薄雲】


恋愛セミナー20【朝顔】


恋愛セミナー21【乙女】


恋愛セミナー22【玉鬘】


恋愛セミナー23【初音】


恋愛セミナー24【胡蝶】


恋愛セミナー25【蛍】


恋愛セミナー26【常夏】


恋愛セミナー27【篝火】


恋愛セミナー28【野分】


恋愛セミナー29【行幸】


恋愛セミナー30【藤袴】


恋愛セミナー31【真木柱】


恋愛セミナー32【梅枝】


恋愛セミナー33【藤裏葉】


恋愛セミナー34【若菜上】


恋愛セミナー35【若菜上】


恋愛セミナー36【若菜上】


恋愛セミナー37【若菜下】


恋愛セミナー38【若菜下】


恋愛セミナー39【若菜下】


恋愛セミナー40【若菜下】


恋愛セミナー41【柏木】


恋愛セミナー42【横笛】


恋愛セミナー43【鈴虫】


恋愛セミナー44【夕霧】


恋愛セミナー45【夕霧】


恋愛セミナー46【御法】


恋愛セミナー47【幻】


恋愛セミナー49【匂宮】


恋愛セミナー50【紅梅】


恋愛セミナー51【竹河】


恋愛セミナー52【竹河】


恋愛セミナー53【橋姫】


恋愛セミナー54【椎本】


恋愛セミナー55【椎本】


恋愛セミナー56【総角】


恋愛セミナー57【総角】


恋愛セミナー58【総角】


恋愛セミナー59【総角】


恋愛セミナー60【総角】


恋愛セミナー61【早蕨】


恋愛セミナー62【宿木】


恋愛セミナー63【宿木】


恋愛セミナー64【宿木】


恋愛セミナー65【宿木】


恋愛セミナー66【宿木】


恋愛セミナー67【東屋】


恋愛セミナー68【東屋】


恋愛セミナー69【東屋】


恋愛セミナー70【東屋】


恋愛セミナー71【浮舟】


恋愛セミナー72【浮舟】


恋愛セミナー73【浮舟】


恋愛セミナー74【浮舟】


恋愛セミナー75【浮舟】


恋愛セミナー76【蜻蛉】


恋愛セミナー77【蜻蛉】


恋愛セミナー78【蜻蛉】


恋愛セミナー79【蜻蛉】


恋愛セミナー80【手習】


恋愛セミナー81【手習】


恋愛セミナー82【手習】


恋愛セミナー83【手習】


恋愛セミナー84【手習】


恋愛セミナー85【夢浮橋】


恋愛セミナー86【雲隠2】


恋愛セミナー87【雲隠3】


恋愛セミナー88【儚炎】


恋愛セミナー89【花咲園】


恋愛セミナー90【春琴】


恋愛セミナー91【藤壺】


恋愛セミナー92【紅戯】


恋愛セミナー93-100


Portable Story 100 pieces 1-10


PS 100pieces 11-20


PS 100pieces 21-30


PS 100pieces 31-40


PS 100pieces 41-50


PS 100pieces 51-60


PS 100pieces 61-70


PS 100pieces 71-80


PS 100pieces 81-90


PS 100pieces 91-


PS 100 pieces


PS 100pieces2 


Portable Story 1000 pieces 1-100


PS 1000pieces 101-


PS 1000pieces 201-


PS 1000pieces 301-


PS 1000pieces 401-


PS 1000pieces 501-


PS 1000pieces 601-


PS 1000pieces 701-


PS 1000pieces 801-


PS 1000pieces 901-


PS 1000pieces 1001


PS 1000pieces 1101


PS 1000pieces 1201


PS 1000pieces


PS 1000pieces2


PS 1000pieces3


PS 1000pieces4


PS 1000pieces5


PS 1000pieces6


PS 1000pieces7


PS 1000pieces8


ふたりのマダム・ジリー


クレア1843『オペラの華』


クレア1843『カストラート』


クレア1846『救済』


クレア1846『音楽の天使』


クレア1846『仮面の下』


クレア1846『エトワール』


クレア1846『幻影』


エリザベート1848『ローレライ』


エリザベート1848『祝杯』


エリザベート1848『手紙』


ルイーズ1854『結婚』


クレア1854『花』


ルイーズ1854『レッスン』


ルイーズ1854『宝石』


ルイーズ1854『伝言』


エリック1855『呼び声』


エリック1855『テンペスト』


エリック1855『スピリット』


クレア1856『恋』


ルイーズ1860『誕生』


クレア1860『娘』


ルイーズ1861『再会・改』


クレア1864『降臨』


グスタフ1870『妖精』


ルイーズ1871『神供』


エリック1874『海岸』


エリック1874『約束』


エリック1874『真実』


クレア1875『柿落とし』


クレア1875『秘密』


☆密かにジェリーズバトン☆


ルイーズ1876『変身』


エリック1878『幼子』


エリック1880『デビュー』


クリスティーヌ1880『指輪』


二度目の手紙


オーラの泉・日記リンク


三島由紀夫全集雑記


第一巻 盗賊・仮面の告白・純白の夜


第二巻 愛の渇き・青の時代・夏子の冒険


第三巻 禁色


第四巻 にっぽん製・潮騒・恋の都


第五巻 女神・沈める滝・幸福号出帆


第六巻 金閣寺/永すぎた春/美徳のよろめき


第七巻 鏡子の家


第八巻 宴のあと/お嬢さん/獣の戯れ


第九巻 愛の疾走/午後の曳航/肉体の学校


第十巻 美しい星/絹と明察


第十一巻 音楽/三島由紀夫レター教室/夜会服


第十二巻 複雑な彼/命売ります


第十三巻 春の雪/奔馬


第十四巻 暁の寺/天人五衰


第十五巻 花山院/みのもの月


第十六巻 世々に残さん/菖蒲前


第十七巻 殉教/花山院


第十八巻 日食/死の島


第十九巻 ラディケの死/志賀寺上人の恋


第二十巻 月澹荘奇譚/孔雀


第二一巻卒塔婆小町/只ほど高いものはない


第二二巻 葵上/鹿鳴館


第二三巻 弱法師/黒蜥蜴


第二四巻 サド侯爵夫人/わが友ヒットラー


第二五巻 癩王のテラス/LONG AFTER LOVE


Favorite Blog

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

眼科へ行ってきます New! moririn65さん

ほろ酔い気分 サボテン_01さん

パーティー at 神戸… 47弦の詩人さん

命に嫌われている。 daytonawolfさん

大河ドラマ『いだて… ☆えみりー☆さん

健康経営の浸透によ… サバイバル父さん
ただいまキレイ見習… itoka77さん
伝説のキャプテンが… ツイてるファシリテーターさん
人生を3秒で変える名… コタロウ1614さん

Category

カテゴリ未分類

(0)

本当に生きんがために

(324)

美味しい手作り石けん

(35)

重曹で快適ライフ

(15)

キレイのひみつ

(35)

簡単レシピ

(95)

健康美(自然療法など)

(39)

お金と愉しくつき合う方法

(23)

知性美(次へのヒント)

(46)

精神美(あそびの話)

(24)

アート&コミュニティ

(55)

我が家の庭

(58)

欧州鉄道の旅・愛・地球博

(27)

近郊で遊ぶ

(62)

明治村・大正村・薔薇園・ターシャの庭

(184)

花とお城と洋館めぐり

(297)

京都・神戸・大和探訪

(392)

源氏物語ゆかりの地めぐり

(41)

バスツアー

(101)

名城めぐり

(12)

上高地・高山・しらびそ高原

(82)

富嶽めぐり

(49)

北海道時計回りの旅

(89)

新選組ゆかりの地巡り

(30)

山本耕史くんの舞台&映画&ドラマ

(48)

藤原竜也くんの舞台

(12)

堺雅人さんの映画

(10)

生田斗真さんの舞台&映画&ドラマ

(20)

奥田瑛二さんの映画

(4)

美輪明宏さんの舞台&映画

(108)

歌舞伎

(39)

劇団四季

(13)

Mr.Children音楽&ライブ

(4)

フィギュアスケート☆

(33)

映画談義

(94)

TV談義

(88)

演劇談義

(40)

オペラ座の怪人

(117)

ふたりのマダム・ジリー

(31)

二度目の手紙

(9)

今月のギフト

(154)

源氏物語で恋愛セミナー

(114)

オーラの泉

(580)

休日スタイル

(102)

我が家のお買い物

(52)

我が家の釣果

(10)

Originな物語

(108)

オーラソーマボトルを選ぶ

(24)

本&アートのお部屋

(125)

アントワネットの文机

(32)

子どもの絵

(12)

☆楽天バトン☆

(12)

Portable Story 100 pieces

(45)

Portable Story 1000 pieces

(590)

Recent Posts

Rakuten Card

June 18, 2007
XML
カテゴリ:オーラの泉
北海道のスターから全国区になられた役者さんが今回のゲスト。
深夜帯でお見かけしたことがあり、モーツァルトのような容貌の方だなあと思っていましたら
「COMPOSER」という舞台をされたこともあるようです。

国「ゲストの方からメッセージをいただいております。
『この番組ほど出たかった番組はありません』本当でしょうかね☆
『この番組を観て花を大切にするようになったり
不幸なことも受け入れることができるようになりました。
私も、何かあるから今回呼ばれたのだと思います。
どうぞ、素敵なメッセージをよろしくお願いいたします』と。
相当、オーラの泉のファン・・・」

美「ちゃんと観ていらっしゃるということでなければ、こういうコメントは出てきませんよ」
国「受け入れたり、花を大切にすることとか、そういうことを生活にいれるという・・・」
美「番組で言っていることを、把握していらっしゃるわけだから」
国「いや、わからないですよ☆もしかしたら、人から聞いたことを
そのままここに書いたかも、という可能性もありますから☆
そういうことができる男なんですよ、あの人は☆江原さんはどんな印象ですか?」

江「私は実はね、この方にはいずれお目にかかって、いろいろお話することになるなあって
観ながら思っていた方なので『あ、とうとう今日がやってきたな』という風に」
国「この方も言っているんですよね。
『今回呼ばれたのは、やはり何か意味があるのではないか?』と」
江「そうです」
美「必然だとおっしゃっているの?」
国「そうですね」
江「ただ、本人が受け入れられるかどうかは、別ですけれど☆」



【スピリチュアルチェック】
☆ 自分の性格をひと言で→優柔不断です!
☆ ストレス解消法→自分で料理を作ることです。
☆ 好きな言葉→一期一会です。
☆ リラックスする場所→沖縄です。
☆ 不思議な体験→仕事で四国のお寺を廻っていたときに
あるお寺でカメラが突然異常な動きをしたり、ライトが切れたり。
あとはどこに行くにも雨が降っていて、食べに行きたいお店がいつもやっていないという☆
それもどうしてか知りたい。
☆ 人生の転機→東京に行こうと思ったのに大学に落ちて
北海道の大学でお芝居を始めたこと。
北海道でずっと仕事をしていたのに、三年前に東京のドラマに出るようになったこと。

太一くんは大泉さんと共演されることがあり、とても仲がいいようです。
国「オーラの泉のファンという話は一切出なかったですよね☆」
大「そうでしたか?別に他局に行って
『他局の番組のファンです』という必要はないでしょう」
国「でも、さっき楽屋に挨拶にみえたときも『この番組ってどんな番組?』って
聞いてたじゃないですか?☆」
大「!どうしてそういう嘘をつくの☆今日はオープニングトークもおかしいよ☆
そういう先入観を与えたって、お二人にお見通しなんだよ☆」
国「よく知っていますね☆」

とにかく番組をよくご覧になる大泉さんは、以前はファンの方からお花をいただいても困って
お母さまやスタッフの方にあげていたのを改めたそう。
大「『お花というものが、いかに人を癒してくれるか』という話を聞いた途端
『花は全部俺によこせ』と☆持って帰るようになったんです」



大泉さんを変えたのは、片岡鶴太郎さんの回のお話。
***
太一くんは、植物を一生懸命育てようとしても、可愛いと思えず
つい枯らせてしまうとのこと。
国「水をあげたりするんですけれども…」
江「視点をひとつ変えたらいいと思うんです。
国分さんにね、命を分けてくれているんです。疲れているから。
植物や動物は、ものすごく献身的なんですよ。命を分けてくれるから、枯れていってしまう。

そういう形で愛することで、枯れているんです。それを知ると、お水をあげるのでも
『ありがとう』とか、『もっと輝いてね』と自分がもっと微笑めば
その分、花も微笑んでくれる。動物もそう。愛するだけ愛してくれる」

美「あのね、花というのは優しいのよ。人間は意地悪で、妬み、嫉み、僻み
マイナスの方の雑念、憎念が半分あるけれども、花は悪い方の雑念、憎念がないんですよ。
『なぐさめてあげましょう、私でよければどうぞ』

みんな献身的で、与えっぱなしなの。
だから花は美しいの。心がそのまま出ているのが花の形なの。
命が無いと思っているけれども、花は生命体なのよ。
犬や猫や人間と同じように、生命体なの」

***

大好きな番組に出演され、とても緊張なさっているようで
お二人とはなかなか目を合わせられません。
大「いまも正直、国分くんしか見れないですね☆」

大泉さんはドラマの収録中に、違う番組の収録をされていた美輪さんを
見学に行ったことがあるそうです。
大「僕にとっては神様的な存在なんですね。お会いするだけで
何かパワーをもらえると思い込んでいるふしがあって。とにかく『見たい!』」と。
美「怖いものみたさね☆」

大「それで、スタジオの横に居させてもらったんです。
僕、そのときのドラマがスーツだったものですから
スーツ姿のスタッフの皆さんに交じって立っていて。
そうしたらお気遣いいただいてプロデューサーの方に美輪さんが通った瞬間に
『美輪さん、今日はファンの方がいらっしゃっています』って紹介されて☆
名を名乗ることもできずに『ファンです!』と☆」



美「すみませんね☆お噂は聞いてたんですよ。大泉さんという方がいて
『今はもう北海道では、松山千春が足元に及ばないくらいの人気があって
蹴落としてナンバーワンのすごい人なんですよ』って☆」
大「あんまりそういうことを言わないでください、何をそんな・・・」
国「その北海道も、今は捨てて・・・☆」
大「捨ててないのよ!」
国「さっきのチェックでも沖縄が好きだと・・・☆」

大「あれはまた、大波紋を呼んでるから☆
あれはどうしてかと言うと、リラックスできる場所でしょう?
僕は北海道に住んでいるから、リラックスしようと思って休みを取るときは
沖縄に行っちゃうんですよ」
国「休みがあったら実家に帰るのではなく・・・☆」
大「僕はずっと実家にいるの!☆だから休みの時くらい、実家を離れるんだよ。
何を言っちゃってるの?☆」
本当に仲の良いお二人です☆

江「でも、北海道の方は暖かいところに憧れますよね。
皆さん、暖かいところに旅行されますよ」
美「人間、誰だってそうよ」
大「やはり全然違いますね、お二人は☆」
国「僕から見ると、無理にフォローしてもらってるような感じなんですけれど☆」

大「どうしてこの番組をやっていて、そんなに人間が小さいわけ☆
毎週、何を学んでいるの?どうして僕に『北海道を捨てた男』☆とか
そういうフレーズを使えるかな」
美「愛している人はいじるのよ☆愛されているんですよ」
大「そうなんですよね。僕も国分くんが好きです☆」
美「相思相愛だったのね☆」

江原さんとは初めてお会いになったそう。
江「昔から見ていましたけれども。何年も前から、北海道では大変な人気でしたからね。
オーラだって今の時間に移ったから良かったけれども
北海道では大泉さんのせいで、オーラは深ーい時間帯になってたんですから☆」



「オーラの泉」は、今年3月まで通常は夜11時15分前後の放送。
北海道・HTBでは大泉さんご出演の「水曜どうでしょう」が11時15分から
「オーラの泉」はそのあとの45分からの放送だったそうです。

大「それは常に言っていたんです、HTBには。
『なんだこの順番は!オーラさんを先にしなさいよ!☆』
『もしくはオーラさんをもっと繰り下げて、朝にした方がいい☆何をしてるんだ』って
常に僕はもめていたんです☆でもHTBは言うことを聞きませんでしたね☆」

江「それぐらい、大泉さんのことはよく観ていたんです。
すごく愉しみにしていて、とても素晴らしいものをお持ちになっていらっしゃる方なんです。
だからこうなって当然なんですよ。でも、本当の大泉さんは違うんですよね。
そんなに明るい方ではなくて、繊細でいつでもパッと折れてしまうようなところがあって
心配する人だし。なんだか親心のようにTVを見ていて、すみませんね」

国「今日のキーワードにもなるような・・・」
美「だからあたくし、ちょっと困っていたの。営業の部分と営業じゃない部分、
あまりにも落差が大きいので」
国「そのギャップが。あれ?それは普段の顔ですか?」
お二人に指摘されて、愕然、呆然という表情の大泉さんです。

江「北海道を愛しているということももちろんあるんですが、それだけではないですよ。
何かにつけて繊細で、ものすごく勘のいい人だし
笑い話の中にもインスピレーションの高さが現われている。
大変、特異な人生の方なんです」
美「複雑怪奇よね」
大「複雑怪奇・・・何だかちょっと帰りたくなってきた・・・」
国「ここからですからね、いろいろと始まるのは」
大「よろしくお願いします」

続きます。

***
これまでの「オーラの泉の日記」リンク、よろしかったらどうぞ。






Last updated  June 18, 2007 08:43:09 PM
[オーラの泉] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.