3373652 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PR

X

全24件 (24件中 11-20件目)

< 1 2 3 >

お金と愉しくつき合う方法

March 31, 2008
XML
レジ袋のいらないエコバッグ。
とても便利で、様ざまに良いことがあるので、気に入って使い続けています。

存在そのものは、ずいぶん前から知っていたのですが、
何も持たずにお買い物に行き、袋に入れてもらうことの方が
簡単で、便利で、お得だと思い込んでいたのです。


ところが、ある食料品店でお買い物するようになってから
会員サービスの「おいしい水」を汲む専用ペットボトル4本(一週間分)を運ぶため
ちょうどよい大きさの袋としていただいたエコバッグをおろしたついでに
思い切ってレジでも使ってみたところ、遅まきながらその便利さに気づきました。
以来、そのお店のお買い物には、かかさず持参するように。



我が家で使っているエコバッグは、スーパーなどにあるプラスチックのお買い物かごと
ほぼ同じ形。
ほとんどのスーパーのお買い物のプロセスは、
1 自分で欲しい商品をこのお買い物かごに入れてレジに運ぶ。
2 レジに通して値段をチェックし終わった商品を、再び別のお買い物かごに入れてもらう
3 レジ袋をもらう。
4 お金を支払う。
5 商品の入ったお買い物かごを別の場所に運ぶ。
6 商品をレジ袋に入れる。
こんな感じでしょうか。

エコバックを使うと、2の「再び別のお買い物かごに入れてもらう」というプロセスは
別のお買い物かごに持参したエコバッグをあらかじめセッティングして入れてもらう」に。

こうするだけで、お金を支払ったあとは持参のエコバッグに入った商品を
そのまま持って帰ればよいだけになり、3、5、6のプロセスが必要なくなるのです。

エコバッグを使ってみてよかったこと。

1 レジ袋に商品を入れ替える手間、時間がいらなくて楽。
混んでいるお店で商品を入れ替える場所を探してうろうろしたり、
入れ替えるときに傷めることもなくなりました。
また、エコバッグは持ち手が丈夫なので運ぶのも楽に。

2 ゴミが溜まらなくて楽。
レジでいだたいた袋は、毎日のゴミをまとめる袋として利用はしていましたが、
大きめなのでいっぱいにならないうちに持ち手部分をしばり、次の袋を使っていました。
それが結果的に、ゴミのカサを増やすことになっていたのでしょう、
週に二回、ゴミを出しに行くのが当たり前でした。

レジ袋をいただかなくなってから、毎日のゴミをもっと小さい袋でまとめるようにしたところ
週のゴミ出しが一回で済むようになりました。

3 レジ袋の整理がなくて楽
いただいたレジ袋は、きちんとたたんでもどんどん増えて収納に窮することも。
以前はレジ袋で溢れていたあたりが、いまは本当にすっきりのまま。
物が増えるのはいいことばかりではないと、改めて実感しています。

4 ポイント加算で喜楽☆
我が家の通う食料品店では、会員カードを提示すると商品がかなり安くなるので
お買い物をされるほとんどの方が会員になっているのですが、
レジ袋を断ると1ポイントが会員カードに加算されます。

本来なら、1ポイントいただくには500円のお買い物が必要。
ポイントはレジで自動加算され、30ポイントで100円のお買い物券が
発券されるのですが、レジ袋を断るようになってから、ポイントがかなり早くたまるように☆
お得感がさらに増しました。

5 食費が下がって悦楽☆☆
何故か、エコバッグを使い始めた月と、それ以前を比べると
食費が数千円~1万円単位で下がっているのです。

これはおそらく、出先でスーパーを見かけるとふらっと寄って
卵1パックのつもりが☆、他のものもお買い物かごいっぱいに買ってしまう
というこれまでの習慣が改まったから。

1 お買い物はなるべく週一度、「おいしい水」がなくなる頃に行くことにし、
  なくなったら水を汲みがてら、エコバッグでお買い物。
2 エコバッグ一つ分=スーパーのお買い物かご一つ分に入るだけ買う。

この二点によってお買い物に計画性ができて、
食費削減にも大いに貢献しているのではないかと思います。

おまけ ダイエットもできて極楽☆☆☆
5に関連することなのですけれども「他のものもお買い物かごいっぱいに買ってしまう」、
これはやはり、お菓子やパンなどレジかごに入れやすく、
すぐ食べられるものが多いのですね。

こういったお買い物が減ったおかげで
以前よりウエイトコントロールもしやすくなりました。
冷蔵庫も以前よりすっきりとし、レジ袋の溜め込みを止めたのも、
視覚的にダイエットに貢献しているのかも☆

エコバッグは、古きよき時代の「お買い物かご」、
サザエさんが持っているようなバスケットの現代版なのでしょう。
スーパーでまとめ買いができるようになる以前は、近所の小売店でその日いる分だけ、
歩いて運べる分だけを小さいかごに入れていて、買い過ぎも少なかったのではないかなと。

このほど決算をしてみたところ、食費も下がり、家計全体もシンプルになっていました。

使ってみると、意外にいいことが満載で、気づくことも多かったエコバッグ。
みなさまも使っていらっしゃいますか?

   

   

  

「エコバッグstyle」さんのバッグは相変わらずとても可愛いですね☆






Last updated  April 1, 2008 12:33:03 AM


September 16, 2007
酷暑と言われた今夏、意外にも電気使用量が
昨年と比べて、少しダウンしていました。

06.07 399kwh   06.08 427kwh (7/12~8/12)
   ↓        ↓
07.07 360kwh   07.08 393kwh (8/13~9/12)

日本で一番高い気温を記録した町の近隣にある我が家。
山をいくつか隔てているためか40度越えはなかったものの
連日、暑さの続いた印象が強いのは確か。

エアコンの設定温度は28度、室温が下がればドライに切り替えるのは
昨年以前と変わりません。

考えられるのは、猛暑予想をされながらも、
7月中はエアコンなしでいられるほど涼しかったこと。

夏休みの暑い昼間は、子供を画塾に送った後
涼しい図書館で過ごしていたこと。

エアコンと扇風機を併用したこと。

残暑の9月も、比較的過ごしやすいこと…など。

庭や地域の夏の花たちも、7月の涼しさに油断していたのか
8月の突然の暑さにびっくり、ようやく暑さに対応した途端、
9月の台風と涼しさに驚いたようで、今年は早めに終りを迎えました。

皆さまのお住いではいかがだったでしょうか?

植物と同じく、心身も変調を迎えやすい秋。
どうぞ健やかにお過ごしくださいね。

  






Last updated  September 16, 2007 10:09:23 PM
March 15, 2007
レジ袋のいらないエコバッグ。
その存在は10年ほど前から知りつつも使うことなく時が過ぎ。
昨年の暮れにいただいてからも「使ってみよう」と待機させてはまた時が過ぎ。

ところが、ある食料品店でお買い物するようになってから
会員サービスの「おいしい水」を汲む専用ペットボトル4本(一週間分)を運ぶため
ちょうどよい大きさの袋としてそのエコバッグをおろしたついでに
思い切ってレジでも使ってみたところ、遅まきながらその便利さに気づきました。
以来、そのお店のお買い物には、かかさず持参するように。

エコバッグは、スーパーなどにあるプラスチックのお買い物かごとほぼ同じ形。
ほとんどのスーパーのお買い物のプロセスは、
1 自分で欲しい商品をこのお買い物かごに入れてレジに運ぶ。
2 レジに通して値段をチェックし終わった商品を、再び別のお買い物かごに入れてもらう
3 レジ袋をもらう。
4 お金を支払う。
5 商品の入ったお買い物かごを別の場所に運ぶ。
6 商品をレジ袋に入れる。
こんな感じでしょうか。

エコバックを使うと、2の「再び別のお買い物かごに入れてもらう」というプロセスは
別のお買い物かごに持参したエコバッグをあらかじめセッティングして入れてもらう」に。

こうするだけで、お金を支払ったあとは持参のエコバッグに入った商品を
そのまま持って帰ればよいだけになり、3、5、6のプロセスが必要なくなるのです。


エコバッグを使ってみてよかったこと。

1 レジ袋に商品を入れ替える手間、時間がいらなくて楽。
混んでいるお店で商品を入れ替える場所を探してうろうろしたり、
入れ替えるときに傷めることもなくなりました。
また、エコバッグは持ち手が丈夫なので運ぶのも楽に。

2 ゴミが溜まらなくて楽。
レジでいだたいた袋は、毎日のゴミをまとめる袋として利用はしていましたが、
大きめなのでいっぱいにならないうちに持ち手部分をしばり、次の袋を使っていました。
それが結果的に、ゴミのカサを増やすことになっていたのでしょう、
週に二回、ゴミを出しに行くのが当たり前でした。

レジ袋をいただかなくなってから、毎日のゴミをもっと小さい袋でまとめるようにしたところ
週のゴミ出しが一回で済むようになりました。

3 レジ袋の整理がなくて楽
いただいたレジ袋は、きちんとたたんでもどんどん増えて収納に窮することも。
以前はレジ袋で溢れていたあたりが、いまは本当にすっきりのまま。
物が増えるのはいいことばかりではないと、改めて実感しています。

4 ポイント加算で喜楽☆
我が家の通う食料品店では、会員カードを提示すると商品がかなり安くなるので
お買い物をされるほとんどの方が会員になっているのですが、
レジ袋を断ると1ポイントが会員カードに加算されます。

本来なら、1ポイントいただくには500円のお買い物が必要。
ポイントはレジで自動加算され、30ポイントで100円のお買い物券が
発券されるのですが、レジ袋を断るようになってから、ポイントがかなり早くたまるように☆
お得感がさらに増しました。

5 食費が下がって悦楽☆☆
何故か、エコバッグを使い始めた月と、それ以前を比べると
食費が数千円~1万円単位で下がっているのです。

これはおそらく、出先でスーパーを見かけるとふらっと寄って
卵1パックのつもりが☆、他のものもお買い物かごいっぱいに買ってしまう
というこれまでの習慣が改まったから。

1 お買い物はなるべく週一度、「おいしい水」がなくなる頃に行くことにし、
  なくなったら水を汲みがてら、エコバッグでお買い物。
2 エコバッグ一つ分=スーパーのお買い物かご一つ分に入るだけ買う。

この二点によってお買い物に計画性ができて、
食費削減にも大いに貢献しているのではないかと思います。

おまけ ダイエットもできて極楽☆☆☆
5に関連することなのですけれども「他のものもお買い物かごいっぱいに買ってしまう」、
これはやはり、お菓子やパンなどレジかごに入れやすく、
すぐ食べられるものが多いのですね。

こういったお買い物が減ったおかげで
以前よりウエイトコントロールもしやすくなりました。
冷蔵庫も以前よりすっきりとし、レジ袋の溜め込みを止めたのも、
視覚的にダイエットに貢献しているのかも☆

エコバッグは、古きよき時代の「お買い物かご」、
サザエさんが持っているようなバスケットの現代版なのでしょう。
スーパーでまとめ買いができるようになる以前は、近所の小売店でその日いる分だけ、
歩いて運べる分だけを小さいかごに入れていて、買い過ぎも少なかったのではないかなと。

使ってみると、意外にいいことが満載で、気づくことも多かったエコバッグ。
みなさまも使っていらっしゃいますか?

 




「エコバッグstyle」さんのバッグは可愛いですね。






Last updated  March 3, 2008 08:55:40 AM
March 24, 2005
大変ね、と言われることが少しも苦ではないことってありますよね。
私にとっては、地域イベントの企画・運営もそれに当たるようです。

地域でコミュニケーションをとるための企画に携わると、
チラシつくり、周囲の方への連絡、会合、予算だて、お買い物、
食事作りやお茶・お菓子の手配、お子さんが喜ぶ遊びの準備、
受付、配膳などなどを行なうことになります。
そのどれもが愉しく、皆さまが集う姿を見るのが嬉しいのです。

連絡事項などがあり、お電話させていただくと
「ご苦労さま」「大変ね。」というお声をきき、そのたびに
「好きでさせていただいているんですよ。」とお応えしております。

振り返ると、学生時代には学校行事やクラブ・サークル活動でも
同じようなことを愉しんで行なっていました。
結婚し、子供を幼稚園や学校に通わせるようになると
「いかに役員などの仕事を逃れるか。」というお話をきくことが多くなり、私も
「大変だ」「逃げなくちゃ」という思考回路に発想を組替えてゆきました。

地域役員が回ってきたときも「大変だ」回路のまま、
半ば逃げ腰でお役目を始めたのですが、
本腰をいれざるを得なくなる、実に様ざまなことが起きました。

そのどれもが、地域のコミュニケーション不足に起因しておりましたので、
いろいろなご縁を得てイベントなどを企画・実行。幸いにも好評をいただき、
「ああ、私はこういったことをするのが好きだったのだ。」ということを
思い出したのです。

もし、同じような目に何度も何度も出逢ってしまわれているなら、
そして、それを避けてきたということがわかっていらっしゃるなら
一度正面から取組んでみてはいかがでしょう。
困難に思えることは、固まった思考を解きほぐし、あなたの
本来の姿をみせてくれる役目があるのかも。

困難が幸せのサインなら、愉しく取組めそうでしょう?






Last updated  April 26, 2005 09:16:22 PM
December 30, 2004
「ガラクタ捨てれば自分が見える」
(カレン・キングストン)という本を
一昨年、紹介されて読みました。

ガラクタ捨てれば自分が見える 風水整理術入門 ( 著者: カレン・キングストン / 田村明子 | 出...

いらないモノを捨てることで、お金の出入りや
人間関係がスムーズになるということに惹かれました。

当時、私は心身ともに疲れていて、
仕事を辞めるか迷っている時期。
本を読んで、モノは試しと家の中の
いらないモノを捨てることにしました。

最初はパソコン周り。
たくさん溜まっている紙類を整理し捨ててみると、
不思議なことに、夫の営業で売上げがあったのです。
夫の会社では売上げがあると褒賞の半分を現金ですぐに
渡してくれるのですが、大量の紙類をゴミに出した
その日のうちに「ハイ、これ。」とのし袋が。

偶然かとも思いましたが、それからキッチン、居間、
和室、子供部屋、バスルームと念入りにお掃除してゆく度に
何故か夫の売上げが上がるのです。

そのうえ、私の周囲の人間関係も変わり始めました。
結局会社は辞めることになったのですが、
その分、地域での活動やセミナーへの参加が始まり
毎日がとても充実し始めました。
好きで始めたことがお金に結びつくチャンスにも
恵まれるようになっています。

普段のお掃除ではなく、つい溜めてしまうガラクタが
我が家の気まで、滞らせていたのですね。

年末で大掃除をされる方も多いと思います。
寒い時期なのですが、普段よりお家をスッキリさせると
きっといいことが起るはず。
あ、それから「お金が欲しいからお掃除」ではなく、
「お掃除してキレイになった、気持ちがいいな。
お金はなくてもいいけど、あったらいいな。」
こんな感じがポイントのよう。

いらないモノを捨てるということは、
すでに自分にとって必要でなくなったものを手放し、
新たに大切なものが入るためのスペースを作るということ。
これは人間関係にもお金にも自分が住んでいる世界観にも
大きな影響を与える。
味わい手放しまた出逢う。モノと自分のよいサイクル。
ここにもキャッチアンドリリースが生きているような気がします。

年末の大掃除のあと、ヤフーさんに申請していた
源氏物語をまとめたサイトが検索登録されました。
皆さまとご一緒に愉しませていただいたおかげと、
本当に感謝しております。

皆さまも、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。






Last updated  December 31, 2004 05:03:51 PM
October 3, 2004
10月は我が家の決算月です。
累計で100万近い金額が削減できた今期の家計。
純粋にシングルインカムになった今期を前期と比べてみて、
家計がスリムになっていたのはうれしい限り。
一方でセミナーや講演、公演、かなり大量の本を楽しむこと、
投資物件の購入までできた一年でした。

家計スリムアップのポイント

携帯電話・・・先日お伝えしたプリペイド携帯、エンジョルノ。
まだ使い始めて4ヶ月ですが、すでに数万の効果が出ています。
夫も購入しましたので、来期に効果はさらに顕著に出ると思います。

食費・・・お店で買う回数を減らし宅配で必要なものだけ購入。
らでぃっしゅぼーや、にんじん倶楽部、生協、夕食宅配、オイシックスと試し続け、
今はスーパーの宅配を利用しています。
有機野菜や直営管理の精肉や日用雑貨も買えて便利。
ネットで午後11時59分までに注文すれば翌日に届けてもらえるのも魅力。
こちらで週一のまとめ買いをするようになってから食費が激減し、
お店に出かけて、ついつい余分な食品を買ってしまい、
子どもの虫歯や夫婦のウェイトを増やすことも少なくなりました。

衣料費・・・季節の変わり目に購入する習慣を見直し、手持ちの物を生かす。
通販のカタログを利用することが多いのですが、
特にプライスダウン時に余分なものまで買う癖がついていました。
今年に入って、家族の着なくなった服を大量に処分してみると、
何を持っているかがわかりやすくなり、服を着回すことが以前より楽になって、
なぜかウェイトコントロールもし易くなりました☆。

医療費・・・自然療法やヨガを始めてから大幅ダウン。
子どもが熱を出した時も、病院の待合室で長時間体力を消耗させるより
安静にさせていると翌日には良くなっていることがほとんど。
もちろん、症状に気を配りながら病院を利用することもあります。

理容費・・・去年夫はある理容店の対応に立腹、
その足で家電販売店に直行し、大人用スキカルを購入。
それ以来、お風呂場で好きなときにカットしています。
あ、私も以前から自分でカットするのが好きです。

雑費・・・重曹や手作り石けんで洗剤の使用量を削減。
100円ショップやドラックストアに行って余分に買う習慣を見直し。

ケーブルTV契約・・・多チャンネルは我が家には必要ないので解約。

夫の支出・・・職場を変え、出張が減ったことで持ち出しが大幅減。

妻の支出・・・手作り美容液や自然療法のおかげで
サプリメントや化粧品の購入がほとんど0に。
会社を辞めたことで出勤の際の見えない出費もなくなりました。

少し足を踏み出すことを続けてゆけば、一年間で大きく進む。
健康と美と愛と知恵も身近になる。
生活の見直しは、ダイエットと同じですね。
来期も楽しく、生活を作ってゆきます。






Last updated  October 28, 2004 08:45:04 AM
September 18, 2004
何かを始めようとするときって勇気が要りますね。
それが大好きなことだとわかっていても、人は見えないもの、行ったことがない場所が恐いので、
一歩先に足を進めなくなってしまうことも。
いっそ、見えるようにしてしまってはいかがでしょう。

例えば、お金の簡単なシュミレーション。
エクセルをお使いの方ならすぐにできますが、手書きでお作りになっても結構です。
まず、現在の貯蓄・資産額と年間どのくらいの収入・支出があるかを把握します。

次に表つくり。
一番上の行に西暦年を50年後まで表にして、すぐ下にあなたの年齢を書き込みます。
その下に手取り年収、支出、残高(預金)の項目を作って50年後まで記入してみましょう。
支出の項目は住宅費・教育費・レジャー費などあなたが重要であると思われる項目に分けるとより具体性が増しますね。

さて、ここからです。
あなたが本当にやってみたいことを、その表に記入してみてください。
家が欲しい、結婚したい、世界旅行に行きたい、お店を開きたい、起業したいなど。
何歳のときに何をするか、書き込んでください。
イベントにはお金の動きがつきもの。
あなたが想定する金額も記入してください。
最初は支出のみでも、何年か後には収入になるイベントもありますね。
アウト一方ではなく、イン前提でお金を使う方法も考えてみてください。

途中で、残高(貯蓄)のマイナスが大きくなるようなら、シュミレーションし直してみます。
必要ないものに使っていないか、チェックし、あなたにとって本当に必要なものに囲まれるようにデザインしなおしてください。

いかがでしょうか?
「できそうもない。」と思っていたことが、手の届く範囲にあることを発見された方も多いでしょう。

パソコン上でも紙の上でも、何度も繰り返し遊んでみてください。
最高のパターンや最低のパターンをシュミレーションしたり、
理想の暮らし方を現してみてもおもしろいですよ。

何度か書いているうちにやりたいことができることに見えてきます。
あなたのアンテナに引っかかる情報も入りやすくなってきて、実現しやすくなります。

あなたがお一人でいらっしゃるなら、素敵な出会いも書き込まれることをおすすめいたします。
あなたがお一人でないなら、パートナーと、ご家族と、共に歩む楽しい未来に思いを馳せてみてくださいね。






Last updated  October 28, 2004 08:39:03 AM
September 15, 2004
プリペイド携帯・エンジョルノを今、使っています。
以前から、通信費が非常に気になっていました。
携帯電話・インターネットがなかった頃の我が家の通信費は、4000円弱、
ところがこの二つが家計に導入されてから、一気に4倍に跳ね上がったのです。
(ご家庭によっては3-4万位かかるというお話も聞きました。20年で1000万位でしょうか。)
特に夫が仕事で携帯を使っていたときは「なんで話すだけなのにこんなにするのかなー?!」と、とっても疑問でした。
安い会社のに変える、という手もありましたが、仕事で使うので番号を変えられない・・・。

このほど、やっと会社から携帯が支給になったので、夫婦二人で4500円♪のツーカーを検討したのですが、
仕事以外には自宅に電話するくらいしか使わなかった夫の携帯をいっそなしにしてみることにしました。
一人でツーカーに入るとすると使用状況から考えて料金が月2800円~4000円近くになることが判明。
意外にかかるのね、という印象がありました。

そこで、お友達が使っているプリペイド携帯を検討したところ、一分あたりの料金は高いのですが、
基本使用料がいらないため、月1500~3000円位でおさまることがわかり、こちらを使ってみることにしました。

約三ヶ月使ってみた感想。
カードを買いにゆくのはどうかな、と思っていましたがこれはかえって料金を安くすることに貢献しました。
一枚3000円(チケットセンターなどではもう少し安い場合も。)のカードを
設定によって60日から90日で更新するので、その期限が切れるころに買うことに。
さらに、通話のときは「この通話でのご利用可能時間は○○分です。」と教えてくれるので、
その分通話を意識することができています。

夫の会社の携帯電話は私用では使えないのでエンジョルノにコールしてもらうだけにして
固定電話からかけなおすことにしました。
夫への電話は固定電話から0033など(地域やネットを使っているかによってちがうので
問い合わせてください。)をつけてかけています。
いままで、自宅にいるのに携帯から携帯へかけていたのですが、固定電話でもリダイヤルや番号登録機能があるので
簡単にかけられるし、料金もはるかに安くなることに気づかなかったんですね。

おかげで、携帯料金を一ヶ月約1500円におさめることができました。
夫の携帯への固定電話料金は月約2000円。
仕事に携帯を使わない状態で月10000円ほどかかっていた二台の携帯電話料金が
エンジョルノと固定電話を使うことで約3500円になりました。
携帯電話の請求書からも開放されたことになります。

エンジョルノの器械は最初おもちゃみたいだな、と思いました。
ボタンも画面も小さく、折りたたみではないのでちょっと懐かしい感じもします。
写メール機能、動画機能付きではありませんが、私はあまり使わなくなっていたのでその点の物足りなさはありません。
プリペイド携帯には写メール機能付きもあるので、それを検討されてもいいかもしれませんね。
メール機能は、スカイメールのみの設定とEメールも使える設定があり、ウェブもできます。
友人とのコミュニケーションはメールが中心なので私にはこれで充分でした。

☆☆☆携帯電話に振り回されていた部分(料金や新機種、そして子どもの携帯願望!)がかなり縮小しました。
    年間8万ほど浮いてくれたので、家族旅行を計画中です。☆☆☆






Last updated  October 28, 2004 08:37:43 AM
September 8, 2004
先週、念願の大家さんのスタートラインに立ちました。
賃貸用に分譲中古マンションのオーナーになったのです。

我が家は不動産にちょっぴり縁のある人生を歩んでいました。
自宅収得回数は3回。おまけに夫は建設業。
これはなんらかのサイン?だと思っていたところ、ちょうど出会ったのが
出版されたばかりの藤山勇司さん著「サラリーマンでも大家さんになれる46の秘訣」。
目からうろこ、というよりはまさに求めていた夫婦で楽しく歩んで行ける情報満載の本でした。
ポイントは
・自己資金で中古マンションを購入し利回りを確保する。
・家賃には手をつけず、次の物件収得のための貯蓄と信用を得る。
・メンテナンス、物件収得のルートを作る。
・優先順位は、自分、家族、仕事     など。
ご家族をとても大切にしている姿勢にも共感し、著者である藤山さんに感謝のメールをすると、
丁寧なお返事もいただき、ますますファンになりました。

それから一年。
夫婦で数々の物件を見て回り、いろいろな不動産屋さんに会い、何とか合格点のでるマンションを収得。
幸い昨日、借り手も見つかりました。

いま、とても身の引き締る思いがしています。
ライフスタイルを今一度見直し、次の収得に向けての貯蓄をし
タイムテーブルを描くこと、信用を積み重ねること。
そして夫婦仲良く静かに進む未来に思いを馳せています。






Last updated  October 28, 2004 08:35:35 AM
September 5, 2004
瀬戸内寂聴さん、デューク更家さん、渋井真帆さんの講演会に同時に
参加できた昨日の土曜日は、とても充実した日になりました。
朝7時半に到着したのは御園座前。
瀬戸内寂聴さんの講演「源氏物語の世界」のために、
すでに20人以上の人が並んでいました。
首尾よく一番前の席で、寂聴さんの源氏講話と、いま上演されている
海老蔵さん襲名公演・歌舞伎「源氏物語」の制作風景をお聞きしました。
寂聴さんらしく、幕開けからいきなり「不倫シーン」、
海老さま扮する光源氏が、義母である藤壺の女御に迫る場面から始まるのだそうです。
寂聴さんが渾身の思いをこめて書いた「長セリフ」を、海老さまは
「こんな時に、こんなにごちゃごちゃ、男は言いませんよ。」と指摘されたとか。
ラストシーンもとても美しいそうで、観劇するのが楽しみです。
「私は51歳で出家して、80歳になって初めて歌舞伎の脚本を書いた。
そしていま、とても若くて美しい役者さんたちと仲良くなって叱られたり、教えてもらったりしている。」

(ランチはオープンを楽しみにしていた「アレッサンドロ・ナニーニカフェ」で友人と。
F1レーサーで、日本で優勝したこともあるナニーニは伝統ある企業を継いでいたんですね。)

午後はデューク更家さんのウォーキング講座&渋井真帆さんの『稼ぎ力』養成講座。
愛、キレイ、お金、仕事も手に入れよう!が合言葉でした。
デュークさんは、私のヨガの先生のお友達だそうで、
以前から親しみをもっていました。
お話の中にも随所にヨガにも通じる考え方や呼吸法が出てきて、
大きくうなづくことばかり。
無理な歩行による術後のリハビリでお母さまを亡くしたことから
ウォーキングの研究を始められたと聞いていたのですが、
講座でも「一日一万歩、歩いても痩せないし、健康にもなれない。」と語られ、
効率のよい歩き方を教えていただきました。
とにかくエンターティナーで、開場は爆笑の渦。
木村拓哉さんやハリウッド俳優の歩き方など、最高に楽しかったです。
「僕は50歳。いまがいつもスタート。」
「心と体、両方美しく健康に。楽しく生きましょう。」

渋井真帆さんの『稼ぎ力』講座もわかりやすくパワフルでした。
銀行を一年半で辞めて結婚してから、資格フリークになっていたそうですが、
ある時だんな様から「手段(資格収得)が目的になっている。
目的とは何か?何のために仕事をするのか?」と問い詰められたそうです。
何のために働くのか?
お金?地位?仕事? 
わからなかった渋井さんにだんな様は
「女性は、華を咲かせるために働くのだ。」と。
銀行で企業再建のための仕事をされているだんな様のすすめで
お金について学び始めた渋井さんは、
今では「自分を咲かせる」ためのセミナーを毎年200本以上開催、
決算書をわかりやすく理解するための本も出版されています。
「私の目標は人生の後半で花開き、いまやお誕生日には
ジャニーズの男の子達が勢ぞろいしてくれる森みつ子さん。
80歳代であの美しさ、あの努力。」
「主婦だからこそ、大企業の経営者に匹敵するマネジメント力がある。」

いただいたお言葉にはシンクロするものがありますね。
いま、お会いした三人の本(デュークさんの本は実践)を平行して読む幸せを味わっています。






Last updated  October 28, 2004 08:33:46 AM

全24件 (24件中 11-20件目)

< 1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.