444238 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

喝男くんが喝っ!

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません
2017.10.05
XML
カテゴリ:2017 秋
秋の天王山。
東海大会への切符を手にするか否かの一戦。

 準決勝   第2試合
 
 東邦 -  桜丘を観戦。

桜丘は昨年に引き続き2年連続での準決勝進出。
昨年からの主力、小栁津、原君などが残る。
個人的には2番を打っていた吉野君が二塁手として復帰していたのは嬉しかった。
昨年の東海大会で、敗れはしたものの好投手静岡池谷投手に対し、鋭い振りで2安打した打撃力が光っていた。
その彼が以後メンバーに名を連ねていなかったのはいささか心配だった。


東邦の先行。
ともにエースナンバーでない投手が先発。
桜丘は左腕の小林拳君、東邦は右オーバーハンドの西君。

初回東邦は先頭1番熊田君がいきなり中間Hで出塁するも後続なし。
その裏桜丘は1死から注目の2番吉野君が初球ストレートをフルスイング。
ライナーで右翼HRを放って1点を先制する。

2回表、東邦は先頭5番梅田君がH出塁も小林君の粘投に無得点。



再三のピンチを背負いながらも要所を締め、強力打線を封じる。


東邦は毎回ランナーを出すも決定打出ずに前半は無得点。
対する桜丘も西君から毎回1本番づつHを打つも東邦内野陣の堅守などで追加点なく前半終了。
東邦は5回からエース扇谷君をマウンドに立てる。


試合は後半戦。

6回表  東邦
簡単に2死となるが6番反頭君がH、続く7、8番が連続四死球で満塁。
ここで初打席の9番扇谷君が1ー1からの3球目、外角高めの直球を右中間へ。
記録走者一掃の3点T2BHなり一気に逆転。
・追って追っての小林亮中堅手、グラブに当てた感あったが捕球ならず・・・。

桜丘ここで粘投の小林拳君に変わり右腕鈴木君をリリーフに送る。

7回表  東邦 
先頭2番林君を二塁に置いて5番梅田君がインローをすくい上げる一発を右翼へ。
2点HRとなり5ー1とリードを広げる。

その裏桜丘打線に対し扇谷君が三者三振にとる好投で何やら勝負あったかな?と思わせたが。

8回裏 桜丘
1死から相手E、4番大津君が中前H。5番原君も四球で繋いで満塁。
このチャンスに6番小林亮君が中犠飛でまず1点。
なおも7番丸山君が1、2塁間THで2点目。5ー3と食い下がる。

9回桜丘はエース濱田君を立て、2安打されつつも0点に抑え最終回の攻撃に繋げる。

9回裏 桜丘
この回先頭PH高橋優君が0ー2から綺麗に中前H。
期待の1、2番が倒れ2死となるが3番小栁津君が三遊間Hで1、2塁。
見せ場を作るも4番大津君がフルカウントからSOに倒れ試合終了。


 東邦  000 003 200  5 
 桜丘  100 000 020  3







Hはともに9本番づつ。
ともに堅い守備力を持っての接戦。
俗に言う「締まった好ゲーム」だった。

まずは桜丘打線が昨年を上回る強さだった事がとても印象に残った。
最終回、豪腕扇谷君のストレートを強振して弾き返した高橋優君の一打が素晴らしかったのをはじめ、140キロ前後の球に対し強くバットを振り、終盤の追い上げはとても見応えがあったと思う。
昨年は絶対的エース原投手を擁しての県大会準優勝を飾り、東海大会まで進出したものの、打撃が振るわずに初戦敗退。
昨年を知る3人がこのチームを引っ張っている印象の同校。
小柳津捕手のインサイドワークも良く、強打東邦打線に対しての軟投派小林拳君への配球は目立たないが絶妙の味があり、4番石川君を2打席連続でKにとったのも彼のリードの賜物だったと思う。

翌日の3決で中京大中京に惜敗し、2年連続の東海大会出場は叶わなかったが、総合的には昨年のチームより上回っているのでは?と思わせる。
先が楽しみなチーム。




翌日の決勝戦で愛産大三河相手にコールドで勝って優勝。
東海大会には愛知1位での出場が決まった東邦。
地元開催という利点にも恵まれ、甲子園にまた一歩大きく近づいた感だが、この一戦を観戦した限りではまだよくわからないチーム・・という感想。
2番林君のバットコントロールの上手さなど、個々に素晴らしい力を持つ選手が多そうなのだが。

しかしながら、デフェンス力の高さはさすがに伝統校。
内外野、隙を感じさせない。
これがあるから大崩れしない。
そして2枚の投手のレベルの高さ。
先発した西投手の無駄に力の入らないフォームから鋭い球を投げ込んでくるタイプは打者にとってはかなり打ちにくいのでは?と思わせるし、扇谷君はまだまだ伸びしろはタップリ。
全体的にバランスが・・・という技術論は一素人が述べる範疇ではないので、今後の彼がどのように成長していくか、どのように変わっていくか、を楽しみにしていきたい事柄。

あっという間に最上級生となってチームの大黒柱となった県を代表する大型本格派右腕。
大舞台甲子園で圧巻なピッチングをする姿を見たい。







Last updated  2017.10.05 20:39:56
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.