322782 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

栃木の花旅

2017.11.08
XML
カテゴリ:栃木県と福島県
このところ季節外れの暖かい日が続いていましたが、E花旅が紅葉ドライブに出かけた10月30日は北風が吹きつけてとっても寒い日でした。(もう、10日も経ってしまったんですね)

直前までの台風の名残を心配しながらのお出かけでしたが、予報にたがわず暗い空、北からの冷たい風、晩秋を通り越して真冬の訪れを感じながらのドライブになりました。

トイレ休憩に立ち寄った「マウントジーンズスキー場」は雪まじりの時雨で、時折吹き付ける北からの突風に体を横向きにして歩かなければならないほど。
紅葉ゴンドラ目当ての観光バスがたくさん停車していましたが、当然のごとく「紅葉ゴンドラ」は運行中止。 きれいな紅葉もこの風ですぐに落ちてしまいそうでした。

     

国道289号、通称「甲子道路」。
ちょうど紅葉の見ごろではないかと見込んでやってきたのですが、せっかくの色づいた葉っぱも強い風に耐えられなかったのでしょう。

     

以前は「大黒屋」さんまでしか行けなかったこの道路も「甲子トンネル」が開通してからは混雑のない道路をスイスイ走れて快適なドライブが楽しめるようになりました。

途中の「道の駅しもごう」(「えまっと」という名前だったでしょうか?)の近くでは周りの山がとてもきれいでした。

     

予定していた「観音沼森林公園」も一応覗いてみることにしました。
甲子道路から観音沼へ向かう途中でバス2台とすれ違いました。
「観音沼」はカメラマンに人気のある場所だそうですが、やはり、バスを仕立てて来るほどの名所なのですね。
でも残念ながらもうほとんどの樹が落葉してしまって、きれいだったのは障害者用駐車場に植えられたドウダンツツジだけ。
その上、今にも雪でも降ってきそうな真っ暗な空・・・。

     

こんな場所で嵐に会うのも不本意なので、中には入らずにとにかく田島まで走ることにしました。

養鱒公園に向かう途中の道路わきの紅葉がきれいで、お天気がイマイチなのが残念でした。

     

甲子道路を走っているうちに次第に空は明るくなりましたが、道路わきの温度表示がどんどん下がって、一番低かった場所では、昼間なのになんと 2℃!
この冬一番の寒さでした。

「会津田島駅」近くのお蕎麦屋さんで食べた暖かいおそばが美味しかったです。

     

私がいただいたのは「揚げ餅せいろ」。
おそばは冷たいのですが、熱い汁の中に油で揚げたお餅と焼いたネギが入っていて、よく焼けたネギの香りが良くてとっても美味しかったです。
この量は危ないなあ、と思いながらもついつい完食してしまい、夜の体重計はご想像通りのすごい増量!
まあ、翌日から節制せざるを得ませんでした。

帰りは会津西街道を戻りましたが、この道沿いもいい色づき具合でした。

下は田島の道の駅で休憩した時の写真です。

     


     

栃木県に入ってからの塩原温泉街も色づき始めていましたから、今頃はちょうど盛りを迎えていることでしょう。

紅葉前線も次第に南下してきて、このところ宇都宮市内も急に色づいてきました。

冬に近づく今の季節の風景はなんとも名残惜しいばかりです。






Last updated  2017.11.08 23:50:11
コメント(0) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.