1017315 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

書道のはな*みち キレイな字が書けると人生はもっと美しくなる

全10件 (10件中 1-10件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | 芸術 | うつくしいもの | 印刷やのできごと | おいしいもの | みやのひらめき | 書道教室のこと | ビビビっ | 今日の出来事 | 本を読みました | おかいもの おかいもの | マスコミ掲載記事 | 愛する書道具 | 書道の学び | 子どもといっしょ | 字を上達させるコツ | ワークライフバランス | レッスンレポート | 字は贈り物 | 拙著のご感想をいただきました! | 起業ストーリー | 私らしい書道教室の開き方 | 生徒さんが教えてくださった美しいこと | 書道家のための教室開業コース | 手帳術 | 親の言うことを聞かない息子の字の上達方法 | 夢グリッシュ@英語の学び | 執筆パタパタ | 起業ストーリー2 | Go!abroad! | サロン運営コンサルティング | 水書き書道 | エグゼクティブ書道 | スキマ時間の使い方 | 才能学 | しゅわしゅわコンサル | プロダクション事業 | note公開 | 回答編 | 365日スタートアップ大作戦 | デコ書道 | ひかり塾 | 憧れの人 | 漢詩書道 | ホテルライフ | インスタライブ

回答編

2019年10月10日
XML
カテゴリ:回答編
こんにちは。書道家の高宮華子です。

私はメルマガとpingという質問箱で
いつも質問を受け付けていまして、
個人的にはお返事できないのですが、
公開回答という形でお答えしています。

おかげさまで、こちらが密かに好評で、
拙著の読者の方から、
とてもとても素敵なご感想をいただきましたので、
シェアさせてください!




>大変お忙しい中、丁寧にお返事をいただきまして、
ありがとうございました。

先生のメールを拝見し、
正直な話、涙がこみ上げてまいりました。
これほどまでに、
気持ちを分かってくださる方は初めてでしたので…。

今までにも、ペン字教室に二つ通いましたが、
私の本質的な悩みを相談できる場所は、ありませんでした。
やっと、出会えたという気持ちです。

高宮先生の書籍は、2007年に
[まっすぐな線が引ければ字がうまくなる]を、
名古屋在住時に拝見させていただいております。

私の気持ちを代弁してくれている!
と感動したことを今でも覚えております。

ただ、私の理解力不足と根気のなさで、
習得が難しかったので、東京に転勤になった時は、
絶対に高宮先生のお教室に行こう!と
心に誓っておりました(笑)

そして、幸運にも東京に転勤となり、
子育てが少し落ち着いたので、
申し込みをさせていただきました。

精一杯努力しますので、何卒よろしくお願い致します。

===

もう、きゃー♡という感じですよね。

こういう素敵なお返事をいただくと、
とってもとっても嬉しいですし、
この質問者さんが、確実に目の前の景色が変わって、
行動されているのが、
本当に素晴らしいと思います。

レッスンでお会いするのが今から本当に楽しみです。

私がスパルタ過ぎて、直接お会いするのがなかなか……
という方は、ぜひメルマガまたは質問箱pingを
使って質問してみてくださいね!






最終更新日  2019年10月10日 11時33分34秒
2019年05月29日
カテゴリ:回答編
おはようございます。書道家の高宮です。
少しずつ雨も上がってきたでしょうか?
今日はこれから素敵なMTGがあるので楽しみです。





さて、先日、こんなご相談をいただきました。

>悪気はないと思うのですが、
ちょっとこれ書いてよ、とか
さらっとでいいからやってくれない?
と無料前提で仕事を頼まれることがあって。

知り合いの方やお世話になっている方からの頼みだと
断りづらく、ついやってしまうのですが、
その後、ギャランティーのことも話に出ないし、
私からは切り出しにくくて。

そうこうしているうちに
うやむやになってしまい、
また同じことの繰り返しに……。

自分の専門性を使っているので
これではいけないと思っているのですが、
華子先生はもしこんなことがあったらどうしますか?

===

ということで……うーん。

つらいですよね。

相手が自分のことを軽く見てるわけじゃないと思っても
自分の専門性を使ってやっていること
時間と労力を使ってやっていることですよね?

もちろん頼まれるのは嬉しいし、
喜んでもらえたらなおさら嬉しいけれど、
お金のことを切り出したら
えっ?お金取るの?とか
だったら頼まなかったのに!とか
言われたらどうしようとか、
(それは言う方が問題というか品位を疑いますが)

悩みますよね。

もうすっぱり、そんな関係だったら
友達でも知り合いでもなんでもないので
やめてしまえばいいと思うのですが
(スパルタですみません)

お世話になっている人だったり
恩師だったら言いにくいかな。
とりわけ大事な人だったり好きな人だったら。
うーん。

それでも、それを言ったことで
意見の違いはあったとしても
崩れてしまうようなら
恩師でも好きな人でもないと思いますが、

自分の専門性は大切にするべきで
なおさら無料でやってしまった自分に
もやもやしないように
例えばですが、ルールを決めてしまうのも
いいかと思います。

ちなみに私の場合、
無料、というか無償でお引き受けする場合は
以下3つのルールに決めています。

1.広告宣伝になる場合

ギャランティーなしで引き受けても
先方が私の作品や書道のはな*みちの
名前を出してくださり
広告宣伝に匹敵すると判断したとき。

また先方とお仕事することで
書道のはな*みちの
インパクトが大きくなって
知名度が上がると判断したとき。

書道のはな*みちは
広告宣伝費を一切使っていませんが、
例えばテレビのスポンサーをやるとしたら
何千万という費用が発生するわけです。

それ相当だと判断し、
また自分たちの仕事が相手への貢献度が高い、
シナジーがあると判断したときは
お受けしております。

2.恩義がある場合

パーティーのお席などに招かれて
お酒を飲んでいる席で
「先生、筆跡鑑定できるんだよ!」と
主催の方に言われて、
「えー!やってもらいたい!」と
ゲストの方が盛り上がるようなケースがあります。

その場合は
「スパルタですよ?(笑)」と冗談を言いつつ、
喜んで対応しています。

主催の方に日頃から恩義があり、
私を使って喜んでいただけるなら
という思いがある場合のみやっています。

それ以外は、チップを要求してるかもしれません(笑)

3.相手がスタートアップの場合

相手が起業したばかりで
資金的に余裕がなかったり
あまり初期費用をかけられないときは
エンジェル投資家のつもりで
お金の代わりに作品を投資することもあります。

困っているときに
助けてもらえるというのは
私自身スタートアップのときは
まさにそうでしたので、
恩送りのつもりでやっていますが

そうした企業は必ず大きくなって
恩返しをしてくださいますし、
私も頑張って成長して
もっとよいビジネスパートナーになっていきたいなと
思います。

ただし、スタートアップであっても
私が投資することが
甘やかしになってしまうような相手には
忙しさを理由にお断りしています。

その方を尊重しているからこそ、
ダメンズにはなってほしくないので。

===

自分の仕事に値段をつけられない
書道家さん、
技術職さん、
フリーランスの方は多いのですが、

知り合いだからというような
なぁなぁな理由で
無料でお引き受けしていると

自分を消耗しますし、
その後の発展はありません。

それでもお金を取りにくいというときは、
「私が無料でやったら、私のお弟子さんがいざ仕事するときにお金をいただけなくなる!」
というセリフを心でリフレインして
肝に銘じて対応しています。

無料でやることが喜びであって
(ボランティアは賛成です)
自分が納得して、もやもやしないなら
もちろん構いません。

でも、あなたはプロフェッショナルなんです。
それだけの矜持を持ってお仕事してますよね?

だったら無料はダメです。

少しでも
心に納得できない部分があるのなら、
先ほどの無料ルールを参考にしてみたり、
先にギャランティーを提示してみたり、

それも難しいなら、大義名分を作って
やんわり断っていくなど、
対応してみてください。

きっとますますお仕事が発展しますよ♡

【残席2】6/15(土)9:00-15:00@東京・三田 書道家のための独立開業コース
https://plaza.rakuten.co.jp/hanamichi33/diary/201905280000/






最終更新日  2019年08月07日 04時46分50秒
2018年09月07日
カテゴリ:回答編
おはようございます。
久しぶりに質問箱にご質問をいただいたので
お答えしたいと思います。




>メディア論、楽しいですよねー。
いつもご覧くださりありがとうございます。

メディアは、自分が好きだったり、
ファンだったりするところが
ベストとは思います✨

ですが、
川上を狙うというのは、
やはり、

掲載されたときのインパクト、
社会貢献度、
お客様の喜び方、
余波の長続き度、
権利収入化

の度合いがまるで違うので、

せっかく載せていただけるなら、
知名度、認知度、影響力のある
メディアとご縁ができるといいですよね。

私はブログを書き続けた結果、
日経ウーマンさんから
お声をかけていただき、
とても嬉しく、
また反響もいっぱいあって
ものすごく感激しました💕

日経系は、
ビジネスパーソンなら
知らない人は居ませんし、
認知度、信頼度も高いです。

また日経ウーマン掲載後には、
日経ウーマンオンラインで
同記事を載せていただき、
さらには、2年後に
ムックとして本の一部に掲載いただき、
出版もしていただけました✨

なので
日経ウーマンに掲載されるのを
まずは一つの目標にされると
いいかもしれませんね。

では次は、どうやって獲得したらよいか。
もちろん、広告宣伝費をかけずに、
プレスリリースも打たずに、です。

続きはまた書きますね💕

ご質問ありがとうございました

【無料メールマガジンのご案内】

成功する書道家になるためのメソッドが分かる!
>>https://note.mu/hanamichi33

美文字になるためのメソッドが分かる!
>>http://www.mag2.com/m/0000133838.html

■ご質問をお寄せください
>>質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061
※匿名で質問ができます

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)
>>https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
>>http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/


■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitter■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年09月10日 00時14分51秒
2018年06月21日
カテゴリ:回答編
皆さま、こんにちは。
昨日はプノンペンで大人気のお蕎麦屋さん
千代田の筆文字看板に関しまして、
たくさんの反響、
メッセージをありがとうございました。

今回は、代表の門谷社長が、
かなり木材にこだわって
最良のひのき、かえでを
取り寄せてくださったので、

私の人生初!の
生木に直接、墨で書くというスタイルを
取らせていただきました。
(一点ものばかりで、ドキドキしましたが)

通常、木の看板に筆文字を書く場合は、
以下の3パターンが多いかと思います。

1、紙に筆文字を書いたものを、
現物またはデーターでお渡しし、
看板やさんに仕上げてもらうもの。
木の板に文字を彫っていただき、
塗料の仕上げが多いです。

2、砥の粉(とのこ)を塗った木の板を
2週間ほど乾かし、その後、墨で書く。
(師匠が書く神田明神の札などはそうです)

3、すでに表面加工されている木に、
黒などのペンキで直接書く。

もちろん例外はたくさんあると思いますが、
私は今まで、

木もお任せ
ペンキもお任せ

が多く、大変苦労した思い出がありました。

また木だけではなく、

撥水加工された番傘、
コーティングされたスケードボードに書く
1台数千万円もするグランドピアノに
金の文字で寄贈のサインを入れる

などのご依頼もあったので、

これはもう墨では字が乗るはずもなく、
ペンキや塗料を駆使して、
なんとか筆の風合いを生かすように
仕上げました。

ですので、今回は、
「直接、木に墨で書いてください!」と
オーダーいただいたときには、

直接、墨で書ける!という喜びと、
一点モノの木に書いて、
果たして墨が散らないで乗るかどうか
という緊張が入り交じって、

大変興奮した仕事前夜を過ごしました。

当日は、まばゆいばかりの豪邸で、
社長さまご家族一家の前で、
お話ししながら目の前で看板を書くという、
これまた非常に緊張した時間でしたが、

ご家族のリアクションや熱を直に受けながら、
一緒に看板を仕上げることで、
すごく楽しかったですし、

私一人では書き得なかった
作品になったと思います。

こういう素晴らしい方とお仕事できるのは、
本当に光栄でありがたいです。

さて、前置きが長くなったのですが、
今回は、
大変質のよい生木をご用意いただき、
しっかりとした濃度のある墨で、
奥行きを感じながら書いてみたので、

墨が木の繊維に飛び散ったり、
にじむことはありませんでした。

墨も自然のもの。
上質な生木に入り込むことで、
また独特の香りを放ってくれます。

あとは、この看板に書いた筆文字が、
いつまで保ってくれるのか。

ですが、答えは、

ほぼ永遠に。

です。

理由はお分かりになりますか?

墨は高純度の炭素なので
そのままで千年以上保ちます。

今回はかなりの濃度の墨を使いましたので、
十分乾かせば大丈夫。

炭素なので
日光で色が褪せることもありません。

上からコーティングをしてもよいですが、
墨よりコーティング剤の劣化のほうが早いので、
却って保ちが悪くなる可能性があります。

最低でも2週間、しっかり乾かしておく。

ここで十分に乾燥すれば
雨で流れることもありません。

昔の掛け軸に書いてある書も、
字はちゃんと残っていますものね。

劣化は当然、紙の方が早いので、
紙が焼けたり、削れたりはしてしまいますが、
字は残る。

墨の力ってすごいですよね。

私は書道家として、
そこに命を吹き込める幸せを
改めて感じました。





※上の写真が以前の千代田さんの店頭。
下の写真が看板設置後です。




以前のフォントもとっても素敵ですが、
また雰囲気を変えられたら!嬉しいです♡


書道家のための独立開業コースでは、
こんな経験も活かして、
どんなお仕事もサポートしますので
ご安心くださいね。

夏休み1日集中講座、今年も7月、8月に開催いたします!
7/29(日)10:00-17:00@京都
8/11(土)10:00-17:00@東京・大崎
8/18(土)10:00-17:00@東京・大崎

今回は1日で起業の仕方と指導の仕方が学べるように
ブラッシュアップいたしました。

日程を含め、優先ご案内ご希望の方は、
ぜひメールでご連絡ください。
メルマガご優待価格でご案内させていただきます。

お問い合わせ→hana@hana-michi.com
お名前・職業・メールアドレスを明記の上、ご連絡くださいね。

■悪筆セラピーレッスン
2018年6月23日(土) 10:30~12:30
開場10:20→満席となりました!
増設!2018年7月8日(日)14:30-16:00
詳細お申し込みはこちらへ
https://hana-michi.com/lesson/akuhitsu_therapy/

■ご質問をお寄せください→質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)→https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年06月21日 17時24分00秒
2018年06月19日
カテゴリ:回答編
こんにちは。書道家の高宮華子です。

※夏休み!書道家のための独立開業コース1日集中講座開講します!
7/29(日)10:00-17:00@京都
8/11(土)10:00-17:00@東京・大崎
8/18(土)10:00-17:00@東京・大崎

6月中にお申し込み・お振込み完了の方に
早割特典があります。
(通常120,000円のところをご優待割引いたします)

優先ご案内ご希望の方は、
お名前、メールアドレス、職業を明記のうえ、
こちらにご登録お願いいたします。
→hana☆hana-michi.com(☆を@に変えてお送りください)

大阪での地震……本当に胸が痛みます。
どうか皆さまご無事でありますように。

自分自身もしっかりとコンディションを整え、
できることを全力で
1日1日を大切にしていきたいと思います。

さて、ご質問をいただいているので、
またお答えさせてください。

【たった1人の申し込みでもセミナー開催するべきですか?】




わ!いよいよ初めてのセミナーを開催されるんですね。
一歩を踏み出したわけですよね。素晴らしいです!

きっと質問者さんは、
その日に至るまでいろいろと考え、
想いを巡らせて、告知文を考えたり、
SNSにアップしたり、チラシを作られたことだと思います。

そして、お申し込みがあった!
それって素晴らしいことですよね。

お申し込みが1人だということですが、
1人いればあと30人はいます。
同じ想いを持った人が。

私は潜在顧客は
そのくらいいると思っていますが、
今のところの申し込み人数は1人。

うーん。迷いますよね。
そうですよね。
数字的にいったら赤字なんですものね。

結論から言ったら、私はやります。
質問者さんもきっとそうなんじゃないかなって思いますが、
いかがでしょうか?

たしかに赤字は経営としてはダメですよね。
だからやるべきことは、今週末のセミナー開催日まであきらめず、
あと3人集めることですよね。

なので、解決策としては、

1人でもセミナーを開催するべき理由と、
赤字を回避するための秘策の二本立てでいくといいかもしれません。

ではまず1本目。
1人でもセミナーを開催するべき理由。

これは、もう目の前にお客様がすでに1人いてくださる!
ということですから、
その1人の想いはやっぱり大切にするべきだと思うのです。

数字では1かもしれない。
4にならなければ赤字。

そうやってその1を切り捨てることは
カンタンですが、
その1は、ただの数字ではなくて、
あなたのセミナーを受けたいと思って
申し込んでくださった方の1です。

時間とお金の都合をつけて申し込んでくださった。
その思いはやっぱり大切にしたいですよね。

さらには、これはちょっとスパルタかもしれませんが、
たった1人を満足させることができなければ、
これからお客様が増えたときにも、
あなたはお客様を満足させることができない、
だから仕事は発展しない、ということです。

お客様の満足、愛は、
お客様が増えれば増えるほど、
あなた自身も増やしていかなければならない。

もちろん個人で事業をしている場合、
必ずしもお客様は100人必要ではないこともありますが、

例えば、

私だったらお弟子さん1人のときに、
私のもっている愛が100あった。

お教室が発展するにつれて、
おかげさまで、
お弟子さんが100人になった。

そして、お弟子さんが100人のときに、
私の愛は1/100になった。

……としたらどうでしょうか?

仕方ないですか?

私の愛の持ち分は100だから
1人のときは1人当たり100の愛。
じゃあ
100人になったときは1人当たり1/100の愛。

じゃダメですよね。

1人のときに100を与えられる人は
お客様が10人、100人と増えたら
×10 ×100 またはそれ以上
となっていける。

逆に、
1人のときに100与えられない人は、
お客様が10人、100人と増えたら
÷10 ÷100 またはそれ以下
になってしまうんです。

お客様は、自分自身、
1人を見てくれる人が好きなんです。
たとえほかのお客様が複数いてもね。

だから、今回の質問者さんの場合も、
これが大事な初セミナーな訳ですから、
もう全力という全力を尽くして、

たった1人のお客様に
100%、できればそれ以上の愛を伝えて、
めいいっぱい満足してもらってください。

目の前のお客様をめいいっぱい満足させた後には、
必ずそのお客様から発展する
素敵な未来が待っています。

ちなみに、私は、たった1人の場合でも、
もちろん開催しました。

あれは、起業当初、
学芸大学で開催した
シークレットセミナーだったかな。

「えー!私1人のためにすみません!」

と生徒さんは大変恐縮されましたが、

「逆にとても得しちゃった気分♪」

と言って、すごく喜んでくださいました。

そしてその方はいま、
海外でNGOされているのですが、
今でも繋がりを持ってくださっている
とても大切な存在です。

それから、
書道家のための独立開業コース卒業生の
T先生も、

場所は借りたものの、
全く集客できない時期があって、

それでもせっかく借りたんだから、
ここで仕事しようっと思って、
もちろん場所代では赤字だけど、
空席でもコツコツ通って、
そこでできる仕事をしていました。

自分以外、誰もいないセミナールーム。
でも、ドアの前には、
「〇〇書道教室」という看板が掲示されます。

そんな日を続けているうちに、
続けていることが認知になって、
なんと、通りすがりに
看板を見ていた人が通ってくれるようになりました!

すごいですよね!!

またさらには、
その場所の主催の方から、

「いつもありがとうございます。年末の講座、ご相談してもいいですか?」

と言われて、
年賀状講座のご依頼に繋がったという
素敵なエピソードもありました!

今できることのベストを尽くす。

これって、何事においてもとても大切だと思うのですが、

目の前のたった1人の満足から、
すべての仕事は発展していくんだと思います。

そして2本目。

赤字を回避するための秘策。

これは、コストを下げるか、売り上げを上げるしかないですね。

なので、コスト、といえば、
ご質問の限りでは詳しいことはちょっと分からないのですが、
場所代がかからないというのは大事かなと思うので、

お客様が1人であれば、
ホテルのラウンジでお茶代各自みたいにして、
場所代を使わずに、
素敵な環境でお話しゆっくりするみたいな形に
変化させてもいいかもしれないですよね。

あとは、素敵なマンションを持っているお友達にお願いして、
可能であれば、
ロビーでお話しさせていただくとか。

場所を変えたくない、
キャンセル料がもう100%かかってしまう、
という場合は、

やっぱりあと3人の方に来ていただくことが大事なので、
メールをお知り合いの方に一件一件(一斉メールではなく)
お送りするとか、
SNSで【シェア大歓迎】としてもう一度アップしてみるとか、

先に起業したりセミナーしているお友達に
実は……とちゃんと弱音を吐いて、
相談に乗ってもらったりするとかすると
きっと集まってくれると思います。




質問者さんのメールを拝見するに、
きっと開催したいんじゃないかな、という気がしたので、
もしそうだったとしたら、

背中を押すきっかけになれば
嬉しいなって思います。

頑張ってください♡


■書道家のための独立開業コース

夏休み1日集中講座、今年も7月、8月に開催いたします!
7/29(日)10:00-17:00@京都
8/11(土)10:00-17:00@東京・大崎
8/18(土)10:00-17:00@東京・大崎

今回は1日で起業の仕方と指導の仕方が学べるように
ブラッシュアップいたしました。

日程を含め、優先ご案内ご希望の方は、
ぜひメールでご連絡ください。
メルマガご優待価格でご案内させていただきます。

お問い合わせ→hana@hana-michi.com
お名前・職業・メールアドレスを明記の上、ご連絡くださいね。

■悪筆セラピーレッスン
2018年6月23日(土) 10:30~12:30
開場10:20→満席となりました!

増設!2018年7月8日(日)14:30-16:00
詳細お申し込みはこちらへ
https://hana-michi.com/lesson/akuhitsu_therapy/

■ご質問をお寄せください→質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)→https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年06月19日 15時47分46秒
2018年06月14日
カテゴリ:回答編
おはようございます。書道家の高宮華子です。

※夏休み!書道家のための独立開業コース1日集中講座開講します!
優先ご案内ご希望の方は、
お名前、メールアドレス、職業を明記のうえ、
こちらにご登録お願いいたします。
→hana☆hana-michi.com(☆を@に変えてお送りください)

東京は曇りの一日。
ちょっと肌寒いので寒暖差にお気をつけて
お過ごしくださいね。

さて、ご質問をいただいているので、
またお答えさせてください。

【自分に自信がなくて人前で話すと緊張してしまうのですが】




ということで、ご質問ありがとうございます。
そうですよね。私もめちゃくちゃ緊張していました。
昔は(笑)

テレビですよ!動画ですよ!
緊張しないほうがおかしいくらい(笑)

ですが、緊張してしまうと自分も辛いし、
さらに普段以上の実力がでないと
お仕事上でも残念になってしまいますから、
まずは、なぜ人は緊張してしまうのか、を考えましょう。

メンタリストのDAIGOさんによると、
実はあがり症の人のうち
「過去に大失敗をしたことがトラウマとなって、
それであがり症になってしまった人」は
ほとんどいなくて、
むしろ、
「これまで人前で話した経験がほとんどなかったために、
人前に出るとあがってしまう人」がほとんど、だそうです。

ということは、場数を踏むといいのですよね。
未知のことや、予測がつかないことに対する不安感から、
人はあがってしまう、ということですから。

なので、いきなり人前に出て話すよりも
準備段階として、
少人数前で話す、
モニターさんを募ってセミナー講師を体験してみる、
またはセミナー講師のアシスタントや
カバン持ちに立候補して、
人前で素敵に話している人のお手伝いをしながら、
講師の方の行動、話し方を観察し、
現場に慣れておく、などに、
トライしてみるといいかもしれません。

私のおまじない、、、というご質問に関しては、
やっぱり深呼吸や瞑想をして、
当日現場で慌てず落ち着いていられるように
コンディションを整えておきます。

よく手のひらに「人、人、人」と10回書いて、
飲みこむ真似をするといいという噂もありましたが、

それは自ら「私があがっています」と
意識させているようなものなので、
それを聞いてからはやめるようにしました(笑)

とまぁ、こうやって言葉にすれば簡潔ですが、
なかなかそうもいかないのが人間ですよね。

実際に質問者さんが、
人前で話す場でやっぱり緊張してしまったら、

素直に
「こんなに素敵な皆さんの前でお話しのするのは
ちょっと緊張してしまいますが……」と言ってしまうのも
いいと思うのですよね。

セミナー受講者の方も
どんな先生だろう?と緊張したりして、
結構同じ想いだったりしますから、
場が和みますし、私もそういう経験をしました。

それから、セミナーの場合だったら、
ご挨拶をした後に、
「本日のレジメは……」と
資料説明から入るとスムーズに話せますし、

あとはグッドオーディエンスを見つけて
(うなずいたり、好意的に聞いてくださる人)
緊張したらその方を見ると、
またうなずいてくださるので、
落ち着いて話が続けられます。

あとは、マインドセットとしては、
仮に自分に自信がなくても
自分の言っていること、自分が伝えたいことには
自信がある、と再確認すること、が大事ですよね。

自分の立ち振る舞いが、
人からどんな風に見られるか気になってしまったり、
外見、その他様々な理由で、緊張したり、
自信がないという場合もあると思いますが、

自分が伝えたいことには自信がありますよね?

私も今でもそんなに自信はないですが(汗)
師匠から習ったこと、受け継いだことには
もう十分過ぎるくらいの自信があります。

そしてそれを自分なりに、
困っている人、悩んでいる人に、
届けたい。

この想いにも自信はある。

そう思ったら、
私がこの仕事をしていて、
「自信がない」と言ったり思ったりしてしまったら、

私を育ててくれた師匠に申し訳ない。
目の前にいる人に申し訳ない。

そう思えるようになりました。

それから、例えば、好きな人に告白できないのは、
相手に好意を伝えたいという気持ちよりも、
相手に振られたら怖いという気持ちが勝ってしまうから、
告白できない。

つまりは、相手よりも自分の方がかわいいから。

大好きな人より自分の方がかわいければ、
告白なんてするものではありませんが、

自分がどうかいうよりも、
相手を想う気持ちが真剣で一流だったら、
きちんと想いは伝えられるはず、ですよね。

もちろん自分自身に自信をつけるために、
自分を磨くことは大切ですが、
それでも、自信がなかなか持てなかったり、
あがって緊張してしまう場合は、

心と身体は繋がっていますから、
ぜひこのマインドセットをしてもらえたらと思います。

朝からスパルタで申し訳ありませんが、
質問者さんが自信を持って
これからもお仕事の幅を拡げて、
さらには動画やテレビにも堂々と自信を持って、
ご出演されることを願っています。

ご質問ありがとうございました。

【無料メールマガジンのご案内】

成功する書道家になるためのメソッドが分かる!
https://note.mu/hanamichi33
美文字になるためのメソッドが分かる!
http://www.mag2.com/m/0000133838.html

■悪筆セラピーレッスン
2018年6月23日(土) 10:30~12:30
開場10:20
https://hana-michi.com/lesson/akuhitsu_therapy/

■ご質問をお寄せください→質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)→https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年06月14日 10時03分25秒
2018年06月12日
カテゴリ:回答編
こんにちは。書道家の高宮華子です。

先日、
【子どもがいないのに
子どもさんに書道を教えても大丈夫ですか?】
というご質問をいただき、

blogとTwitterでお答えさせていただいたのですが
https://plaza.rakuten.co.jp/hanamichi33/diary/201806110000/
この記事を読んでくださった
書道家のための独立開業コース卒業生3期の
書道家の先生からこんな素敵な反響をいただきました!




こちらの書道家の先生は、
優しくきめ細かな指導がお上手で、

また外国の大使館などでも作品を評価され、
展示、表彰されている素晴らしい女性です。

今はそれだけのご活躍をされていても、
起業当初はこんなお悩みがあったんです。

とっても心強いですよね!

また、書道家のための独立開業コース卒業生4期で
いまやニューヨーク展、
映画、テレビドラマの美術協力でも
大活躍の目時先生も、Twitterで、

>私は未婚で子供もいないので、最初は不安もあったけど、
書道を通じて学んでほしいことの根本は、老若男女一緒!と気づいてから、
その不安もなくなりました。

ただ、都会の習いごと事情は、初めて見聞きすることも多いので、
お子さんのいる同業者や、昔の同僚、飲み友達など、幅広くリサーチしてます。

という力強いツイートを♡

そうそう、本当にそうなんです。

不安なこともいっぱいあるとは思いますが、
自分の中に伝えたい熱い想いがあれば、
絶対に大丈夫!!

卒業生の書道家の先生方のお話しを聞くと、
本当にそう思います。


目時先生とは書道家対談もしていますので、
ぜひご覧ください!
https://plaza.rakuten.co.jp/hanamichi33/diary/201608080001/


【無料メールマガジンのご案内】

成功する書道家になるためのメソッドが分かる!
https://note.mu/hanamichi33
美文字になるためのメソッドが分かる!
http://www.mag2.com/m/0000133838.html


※夏休み!書道家のための独立開業コース1日集中講座開講します!
優先ご案内ご希望の方は、
お名前、メールアドレス、職業を明記のうえ、
こちらにご登録お願いいたします。
→hana☆hana-michi.com(☆を@に変えてお送りください)

■悪筆セラピーレッスン
2018年6月23日(土) 10:30~12:30
開場10:20
https://hana-michi.com/lesson/akuhitsu_therapy/

■ご質問をお寄せください→質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)→https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年06月14日 17時56分49秒
2018年06月11日
カテゴリ:回答編
おはようございます。東京は雨の月曜日ですね。
足元にお気をつけてお過ごしくださいね。

■しゅわしゅわサマーパーティーご案内■

7月1日(日)11:00〜13:00(開場10:30-)

会場:新宿サロン (44階のラウンジ)
※会員制サロンのためお申し込みの方に別途ご案内   

プログラム

開場10:30

11:00〜12:00
才能学七條先生トークライブ

12:00〜13:00
しゅわしゅわパーティー
夏に合わせたケータリングサービスの軽食付き

定員
着席18名
立食50名

詳細→
https://plaza.rakuten.co.jp/hanamichi33/diary/201806050000/


さて、ご質問をいろいろといただいているので、
またお答えさせてください。

【子どもがいないのに
子どもさんに書道を教えても大丈夫ですか?】





子どもが好きなら全く問題ない!と私は思っています。
現に書道のはな*みちでの学童書道
(小学1年生から6年生まで)の講師を務めてくださっている
先生たちもお子さんいらっしゃらない方もいます。
そして、それが理由で問題になったことは、
もちろん一度もありません。

保育園の先生だって、幼稚園の先生だって、
はたまたベビーシッターや
学校の先生だって、
お子さんいらっしゃるとは限らないですよね。

ただ質問者さんは、
もし、そう言われたらどうしよう、
みたいな不安はあるんだと思います。

私も実は当時そうで、
私が27歳で起業したときは、
まだ子どもがいなくて、
子どものことは大好きでしたけど、
お子さんの生徒さんは募集しませんでした。

理由は2つで、
最初のターゲットは20-30代の同世代の女性にしてたから。

もう1つは、これは私の友人が独身時代に
ECCジュニアの講師をしていたときに、
保護者の方から、
「あなたなんてまだ若くて子どももいないから」
みたいなことを雑談の中でしたが、言われたことがあって、

めちゃくちゃ悔しかったけど、
子どもがいないのは事実だから言い返せなくて、
つらかったという話しを聞いて、

随分なことがあるんだなーと思いながらも、
じゃあ、仮に私がそう言われたらどうかと考えたときに
27歳時点の私は、
明確な答えを持ち合わせていなかったので、
やめました。

なので、自分のなかで、明確な答えがなければ、
ちょっと考えたほうがいいとは思いますし、
その方が安心だと思いますが、

子どもが大好きなんです!
いっぱい教えてあげたいんです!

という気持ちがあったら、
自信を持ってお子さんに教えてあげればいいし、

そういう先生だったら、
そこをどうこう言う保護者さんは
いらっしゃらないんじゃないかと思います。
(そしてそう信じています。)

とはいえ、
気持ちだけでは乗り切れないこともあるので、
解決策としては、

「経験を積む」

ということがいいんじゃないかと思います。

つまり、もうすでに、
お子さんに教えている
書道の先生になってしまえばいいのです。
(未来の先取り、ですね)

具体的には、
親戚のお子さんや、
既にお友達でママになっている人のお子さんに
モニターとして体験してもらうとか、

手前味噌ですが、
書道のはな*みちの学童書道、
アフタースクール寺子屋碑文谷校でも
かわいくてやる気のあるお子さんがたくさんいるので、
そこで、書道講師を体験して
実績を積んでいただくのも
すごくいい経験になると思います。

そしたら、そのキャリアを見て、
またさらに安心して、
お子さんをお願いしたいという保護者の方が
現れると思います。

書道教室を始め、塾とかもそうですが、
実際に教えるクライアントはお子さんだけど、
スポンサーが保護者の方という場合、

お子さんとはもちろんですが、
保護者の方との信頼関係はとっても大事なので、

質問者さんがそうやって考えて配慮されることは
素晴らしいお心遣いだなと思いますし、
保護者の方にとっても安心だと思います。

今回もスパルタで申し訳ありませんが、

質問者さんが、大好きなお子さんに囲まれて、
大好きな書道を教えながら、
毎日楽しく過ごせることを
心からお祈りしています。

ご質問ありがとうございました。

■悪筆セラピーレッスン
2018年6月23日(土) 10:30~12:30
開場10:20
https://hana-michi.com/lesson/akuhitsu_therapy/

===

■ご質問をお寄せください→質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061

■note(成功する書道家になるための記事を書いています)→https://note.mu/hanamichi33

■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年06月12日 08時47分53秒
2018年05月24日
カテゴリ:回答編
Twitterの質問箱にご質問をいただいたのでお答えします。

・字が小さくしか書けないのですが、
どうしたらよいでしょうか?




良く寝て良く食べて、休養を取ってください~。

字の大きさや線はエネルギーの表れです。

元気があれば大きくゆったりとした字。
疲れたときは小さく頼りない字になります。

例えば、5センチの線を書くより1センチの線を書く方が
労力は少なくて済みますよね。
だから、元気がないと、省エネになってきて、
どんどん字が小さくなっていく傾向にあります。

文字を詳しく見ないと分からない部分もあるのですが、

小さい字というのは、几帳面、繊細である反面、
誰かに言われたことを必要以上に気にしたり、
人知れず傷ついたりということもあるのです。

姿勢や顔の位置(紙と顔が近すぎないように)に
問題がある場合は、それを正せばいいのですが、

そうでない場合は、
心身ともに、体調を整えることで
ゆったりと大きな字が書けるようになります。

質問者さんが、心身ともにいっぱい充電をして
元気になって、
自分の理想とする
大らかなゆったりとした字が書けますように。

書道のはな*みちがお手伝いできることがあれば
ご遠慮なくおっしゃってくださいね。

ご質問ありがとうございました。

#peing #質問箱 https://peing.net/ja/qs/43970061

悪筆セラピーレッスン
2018年6月23日(土) 10:30~12:30
開場10:20
https://hana-michi.com/lesson/akuhitsu_therapy/


■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年05月25日 06時08分11秒
2018年04月26日
カテゴリ:回答編
こんばんは。書道家の高宮華子です。
ご質問いただいた「書道教室でもペン字を教えるべきですか?」の
回答編です。



※この写真は家賃56,000円のワンルームを借りてサロンしてたとき。懐かしい!!

ご質問の方は、
「書道教室をメインにやっています。
ペン字だけを習いたいというリクエストを最近いただくようになりました。
やっぱりニーズがあるんだなとは思いますが、
自分としては、書道を学べば、ペン字も上手くなると思うし、
正直、教える自信もありません。

まだ生徒さんがたくさんいるわけでもないので、
この人のためにペン字クラスを作ってもいいかなとは思うのですが、
迷っています。

華子先生だったらどうされますか?
アドバイスお願いします。」

そうですよね……。
私もよく言われることだったので、
とてもよく分かります。

書道って本当に字を大局的に学べるし、
一つひとつの字にしっかりと向き合えるし、
すごくいいですよね。

字の上達以外にも、精神統一、集中力アップ、
礼儀作法、人生を生き抜く力、
心の浄化作業などなど……
得られることはすごく大きいと思います。

字に関しても、書道でもペン字でも、
理論は一緒、
ただ筆記用具が違うだけだと、
書道を教える身としてはシンプルに考えています。

一方で、
ペン字って本当にニーズがあるし、人気もある。

書道とくらべて、身近だし、
習いやすいという気持ちが生徒さん側もありますよね。

なので、決断に悩むときは、
「自分がこの仕事を通じてどう在りたいか」をもとに、
考えてみるといいのかなと思います。

私の場合は、
「書道の近道をご提案します」が最初のモットーだったので、
何がなんでも、目の前にいる悪筆で悩んでいる人を救いたい!
というのが行動指針。

もちろんすぐにペン字クラスを作りました。

私も、もともとは、書道を学ぶことが実は一番の近道だし、
大局的にも書道がいいと思っていたのですが、

目の前の悩んでいる人は、

とにかくメモの字をどうにかしたい
悪筆で人に迷惑をかけたくない
書道なんてまだまだハードルが高くてできない

そう思っているわけです。

そこで……

書道がハードルが高いんだったら、
筆ペンはどう?
それも難しいならペン字のクラスは?

長く通えるかどうか分からないから、
とりあえずお試しで3ヶ月コースは?
1日体験は?
1回30分のレッスンは?

漢字とが難しいテキストじゃなくて
まずは自分の名前、お子さんの名前、
会社の住所から始める?

じゃあ、基本は、まっすぐな線だから、
まずは線から練習しよう!

気軽に参加できるように、
お茶もお菓子もつけちゃうね。

私語OK!!

みたいな感じで、

どんどん階段を下ろしていったのです。

もちろん礼儀とかマナーとか、
基本的なことは大事ですよ。

でも学びの場は、
エネルギーがいっぱいで楽しいほうが
成果がでる。

成果や結果が早く出れば出るほど、
人はやる気が持続し、
さらによい結果が生まれる。

だから、私は、
ペン字のクラスを作り、
いずれ筆ペン→毛筆→師範コース
といったようにステップアップしていただけるよう
コースの設計をしたのです。

その結果、いまは200人以上の素敵な方たちが通ってくださる
書道のはな*みちになっています。


もちろん、ペン字のクラスを開設するのが
どうしても嫌だったら、
やらなくていいと思います。

最初から書道の良さを全開でアピールして、
書道から始めてもらうのも
いいと思いますし、

ペン字のお手本を書く自信がない場合は、
お手本なしで、生徒さんが自主的に書いてきたものを
添削はして差し上げるとか。

自分が書道教室をしているうえで、
どこを頂上にするか、
これさえ決まっていれば、
ブレることはないと思います。

「誰と会いたいか?どんな時間を過ごしたいか?どういう姿を見たいか?
その積み重ねで仕事はできている。」

これは、私が大好きな著者のお一人、
春明力さんの本からの一節ですが、
自分の在り方と照らし合わせるときに、
北極星となってくれる言葉だと思います。

愛のあるスパルタをいっぱいお届けしましたので、
ご参考になれば嬉しいです。


→まだ間に合います♡

■4/29.30GW集中!書道家のための独立開業コースを開講します■
http://hana-michi.com/kaigyo_course.htmll
■書道家のための独立開業コース 6ヶ月プライベートレッスン■
http://hana-michi.com/lesson/consulting_lesson/

■書道のはな*みち レッスン情報■
http://hana-michi.com/
■取材、企業研修、執筆のご依頼などはこちらからお願いします。
http://hana-michi.com/for_company/
■Twitterアカウント■
https://twitter.com/HanakoTakamiya
■facebook■
http://www.facebook.com/hanako.takamiya






最終更新日  2018年05月27日 17時06分05秒
このブログでよく読まれている記事

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.