069982 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

孝元と孝成の子育て奮闘記。もうすぐ骨髄移植から3年

October 12, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんばんわ。

昨日10月11日は孝成の5歳の誕生日でした。無事に5歳の誕生日を迎えることができました。孝成は2歳6ヶ月でJMMLと診断。診断されるほんの1週間前まではお兄ちゃんの孝元と元気よく韓国で幼稚園に通ってました。私も韓国ライフを満喫したな~。子供が幼稚園に行けば決まって同じマンションのママ友とランチしたり本当に楽しく暮らしてた。でも微熱が続く、中耳炎に繰り返しなる、何かがおかしい。そして扁桃腺の熱が3日下がらない。このときに私はすでに嫌な予感があった。絶対におかしい。すぐに病院に行かなきゃ。日曜日ともあり主人は明日でも病院にいけば?って話したけど私は絶対に行かなきゃと思い釜山大学病院の救急外来に行った。やっぱり悪い予感的中・・・・・・ここからは本当に思い出したくない本当に長い長い夜の始まり。採血の結果99%小児がんですとあっさりと医者に宣告された。私はえっ?小児がんと聞き返すと、だから白血病ですよ。ってまたあっさりと言われた。びっくりした以前に孝元の事が一番に頭をよぎった。まだ4歳にもならない孝元。寝ている孝元を一人マンションに残しとりあえず主人にきてもらい、これからのことを冷静に話をし、翌朝マルクの結果99.9%の確立で若年性骨髄単球性白血病だと宣告されました。だいたい日本では診断までに時間がかかりますが韓国ではすぐに結果がでました。あのときのまだあどけない孝元の 顔が今でも忘れられません・・・・・先生は移植でしか助かる道はありません。と一言。日本で治療を受けるか韓国で治療を受けるか私たち家族は究極の選択をしなければなりませんでした。私たちは日本で治療を受ける決断をしました。診断を受けて5日目で日本に帰ってきました。韓国を経つ日釜山の空港でお父さんと別れるのが本当に本当に辛かった。あの日からもう2年の歳月が流れ、孝元は7歳に。孝成は5歳になりました。本当に本当に今こうして元気に暮らせる夢みたい。もうしばらくは日本で診てもらうけど、韓国と日本離れてるけど子供たちのためあと少し頑張らなくちゃね。5歳の誕生日を迎えれたこと本当に感謝します。ドナーさんありがとう・・・・・・そして私たちを支えてくれているみんなありがとね。これからも一生懸命生きていきます。






Last updated  October 12, 2012 08:51:27 PM
コメント(1) | コメントを書く

Shopping List


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.