1069013 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

偏屈たぬきのへそまがり投資日記

PR

Profile


偏屈たぬき

Category

Recent Posts

Comments

偏屈たぬき@ Re:白いブラックスワン(11/23) ところがどっこい、 ここ10年ぐらいは、ず…
MEANING@ Re:白いブラックスワン(11/23) 僕も武者さんはいつも弱気のイメージが未…
偏屈たぬき@ Re:投資マネー(11/22) 消費しないピノキオさんへ コメントあり…
消費しないピノキオ@ 投資マネー 日常生活でのお金の実感と遊離している …
偏屈たぬき@ Re[2]:心の癖を知る(11/11) MEANINGさんへ MEANINGさんが、ご自身の…

Favorite Blog

日本商業開発から株… New! ふとし1115さん

マンション業界の展望 New! 原田ミカオさん

大衆は常に淘汰され… New! みきまるファンドさん

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

今日は日本カーボン… toms2121さん

バンコクに到着 staycoolKさん

みきまるさんのブロ… MEANINGさん

東莞のマンションの… mk4274さん

11月の権利取銘柄と… nonnon159さん

アークランドサービ… Night0878さん

Free Space

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Aug 6, 2017
XML
カテゴリ:指数あれこれ
ㅤ最近の日経新聞の記事で、”資本効率高い銘柄に資金 JPX日経400,1年11カ月ぶり高値”というのがあった。
 ”ROEの高い銘柄に資金が集まりJPX日経400が好調だ”というような内容なのだけど、
 調べてみると、この記事の内容は虚報ではないかと思うので、今回はそのあたりのことを。


(関連の日記)
〇JPX日経400の真実(その8)ー3年間のパフォーマンスは?
〇JPX日経400の銘柄入れ替えでTOPIX化が進む-JPX日経400の真実(その7)
〇JPX日経400の真実(その6)
〇JPX日経400の真実(その5)
〇JPX日経400の真実(その4)
〇JPX日経400の真実(その3)
〇JPX日経400の真実(その2)
〇JPX日経400の真実(その1)


1.日経新聞の記事

 8月2日の朝刊に下の記事が掲載された。
〇資本効率高い銘柄に資金 JPX日経400、1年11カ月ぶり高値

 すこし引用させていただくと、

自己資本利益率(ROE)などを基準に構成銘柄を選ぶ株価指数「JPX日経インデックス400」は2日、約1年11カ月ぶりの高値をつけた。資本効率の高い銘柄に資金が流入している。
年初からの上昇率は6.8%と日経平均株価(5.1%高)を上回る。

自社株買いでROEが向上しそうな銘柄を物色する動きは後退し、「海外投資家は純粋に足元のROEを評価するようになっている」(岡三証券の小川佳紀氏)という。

 
 JPX日経400が年初来高値を更新したことと、年初来で日経平均の上昇率を上回っていることを根拠に、”高ROE銘柄に資金流入→JPX日経400が好調” との見立てのようなのだけど、
 ダメダメ指標のJPX日経400がそんなに好調なのか?何か変だなという気がしたので、ちょっと調べてみた。



2.JPX日経400が好調なのではなく、日経平均が不調なだけだった

 一般的にベンチマークとして用いられることの多いTOPIXも見てみると、TOPIXも同じ日に年初来高値を更新していて、どうやら日経平均だけが不調の模様(日経平均の構成比で1割程度を占めるファーストリテイリングの下落の影響らしい)。

 日経新聞の記事では、JPX日経400が日経平均を年初来上昇率で上回ったということだけ取り上げているのだけど、
 これに一般的なベンチマークであるTOPIXも加えて比較したのが下のグラフ。

(1)JPX日経400、TOPIX、日経平均の年初来の推移


 案の定、TOPIXには負けている。
 これで、JPX日経400が好調とするのはかなり図々しいのでは?


 ところで、JPX日経400の母集団は、東証の全ての市場(市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQ )。
 ということで、東証1部以外の指標とも比較してみたい。

(2)東証2部指数との年初来の比較



(3)JASDAQ平均との年初来の比較



(4)マザーズ指数との年初来の比較



 JPX日経400は、全ての市場を母集団とする指標として、この推移では恥ずかしい限り。



3.3年間の比較では

 年初来の成績では後れを取っている日経平均だけど、もう少し長いスパンで見るとTOPIXを上回っている。
 日経平均の名誉のために、過去3年で比較してみる。

(1)JPX日経400、TOPIX、日経平均の過去3年間の推移


 過去3年で見ると、日経平均が最上位で、次にTOPIX、最下位がJPX日経400.


 せっかくですから、東証1部以外の指標とも比較してみますか。

(2)東証2部指数との過去3年間の比較



(3)JASDAQ平均との過去3年間の比較



(4)マザーズ指数との過去3年間の比較



 過去3年間では、JPX日経400は母集団である東証1部、同2部、JASDAQ、マザーズを代表する指標との比較で、マザーズ指数にだけは僅かに上回るけれど、他の指標には後れを取っている。

 こんな状況の中で、直近不調の日経平均との年初来の比較だけでJPX日経400が好調なんて記事を書くのは、いかがなものなんでしょうか?
 記者としてのまたは新聞社としての良識は無いんでしょうかね。



4.感想など

 ROE教の機関紙たる日経新聞としては、”株式投資において高ROE銘柄への投資が有効”というようなことを論証したいのだろうけど、
 そういう趣旨の記事は、どこかに無理があるものが多い。

 そもそもの”株式投資において高ROE銘柄への投資が有効”というような現象は日本では起こっていないのだから。

 ちなみに、この種のもので、これまでで一番笑わしてもらったのは、ちょうどROEが注目され始めた頃の某経済誌の記事で、
 ”自動車メーカーを比較して、直近のROEが高い銘柄を5年前に買っていれば儲かった”というような内容。

 そりゃ、直近のデータを見て、過去にさかのぼって株が買えるなら儲かりますよね(笑)。
 まあ、”高ROE銘柄への投資が有効”という無理なテーマを与えられたライターには少し同情もしますけど。。。



※同様の分野のランキング。優良ブログが見つかるかも。

にほんブログ村

にほんブログ村







Last updated  Aug 7, 2017 04:07:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
[指数あれこれ] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.