793283 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

お気楽主婦の東京食いしん坊日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

コメント新着

ikejiriguide@ 私もOGINO大ファンです こちらのプログでも紹介しています ikej…
Sol@ Re:KAN    東山(09/25) ここも長いですよね。使いやすいいいお店…
株式会社HIGASHIYA@ 電話番号削除のお願い 突然、コメント欄にて失礼いたします。 …
風来坊@ Re:しまだ    南青山(08/05) 今、しまだで面白い企画やってました。 …
うん@ Re:北京五輪女子サッカー最終予選・なでしこJAPAN vs 韓国代表(06/03) 見返り求めて応援してるならそもそも筋違…

お気に入りブログ

バックナンバー

2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2008年05月17日
XML
カテゴリ:フレンチ

昨年7月にオープン、瞬く間に評判の人気店となった
エディション・コウジ シモムラにディナーで伺いました。

最寄り駅は南北線の六本木一丁目、日本IBMのお隣のビルの1Fです。 

シェフの下村氏は22才で渡仏、ラ・コート・ドール、トロワグロ等
フランス、イタリアの三つ星レストランで8年の修行、
帰国後はジョージアンクラブ、FUU、フランス大使館などで活躍、
満を持しての独立となったようです。

期待でワクワクです手書きハートぽっ手書きハートぽっ手書きハート

 

edition3.jpg edition2.jpg

 
まずはグラスシャンパンで乾杯~
グラスシャンパンは2種類、大好きなシャルドネ種、エレガント手書きハート

 

edition4.jpg


アミューズ
生ハムとケッパーの茎バジル風味のミニハンバーガー仕立て
パルメザンチーズのチュイール

アミューズをつまみながらメニューを決めます。

こちらは9450yenのコース(前菜・魚・肉・デザート)と
13650yen~の食材、調理法を相談しながら決めるオーダー料理のコース。
魅力的なお料理があったので、13650yen~に決定です。
いくつかのお料理はメニューに記入してあります。
そこからのチョイスもいいし、アレンジもしてくれる。
その日の食材も教えていただき、決定していくのです。

我々があーだ、こーだといいながら決めたお料理をご紹介しましょうウィンク

 

edition5.jpgedition6.jpg


熱々のパン バターの上には岩塩がパラパラ~

 

edition7.jpg


海水で軽く火を通した宮城産牡蛎の冷製
海水と柑橘のジュレ岩海苔風味

岩海苔と牡蛎のムースの上に海水で軽く火を通した牡蛎、
その上に爽やかな海水と柑橘のジュレがかかって、上には乾燥岩海苔。

これ絶品手書きハート
それぞれの層が素晴らしく美味しく、そして見事にマッチ。
特に牡蛎の火の通し方がサイコー手書きハート
忘れられない一皿です。また食べたいぺろり

 

edition8.jpg


牡蛎の途中でシャンパンなくなったからグラスでシャルドネ

 

edition9.jpg


その後はボトルでボルドーの赤を。
お値打ちで、重みはあるけど柔らかいものをソムリエの方に
探していただきました。

 

edition10.jpg


これは私が欲したホワイトアスパラとお連れが欲したグリーンアスパラ、
そしてお店の方がフォアグラか帆立を一緒にどうですか?
と提案していただいた一皿。

お料理が運ばれて来たとたん、
グリルしたアスパラの力強い香りがプ~ンと漂ってきました。
ホワイトもグリーンもしっかり主役!
結んである細いアスパラは野生の物なんですって。
これ山菜です、蕗の薹のような苦みがグッド
もちろん、フォアグラも甘て美味しくってとろけちゃう~ぽっ

 

edition11.jpg


シャラン産鴨のロティ
ジロール茸。ズッキーニ、水茄子にオリーブペースト、
島おくら..

手書きハートな私にはたまらない。
表面はカリカリ、内側はジューシー噛めば噛むほど味わい深い。

 

edition12.jpg


ワインが余ったのでチーズを
コンテとエポワス

 

edition13.jpgedition14.jpg


一皿目のデザート アボカドとリンゴのムースリーヌ
13種類のスパイス風味
(これはどの方も共通のデザートのようです)

アボカドとリンゴを合わせたムース(甘味)とシロップを吸った
グレープフルーツ(酸味)が絶妙。
それにスパイスですよ~面白い!!

 

edition15.jpg


二皿目はスペシャリテのこちらをチョイス
再構築した苺のタルト

苺のタルトをバラバラにしたものらしい。
タルト生地を崩したものやピスタチオの食感も面白いし
苺が甘くて美味しいったらないのよぺろり
甘いもの好きじゃない私にはピッタリなデザートでした。

 

edition16.jpgedition17.jpg


最後は~~のムース(チョコレート風味でした)にカボチャのピュレ

エスプレッソ

非常に感動的に美味しいお料理達。

ただ残念なのが、なんだか店内がバタバタしている...
エレガントじゃないんだな。

ソムリエ氏をはじめ好感が持てるサービス陣なんだけど、
まだ上手く回っていないのかな~

しかし、それをもってしてもあまりある素晴らしいお料理でした。

最後は下村シェフが各テーブルを回りご挨拶してくださいました。

帰りには外まで送って下さり、
エレベーターのボタンまで押していただいて、恐縮~

「まだ知名度がないもので...」なんておっしゃっていたみたいだけど
なんの、なんの、ご謙遜を。
すぐに予約が取れないレストランになるはずです。

興味のある方は急いだ方がいいですよ~

私は次回はランチにでも行こうかな~

  

 Edition Koji Shimomura   港区六本木3-1-1六本木ティーキューブ1F
                 03-5549-4562







最終更新日  2008年05月19日 07時57分21秒
コメント(8) | コメントを書く
[フレンチ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.