1004988 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

書道のはな*みち キレイな字が書けると人生はもっと美しくなる

全5件 (5件中 1-5件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | 芸術 | うつくしいもの | 印刷やのできごと | おいしいもの | みやのひらめき | 書道教室のこと | ビビビっ | 今日の出来事 | 本を読みました | おかいもの おかいもの | マスコミ掲載記事 | 愛する書道具 | 書道の学び | 子どもといっしょ | 字を上達させるコツ | ワークライフバランス | レッスンレポート | 字は贈り物 | 拙著のご感想をいただきました! | 起業ストーリー | 私らしい書道教室の開き方 | 生徒さんが教えてくださった美しいこと | 書道家のための教室開業コース | 手帳術 | 親の言うことを聞かない息子の字の上達方法 | 夢グリッシュ@英語の学び | 執筆パタパタ | 起業ストーリー2 | Go!abroad! | サロン運営コンサルティング | 水書き書道 | エグゼクティブ書道 | スキマ時間の使い方 | 才能学 | しゅわしゅわコンサル | プロダクション事業 | note公開 | 回答編 | 365日スタートアップ大作戦 | デコ書道 | ひかり塾 | 憧れの人 | 漢詩書道 | ホテルライフ | インスタライブ

拙著のご感想をいただきました!

2013年04月23日
XML
いつもブログをお読みいただきまして、

ありがとうございます。


4冊目


私の4冊目の著書

「書き込み式 美しい字になるボールペン字練習帳」が

増刷の運びとなり、3刷目となりました。


ご購入いただいた皆さま、
ブログや書評で紹介してくださった皆さま、ありがとうございました!!

増刷証拠写真

増刷証拠写真です・笑

2008年に出版してから、地道に頑張って参りました。

皆さま、本当にありがとうございます!!

引き続き本書をご愛読いただきますよう、よろしくお願いいたします。


===

ところで、著者にとっては、本を出すときに、

節目となる出来事が3つあると思います。



それは「脱稿」「初版(初版初刷)」「重版(増刷)」です。


「脱稿」とは原稿を全部書き上げることです。


私の場合は、だいたい1年がかりですから、相当な期間、

エネルギーを注ぐこととなります。


担当編集さまには、これまた相当なご尽力をいただくわけで、


いつも、

ああ、締め切り~。

ああ、担当編集さま~。


と見えない壁と戦いながら、


それでも、ひたすら心を込めて書く期間になります。



「初版」とは最初に印刷・出荷される本のことです。


初版が店頭に並ぶ様子を目にすると

「ああ、ついに形になったのね。」と実感が湧いてきます。


自分が書いた本が、形となって流通するのは、

なんとも感慨深いもので、本当にありがたいと思います。



「重版」とは追加で印刷・出荷することです。

初版が売れて出版社の在庫が少なくなったことを意味します。


特に最初の重版である「第2刷」が決定すると、


やっとお役に立てた・・・

と、著者は「ほっ」とするのが正直な気持ちです。


拙著では、

まっすぐな線が引ければ字はうまくなる

と、

書き込み式 美しい字になるボールペン字練習帳


が重版になっています。


まだまだ一生懸命、頑張っていきたいと思いますので、


どうぞよろしくお願いいたします^^



だいぶ前になってしまいますが、

素敵な書評をいただきました。


改めてお礼申し上げます!!


☆美しい字。。o○『潮かぜと、ミラノと。。。』

http://ameblo.jp/milanon-love/entry-11031908070.html









最終更新日  2013年04月23日 20時07分46秒
2013年01月06日
昨年のお話になりますが、

12/14(金)夜7時からテレビ朝日
「Oh!どや顔サミット」2世タレント3時間SP!
芸能人品格チェックで親のしつけがバレる?!
に出演させていただきました。

doya

番組HP http://asahi.co.jp/doya/

※番組HPよりお写真お借りました。


僭越ながら、勝新太郎さん、松方弘樹さん、清水アキラさん、などの

お子さん方のご祝儀袋の書き方格付けチェックをいたしました。


笑顔禁止!で、スパルタコメントを炸裂!!


これがワタクシの本性だと思わないでください~と願いつつ、


OAを迎え、


おかげさまで、メール、Facebookでのコメントなど、


たくさんのうれしい反響をいただきましたハート


ご覧いただきました皆さま、関係者の皆さま、


心より御礼申し上げます。


その中でも、産能大学の通信コースを受講いただいているSさまより


とてもうれしいメールをいただきましたので、


以下に掲載させてください。

(ご本人の許可をいただいております。)

===




高宮先生



こんにちは。



先日はテレビを通して先生にお目にかかることが出来

大変うれしかったです。


私は高宮先生の講座を受講させて頂いているという実感が

物凄く涌きました。

上品でとても素敵な先生に書道をご指導いただけることに

喜びを感じております。


番組からも

先生の添削のアドバイスがとてもためになり勉強になりました。



今の私の周りは全てと言って良いほど達筆な方ばかりで

字が下手なのは私だけです。

これまでペン習字他、何度か習いましたが上達せず止めてしまいました。


小さいころから書道を始めていれば違っていたかも・・とよく考えます。


今でも書類や、封筒などに文字を書くことがとても辛く感じ、書き始めても

何度も書き直して大変時間がかかります。


そのような中

先生の著書から受け取ったメッセージが

とても深く心に残り

やはり

美しい文字が書けるようになりたいと思う気持ちが強くなりました。



乗り越えられる力が、自分には必要です。

今回は整った字が書けるようになることだけではなく

自分の精神力を鍛えたいと感じましたので

先生のご指導を頂きたいと思いました。


どうぞ宜しくお願い致します。



テレビにご出演されることをお知らせ頂き

本当に良かったと思っております。

ありがとうございました。


===


Sさまは、拙著、悪筆セラピーをご購入後、

産能大学の通信講座を受講いただいている生徒さんです。


ご熱心な生徒さんから、

このようなご感想をいただき、

私も本当に心から嬉しい気持ちになりました。


テレビをご覧になる方は、

皆さま、様々なご感想をお持ちになっていると思います。


そんな中、


Sさまのように、

心から字を美しく書きたいというお気持ちを持ってくださり、

実際にコースを受講されていらっしゃる方がいらっしゃるということが、

どんなに素晴らしいか…。


とっても嬉しかったですし、

Sさまのような方がいらっしゃるということが、

手書き文化の明るい未来を示していると感じました。


これからも、キレイな字が書けると人生はもっと美しくなる!をモットーに、

手書きの良さを広めて参りたいと思いますので、

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


Sさま、ご感想ありがとうございました!!







最終更新日  2013年01月07日 22時48分53秒
2012年06月13日
またまたステキな書評をいただきました!


悪筆セラピー



http://ameblo.jp/marianmama29/entry-11265861756.html


レッスンに通ってくださっているママ友さんであり、


プロのナレーターさんでもある彼女からの、


あたたかい書評はとてもうれしかったです。



特に印象に残った言葉は、、、




継続は力なり…


「心」「技」「体」を磨いて、


周りに幸せをふりまけるような字を書けるように頑張りたいと思います。







習字を始めた最初の理由は、


大好きな竹野内豊さんにお手紙を書くため…


もし、万が一、竹野内さんが私のお手紙を読んで、


幸せ気分になってくれたとしたら


はい!それだけで、今、めっちゃテンションあがりました!






手書きの文字の原点は、


「伝えたい」という想いだと思っているのですが、


マリアンママさんの字には、


その気持ちに、


いつもハートマーク手書きハートがついているような雰囲気がするのです。



もらった人は、みんな、


もっともっとマリアンママさんのこと、


好きになっちゃうんじゃないかな?ウィンク





ステキなご感想うれしかったです!


ありがとうございました^^



新刊「悪筆セラピー」 詳細はこちらからご覧くださいませ。


http://hana-michi.com/book_service/book.html







最終更新日  2012年06月18日 00時53分14秒
2012年06月05日
とってもステキな書評をいただきました。


悪筆セラピー


http://thankslovelytechou.blog.fc2.com/blog-entry-17.html


私が特にうれしかった言葉は、、、


「がむしゃら」に練習だけしててもだめなんだよね~

ちゃんと方向定めないとだめだし、

なんのために書くかって考えないと。って事なんだと思います。

もぉ、人生そのもの。

がむしゃらにがんばって、頑張って、それって何のため?

ちゃんと目的がないのに進むべき方向がどこなのかわからないまま走り出しても、
その先にあるものは?



本の内容もさることながら、

私の想いをしっかり分かってくださったのが、

本当にうれしいです。



実は、この書評を書いてくれたのは、

ずーっと仲良くしてもらっている大切なお友達。



読んでもらっただけでもうれしいのに、


最近始めたブログにも


「本の紹介するね~!」


と言って、こんなにステキに書いてくれました><


Kちゃん、ありがとう!!


実はこんな風に思われていたなんて…と、


ちょっと、いや、


かなり照れました。。。




===


本を出すと、いろいろな反響があります。



賛否両論はもちろん当たり前のことですが、


一番嬉しいことの一つは、身近なお友達からの素直な感想。



私のことをよく知ってくれているからこそ、


いいも悪いも、率直に語ってくれます。



私の友達は、みんなものすごく優しいので、


あんまり厳しい事は、きっと思っていても言わないのかもしれませんが・苦笑



親しいお友達の意見は、

本当にありがたく、貴重な存在です手書きハート



===



私のビジネスの信条の一つに、


「それは身内に売れるのか?」


というのがあります。


売れるのか、とは、あまりよい言い方ではないかもしれませんが、



身内=一番身近で一番よく知っている人 が、



その商品やサービスを購入したいと思うくらい、


商品力があって、価格が適正で、


魅力と将来性があるのか。



身内は、一番ジャッジが厳しくて、


そう簡単には購入してくれないと
(身内だからこそ、簡単にお金を払おうと思う動機が薄い)


思っているので、

(私の家族は身内贔屓は一切ありませんので・笑)



身内や身近なお友達が、


「いいよ!」


と言ってくれた商品、サービスは、


自信を持って市場に出せると思っています。
(もちろんそれ以外のマーケティングなどもしますが)



今回は、そうとう仲の良いお友達が、


自ら、すすんで本を読んでくれて、


書評を書いてくれたのが、


本当にうれしくって。



さらに、そんな大切なお友達から、


あたたかい言葉をかけてもらえて、


本当に、頑張ってよかった!うれしい!


という気持ちでいっぱいになりました。





私が出す本は、処女作からずーっとスパルタなんですけれども、

でも、心の底にある部分は、

今回初めて、本にしてみました。



どこか一つでも、


皆さんの心にとまるところがあれば、


とてもうれしいです手書きハート













最終更新日  2012年06月06日 00時28分51秒
2012年06月01日
先日、発売になりました、

新刊「悪筆セラピー」

悪筆セラピー


さっそく、生徒さんからステキなご感想をいただきましたハート


許可をいただきましたので、以下に掲載させていただきますね!


===


高宮先生の書籍を拝読させて頂きました!
(元々速読なものでスミマセン)

私が高宮先生にお稽古をお願いしたのは、

仕事に役に立つのはもちろんですが、

何より「字が汚い自分が嫌い」だったから。

それは字=自分の心、と思っていたからです。


中々こんな話をする機会もなかったのですが、

高宮先生が習い手の気持ちまで

ちゃんとご理解して頂いてるのが何だか嬉しくて、

かつ、私が心を成長させる目的もあって

習い始めたのは正解だったんだー☆と、

ついつい感想メールを送ってしまいました(笑)


お忙しい中長文で申し訳ございませんでした。

では、引き続き仕事頑張ってきます!

===



なんと、こちらの生徒さんは、

レッスンにいらしたときに買ってくださって、


さらにその後、お仕事に向かう間を縫って、

すぐにお読みいただいて、

なんとレッスンが終わった約3時間後にメールをくださったのです。


感激~号泣


本当にありがとうございます^^



拙著にも書いてありますが、


心が整うと、字にもよい影響があります。


またその逆もしかり、で、


字を書くことで心が整ってくるという作用もあるのです。



お仕事で忙しいなかでも、


字を書くことで、リラックスやデトックスしながら、


心を成長させ、


自分の時間も大切にしていきたいですね手書きハート



Sさん、ご感想うれしかったです!


ありがとうございました^^


新刊「悪筆セラピー」 詳細はこちらからご覧くださいませ。


http://hana-michi.com/book_service/book.html







最終更新日  2012年06月01日 12時54分13秒

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.