1004258 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

書道のはな*みち キレイな字が書けると人生はもっと美しくなる

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

全て | カテゴリ未分類 | 芸術 | うつくしいもの | 印刷やのできごと | おいしいもの | みやのひらめき | 書道教室のこと | ビビビっ | 今日の出来事 | 本を読みました | おかいもの おかいもの | マスコミ掲載記事 | 愛する書道具 | 書道の学び | 子どもといっしょ | 字を上達させるコツ | ワークライフバランス | レッスンレポート | 字は贈り物 | 拙著のご感想をいただきました! | 起業ストーリー | 私らしい書道教室の開き方 | 生徒さんが教えてくださった美しいこと | 書道家のための教室開業コース | 手帳術 | 親の言うことを聞かない息子の字の上達方法 | 夢グリッシュ@英語の学び | 執筆パタパタ | 起業ストーリー2 | Go!abroad! | サロン運営コンサルティング | 水書き書道 | エグゼクティブ書道 | スキマ時間の使い方 | 才能学 | しゅわしゅわコンサル | プロダクション事業 | note公開 | 回答編 | 365日スタートアップ大作戦 | デコ書道 | ひかり塾 | 憧れの人 | 漢詩書道 | ホテルライフ | インスタライブ

才能学

2019年01月06日
XML
カテゴリ:才能学
木村拓哉さんが出演していた
モニタリングを観ました。
勝地涼さんから「役者を辞めたい」という
ドッキリの相談を持ち掛けられて
それに対して木村拓哉さんが
どう答えるか観察するという趣旨。

「蜷川さんのもとを通った者として」

お二人のやりとりのなかで、
私はこれが一番心に残りました。

役者をやっていると、
つらいこともいっぱいあるし、
辞めたいときもあるけど、
演出家、蜷川幸雄さんの指導を受けた者同士、
ちゃんとそれを伝えて繋いでいかないと、
蜷川さんに失礼だよね。

そういう内容の放送を観て、
痛烈に道の人だと感じました。

===
愛がなければ、人は育てられない。
でも愛だけではダメなんです。
結果を出さなくてはいけない。
終わりのない道のなかで、
結果を出しながら、立身出世させていく。

それが本当の意味で「育てる」ということだし、
その人の「命を咲かせる」という事だと思う。

私の師匠は、直弟子が昇段試験に落ちたとき、
一番激しく憤りを感じられます。
努力不足だとか、腕が足りないとか、
弟子に怒りをぶつけるのではなくて。

「私のもとを通ったのに」

つまり、自分が指導したのに
「落ちた」ということが許せない。

私たち弟子の中では、
「合格したら師匠のおかげ」
「落ちたら自分のせい」
というのが当たり前ですから、

そんな師匠の姿を見て、
また「こんな自分ではいけない」と
心を引き締め、稽古に励むのです。

===

この道の部分と、
お弟子さんの命を咲かせることを
どうしたら、もっと楽しく心地よく、
立身出世していけるか。

評価をもらえないと潰れてしまう人もいるし、
1を与えれば100にするのが得意な人もいる。

1人で頑張りたい人もいれば、
みんなと一緒に気持ちを分かち合いながら
頑張りたい人もいる。

どんどん前に前にと課題をこなせる人もいれば、
スタートダッシュは出来ないけど、
ラストスパートで
ものすごい力を発揮する人もいる。

指導者の私としては、
声掛けの仕方を間違えちゃいけない。
質問を間違えると、
取り返しのつかないことにもなる。

試験に落ちるのも、経験で学びだけど、
時間は有限だ。無駄にしたくない。
一緒に稽古できる時間は、長いようで短い。

私がいなくなっても、
その学びがお弟子さんの中で生きて
その道が繋がっていくようにしたい。

師匠のもとを通り、今も学び続ける者として。

===

ちょうどそう考え始めていた昨年の11月、
七條先生の才能学を
もっと深く学ぶ機会に恵まれた。

http://naminchu.blog.jp/

私はとにかく「人のためになら頑張れる」
女神という才能分野。

だからお弟子さんの才能分野も
ちゃんと分かったら
より指導に活かせると思った。

もちろん正確には、
お弟子さんに
七條先生のセッションを受けてもらうのが
一番間違いはない。

それでも、
みんなの才能分野が
私からも見える部分があれば。
もっとこの愛も気持ちも指導も
届くと思った。
そして、結果も出せると。

七條先生の講座がどれほどすごかったかは、
この板書を見ていただければ、
(先生から許可をいただきました)
一目瞭然だと思うし、




11月の昇段試験試験のお弟子さんの結果が
過去最高によくて、本当に幸せでした。

今年に入り、
道の中で辛い想いをいっぱいしている
書道家さんの気持ちや
意見を聞かせていただくこと
会いたいという相談がさらに増えました。

今の私ではまだまだ力不足、、、だけど、
きっとできることはある。
そう思ってまた行動していきます。

【無料メールマガジンのご案内】

成功する書道家になるためのメソッドが分かる!
>>https://note.mu/hanamichi33

美文字になるためのメソッドが分かる!
>>http://www.mag2.com/m/0000133838.html

■ご質問をお寄せください
>>質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061
※匿名で質問ができます

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)
>>https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
>>http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/


■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitter■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2019年01月06日 16時05分56秒
2018年06月06日
カテゴリ:才能学
レッスンの後、
お食事の後、
デートの後、

どう思ったか、
どう感じてたか、
どう役に立ったか。

私はそれがとっても気になるのですが、
先日、プライベートレッスンを受けてくださった
女神の彼女は、
とーっても嬉しいご感想と、

実際にやってみた
美文字トレーニングを
つぶさに教えてくださいました!

rblog-20180606110534-00.jpg

こんなに素敵なご感想も!

rblog-20180606110534-01.jpg

本当に、こんなにすぐ、
レッスンが終わった夜に、
ワクワクしながら練習してくださって!

しかも、
私のレジメを
ご主人さまのデスクに置いてくださったら、
ご主人さまも、永字八法をやるって〜。

すごーい!
嬉しい!!

ふつう、そんなすぐ
読んでやろうって思わないですもん!
彼女の女神力めちゃすごくないですか?


そうお伝えしたら、

「私もびっくり
すぐやる私と違って
主人は慎重派できびしー人だから。

永を見て
いい字もいくつかあると(褒められた)(笑)」

ですって!

わーい!!

もうこういうご感想いただくと、
本当に嬉しくて、嬉しくて、
幸せだなぁって思います。


長年の字の悩みも、
必ず治りますので、
ぜひ一度、スパルタですが、
レッスン受けてみてくださいね!

勇気を出して受けてくださった
Mさん、ありがとうございます!






最終更新日  2018年06月06日 11時05分38秒
2018年06月05日
カテゴリ:才能学
こんにちは。
書道家の高宮華子です。

昨年の夏、あの才能学のセッションを受けてから、
大きく私の人生が加速したように思うのですが、
(才能学については以下をご覧ください)

◆第1話「才能学との出会い(前編)」

◆第2話「才能学との出会い(後編)」

◆第3話「才能学との出会い(葛藤編)」

◆第4話「才能学との出会い(感動編)」

◆第5話「私の才能分野は?才能学(解答編)」

スパルタな私だって、
セッション受けるまでにここまで悩んでしまったのだから、
興味があっても、
なかなか思い切れないとか、
どうしようかなって思っている方が
いらっしゃるんじゃないかなって思いまして……

なんと♡
七條先生をゲストにお招きして、
いろいろお話しを聞いてしまおう!という
企画を立てました!!

もちろん私の大好きなしゅわしゅわも
いーっぱいご用意しますので、
ぜひぜひ!遊びにいらしてくださいね。

■しゅわしゅわサマーパーティーご案内■

7月1日(日)11:00〜13:00(開場10:30-)

プログラム

開場10:30

11:00〜12:00
才能学七條先生トークライブ

12:00〜13:00
しゅわしゅわパーティー
夏に合わせたケータリングサービスの軽食付き

定員
着席18名
立食50名





会場:新宿サロン (44階のラウンジ)
※会員制サロンのためお申し込みの方に別途ご案内   

会費:書道のはな*みち会員  5,000円
   一般のお申し込みの方  6,000円
(セミナー代・軽食・しゅわしゅわなどドリンク代・お土産付き)
   小学生以下 無料
   中学生以上 同料金

※予約の関係上、事前のお振込みをお願いしております。
お申し込みいただきました方には、別途ご案内申し上げます。

なお、いったんお振込みいただきました会費は、
キャンセルされましても、予約の関係上、
ご返金いたしかねます。
恐れ入りますが、
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

参加ご希望の方は、6月25日(月)までに、
下記へお申し込みください。

お申し込み方法:書道のはな*みち サロン専用アドレス
 yoyaku☆hana-michi.com(☆を@に変えてください)宛に

・お名前・参加人数・お電話番号(携帯電話優先)
・ご同伴者ありの場合は、人数とお名前
・代表の方の携帯電話番号(ない場合はご自宅のお電話番号)

を明記のうえ、ご送信をお願いいたします。

折り返し、会場詳細、お振込み先をご連絡いたします。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。



■悪筆セラピーレッスン
2018年6月23日(土) 10:30~12:30
開場10:20
https://hana-michi.com/lesson/akuhitsu_therapy/

■ご質問をお寄せください→質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)→https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年06月05日 11時34分03秒
2018年05月31日
カテゴリ:才能学
昨日は朝陽を浴びる会で出会った
とっても素敵な女性に
プライベートレッスンを受けていただきました。

ずっと満席が続いていたので、
個人レッスンは
なかなかお引き受けできなかったのですが、
ずっとレッスンを受けたいと
思ってくださっていたということ✨

そして私はアークヒルズにある
Randyというお店が大好きなのですが、

再開発のために5/31で
一旦閉店なのを悲しんでいたら、
私のFBを見て、それを汲み取って
一緒にランチしましょうという事を
申し出てくださって、
さらにすんなり日程も合って、
という感じで流れるように決まりました。

やっぱり相性がいいってあるんですよね♡

ああ、再会する前からもうワクワク。

私のお名前レッスンは、超絶理論で、
極端に言えば、3分で終わります。

彼女とはランチをオーダーしてから、
テーブルにサーブされるまでの短時間で、
まずご自分のお名前を書いていただきました。

その時に悩みとクセを見極めます。

そして、
美文字三原則という理論を知っていただき、
筆圧をゆるめるトレーニングをし、
字のバランスを整える。以上。

で、ランチを食べ始めます(笑)

いや〜、とってもお上手でした😍😍😍


rblog-20180531152951-00.jpg


彼女はお子さんもいらして、
子どもが学校で習う習字のことから、
子育てのことから、話は尽きません。

「どうしていまは学校で筆を洗わせてくれないんですか?」
→水道の数が足りないし、
シンクが汚れるからとか言われますよね。

「大筆はいくらくらいのが子どもにいいのでしょうか?」
→値段よりサイズと毛質が大事。
1,500-2,000円くらいでちょうどいいのがあります。

「服についても落とせるという墨はどうですか?」
→あれはニセモノ(墨液でなはい)ですから、
なるべく避けて、
黒い服を着て授業受けたほうがいいですね。

などなど、
ここには書けないことも大公開して盛り上がり(笑)

私たちの時代とは教え方も商品も
選択肢の幅が全く違うので、
やはり本質的なこと、
字の上達には何が必要かを選び取る
リテラシーって
めちゃくちゃ大切なんですよね。

でもこれって基準を知らないと分からない。
だからスパルタにお伝えしてるんです。

ああ、分かってもらえて嬉しい♡

彼女はとっても素敵で物腰が柔らかくて、
でもすごく勉強熱心で、
そうなんていうか、
そのままでも十分に素敵なのに、

ご主人のため、お子さんのため、
そして、復興支援活動もされているのですが、
そこに関わるすべての人にとって、

もっと自分を役立てるために、
自分という存在をもっと磨いている、
そういう方で。

勉強熱心で行動が早くて、
とってもかっこいいなーと
思ったので、
それもひっくるめてお伝えすると

「わー!そういう風に言われたのは初めてです!
でも、たしかにそうかも。」

と喜んでくださった後に、

「でも、華子さんになら
分かってもらえると思ってました。
だって、女神さまですものね!」

と言われました!!
なんと!!

そうそう、
私は才能学で女神さまという
ありがたくも素敵な名前の分野にいるのですが、
(分からない方は私のブログ読んでくださいw)

そして彼女も同じく女神さまでいらして、
そうなのは知っててお会いしましたが

彼女は、
私が女神さまだから、
というのも会いたい理由だったそうです。

きゃーーー。
どうりでやっぱり
分かりあえることが多すぎる♡

私が知ってる女神さまは、

もちろん朝陽を浴びる会を
主催している
照ちゃんさんも皆さんも、

基本、全力褒めスタンスだし、
愛情がいっぱい溢れてるし、
相手の立場や気持ちを分かって
尊重してくれるし、
無理は言わないし、
刺すときは一瞬だけど(笑)

とにかく大切な人たちのために頑張って
一緒に出世させるのが幸せ。

だから彼女も、自分の才能に生きていらして、
とっても素敵だった。
うん。

この後、
娘が発熱して
急いで小学校にお迎えに行ったので、

予定より早く
お別れしなくちゃいけなかったのが、
とても残念で後ろ髪引かれましたが、

「ママに会えば元気になりますよ!
お会計はしておきますから、どうぞ♡」

なんて言っていただいて、
本当に優しさが身に沁みました。

放課後は、お医者さんに連れていったり、
看病をしてバタバタしましたが、

彼女の女神パワーをいただいて、
夕方には娘の体調も落ち着き、
夜の大崎のお稽古にも行くことができて、
良かった✨

でも、ホッとしたのもつかの間、

「うーん、もうちょっといろいろ
お伝えしたかったなぁ、
字のことを。」

と、思っていたら……

さすが女神さま、
お稽古終わりに届いたメールが凄すぎて、
私はもうスマホを片手に
きゃーーーっと
喜び勇んでしまいました。


rblog-20180531113648-00.jpg


長くなったので、続きはまた🤗

■悪筆セラピーレッスン
2018年6月23日(土) 10:30~12:30
開場10:20
https://hana-michi.com/lesson/akuhitsu_therapy/

■ご質問をお寄せください→質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)→https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年05月31日 15時39分06秒
2018年05月27日
カテゴリ:才能学
自分の才能に生きることができると、
人の身体はどうなるのか。

そう、いわゆる
自家発電みたいな感じになっていくのです。

動けば動くほど、エネルギーが湧いてきて、
疲れない。
活動しているんだけど、
好きなことだから、やればやるほど、力が出る。

私は、
相手が喜んでくれればくれるほど、
どんどん頑張れるんです。

自分が先、だとあんまり上手くいかない。
続かない。

自分のために書が上手くなりたい、のでは
一向に上達しなくて、

大切なあの人を喜ばせたいから、頑張る。
努力する。

何事もそうで、
例えば、靴ひとつ買うのでも、
自分が気に入ったから買うのでは嬉しくなくて、

この靴を履いてテレビに出て、レッスンしたら
生徒さんが喜んでくれる!

そういうのが大事なんです。

これは他人の評価軸で生きるということとは
また別次元です。


これが改めてちゃんと分かって腹落ちした
才能学のセッション。

才能学の七條先生に出会って、
実際に昨年の夏にセッションを受けるまでの、
紆余曲折は、
5回に渡って連載していますし、

◆第1話「才能学との出会い(前編)」

◆第2話「才能学との出会い(後編)」

◆第3話「才能学との出会い(葛藤編)」

◆第4話「才能学との出会い(感動編)」

◆第5話「私の才能分野は?才能学(解答編)」

大変ありがたくも、
七條先生にこんな風に
大々的にブログに書いていただいているので、
ぜひお読みいただければと思うのですが、

http://naminchu.blog.jp/archives/76298027.html

一言で表すなら、
才能学セッションを受けると、
人生が楽になります。

かくいう私も、

セッションを受ける前には、
「書道家として才能がない」と言われたら
立ち直れないと思って、

そうとう悩み(こんなことは超珍しいのですが)

結果的には、
ブログにあるように、
尊敬する経営者のYさんと
一緒に受けていただきましたが、

結果に大喜びする私に、
Yさんが、

「ほら、言わんこっちゃない(笑)」

と言われるくらい
(Yさんごめんなさい!)

本当に自分の才能に生きるって、
こんなに楽しくて幸せなことはないですよね。


そしてね。

セッションが終わって、
七條先生の銀座オフィスを
後にした私たちですが……

身体がどうなってしまったかというと、

なにかもうエネルギーが満タンで、
うずうずして仕方ない感じなんですよね。

それで、Yさんともまだまだ
話したいことがいっぱいあって、

朝からYさんと
アマンで朝しゅわさせていただいたし、
セッション中に
DEAN & DELUCAのコーヒーも飲んだし

(Yさんがセッション中、
私はじっとしていられなくて、
有楽町ルミネでうろうろして、

結果は一緒に聞くので、
ああもう落ち着かないー!と
コーヒー買ったんですw)

お腹はいっぱいにも関わらず、
またお茶を飲みに行くという……。

rblog-20180527094905-00.jpg

もうエネルギーがあり過ぎて、大変で、
ここで話した内容は、
いわゆるリミッターが外れた状態のまま続いて、

もういっそ、ホテルに住もうかみたいになって
(だいぶ中略していますが)

でもそれが、今の月1のホテル暮らし繋がったり、
ホテルライクなサロンをということで
10月に大崎サロンを
オープンしたりすることになってるので、

才能学でベクトルが決まると、
もうブレようがない、
自分にとって幸せな人や物が
集まってくるという証明を感じました。

===

それでもうたぶん
2時間くらいお話ししたんですが、
まだエネルギーが溢れてるんですよ!
やばい!

このままの調子でいたら、
夜、会う生徒さんがスパルタすぎて倒れちゃう!

で、どうしたかというと、

銀座から渋谷まで歩こうってなったんです。

私たちスーツっぽい格好でしたけど
(私は夜、渋谷ヒカリエでコンサルの仕事だったので)

脚、痛くならない?
いや、関係ないでしょう、みたいな(笑)

たぶん、銀座から渋谷って
歩いたら7キロくらいありますよね。
タクシーで2500円くらい。

でも、関係ない。

歩いてひたすら、
ずっと夢ややりたいこと、
使命について、
語りまくりました。

で、しばらく歩くと、
日比谷公園が。

いいですよね、日比谷公園。
国会図書館もあるし、大好きです。

そしたらなんと!
ビールフェスをやっているではないですか~♡


rblog-20180527102854-00.jpg

大喜びする私に、Yさん大笑い!

「もってるねー!(笑)」
「あはは、じゃあ休憩で!」

しゅわしゅわ好きな私が、
たまたま銀座から歩くことに決めて、
たまたまビールフェスに当たる、というw

Yさんはお酒が飲めない方なので、
いつも申し訳ないなと思うのですが、

ジンジャーエールで乾杯してくださって、
一通りのフェスを見てまた歩く(笑)。

また歩いている途中で、今度は、
溜池山王のインターコンチネンタルホテルを通り、
ここで理想的なシャンパンバーを見つけて

また歩く。

この辺りでたしか、
手書きとAIの共存について熱く語った気がする。

そしてついに、
渋谷の南平台辺りに来たときは、

「わぁ、ほんとに渋谷まで来ちゃったよ!」
「でも疲れないね!」

みたいな、得も言われぬ感動に包まれました。

私は次の仕事があり、
渋谷ヒカリエの前で、バイバイしたけれど、
Yさんは「いや、自宅まで歩けちゃうかも?」
なんて
言ってました!すごい!

という訳でかなり長文ですが、
才能学セッションを受けた後は、
こうなりますよということで、
ご参考までに。


才能学に興味をお持ちになった方
は七條先生のサイトを見て、
セッション(UD16パーソナルチェック)
を受けてみてくださいね。

http://naminchu.blog.jp/


そして、
そんな才能学のエッセンスが分かるパーティーを
7/1(日)11:00-13:00新宿サロンで開催します。

皆さまぜひしゅわしゅわしながら、楽しくおしゃべりしましょう♡

https://www.facebook.com/events/439488626497843/



■悪筆セラピーレッスン
2018年6月23日(土) 10:30~12:30
開場10:20
https://hana-michi.com/lesson/akuhitsu_therapy/

■ご質問をお寄せください→質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)→https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年06月05日 11時28分52秒
2018年05月18日
カテゴリ:才能学

好きなことを好きと誰にも遠慮せず言えること
自分の才能に生きること

この2つの掛け算を丁寧にやっていったら、
絶対、毎日幸せだし、夢がどんどん叶うと思う。

昨日は、久しぶりに
お友達の照ちゃんが主催の
朝陽を浴びる会に参加させていただきました。

会場はロイヤルパークホテル汐留のラウンジ。
天井が高く、吹き抜けが気持ちよくて、
雨でも晴れでも必ず朝陽が出てくる素敵な場所。

さすが照ちゃんセレクトだなって思います。

ホテルの方も素晴らしくて、
私が席に着いた瞬間、
カウンターには新しいしゅわしゅわ♡


rblog-20180518113638-00.jpg

(スパークリングワイン♡)

一応、
「いつものでよろしいですか?」と
確認はしてくださるのですが、
そのホスピタリティーに大歓声です。

私は前日に夜の仕事がない限り、
午前2時に起きて、書の作品を書いたり、
仕事をしたりしているので、
午前9時はもうアフター5の気分。

だから朝陽を浴びる会で
しゅわしゅわできるのは、
最高に幸せな時間です。


rblog-20180518113638-01.jpg


こんな私も以前は、
朝からしゅわしゅわなんてちょっと……とか
なんとなくの空気感で
遠慮していたこともありましたが、

自分の中で朝9時から
しゅわしゅわできる正義はあるし、
朝からいただけるのはとても嬉しいし、

何より朝陽を浴びる会にいらっしゃる方で、
私が朝からしゅわしゅわして、
「えー!」という方は誰もいない(笑)

それもこれも、
どんな日も
あたたかく迎えてくださる
主催 照ちゃんの女神パワーと、

私がしゅわしゅわした瞬間、
「華子先生は午前2時から起きて仕事して……」と、
すかさず援護射撃(さすがゴルゴ13)
してくださる
才能学の七條先生のおかげです。

だから素敵な方しか集まらない場に
なっているんですよね。

あー、楽しかった。

こうやって、
しゅわしゅわを
こよなく愛しているオーラ?
を出し続けていると、

朝陽を浴びる会のラウンジで、
座った瞬間、
しゅわしゅわをもってきていただけるし、

先日も、
お仕事の打ち合わせの流れで、
ご一緒した方が、

そんなに好きなら!と
しゅわしゅわを開けてくださるという
奇跡が起こったりします。
(ありがたくみんなでいただきました。)

私が飲むことで、
一緒にいる方が不愉快になったり、
不利益が出るなら、
絶対に飲みませんが、
(これも私の選択です)

そうでなければ、
誰にも遠慮することはないと思うのです。
好きという気持ち以上に、
尊いものはないから。

それに加えて、
自分の才能に生きるということ。

才能学の七條先生のお言葉をお借りすれば、

「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで
超幸せなのに、
さらにお金までもらって本当にいいんですか?」

というのが

「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン

なのですが、

天職分野で才能を発揮できると、
やればやるほど、幸せが循環するので、
エネルギーが枯れることなないし、
ずっと続けられます。

もちろん好きと得意が違う場合もありますが、
それすらも凌駕できるのが、
自分の天職分野で
才能に生きるということなんだと、
いまの私は解釈しています。






最終更新日  2018年05月18日 11時36分44秒
2018年02月18日
カテゴリ:才能学
こんにちは。書道家の高宮華子です。

先日募集を開始しました
金運學セミナー、あっと言う間に満席となりました。
ありがとうございます!!
※キャンセル待ちはお受けしています。





お会いできるのを大変楽しみにしています♡
七條先生、どうぞよろしくお願いします✨

===

才能学の中に
「桁違いの金運力を持って生まれてきている才能のタイプ」
というのがあります。
このタイプの人が
一体どのようにして金運力を発揮しているのか、
についてのメカニズムを超絶解説します。
そしてそのメカニズムを皆さんも活用できるのかどうか?
その謎も当日解き明かされます。
-------------------------------------------------
イベント名:「超一流の人が実践している!金運學セミナー」

日時:2018年2月25日 (日) 13:00-15:00

【タイムライン】
12:50:受付開始
13:00:基調公演「金運學」七條 正 先生(日本才能学研究所 所長)
14:00:質疑応答
14:30:シェアタイム
14:45:才能学セッション説明
15:00:終了

講師:日本才能学研究所 所長 七條 正 先生
進行:書道のはな*みち
会場:書道のはな*みち 大崎サロン(別途詳細ご案内)
料金:3,000円(当日お支払いください)
*お飲み物(お酒)ご用意あります

お申し込みはこちらのメールへ
(会場の関係上、先着15名とさせていただきます)
お申し込み方法:
メールアドレスyoyaku@hana-michi.com 宛に

件名「金運學セミナー」
本文に「お名前」、「メールアドレス」、「携帯電話番号」、
「メッセージ(ご質問、ご希望、受講動機など何でもお気軽に)」を
お書き添えのうえ、
ご送信ください。

原則48時間以内に
書道のはな*みち事務局小野寺よりご返信申し上げます。

【NEW!】
成功する書道家になるための7日間無料メールセミナー

成功する書道家になるためのノウハウを
7通のメールに凝縮してお届けします。

【法則1】強みを知る
【法則2】理念を伝える
【法則3】利益を追求する
【法則4】サロンの存在を知ってもらう
【法則5】リピートサイクルを作る
【法則6】口コミを起こす
【法則7】利益を上げる!価格の考え方

ご興味のある方は、書道家の先生はもちろん、
書道家以外の方もぜひ!

お名前、メールアドレス、職業を明記のうえ、
こちらにご登録お願いいたします。
→hana☆hana-michi.com(☆を@に変えてお送りください)

■書道家のための独立開業コースを開講します■
http://hana-michi.com/kaigyo_course.htmll
■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年02月22日 08時12分56秒
2018年02月14日
カテゴリ:才能学
こんにちは。書道家の高宮華子です。

実はいつも朝陽を浴びる会でもお世話になっている
才能学の七條先生から、
こんなお話しを聞いてしまったのです。





実は……才能学のカテゴリーの中に
「桁違いの金運力」を持つゾーンがあるんです。

そのゾーンに属する人たちが
どのように桁違いの金運力を発揮しているのか、
そして
どこで間違うとせっかくの金運の才能を発揮できずに宝の持ち腐れになるのか?

などなど。

ひゃーーっ!!!



私自身は、お金=感謝の現れだと思っているので、
集まれば集まる程、
よいお仕事ができたんだと
感謝の気持ちがいっぱい生まれてきますが、

逆に先にお金ありきだと、思考回路が止まってしまう。

手にしたいものが、先にお金だと、心も身体も全く動かないのです。

でも、
手にしたいものが、先にお客様の笑顔だと、
もう全開で心も身体も動きます。

そういうわけで、エンジンのかかり方は分かるのですが、

そもそも、金運というものも、
最初から持っている人とそうでない人がいるなんて、
やっぱり、とは思いつつも、衝撃の事実……でした。

じゃあ、持っている人はいいとして、
最初から自分が持ち合わせていない場合は、
どうやって自分に活かしたらいいか。

うん、これはちょっと新しい興味深さじゃないですか?

わーーーー、すっごい知りたい!学びたい!!


というわけで、常に前のめりな私は、
彗星のような速さで七條先生にお願いして、
金運學セミナーを開催していただくことになりました。

詳細は以下です。

===

才能学の中に
「桁違いの金運力を持って生まれてきている才能のタイプ」
というのがあります。
このタイプの人が
一体どのようにして金運力を発揮しているのか、
についてのメカニズムを超絶解説します。
そしてそのメカニズムを皆さんも活用できるのかどうか?
その謎も当日解き明かされます。
-------------------------------------------------
イベント名:「超一流の人が実践している!金運學セミナー」

日時:2018年2月25日 (日) 13:00-15:00

【タイムライン】
12:50:受付開始
13:00:基調公演「金運學」七條 正 先生(日本才能学研究所 所長)
14:00:質疑応答
14:30:シェアタイム
14:45:才能学セッション説明
15:00:終了

rblog-20180215131229-00.jpg
講師:日本才能学研究所 所長 七條 正 先生
進行:書道のはな*みち
会場:書道のはな*みち 大崎サロン(別途詳細ご案内)
料金:3,000円(当日お支払いください)*お飲み物(お酒)ご用意あります

お申し込みはこちらのメールへ(会場の関係上、先着15名とさせていただきます)
お申し込み方法:
メールアドレスyoyaku@hana-michi.com 宛に

件名「金運學セミナー」
本文に「お名前」、「メールアドレス」、「携帯電話番号」、
「メッセージ(ご質問、ご希望、受講動機など何でもお気軽に)」をお書き添えのうえ、
ご送信ください。

原則48時間以内に
書道のはな*みち事務局小野寺よりご返信申し上げます。


あー、何より私が一番楽しみです♡

【NEW!】
成功する書道家になるための7日間無料メールセミナー

成功する書道家になるためのノウハウを
7通のメールに凝縮してお届けします。

【法則1】強みを知る
【法則2】理念を伝える
【法則3】利益を追求する
【法則4】サロンの存在を知ってもらう
【法則5】リピートサイクルを作る
【法則6】口コミを起こす
【法則7】利益を上げる!価格の考え方

ご興味のある方は、書道家の先生はもちろん、
書道家以外の方もぜひ!

お名前、メールアドレス、職業を明記のうえ、
こちらにご登録お願いいたします。
→hana☆hana-michi.com(☆を@に変えてお送りください)

■2月から1ヶ月集中で
書道家のための独立開業コースを開講します■
http://hana-michi.com/kaigyo_course.htmll
■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年02月15日 13時12分31秒
2017年12月13日
カテゴリ:才能学
前回からの続きです。

ついに、、、私の才能分野が分かる時がきました。

rblog-20171214004341-00.jpg

ああ、こんなに緊張するシーンが未だかつてあったでしょうか。
私が何者かが分かる。

自分は自分でしかないのに、
自分のことは実は自分が一番分かっていなかったりしますよね?

だからね。自分探しはしちゃいけない。
自分はここにしかいないんだから。
ただ磨くだけ。

そして、自分をちゃんと磨くには、
磨き方を知らなくては。

だからこそ、自分の才能分野を理解し、
天職ど真ん中のゾーンに入り、
フィットした方法で生きていくことが、
最高のパフォーマンスに繋がる。

ちなみに、おさらいですが、
才能学の初回のセッションで分かることは、

◆いまの仕事やポジションが自分に合っているのか。
◆右脳系なのか、左脳系なのか、両脳系なのか。
◆いま考えている方向が自分の本質に合っているのか。
◆人を選んでいいのか、選んではダメなのか。
◆自分の好きなことだけをしていていいのか、人のために行動したほうがいいのか、
 世の中に貢献すべきなのか。
◆お金を求めていいのか、求めてはいけないのか。
◆組織にいるべき人間なのか、独立すべき人間なのか。
◆物、人、情報、どれを扱えばいいのか。
◆どの程度自分の才能を使えているのか。
◆才能を伸ばすポイント
◆あなたの天職エネルギーの「流れ方(=型)」

などで

セッションでは、
インタビュー形式のヒアリングが終わった後に、
上記の項目が書かれたA4の紙一枚を
出してくださいます。

そしてそれを、
七條先生が、目の前で
クライアントさんがどれに該当するかを
書き込みながら、
説明してくださいます。
これがいわゆる才能分野の診断書です。

さぁ、、、いよいよその時が来ました。

「七條先生、教えてください。
私の才能分野はどこですか?」

あまりにも前のめりで真剣な私に、
七條先生は笑いながら優しく聞いてくださいました。

「男性的な名前がいいですか?それとも女性的な?」

いきなりそんな!
才能分野に男性も女性もあるなんて!!??

なんとなく気恥ずかしくて、女性的な方で、
とは答えられるはずもなく(笑)

「スパルタなので男性的な方でお願いします!」とお返事。

すると、七條先生からいただいた答えは、

「華子先生はね、観音様です。観音様。
ちなみに女性的に表すと女神様ですね。

出逢った人、すべてを幸せにする人です。

しかも、この才能を持っている人は1000人に一人しかいないと言われています」

は???

一瞬、何を言われているか全く分からず、ぼんやりしている私に、
同席してくださった尊敬する経営者のYさんは、
ひたすらうんうんと頷いてくださっていました。

「なるほどね。分かる分かる。」

「そうなんですよ。
だから華子先生は、指導者にも向いています。
右脳も左脳も両方バランスよくあるし。
よく右脳は感性、左脳は理論と言いますが、
両方ある両脳系ですね。だから、
芸術家としても、
書道のお師匠さんとしてもやっていける。
そして、感度もいい。」

「か、感度ですか???」

七條先生からいただく天職分野の診断書には、
魂次元という項目があって、
これはいわゆる感度のことだそう。

感度の幅も、
1.2.3.4.5.6.7とあって、

塩をなめたときに例えると、

1の人は、しょっぱい。何度なめても、
しょっぱいしか、感想が出てこない。

3の人は、ちょっとざらざらしてる塩ですね、
という感覚まである。

7の人は、これは○○県産の塩で、天ぷらに使うと一層美味しさが引き立つ塩です、と分かる。


わーーーー。すごい。
感度にもこんなに幅があるなんて。

でも、、、
書道家として1しかつかなかったら、
全然ダメじゃない?
芸術家になれない。
だからといって、7がついても、
1の人の気持ちも分からないと、指導できない。

1から7までのどこに数字がつくんだろう、、、
とドキドキしていると、
なんと、1.2.3.4.5.6.7すべてに丸がついた。

「華子先生は、感度の幅が1から7まであります。
だから、大丈夫。
例えば、呑んべえ横丁みたいなところから、
三ツ星レストランまで、
すべていける感じです。

小汚いお店でも、超一流のお店も、
それはそれで愉しめる。」

あー、呑みの世界に例えていただけると
すごく良く分かる(笑)
だってどっちも好きだし、
片方だけの世界はイヤだ。
感度の幅は広ければ広いほど愉しい。

だから自分が1から7まで備わっていると知って、
本当に嬉しかった。

次に魂年齢。

魂年齢は、今の年齢ではなく、
「持って生まれてた魂の年齢」のこと。
だから魂年齢は一生変わらない。

七條先生によると、
それぞれの魂年齢の人は自分の魂年齢の
人生テーマに沿って生きると才能が開花する。

しかし、親や先生に「人とはこうあるべきだ」
なんてことを言われて洗脳されていると、
別の魂年齢ゾーンのテーマを
信じて生きていることが実は多々ある。

ちなみに私の魂年齢は60歳だった。

これは
ご縁があった人たちのためになることをする、
というのが、人生のテーマだそう。

だから、魂年齢60歳の私が、
自分が好きなことだけをする、
というのは才能が発揮できなくて結果が出にくい。
そうじゃなくて、何かするときもは誰かのために、という気持ちでやることが大事。

例えば、洋服一枚買うにしても、
自分が気に入ったから買う、のではなくて、
このお洋服を着たら、○○さんが喜んでくれるな、という気持ちで買うと
上手くいくということだ。

これについては、
思い当たる節がありすぎるほどあって、
私は具体的に誰かのため、と思うと、
ものすごいエネルギーを発揮できる。

書道家になったのも、書道教室を開いたのも、
自分が書道が好きだから、じゃなくて、
幼馴染のみゆきちゃんが字が上手なのに
ご祝儀袋は上手く書けなくて、
困っていたのを助けたかったからだ。

だから起業して15年続けて来れたのかしら。
みゆきちゃん、本当にありがとう。
そしてご縁をくださった方々に本当に感謝です。

そして、次に興味深かったのが、スタイルの診断。

スタイルは、大組織、グループ、独立自営、個人、NO1、NO2 と分かれていて、

これも、例えば、独立自営があっているのに、
大組織で働いたりしていると、
苦しくてストレスと引き換えに
お給料をいただく形になってしまう。

でも、才能学で、
独立自営があっていると分かれば、
その道に進むと、毎日が楽しくて仕方ないのに、
こんなにお金もいただいていいのかしら?
というような最高の状態になれる。

私は、独立自営かな?と思っていたら、
なんとスタイルにもすべてに丸がついた。

えーーーーー!!!

と、ものすごい驚きを隠せない私に、

七條先生がまた優しく微笑まれた。

「華子先生は、マルチなんですよ。
どれでもいけます。大丈夫。

大組織ではそれなりの動きもできるし、
チームでグループを組んでも威力がある。
独立自営ももちろんあっていますが、個人で自由にやるのも好きであってるし、
代表のNO1もいい。
しかし、NO2を求められれば、
その役割をきっちりと果たせる。
NO2として、プロデューサーも参謀も
秘書もできる感じですよ。

結局、困っている人を助けたい、
いま目の前にいる人を幸せにしたいから、
求められれば、なんでも応えられるんですよ。

最近、華子先生は、書道家を集めた
プロダクションを始められましたよね?」

「はい。おかげさまで
テレビのお仕事をいただくことも増えて、
この案件だったら、私より
○○さんの方が相応しいと思えるようなことも
多々あるので、やる気があったら、
理念が同じ書道家仲間に引き受けてもらえたら
嬉しいなって。」

「そうそう、まさにそれなんです。
プロデューサーを華子先生が引き受けて、
適材適所で書道家さんに仕事をしてもらう。
これってまさにご縁があった人を幸せにする、
魂年齢60歳の人がする天職分野です。」

ほーーーーーーーーーー♡

私ったら、知らないうちに、
天職に生きていたということでいいのかしら?
それが分かって、
本当にホッとできたし嬉しかった。

書道家であり経営者であるって、
やっぱりいつもどこか孤独なんですよね。
トップとして戦略を決めて、
仲間に正しい戦術を伝えて、
ビジネスシーンで結果を出さなくてはいけない。
結果がよくても、悪くても、
骨を拾うのは代表の仕事。

自分を信じて、仲間を信じて、お客様を信じて、
もちろん毎日幸せで楽しい気持ちで、
前に進んでいるけれでも、
ふと、これでよいのかと立ち止まるときもある。

だからこそ、これでいいんだよという、
天職を全うしている安心感は
迷わず前に進めるエネルギーになる。

ホッとした私は、確認のため、
最後に七條先生に伺ってみた。

「七條先生、私にとって、書道家は天職ですか?」

すると先生は、

「あのね、華子先生は、
何やっても大丈夫な人なんですよ。
どんな仕事でも、どのスタイルでも、
ご縁のある人にフォーカスしていけば、
天職に生きられる。
相手に合わせることが出来る人だから。

ただね、書道を選ばれたのは、、、やばいです。
どんな仕事のなかでも
華子先生が書道をやるということは、
人の才能までも開いてしまうから。」

きゃーーーーーー♡

もうここまでお墨付きをいただいたら、
このまま邁進するしかないですね!

嬉しさ全開の私を隣にいた経営者のYさんは、

「さっきまで、書道家向いてなかったらどうしようって落ち込んでた人には見えないね」

と大笑いされましたが……本当によかった。

七條先生の才能学セッションを、
一言で表現するならば、
一人ひとりにスポットライトを当てるお仕事だ。

才能なんてない。
生まれつき才能がないの。

そんなことをいう人に出会うたび、私は、
「あなた、なんて親に失礼なことを言うの!」と
江戸っ子口調で返していましたが、

七條先生に出会って、
本当にそうだと再確認できました。

ずーっと古来から、
脈々と受け継がれてきた先にある今の自分の命。
なにも持たされずに生まれてくるわけがない。

ただ、才能の分野が違うだけだ。

自分に自信がないなんて、
才能学を知ったら言えるわけない。

天職に生きる。

私はこれからも、
1000人に1人の使命を請け負って、
書道を通じて、自分の身体を使って、
いま目の前にいる人を、
ご縁をいただいた人を、愛している人たちを、
全力で幸せにしていきたいと思う。

そして、いま自分が天職に生きているか、
才能を発揮できているか、
それが分からないまま生きる人生と、
それが分かって生きる人生とは、
天と地ほどの幸せの差があると断言したい。

いよいよ今日12/14は、
七條先生と出逢った朝陽を浴びる会開催100回目の記念すべき日。

この会を主催している照ちゃんも、経営者のYさんとの朝食会でいただいたご縁ですが、
なんと私と同じ観音様、女神様タイプで、
照ちゃんとの運命を感じずにはいられません。

お時間ある方はぜひ、照ちゃん、七條先生、
そして天職に生きる人たちが集う
朝陽を浴びる会にお越しくださいね。
私は恒例の朝しゅわ(朝からしゅわしゅわ)で、
盛大にお祝いさせていただきたいと思っていますので、ぜひ一緒にお祝いしましょう。

照ちゃん、本当におめでとうございます!!!

【朝陽☀️を浴びる会#100】
日時:12月14日(木)朝7時〜10時頃まで。
場所:ロイヤルパーク汐留タワーホテル24Fラウンジ THE BARで開催。
内容:朝陽を浴びてお茶を飲みながら話をするだけ。
参加費:ご自身の飲食代のみ(例:コーヒー950円おかわり自由)
*参加予約必要なし、いきなり来ても大丈夫。遅刻早退自由です。
http://www.rph-the.co.jp/shiodome/restaurant/bar/

rblog-20171214004341-01.jpg
ちなみに、七條先生の才能学セッションを受けて、
もう怖いものなしになってしまった私は、
なんとセッションの後、
Yさんと銀座から次の職場の渋谷ヒカリエまで
てくてく歩いてしまい、
またそこで数々のミラクルに出会いましたので、
その続編はまたいずれに。

【NEW!】
成功する書道家になるための7日間無料メールセミナー

成功する書道家になるためのノウハウを
7通のメールに凝縮してお届けします。

【法則1】強みを知る
【法則2】理念を伝える
【法則3】利益を追求する
【法則4】サロンの存在を知ってもらう
【法則5】リピートサイクルを作る
【法則6】口コミを起こす
【法則7】利益を上げる!価格の考え方


ものすごく濃いメールマガジンなのですが、
どんな業態でも、
「自分のスキルや技術や想いを通じて」
「大切な誰かの悩みを120%解決する」ことが、
サロン運営の起点で、発展につながるんだと思います。

ご興味のある方は、書道家の先生はもちろん、
書道家以外の方もぜひ!

お名前、メールアドレス、職業を明記のうえ、
こちらにご登録お願いいたします。
→hana☆hana-michi.com(☆を@に変えてお送りください)

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
木曜日コース→残席1 日曜日コース残席2
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2017年12月21日 03時13分28秒
2017年10月11日
カテゴリ:才能学
人は人を愛さなくても生きていけるのに、
どうして愛を必要とするのだろうか。

ある時、とても不思議に思って、恋愛関係の本を読み漁ったことがある。

恋の定義は、「~してほしい」という願望や欲望に駆られて心が動くもの
愛の定義は、「相手の全てを受け入れたい」「相手を幸せにしたい」 というような
       与える側の“真心“から起きている

恋「この人のために死ぬ」
愛「この人のために生きる」

恋「見つめ合っておしゃべりしたいと思うこと」
愛「同じ方向を向いて一緒に歩いていきたいと思うこと」

あああー。

分かる!分かる!違いは分かる!
でも私が欲しい答えは、なぜ愛を求めるのか。

だって愛は基本、与えることでしょう。
ただ好きになるのとは違って、
与えることを求めるってすごく高次元な気がしたんです。

そうしてひたすら論文を探し、定義づけ、
恋と愛の違いばっかりが目につく書物の中で、
やっと辿り着いた一つの答えは

「トラウマが溶けるから」

でした。

トラウマか……。

なるほど。
トラウマがものすごく深い私。
これならすぐ腑に落ちる。(都合いい)

トラウマとは、自分の解釈が作った「幻想」にすぎず、
もともと存在しないものだそうです。

でも、私は書道がトラウマだった。

書道が好きでも得意でもなんでもない中で、
たまたま6歳から通い始めた書道教室。

その先生が超スパルタで、(現師匠でもありますけれど)
ちょっとでも休んだら、町内を歩けないくらい怖かった。
だって、たまたまお休みした次の日に限って、
師匠とバッタリ会うって、なんですか、このタイミング。

それでも頑張って続けた書道を、
17歳の時の彼氏に
「書道習ってるわりに、ペン字はあんまり上手くないんだね。」
と言われたショック。
(拙著 悪筆セラピーでもその辺り詳しく書いてあります。(笑))

それを克服しようと頑張って25歳で得た書道師範の資格を前に、
「書道ってマイナーだから集客できないんですよね。」
と大手カルチャースクールの校長先生から言われた悔しさ。

全部、気にしなければ、なんてことはないこと。
ただ、私はそれをすべて、自分の解釈でトラウマにしてしまった。

だから私の書道の歴史はいつでもネガティブスタート。
何なんでしょう、このキャッチフレーズ。
こんなの無くていいんですが。

書道家のための独立開業コースで会う素敵な書道家さんたちは、
「私、書くことが大好きなんです。」
「昔から書くことだけは得意で。」
「書道がずっと好きでこれだけはずっと続けたいんです。」
って、それはもう眩し過ぎて、心底うらやましいほど、キラキラしてる。

でもね、このトラウマというものが、
人に愛を与える過程で、
愛という存在で溶かされるならば。

人は愛を求めるに違いない。

===

雨の降るしっとりとした8月の朝、
アマン東京でブランチをする約束をした。

席に座った瞬間、注がれたピンク色のしゅわしゅわ。
オーダーもしていないのに……と、
目の前で泡めくシャンパンを幸せな気持ちで見ながら、
念のため、お伺いを立てる。

rblog-20171011212754-00.jpg

「そんな、朝から飲んでいいのでしょうか?」

「あれ?いつものことでしょう?」

尊敬する経営者、Yさんはそういって楽しそうに笑った。

Yさんはとっても与え上手だ。
さりげなく、でもいつも人が喜ぶことを考えて、時間と手間と気持ちを尽くされる。
だからいつでも誰からも愛されている。

仕事面では言わずもがな、
ものすごいハイスペックなのにチャーミングで、
そんなところも尊敬している。

rblog-20171011212754-01.jpg

七條先生の才能学セッションを受けると決めた後、
私が取った行動は、Yさんにメールをすることだった。

「才能学のセッション、一緒に受けてくださいますか?」

赤信号、みんなで渡れば、、、の心境ではもちろんない。

以前、あるイベントでYさんとご一緒したときに、
たまたま才能学の話しになった。

そのとき、
「Yさんは、セッション受けないの?」とほかの人に聞かれ、
「華子先生とだったら受けてもいいかな」と答えていたのだ。

なんと!もしそれが本当ならぜひ一緒にお願いしたい。
尊敬するYさんと一緒のセッションだったら、
どんな化学反応が起きるだろう。

この時のことをしぶとく覚えていた私は、
Yさんにメールし、ご快諾をいただき、
その後、七條先生にメールをして、
あっという間に日程をセットしていただいた。

日にちが決まると、優しいYさんは、
アマン東京でブランチしてから行きましょうと誘ってくださり、
それから一緒に才能学セッションを受けることになったのだ。

「華子先生は、なんでそんなにセッションを受けることをためらってたの?」

Yさんに聞かれて、一瞬、言葉に詰まった。
でも、もう仕方がない。

「怖かったんですよ。書道家に向いてないって言われることが。」

「は???そんなこと今さらあるはずないでしょう。」

「いやいや、あの、Yさん、ほんとにね、私、自分で才能無いって分かってるから。
分かってて、でもここまで来ちゃったから、今さら怖いんですよ。
書道家向いてないから、やめた方がいいですよって言われるのが。」

これが心のおばけの正体だ。
こんなに長々とブログに書けるんだから、本気で間違いないと思う。

七條先生に、「華子先生は大丈夫」って言われて、
セッション申し込みをためらってしまったのは、
大丈夫発言が理由ではなく、
今さら書道家向いてないって言われたらどうしようかという怖さから来た反射神経だ。

とてもとてもセッションを受けたかったのに、
その怖さが出てきて、一瞬で受けたいという気持ちを引っ込めてしまった。

七條先生は思慮深い方だから、そんな明け透けな言い方はされないと思う。
でも、才能学的に、向いてない、ポジションが違ったら、
それは違いますよと言うしかないじゃないか。

向日葵は、桜にはなれないし、
サボテンを寒さにさらせば枯れてしまう。

向いてないものは、向いていない。
だけど、今さら書道家という仕事を向いてないと言われるには、
もう遅すぎるほど、この世界を愛してしまった。

「華子先生、大丈夫?」
「いや、もうどうしよう。やっぱり書道家向いてないって言われたら。」

「あはは。そんな華子先生を見るほうがレアですよ。」

七條先生の銀座のオフィスに向かうエレベーターの中でも、
まだ私は性懲りもなく、そう呟いていた。

===

「こんにちは。今日はよろしくお願いいたします。」

オフィスの扉は開かれ、いよいよセッションを受けるときになった。

ペアでのセッションは、ヒアリングは別々、診断は一緒に聞ける。
というわけで、ヒアリングはどちらか先に受けるのだけど、
どどど、どうしよう。

迷う私に、「七條先生に決めていただきましょう。」とYさんが言い、
「じゃあ、華子先生が先で。」と容赦なく先発になった。

いやいや、自分で受けたいって言ったんじゃん。
いい加減、覚悟決めなさいよ。

机を挟んでの七條先生とのセッション。
向かい合ってお話しするのって、なんだかとっても緊張する……。
なんだかすべてを見抜かれるようで、
いや見抜かれていいのですが。

「華子先生、才能学セッションを受けるのに、だいぶ緊張されていたとか?」
「はい。書道家向いてないって言われるのが怖くて。」

「は、、、それはない!大丈夫!」


えっ。

わ。

きゃーーーーーーー。


ほんとに?


そ、そうですか。大丈夫ですか?書道家やらせていただいていても。
それなら本当に嬉しいんですけど。
と、いきなり喜ぶ私。

「大丈夫ですよ。そもそも朝陽を浴びる会でお話しすればだいたいは分かりますから。」

あああ、さすがプロフェッショナル。
そうですよね。それがプロというものですよね。
私もだいたいは分かりますもの、その人の字を一つでも見れば人となりが。

一気に緊張が緩みましたが、

「いや、僕のほうこそ、なんか華子先生のセッションするの、緊張しちゃって。
昨日の夢に先生が出てきたほどです。。。」

わーーー、なんということでしょう。
夢にまで出てきて圧をかけるなんてスパルタにも程がある。
先生、申し訳ございません。

しかも。

ペアでセッションを申し込んだ人も、
セッション受ける前に、受けさせていただいてもいいでしょうかと聞かれたことも、
才能学セッション史上初だったようで、、、

私ったら、あんなに、トラウマが、愛がとか思ってたくせに、
なんて失礼な奴なんでしょう。

本当に、先生、申し訳ございません。

とそんな冒頭ではありましたが、
それから約1時間ほどの七條先生の丁寧なヒアリング。

私の仕事のことは、ぜーーーんぶ、調べてくださっていて。

ペン字を教えていること、
書道師範も育てていること、
大学で講座をしていること、
講演会をしていること、
書道家のための独立開業コースで起業家マインドも育成していること、
本を12冊出版していること、
マスメディアに出演していること
書道家として作品を書いていること、など全部。

そして、どんな人と話を合わせられるか、
何をしているときに喜びを感じているか、
書道はどういう想いで続けているのか、
しゅわしゅわがなぜ好きなのか、まで。

こんなに丁寧に自分のことを聞いてもらえるだけで、
生き返った気分ですが、
これで自分の才能の分野が分かるなんて!!

でもね、本当に、素直に伝えるってすごく大事なことだと思ったんです。
いろいろとしょっちゃうでしょ、長く生きていると(笑)。

七條先生の質問も、すべて工夫がなされているに違いなく、
間違ったアングルでは絶対に聞いてこられない。

答えにくい質問もないし、
分かりにくい単語もないし、
自然に風が吹くように話せる。

ああ、感動★★★★★

本当に言いたいことを言える、
というのは才能学次元論では「5次元」に位置するそうですが、
これも天職へと抜ける道なのだと思います。


トラウマ全開でお答えして、あっという間の1時間が過ぎ、
Yさんと交代し、また1時間後にオフィスに戻ったら!!!

ああ、私の才能分野が分かるのね♡
これまたは何とも言えない満たされる、不思議な、幸せな気分です。

ちなみに、初回のセッションで分かることは、

◆いまの仕事やポジションが自分に合っているのか。
◆右脳系なのか、左脳系なのか、両脳系なのか。
◆いま考えている方向が自分の本質に合っているのか。
◆人を選んでいいのか、選んではダメなのか。
◆自分の好きなことだけをしていていいのか、人のために行動したほうがいいのか、
 世の中に貢献すべきなのか。
◆お金を求めていいのか、求めてはいけないのか。
◆組織にいるべき人間なのか、独立すべき人間なのか。
◆物、人、情報、どれを扱えばいいのか。
◆どの程度自分の才能を使えているのか。
◆才能を伸ばすポイント
◆あなたの天職エネルギーの「流れ方(=型)」

ほかにも、もっと分かることがあります。

さて、また長くなってしまったので、才能学 解答編はまた次回(笑)。
(って続くんかーーい。)

七條先生のHP 才能学ブログ→http://naminchu.blog.jp/

何はともあれ、このエッセンスに触れたい方は、ぜひ明日の朝陽を浴びる会へ。


【朝陽☀️を浴びる会#91】
日時:10月12日(木)朝7時〜8:45まで
場所:ロイヤルパーク汐留タワーホテル24Fラウンジ THE BARで開催。
内容:朝陽を浴びてお茶を飲みながら話をするだけ。
参加費:ご自身の飲食代のみ(例:コーヒー950円おかわり自由)
*参加予約必要なし、いきなり来ても大丈夫。遅刻早退自由です。
http://www.rph-the.co.jp/shiodome/restaurant/bar/






最終更新日  2017年10月12日 00時15分59秒
このブログでよく読まれている記事

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.