979289 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

書道のはな*みち キレイな字が書けると人生はもっと美しくなる

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

全て | カテゴリ未分類 | 芸術 | うつくしいもの | 印刷やのできごと | おいしいもの | みやのひらめき | 書道教室のこと | ビビビっ | 今日の出来事 | 本を読みました | おかいもの おかいもの | マスコミ掲載記事 | 愛する書道具 | 書道の学び | 子どもといっしょ | 字を上達させるコツ | ワークライフバランス | レッスンレポート | 字は贈り物 | 拙著のご感想をいただきました! | 起業ストーリー | 私らしい書道教室の開き方 | 生徒さんが教えてくださった美しいこと | 書道家のための教室開業コース | 手帳術 | 親の言うことを聞かない息子の字の上達方法 | 夢グリッシュ@英語の学び | 執筆パタパタ | 起業ストーリー2 | Go!abroad! | サロン運営コンサルティング | 水書き書道 | エグゼクティブ書道 | スキマ時間の使い方 | 才能学 | しゅわしゅわコンサル | プロダクション事業 | note公開 | 回答編 | 365日スタートアップ大作戦 | デコ書道 | ひかり塾 | 憧れの人 | 漢詩書道 | ホテルライフ

私らしい書道教室の開き方

2019年07月09日
XML
こんにちは。
書道家の高宮華子です。

以前から、
書道のはな*みちに多くお問い合わせいただいているのが、
「書道教室の立ち上げ方」です。

書道家になりたい!
書道教室を開きたい!

という夢を持った方を、
応援するために起業物語を書き始めました。

おかげさまで、たくさんの反響、ご好評をいただき、
とっても嬉しいです。

同じような境遇の方もいらしたりして、、、
嬉しい驚きもありました。

今日も続きを掲載します。






第3回 部活の忙しさと葛藤しながらも師匠が怖くて?
書道を続ける

私は、中学でテニス部に入り、
高校で水泳部と演劇部に入りました。

いずれも人気のある部活でしたが、
体力を使う部活を選んだのは、
体を動かすことが好きだったのと、

人生で大切なのは「体力=タフさ」だと
思っていたからです(笑)。

部活を始めるようになると、
当然、朝早くから夜遅くまで練習が続きました。

試合を目指してみんなで一丸となり、
ハードな練習を積み重ねるので、
ほとんど毎日休みがありません。

お習字教室のお友達も、受験や部活を理由に、
徐々に辞めていく人が多くなりました。

私もあまりにハードな練習でへとへとだったのと、
お稽古日である土曜日も部活があったりしたので、
正直なところ、もう無理だと、
何回も辞めたいと思いました。

ちょうどそのとき、
お習字教室を退会するお友達がいました。

「先生、塾が忙しくて・・・。」
「ああ、そうなの。残念ね。」

でもその後、先生が発した言葉は、
私の胸にぐさっと突き刺さりました!

「でもね、お習字くらい続かないようでは、
受験も成功しないし、なんにも続かないわよ。」

がーーーーーーん。

先生のその言葉は、今でも忘れられないくらい、
本当に衝撃的でした。

確かに先生のおっしゃるとおり。

部活だって受験勉強だって、
一日やそこらで、どうにかなる問題ではありません。

目標に向かって、ひたすら突き進み、
成功するには、続けることが必要不可欠。

今思えば、「継続は力なり」を、直感的に学んだのですが、
その時は、そこまで深く理解したわけではなく、
ただ、先生に厳しく言われるのが、とても怖かったのです。

先生は、辞めると言った人を、
ひきとめることは決してありません。

「字を書くこと、物事を習う姿勢は、すべての礎。
  それができていなければ、なにも身に付かないわよ。
  辞めても、それだけは忘れないように。」

そのお友達は泣きながら、稽古場を後にし、
結局、お稽古を辞めてしまいました。

その姿を目の当たりにした私は、
怖さのあまり、

「 自分はそういう風に言われないようにしよう。
とにかく、先生に怒られないようにしよう。」

そう心に誓い、頑張って続けることにしたのでした。

続く……。



【残席2】8月11日(日) 10:30〜16:30@東京・三田
書道家のための独立開業コース
https://hana-michi.com/lesson/kaigyo_course/



【無料メールマガジンのご案内】

成功する書道家になるためのメソッドが分かる!
>>https://note.mu/hanamichi33

美文字になるためのメソッドが分かる!
>>http://www.mag2.com/m/0000133838.html

■ご質問をお寄せください
>>質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061
※匿名で質問ができます

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)
>>https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
>>http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/


■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitter■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2019年07月10日 14時37分16秒
2019年07月08日
こんにちは。書道家の高宮華子です。

書道のはな*みちに
多くお問い合わせいただいているのが、
「書道教室の立ち上げ方」です。

書道家になりたい!
書道教室を開きたい!

という夢を持った方を、
応援するために起業物語を書いています。

少しでも、ご興味のある方々のお役にたてれば幸いです。

第2回 初めて近所の書道教室に通う

5歳:初めて近所の書道教室に通う(実はこれが運命の出会い)

私は、小学生になるとすぐに、
近くの書道教室に通うことになりました。

理由は・・・。

おじさんが通っていたから!(苦笑)

両親の勧めで、

私はお習字を習い始めました。

下の弟も、妹も、同じように、
小学生になるとすぐ、
一緒にお習字を習い始めました。




その頃、子供たちの間で流行っていた
お稽古事と言えば、
お習字とそろばん!

しかし、いくら流行っていたとはいえ、
行ったお教室がすごい!

なにがすごいって・・・

生徒が200人近くいたのです!

本当にすごい熱気でした。
お教室は、先生のご自宅の一室で

広さは20畳ほどありましたが、
当然入り切れません。

入れない生徒は、玄関のすぐ隣の和室で、
ひたすら順番が来るまで、正座で待ち続けます。

そして、もちろん私語厳禁!!

兄弟で通っていた私たちは、
我慢できず、しびれた足を突っつきあったり、
友達と喋ったりしては、
アシスタントの先生に怒られていました。

そんな中、私の師匠である先生は、
(その頃40代後半だったと思いますが、)
ちゃきちゃきの江戸っ子で、ビシバシと、
200人近くいる大勢の生徒達をさばいていました。

ちょっと間違えたりすれば、
すぐ激を飛ばす先生で、
挨拶を始めとする礼儀作法にも大変厳しかったですが、

生徒に指導しながらも、常に全体を眺め、温かく気を配り、
そしてどんな状況でも、完璧に美しい字を書く先生を、

恐いながらも、すごいなぁ~と思っていました。

しかし、思い返えせば、このときの師匠との出会いが、
私にとっては、一生の財産となったのです。

人生初めての師匠が、最高の師匠であり、
5歳から、現在に渡ってずっと、

書だけでなく、私の考え方、家庭環境など人生のすべてを、
あたたかく見守り、
ご指導してくださっているのですから……。

【残席2】8月11日(日) 10:30〜16:30@東京・三田
書道家のための独立開業コース
https://hana-michi.com/lesson/kaigyo_course/


【無料メールマガジンのご案内】

成功する書道家になるためのメソッドが分かる!
>>https://note.mu/hanamichi33

美文字になるためのメソッドが分かる!
>>http://www.mag2.com/m/0000133838.html

■ご質問をお寄せください
>>質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061
※匿名で質問ができます

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)
>>https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
>>http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/


■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitter■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2019年07月10日 14時36分49秒
こんにちは。書道家の高宮華子です。

以前から、書道のはな*みちに
多くお問い合わせいただいているのが、
「書道教室の立ち上げ方」です。

書道家になりたい!
書道教室を開きたい!

という夢を持った方を、
応援するために
以前より起業物語を書いています。

少しでも、ご興味のある方々のお役にたてれば幸いです。

第1回 東京・日本橋に生まれる

私は冬も近くなった11月30日、
東京の日本橋というところに生まれました。





※写真はよく遊んだ隅田川近くの公園。

実家が印刷屋という商売をしていましたので、
家には常に誰かがいる状態で、
来客が途絶えることはありませんでした。

両親は忙しくしていましたが、
祖父母とも同居していましたし、

親戚のおばさんたちも、
しょっちゅう遊びに来てくれたので、
いつもにぎやかで淋しいことはありませんでした。

その後、弟と妹が生まれ、
三人兄弟の姉となった私は、
勝手に、お姉ちゃん風を吹かして、

私の采配で、おやつを三等分したり、
弟と妹がもめていると、ケンカの仲裁をするという、
今思えばリーダー的?な技を磨いていました(笑)。

近くの幼稚園に入園してからも、
無邪気に遊びまわり、おてんばそのもの。

そして、無事に幼稚園を卒園し、
小学校に行くことになりました。

今思えば、 この後の親の判断が、
今の私の人生を決めることになったのです。続

【残席2】8月11日(日) 10:30〜16:30@東京・三田
書道家のための独立開業コース
https://hana-michi.com/lesson/kaigyo_course/

【無料メールマガジンのご案内】

成功する書道家になるためのメソッドが分かる!
>>https://note.mu/hanamichi33

美文字になるためのメソッドが分かる!
>>http://www.mag2.com/m/0000133838.html

■ご質問をお寄せください
>>質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061
※匿名で質問ができます

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)
>>https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
>>http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/


■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitter■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2019年07月10日 14時36分27秒
2017年12月29日
子どもは自分の食い扶持を持って
生まれてきてくれるというけれど、
まさにその通りだと思う。

振り返っても、私の人生の大仕事は、
初めての出産とともに初めての本を出版したことだった。

「予定日通りに生まれますか?」
と編集者さんに聞かれ、
私も初めてのことで全く分からなかったけれど、

この子のことだから、
本の原稿が校了になってから
生まれてきてくれる。

なぜかそう確信していた。

予定日の次の日、
無事に初めての出産を終えて、
息子と対面した翌朝、
私の初めての本が病院に届いた。

「きっと息子さんは、
本好きなお子さんになりますね」

編集者さんからの
あたたかい言葉をもらったとき、
何とも言えない嬉しい気持ちになった。

そして編集者さんの言葉通り、
息子はとても本好きな子どもに育った。

小学五年生になった彼が一番好きな本は、
もちろんコロコロコミックだけど(笑)
本で学んだいろんな言葉を使って
話すのが好きで、

「高宮くん、おもしろいねー」と
友達が笑ったり喜んでくれたりするのが
嬉しいそうだ。

「本を読むと世界観が拡がるんだよね。
あと、悩みが解決する。」

本をたくさん読んで、
彼の人生はとても豊かになったと思う。

そしてこれは彼にとって
将来の食い扶持となるだろうし、
決してお金だけでは買えない価値だ。

本を出すということ。
その意義はいったい何だろう。

いま、ブランディングのためとか、
ビジネスにレバレッジがかかるからとか、
先生と呼ばれてみたいとか、
そういった理由で本を出したい人が
増えたと聞く。

それはそれできっと良いのだろうけれど
根源に、本を出す意義、
その答えを明確に持っていないと、
拡がりも深まりもないんだと思う。

おこがましいけれど、私は、
本を出すという機会に恵まれたからには、
「この本に出合って人生が変わった」
というくらいの
価値や貢献を読者の人にしていきたい。

先日、重版がかかった私の本は、
読者の方に少しでも
そう思っていただけているだろうか?

rblog-20171229150124-00.jpg

初めてワンルームを借りたときの
サロンの写真をめくりながら、
今年も最後まで、いっぱい本を読んで
新年からも全力で
貢献できる自分で居たいと思います。

あー、それにしても懐かしい写真。
まさちゃん、
この頃からずーーーーっと支えてくれてありがと。






最終更新日  2017年12月29日 15時01分26秒
2017年02月16日
おはようございます。書道のはな*みち 主宰 高宮華子です。

先日、書道二段のお弟子さん、Mちゃんから、こんな相談を受けました。

「『Mちゃん、早く書道師範の資格を取って、私と私の息子に教えて!
もう、うちの子、書道が嫌いで嫌いで、書道の授業が学校であるたび、
吐きそうになってるんだけど・涙』

って、言われて、、、
華子先生、どうしたらいいでしょうか?

私だって、早く教えてあげたいけれど、
師範の資格が取れるのは、きっとまだまだ先だし、
教えたこともないから、何にもできないし……。」

うーん。
皆さんだったら、どうされるでしょうか?

きちんと教えてあげるために、書道師範の資格が取れるまで、待ってもらいますか?
それとも、自分ではムリだから、自分の師匠や先生を連れていって教えてもらいますか?
とりあえず、まずは勢いでやっちゃいますか?

rblog-20161124172027-00.jpg

私のビジネスの信条は、

・困っている人の力になること
・求められたら期待値以上に応える
・鉄は熱いうちに打て

なので、

今すぐ書道を教えてほしい!という人がいたら、

自分の資格やレベルがどうであっても、とにかく一瞬で、

「やる!」

そう答えることに決めています。


もちろん、資格がないのに、資格があると言って、指導してはいけませんが、
書道を学んでいる今のMちゃんだからこそ、
伝えられること、できることが、必ずあります。


Mちゃんへの私からの提案は、

「リビング書道をすること」

でした。

お話しを伺うと、Mちゃんのお友達は、
Mちゃんのおうちのお隣りのマンションに住んでいらっしゃるということ。

だったら、気軽に、お茶を飲みにくる感覚で、
一緒にリビングで書道を楽しむ。

Mちゃんも、お友達も、一緒に書道を楽しみながらやる。

rblog-20170119163026-00.jpg

水で書く書道、水書き書道も汚れないから気軽でいいよね。

お子さんも、もちろん一緒に遊びに来て、
気が向いたら、書道をやってみる。

宿題を持って来てもいい。

指導しなくてもいい。

逆に、ダメだししたり、怒ったりはしない。

ただただ、その場を持つこと。

それが大事だと。

書道をいきなり好きになるのは難しいかもしれないけれど、
楽しいって少しでも思えたら、
ちょっとずつ、ちょっとずつ、苦手意識が消えて、
気がついたら、少しは好きになれるから。

Mちゃんができることは、
一緒に楽しく書道をすること。

そして、求められたら、できる範囲で充分だから、
キレイに書けるアドバイスもしてみる。

難しく考えなくていい。

自分が習ってきたことを、そのまま素直に伝える。

筆の持ち方一つ、道具の扱い方一つだって、
Mちゃんが伝えられること、
いっぱいあるよって。

何より一番大切なのは、いま困っているお友達を、
一刻も早く助けてあげることじゃないかな?

Mちゃんがめでたく書道師範になったときに、
お友達のお子さんが、書道を大大大大大嫌いになってて、
もう取り返しのつかないことにならないように。
(そうなっても私たちは心に火をつける自信はありますけれど。)

やっぱりね、物事ってタイミングが大事。
困っているときに、即座に助けてもらえたら、
もうそれは、本当に、心から嬉しいでしょう?

私はね、お仕事って、全てこういうことだと思っています。


そんなお話しをしたら、

Mちゃんがこれまた即座に、
「あ!それならできます!早速やってみます!」
って言ってくれたことが嬉しかったな。

そのためには、いつでもバックアップします♡


===

■自分らしいサロンの開き方~サロン経営 コンサルティングセミナー開催します。

2017年2月28日(火)11:00〜12:30@新宿サロン→残席3

【こんな方におススメします】

・サロンを立ち上げたいけど、なにから初めてよいか分からない方
・集客や知名度の上げ方に不安がある方
・すでにサロンを立ち上げているけど運営で悩んでいる方

セミナー内容 お客様が集まる「7つの法則」

お申込み・詳細→http://hana-michi.com/lesson/consulting_seminar/


■オリジナル水書き書道

商品開発の経緯はこちらからご覧ください→http://plaza.rakuten.co.jp/hanamichi33/diary/201603050000/

オリジナル水書き書道の全貌公開→http://plaza.rakuten.co.jp/hanamichi33/diary/201605160000/
13310470_984650584923565_46445232459676948_n.jpg

■高宮暉峰プロデュース 水書き書道セット絶賛販売中
http://www.amazon.co.jp/%E8%A6%AA%E5%AD%90%E5%AD%AB%E3%81%A7%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%80-%E9%AB%98%E7%B4%9A-%E6%B0%B4%E6%9B%B8%E3%81%8D%E6%9B%B8%E9%81%93-%E7%BE%8E%E6%96%87%E5%AD%97%E7%B7%B4%E7%BF%92%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E9%AB%98%E5%AE%AE%E6%9A%89%E5%B3%B0/dp/4810912957/ref=asap_bc?ie=UTF8






最終更新日  2017年02月17日 10時23分30秒
2015年08月15日
今日は、日本橋サロンで4講座開催。

11873548_846129535442338_538456314765650918_n.jpg

世間では、お盆休みですが、
書道のはな*みちでは、元気に、毛筆クラス、師範クラス、ペン字クラスと開催。

そして、15:00~は、
サロン運営コンサルティングセミナー。

11880382_846828872039071_5688734003808820997_n.jpg

「本当に1.5時間でこの内容をやるんですか?って思いましたけど、
本当にやられて、すごいなって思いました。」

「これから、新しいサロンのアイデアを考えたくて、ワクワクしています。」

「売上数値だけでなく、こういう理念で、そういう状態を作るっていうことが、新しかったです。」

「自分の軸って大切ですね。大事にします。」

と、素敵なご感想をいただけて嬉しかったです。

講座内容は、以下、で。

【法則1】強みを知る
選ぶ理由がないのは、お客様にとっても悩み/選ばれるサロンには「強み」がある
「強み」によって、ポジショニング、ブランド化を進める/「強み」はお客様に聞いてみる   
    
【法則2】理念を伝える
お客様を集める「サロンの理念」とは/理念はファンを集める

【法則3】利益を追求する
サロンも利益を追求すべき5つの理由/リスクマネジメントという考え方/サロン運営の利益は「ありがとう」の形

【法則4】サロンの存在を知ってもらう
集客のコストはかけない!違う形で「先行投資」/サロンライフサイクルを考える/媒体をクロスさせた宣伝方法

【法則5】リピートサイクルを作る
理想のお客様が集まればリピート率が上がる/満足度の高いイベントを提供する/ニュースレターで教室への所属感を高める

【法則6】口コミを起こす
口コミは最大の集客方法/まずは口コミの起点を見つけることから/口コミの流れを作る3つの秘策

【法則7】利益を上げる!価格の考え方

価格は「価値」で決める/収入はプロとして当然の対価/「価格競争」に参入してはいけない理由 
 
ものすごく濃いわけなのですが、

どんな業態でも、
「自分のスキルや技術や想いを通じて」「大切な誰かの悩みを120%解決する」ことが、
サロン運営の起点で、発展につながるんだと思います。

その実績に、お客様が並び、さらに想いを尽くすことで、口コミが広まり、
お客様が増え、リピートしていただく。

マスコミ戦略も、広告宣伝費も大切かもしれませんが、
できれば、それには費用をかけず、記事という形で貢献するようにしていくと、
どんどんオファーが来るという素敵なサイクルになります。

自営業だからといって、最初にある程度の目安として、
時給を決めないと疲弊してしまうし、時間の使い方はとても大切だと思うし、

11870677_846007552121203_8855396935143621350_n.jpg

自分が心身ともに元気で満たされた状態でないと、
パフォーマンスが下がっていき、お客様の満足度も下がり、
なんのために仕事しているか分からなくなってしまうなんてことがないように。

11036920_846341455421146_7686047869828501983_n.jpg

やりたいことができると、夢が叶い、人生のミスマッチがなくなる。
本当に自分、なりたい姿に相応しい生き方になる。

お客様や生徒さんともよい関係を築いて、サロンもさらに発展していく。
そんな状態にみんながなったら、とっても素敵。

11846736_846828905372401_2004326947068336567_n.jpg

今日参加してくださった方から、なんとサプライズで差し入れをいただきました♡

揚げたて芋けんぴ

「揚げたて芋けんぴ」

11890961_846828908705734_9037804255295319401_n.jpg

わざわざ並んで買ってくださったみたいで、感激です><

せっかくなので、セミナーにお越しいただいた皆さんと、一緒にいただきました!
おいしかった~。

お弟子さんからいただいた八つ橋も一緒にお出しして、、、
美味しさを分け合えるって幸せです。

皆さま、本当にありがとうございました。

===

夏休み!書道のはな*みちでは、
たくさーんのイベントレッスンをご用意してお待ちしております。

満席になり次第、締切となりますのでお早めのお申込をお願いいたします。
お申込みフォームからお申込みください。日程・残席数はこちらからご確認くださいませ。

書道家のための教室開業コース 〜書道のはな*みち経営ノウハウ講座〜
ご好評につき、満席となりました。キャンセル待ちに移行させていただきます。
8月29日(土)/30日(日) 10:00〜15:00
書道のお免状、もしくは資格を持っているあなた、実際にお教室を開いてみたい!
と考えたときに…どうしたらよいか、困った経験はありませんか?
書道のはな*みちで結果を出したノウハウを、ゼロから惜しみなく公開します!!
http://hana-michi.com/kaigyo_course_syutyu.html

【六本木ヒルズレッスン】
絶対上達!大人のためのペン字講座
8月22日(日)10:00~12:00
夏休みも終わりに近づき、いよいよ芸術の秋到来!この季節に今まで悩んでいた字をキレイに  してみませんか?
ペン字練習帳で「技」を磨くだけでは実は、字はうまくなりません。それ以前に大切な秘訣が  あるのです。
たった1日でも字が上達する秘訣が満載のこの講座。ご自分の字に悩んでいらっしゃる方、ぜ  ひ一緒に解決していきましょう!
http://hana-michi.com/hanamichi/hills_lesson.html

【外部レッスン】神奈川大学みなとみらいエクステンションセンター
「ボールペン字レッスン」
8月23日(日) 10:00~12:00 受講料:4,000円
神奈川大学みなとみらいエクステンションセンターにて、
この講座では、キレイな字の定義から入り、あなたの字のクセを発見します。
短時間で上達するための「バランス3原則」や「横書き黄金比率」など、
目からウロコのコツが満載!!
http://www.ku-portsquare.jp/site/course/detail/1217/

「ボールペン字レッスン上級」
8月23日(日) 13:00〜15:00 受講料:4,000円
美文字の基本はバランス。それを踏まえたうえで必要になるのが、
  字を構成している線の骨組  みと組み立て方。
縦の線4 種類、横の線3種類、など線の骨組みと、字の外形(四角形、三角形、逆三角形など)
  合計96文字からもっと字について深く学びたいという声にお応えした美文字上級編講座です。
http://www.ku-portsquare.jp/site/course/detail/1218/

【フェリシモ】美文字レッスンプログラム

フェリシモさんでの「美文字レッスンプログラム」は、
月々1,200円と気軽に始められる通信講座です。
テキストもかわいく、ほかにも続けられる工夫を盛り込んだプログラムとなっています。
お申し込みはフェリシモから → フェリシモ『美文字レッスンプログラム』
http://www.felissimo.co.jp/program/blp/






最終更新日  2015年08月17日 01時32分54秒
2015年07月11日
ぴかぴかの晴天ですね。
皆さん、お元気ですか?

私は、ひとまず、、、
手にあった原稿をすべて入れ、ホッと一息。

まだまだ校正や直しはありますが、
8月発売の新刊に向けて、英気を養っているところです。

さて、、、

8/29.30で書道家のための独立開業コースを開催するのですが、
http://hana-michi.com/kaigyo_course_syutyu.html

それにあったって、どうしたら行動できるのか、
ポジショニングの考え方についてのお問い合わせ、お悩みを非常に多くいただいています。

おそらく、独立とか、起業とか、自分らしく働きたい、
価値ある仕事を提供していきたいと思ったときに、

一番最初に考えるべきは、「ポジショニング」です。

人が人から認知され、評価される要素はこれしかない。

私の場合は、

スパルタ(笑)
結果
品格

この3つをポジショニングの柱にしています。

3つの柱を決め、外見、主張、行動を一致させる。

こうすることで、

本当の自分、なりたい姿に相応しい生き方をすることになり、
やりたいことができるようになる、
夢が叶う、
人生のミスマッチをなくすことができます。


皆さんの柱、ポジショニングは何ですか?

===


サロン運営コンサルティングセミナー、緊急開催決定!!

スパルタ1日講座20150111.jpg

8/15(土)15:00~16:30@日本橋サロン

・こんな方におススメします

 サロンを立ち上げたいけど、
 なにから初めてよいか分からない方
 集客や知名度の上げ方に不安がある方
 すでにサロンを立ち上げているけど運営で悩んでいる方

まだまだ起業して1年半ごろのこと。
サロンを作ったものの、設立当初は特に会社の知名度がないことが、
これほど惨めなものなのかと痛切に感じることがしばしばありました。

精度の高い仕事をしているし、値段も比較的安めに設定している、
他にはない珍しいサービスだったり、
私は世の中に必要とされるべき良いサービスを、
それも、適正価格以下で、提供している確信があるのに、思うように売れない。

一生懸命サロンのことをイチから説明しないと 、なかなか理解してもらえない。
お仕事として売上として成立するのに本当に時間と労力がかかる。

もしあなたがサロンオーナーでそんなお悩みがあるとしたら、
それは、、、7つのシンプルな法則で解決することができます。

正しい集客・運営方法を実践できれば
サロンに興味を持ってくれた相性の良いお客様だけが沢山集まり、
お客様が定期的に笑顔で通ってくれます。

適切なメニューのお勧めが出来るので、
無理強いすることなく高単価メニューを喜んで受けてもらえたり、
事前予約してくれるお客様が圧倒的に増えるので、
先の売上予測がたち安定したサロン運営ができ、
毎月の売上が長期に渡り安定して伸びていくようになります。

もしも、あなたが集客や売上で夜も眠れないほど悩んでいるのだとしたら、
一度、本気で、サロンオーナーにあった集客、
売上を作る方法を学んでみませんか?

お客様が集まってこそ、あなたの技術力が発揮されるというもの。
その技術を宝の持ち腐れにしない為にも、この壁を一緒に乗り越えていきましょう!

セミナー内容 お客様が集まる「7つの法則」

【法則1】強みを知る
選ぶ理由がないのは、お客様にとっても悩み/選ばれるサロンには「強み」がある
「強み」によって、ポジショニング、ブランド化を進める/「強み」はお客様に聞いてみる   
    
【法則2】理念を伝える
お客様を集める「サロンの理念」とは/理念はファンを集める

【法則3】利益を追求する
サロンも利益を追求すべき5つの理由/リスクマネジメントという考え方/サロン運営の利益は「ありがとう」の形

【法則4】サロンの存在を知ってもらう
集客のコストはかけない!違う形で「先行投資」/サロンライフサイクルを考える/媒体をクロスさせた宣伝方法

【法則5】リピートサイクルを作る
理想のお客様が集まればリピート率が上がる/満足度の高いイベントを提供する/ニュースレターで教室への所属感を高める

【法則6】口コミを起こす
口コミは最大の集客方法/まずは口コミの起点を見つけることから/口コミの流れを作る3つの秘策

【法則7】利益を上げる!価格の考え方

価格は「価値」で決める/収入はプロとして当然の対価/「価格競争」に参入してはいけない理由  

講師:高宮 暉峰(プロフィールはこちらです→http://hana-michi.com/profile.html)

受講料 3,800円(事前振り込み)+2,000円(公開コンサルティングご希望の方)
※公開コンサルティング=その方の事例をもとに講座中にコンサルティングを行い、
学びを共有、解決策を導きます。

お申し込み方法 《先着順です!》

参加ご希望の方は、
以下の申込み書を入力していただいた上で、
私のメッセージボックス、
またはメールhana@hana-michi.com
メッセージお待ちしております。

お支払方法は、お申し込みいただいた方にご連絡いたします。

===
申  込  書  http://hana-michi.com/
                   
氏名               
住所 〒                                         
TEL           FAX         
E-mail  

公開コンサルティング希望する 希望しない 

サロン運営でお悩みのことがあればお聞かせください

===
皆さまにお会いするのを楽しみにしております。よろしくお願いいたします!!






最終更新日  2015年07月11日 13時28分30秒
2014年09月22日
先日開催いたしました、
サロン運営コンサルティングセミナーには、
とても素敵な方々にご参加いただきました。

サロン運営コンサルティングセミナーご感想20140921.jpg

その中のお一人、
サロンドフランスのさとこさんから、
https://www.facebook.com/salon.de.france
素敵なご感想をいただきました☆

==

華子先生のサロンで学びの秋!

10年を迎えてますますパワーアップされる華子先生の
快進撃の秘密を分けていただきました!

どこまでも私の何手も先を見据えている華子先生がまばゆいー!!
胸が締め付けられるような緊張感を纏いながら、
まずは自分がもう少し自分のファンになれたらなと思う
優しいポカポカ日和の電車内🍁

サロン運営コンサルティングセミナーご感想20140921-2.jpg

さとこさん、ありがとうございます!

フランス語も、マイナーと言われてしまったり、
実際に使いこなせない方も多いそう。

私が書道のはな*みちを立ち上げたきっかけも、
「書道はマイナー」と言われたことからなので、
激しくシンパシーを感じつつ、

まずは、自分を大切にすること、
それから、自分のポジションを高めつつ、
生徒さんに対しても熱い想いで、それ以上の価値を提供する。

今までの常識を覆すべく、さとこさんらしいサロンの作り方、
集客の仕方をお伝えしました。

これからのさとこさんのますますのご活躍が楽しみです!






最終更新日  2014年09月26日 10時35分02秒
2012年10月12日
皆さん、こんにちは!


いよいよ秋らしい気候になってきましたね。



書道のはな*みちでも、


10月は芸術の秋!!


というわけで、


社中展、昇段試験と大忙しですが…手書きハート




2012-06-12 16:51:17





字を書くには、もってこいの季節ですね。




おかげさまで、


大好評をいただいております、


ショートコースも、あっという間にお席が埋まってきておりまして、


10月分→満席


11月分→満席


12月分→残席1つ


となっております。



ご興味のある方は、ぜひお早めに、


こちらよりお問い合わせいただけますと幸いです手書きハート




さて、


そのショートコースですが、


先月、やっとご案内できた生徒さんがいらっしゃいました。



生徒さん(=Mさん)は、



書道のはな*みちの

日経WOMANの記事を見てくださってから、


img_nikkeiw_201107.jpg



なんとなんと、1年も、


ご入会いただくのにお待ちくださっていて(涙)




実際にお会いできた時は、


もううれしくって、涙、涙のご対面でした~。




Mさんは、とても勉強熱心な方で、


書道のはな*みちにいらっしゃる前も、



いわゆるカルチャースクールの


書道教室に入会され、勉強しようと思ったそうです。



でも、たった1回しか行かれなかったとのこと。




そのお話を伺って、


「どうして、そのお教室では続かなかったのですか?」



と質問すると、



Mさんの答えは、


「私は、■ ■ が無理で、通えませんでした・・・」




と衝撃のお答え!!



さて、皆さんは、答えがお分かりになりますか???





実は、この、■ ■ に、


自分らしい書道教室を開くための鍵が隠されています。



というわけで、



【私らしい書道教室の開き方】第9回 です手書きハート



以前から、お伝えしています


書道のはな*みち流 ブランディングは、


すごい!!と思っていただくこと。



そのために、



・すごい外見を作る=分かりやすい形で、本を出版すること


・すごい内面を作る=たった1レッスンでも結果が出る、楽しい書道講座を展開する


この2つに特化し、取り組むことにしました。



前回は、私が、書道のはな*みちを作るために、


既成概念に対して、逆を張っていった事例をお伝えしていきましたが、




今回は、すごいと思っていただくための具体的な内面作りの方法です。




内面とは、


書道教室の中身であり、


どんな内容で、


どんなレッスンで、


どんなコンテンツを提供していくのか。




もちろん、自分で筆をとる以上は、


オーソドックスな書道教室であっても、


自然にオリジナリティは出ると思いますが、



すごい!!と思っていただく、


そのためには、


自分の特色、オリジナリティを活かし、


練りに練った内容にするとよいでしょう。



2012-07-06 09:57:41




書道の幅は広いのです。





自分の強みはどこなのか?



ご自分の得意分野はどこなのか?



それを考えること。


まずは、これが第1ステップです。




また強みは、得意な分野だけではありません。




いま、まだ誰も狙っていないポジションがあったとしたら、


それが、強みになることもあります。


強みが浮かばない・・・



そんな方は、


まずは、ネットで情報収集してみてください。
(便利な時代ですね~。)




例えば、東京で書道教室を開きたいと思ったら、


書道教室、東京


と入力して、検索してみましょう。




たくさん情報がでてくるので、


そこで、


既存の書道教室のお稽古内容や、スタイル、専門分野を、


徹底的にノートにリストアップします。



すると、ある一定のカテゴリーに分けられることに気がつくはずです。




そして、そのカテゴリーに入っていない部分を狙って、


そこに参入していくのも、


自分自身の強みになります。




つまり、空いているポジションのを狙うというのが、


第2のステップです。


2012-03-19 09:21:35



そして、第3のステップが、


先程のMさんの答えです。



「私は、■ ■ が無理で、通えませんでした・・・」




皆さん、正解が分かりましたか?



答えは、


「私は、自分の書いた字を他の生徒さんに見られるのが無理で、通えませんでした・・・」



いかがでしょうか?



皆さん、お気持ち分かりますか?




Mさん曰く、


「周りの生徒さんは、年配の方が多くて、お優しくて、それはとてもよかったんです。


でも、皆さん、上手な方ばかりで、キャリアも長くて・・・。



その書道教室は、先生に添削していただくときに、


待っている生徒さんたちが、ぐるっと机を囲んで、


みんなで見るような形になるんですが、


ある程度上手ならまだしも、


習い始めのへたっぴな字を見られるのが、


どうにもこうにも、耐えられなくて、、、



それが恥ずかしくて、やめてしまいました。」



それを伺って、私は、なるほど!!と思いました。




書道では、自分のお稽古だけでなく、


ほかの生徒さんからも学ぶことはたくさんあります。



芸は盗むもの


そう教わっている私たちには、


自然と腑に落ちるスタイルです。



でも!!!



Mさんのように、


まだまだ習い始めで、


しかも、書道教室に入会するのだって、


勇気を振り絞って、一念発起した方にとっては、


自分の字を見られ、


あれこれ言われることが、


どんなに恥ずかしいか・・・。




私には、その気持ちも、とってもよく分かります。




書道を長年習っている人たちや、


書道教室においては、当り前のことでも、



初めての方にとっては、


不安、恥ずかしい、


そう思うことがたくさんあるのです。




そういう不安や悩みを解消すること、


それができる書道教室であること、



それが、自分らしい書道教室を開く鍵であり、


内面作りの第3のステップです。



まだ解決できていない生徒さんの悩みを解消すること


僭越ながら、


書道のはな*みちでは、それに対応するべく、


ショートコースを開設し、


ご入会いただいた後も、


折に触れてヒアリングをしています。




そして、生徒さんからのリアルな声こそが、


一番ありがたく、


私たち書道のはな*みちの成長の源泉です手書きハート






書道教室を開きたい、書道の先生を目指す皆さんが、


磨きたい外見はどこですか?


磨きたい内面はどこですか?




それが、ブランディング=すごい!!=あなたの強み


になっていくと思います。




ご感想やコメント、お寄せいただくとうれしいです^^

→hana☆hana-michi.com (☆を@に変えてください)





続きは、また次回お話させていただきますね



今日もお読みいただき、ありがとうございました。










最終更新日  2012年10月15日 13時57分33秒
2012年09月25日
おはようございまーす。


夜中の雨も、少しずつおさまってきました。


皆さま、気をつけておでかけくださいね。



さて、いよいよ今週末は、


私自身もとっても楽しみ手書きハート


漢詩書道のレッスンです。


残席もあと2つとなりましたので、


ご興味のある方は、お申し込み、ぜひお早めに^^


http://hana-michi.com/hanamichi/news.html#lesson_20120904



2012-09-24 05:49:50


9/30(日) 13:30~15:30 @日本橋サロン


大好評!チャイナサロンさんとのコラボレーション企画 第5弾が決定しました!


季節に合った漢詩をセレクトし、

漢詩に合ったお茶をいただきながら、


五感すべてで書道を堪能できるようなレッスンになっております。



今回は周さんに代わりまして、宇さんをお迎えしてのレッスンになります。


 
漢詩は、宋の詩人、蘇軾 「水調歌頭」をご紹介予定です。

蘇軾は、宋の四大家、書道講義もご期待くださいね!

レッスン詳細→http://hana-michi.com/hanamichi/news.html#lesson_20120904



それでは、私らしい書道教室の開き方の続きです!


【私らしい書道教室の開き方】第8回



さて、今回は、ブランディングの内面のお話です。



ブランディングのために、




・すごい内面を作る=たった1レッスンでも結果が出る、楽しい書道講座を展開



と決めた私。




しかしながら、これはすぐに構築されたものではありません。



そもそも、


いきなりブランディングなんて、思い立ったのはよいものの、


大きな構想を持っていたわけでもなく、



必死に、



書道=マイナーと言われたことを覆すべく、



ありとあらゆることを考え抜きました。




とにかく、



書道=マイナーではダメなので、


書道=メジャーにすること。



その視点、それだけを軸に、



ひたすら既成概念のようなものを書き出しては、


逆を張っていきました。




例えば、



書道の先生=ご年配の先生が多い→ならば若手の先生で



マイナー=おしゃれじゃない→ならば書道がおしゃれに見えるように



書道=長い道のり→ならば短期間でも上手になるような理論を




といった感じです。




頭のなかでは、もやもやするだけですから、



なんでもいいので、



実際にノートに書き出して、手を動かし、


ひたすら、やじるしを引っ張っては、



逆、逆、逆、



を考えていったのです。




2012-09-24 07:19:28



※当時のノート、、、ひどい字でスミマセン。。。





その後は、それらを、



1つのコンテンツ=レッスンになるように、


まとめあげて、


セミナーとして、実施していきました。





うまくいったものも、


あまり好感触でなかったものもあります。




それでも、めげずに(笑)


アンケートやご意見をいただいたりして、


それをまたレッスン内容に反映させる、


といったことを繰り返しました。




今現在、書道のはな*みちで展開している



バランス3原則や、


上達の9ステップ、



ご祝儀袋レッスン、


宛名書きレッスン、



ひらがな集中講座などは、






市場でその価値を試し、


フィードバックの繰り返しのなかで生まれたものでした。




あとで、知ったことですが、



この作業は、ポジショニングといわれるもので、



ブランディングをする前に、


とっても大切な、


自分の強みを発揮するフィールド作りということでした。



ポジショニングに関しては、個人的に、


こちらのサイトにある


缶ビールのマトリックスが分かりやすくて、


好きですハート





書道のはな*みちに関して言えば、



既成概念に対して、すべて逆を張っていったので、



ライバルがほとんどいない、という



恵まれた状況に、ポジショニングすることができました。







既成概念、とか、普通、とか、



当たり前に思っていること、



それが、基本であり、


本当に大切なことだという場合も、もちろん多くありますが、



いったん疑ってみて、



逆を考えてみると、



そこに、新たな自分の強みや、


ビジネスチャンスがあるかも?しれませんね。



ご感想やコメント、お寄せいただくとうれしいです^^

→hana☆hana-michi.com (☆を@に変えてください)





続きは、また次回お話させていただきますね。




今日もお読みいただき、ありがとうございました手書きハート








最終更新日  2012年09月25日 07時29分31秒
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.