668615 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

栃木の花旅

全1288件 (1288件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.01.21
XML
カテゴリ:日光
一日中気持ちよく晴れて、アパートの廊下から見える日光の山々がとてもきれいでした。

     

群馬県境の白根山は名前の通りいつ見ても真っ白い雪を被っているのに栃木県側の男体山、特に我が家から見える東側の顔は山肌に残った白い筋状の雪だけです。

それにしても建物や電柱や電線が邪魔ですねぇ!

少し前ならこんな景色が見えたらすぐに車を出すところなのですが、さすがに歳をとったのかイマイチ気合が入りません。
廊下に出て山を眺めているだけで手が冷たくなり体が冷え込んでしまうような寒さでもありましたし・・・。
栃木県のコロナ感染者が増えているのも出かけるのをためらう大きな原因になっているのも事実です。


そこで昨日花旅仲間に送ったアーカイブスの写真を少し。

もう10年以上前になりますが、中禅寺湖畔の歌が浜でこんな氷の結晶?を見たことがあるのです。

     


木の幹にも、小枝の一本一本にも平らな板状の氷がついていて、それはきれいなものでした。

     

こんな形の氷を何というのでしょう?

樹氷? 霧氷? しぶき氷? エビのしっぽ?
全部違いますよね?
どなたかご存じだったら教えてください。 お願いします。

新年の初もうでは二荒山神社中宮祠と決めていて、そのたびに中禅寺湖畔の歌が浜には立ち寄っているのですが、こんな氷の花を見たのは後にも先にも一度きりなのです。

この日も空気がキンキンに冷えた朝だったのでしょうが、若いときは苦になりませんでしたよ。

     

この時期でないと見られないない身の引き締まるような厳冬の奥日光の景色、大好きです!






Last updated  2021.01.21 00:07:18
コメント(2) | コメントを書く


2021.01.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりに自分のブログを開いてみてびっくり!
タイトル画像は紅葉の明智平のままだし、いまだにあきらめず訪問してくださっている方もいらっしゃるみたいだし・・・!

大変失礼いたしました。

パソコンを変えるのを言い訳に休み始めたらなんだかそれが当たり前になってしまって今日まで来てしまいました。

せめてタイトルだけでも変えておくことにして今日から冬の前日光でお付き合いください。


このところ栃木県のコロナ感染者数が増えるばかりで少し前から10万人当たりの感染者数が 東京、神奈川についで3位になったと思ったらいつまでもそれを維持したまま・・・。

今年は喪中だったこともあり、恒例にしていた奥日光の二荒山中宮祠に詣でることもなくずっとステイホームの暮らしを続けています。

山歩きを趣味にしてきたにしては意外に(実は意外でも何でもないのですが)インドア派の私、家に居続けることに飽きることもなく日々を楽しんできました。

最近の私の頭の中はいろいろなことを考えたり、過去の思い出をたどったりしていることが多く、たまに車の運転をする時には、さあ、これからは余計なことを考えないように、と自分に言い聞かせてからハンドルを握ることにしています。

寒い日々が続いていますが、少しずつ日は長くなり寒梅や蝋梅の花だよりも聞かれるようになって自然は着実に春に向かっているのを感じます。

一日も早く本物の春を笑顔で楽しめようになりたいと願う毎日です。






Last updated  2021.01.11 23:06:06
コメント(2) | コメントを書く
2020.11.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
数日前に2階のベランダから写した写真と似たような画像をネットで見つけました。

11月6日(金)の夕方4時半頃、あまりに西の空が赤いので思わずスマホで写したのがこの写真。

             

モコモコとした雲の間から差す赤い日差しは夕焼けと呼ぶにはふさわしくないし、夕焼けの翌日はいいお天気になるはずなのに、この翌日のお天気は良くなかったし・・・との疑問が一気に解決しました!

雲の名前は「ひつじ雲」。 雲ができるのは高さ 2,000m程度。

似たような形の「うろこ雲」はもっと高く上空 5,000m以上にあり、どちらも天気が崩れる前兆なのだそうです。

ネット上にはもっと詳しい説明があったのですが、私にとっては「ひつじ雲」を知っただけで充分満足です。

この時間帯に花旅仲間の女性たちはみな西の空をながめて自然の作り出す素敵な光景に見入っていたことが分かっています。

コロナ禍の今は一緒に出かけることはありませんが、自然が大好きな仲間が同じ時間帯に同じ感動を味わっていることがわかっているだけで大きな幸せを感ずることができてありがたいです!


このところブログを書くのが億劫になっていました。
原因はカメラの画像を取り込むのがうまくできなくなっていること。
Windows10には対応していないのがわかっているキャノンの画像編集ソフトをだましだまし使っていたのですが、突然フェイドアウトしたり、画面が真っ暗になったりとストライキを起こすようになってしまったのです。

あきらめて新しいソフトを導入したのですが、機能がやたら多すぎて自分がやりたい操作がどこに隠れているのかまだつかめないでいます。
スマホからアップしてもいいのですが、時間はたっぷりある身なのでもう少し四苦八苦してみようかと思っています。

さて、どうなりますことやら・・・?






Last updated  2020.11.10 00:01:13
コメント(1) | コメントを書く
2020.10.29
カテゴリ:日光
栃木の山々が紅葉の美しい季節になってきました。

今見頃になっているのは標高1,000m前後の場所。
奥日光のいろは坂や中禅寺湖周辺は平日でもかなりの渋滞が発生していると聞いています。

高齢者が渋滞に合わず、静かに紅葉を楽しめそうな場所として選んだのは平家の落ち武者の里、湯西川。

私たちが選んだコースは霧降高原から旧栗山村土呂部を経由して湯西川に入るちょっとマイナーなコース。

霧降高原もかなり色づきが進み、青空にも恵まれて、六方沢から高原山や月山、夫婦山がすっきりときれいに見えました。

     

六方沢橋付近は標高が1,400m以上あるので、もう紅葉は終わっているかと思いましたが、橋の下を覗くとまだきれいな錦絵でした。

     

以前は柵の上からのぞき込むことが出来たのですが、自殺者が多く出たために柵は高く柵の幅も狭くなったので写真が撮りにくくなってしまいました。
柵の外にスマホを出すのはリングでもつけていないとちょっと怖いです。

大笹牧場で一休みして下っていくと鬼怒川沿いの山々の紅葉がとてもきれいでした。

川俣方面に少し進んで土呂部方面に右折するとあとは一直線に登っていくだけ。

土呂部ダムもいい色合いでした。

     

本物はもっときれいだったのですが・・・

きちんと舗装された道路ですがさすがに道幅は狭く時々来る対向車とのすれ違いには気を使います。

道沿いはずっと赤や黄色の紅葉の林が続きます。

        

以前福島県の田代山に登るときはこの道を使っていたのですが、いつからかほとんど全面開通していることがなくなってしまいました。

私たちが行ったこの日も湯西川との分かれのところに通行止めの標識。
行けるところまで、と先へ進むとやはり山の神のそばの馬坂林道への分かれのところにゲートがありました。
私たちがここまで入っていったのは大きくてきれいなもみじにご挨拶したかったから。

        

見上げると明るい日ざしを透かして赤や黄色の細かいもみじの葉がキラキラ輝いていました。     

        

湯西川方面に車を進め、温泉街や平家の里を通り越して私たちが目指す目的地は安が森林道を入った安が森キャンプ場、安らぎの森。

この日、この道で出会ったのは一台の清掃車。 道路の落ち葉を箒で掃いている作業員が二人!
毎日どれほどの落ち葉がたまるかわからないような場所でのこの作業! 気が遠くなるようです。

キャンプ場は平日とあってか車が一台もなかったのでこの景色を見ながらお弁当を食べました。おにぎり


     

正面の建物は宿泊施設。 キャンプ場の受付やテントなどの貸し出しもやっているそうです。

この芝生の部分に入るのにも入場料を取られるとは後で知って驚きました。

私たちの目的地は安が森林道を1kmくらい?入ったところ。

        

「周遊歩道 2.7km」の標識のある場所です。

下に下りて行けば流れのそばの美しい景色が見られます。

     

私たちは反対側の階段を登って紅葉の森の中を歩いてきました。

        

今年の紅葉は台風に傷めつけられていないので、かなりきれいでした!

     


     

ここに停まっていたのは私たちの車をいれて3台。

クマの心配が頭をよぎったけれど、立派なカメラを持った方がこれまた大きな音のするクマ鈴をつけていてくれたので一安心。
そばを歩いていたのはキノコ採りの籠を腰に下げた地元の方。
もう一台の車で来ていたのは地元の旅館の関係者の方。
ヤマナシの実を集めに来ていたところで、小さくてかたいヤマナシを果実酒にしてお客さんに出すのだそうです。 金平糖と一緒に!
下戸の私も飲んでみたくなりましたよ!カクテル音符

帰りは湯西川ダム建設で新しくなった快適な道を走ってきました。

道路がきれいになって遠い所だった湯西川がぐんと近くはなりましたが長いトンネルが多くて美しい紅葉の山が見えなくなったのは残念です。

川沿いのくねくね道を紅葉した山々を見ながら走ったのが懐かしいです。

 
     

湯西川ダムの下流の方の紅葉はまだこれからのようでした。

さらに川治、鬼怒川と下ってきて宇都宮が美しくなるのはいつ頃になるのでしょう?

できるだけゆっくりと秋を楽しませてほしいものです。






Last updated  2020.10.31 00:21:39
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.25
カテゴリ:日光
旧栗山村の月山に出かける予定を立てていた仲間から、途中が通行止めになっていて行くことが出来ない、という情報をもらい調べてみました。

すると今年の4月下旬から日蔭牧場から先が通行止めになっていました。
原因は月山トンネルに崩落の危険があるため。

いつもの駐車場は栗山ダムの前。 トンネルを通らなければ絶対行くことはできません!
しかも解除の予定はないとのこと!

5月初旬にはアカヤシオで全山ピンクに染まる美しい山なのに、何とも残念です。

この山が秋には赤く染まってとても美しいのですが、登る人はほとんどなく私たちの秘密の場所のひとつだったのに・・・。

ピンクの花が咲くアカヤシオは秋になると真っ赤に紅葉してとてもきれいなのです。
ちなみに現在ブログトップに使っている画像は奥日光の明智平。
真っ赤に紅葉しているのはアカヤシオです。


行けないことが分かると余計に懐かしくなったので過去の10月24日に登った月山の写真で思い出を振り返ってみました。

登り口はロープにつかまっての急登。

     

登山道はどこまでも続く紅葉の道。

     


     

少し登ると栗山ダムの水面を見下ろすことが出来ます。
なんとこの日はダム湖の上に虹がかかっていました。どきどきハート

     


月山山頂です。
登ったことのある方は、あのアカヤシオだとすぐにわかるでしょう?

     

霧降高原、六方沢方面が良く見えます。
後ろの山は赤薙山、女峰山方面。

     

少し下ると今市ダムが見え始め、下りの道すがら何度も見ることが出来ます。

     

下ってきたバーベキュー広場はこの季節は背丈よりも高いススキが見事でした。


    

駐車場に戻る道すがらもきれいな紅葉がずっと見送ってくれました。

     

いつの日か再びトンネルが通れるようになったらぜひおすすめしたい山のひとつなのです。






Last updated  2020.10.25 00:31:22
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.24
カテゴリ:その他の栃木県
晴れ間が戻った21日、奥日光の紅葉が盛りを迎えているのは分かっていても途中の車の渋滞を想像すると足が向きません。

特に高齢者は若い人たちのお邪魔はしない方がいいと思うので、とにかく人の少なさそうな静かな場所を狙ってドライブを楽しんできました。

最初の目的地は鹿沼市の奥の前日光高原。
でも、宇都宮は高い青空だったのに山には暗い雲がかかっていてちょっとがっかり!


     

それでも広々とした場所に立って色づき始めた山々を眺めると気分がスカッとしました。

     

放牧されている牛たちが里に帰るのももう間もなくでしょうね。

少し散歩をして戻る頃、青空が見えてきましたが、とうとう男体山の頂上までは見えませんでした。

     

昼食は足尾の銀山平で。

     

まわりにバンガローの並んだ広い芝生にはあとから来たもう一組のご夫婦とたった4人だけ。

前日光では 7℃ と低い気温だったのに日差しのあるこの場所はまるで日向ぼっこをしているようでお腹がいっぱいになると眠気が差してくるような気持のよさでした。    

もみじの色づきも始まっていましたからこの木が真っ赤になるころは訪れる人も多くなるのかしら?

     

この後国民宿舎かじか荘の前を通って備前楯山経由で三川合流の地点まで。

備前楯山の駐車場には2台の車が停まっていました。
知っている人は知っているんですね。 
これからの時期、備前楯山の紅葉もきれいなんですよ~!
でも、今年はちょっと足がすくみます。
この山の山すそにはツキノワグマが生息していることが分かっていますから・・・。

三川合流とは松木川、仁田元川、九蔵川の合流地点。

昔はこの川沿いにも集落があったのですが、足尾銅山から出る亜硫酸ガスや大火事などの被害で廃村になってしまいました。
現在はきれいな砂防ダムが作られ、銅(あかがね)親水公園として整備されています。

     

ここに来てこの日初めてたくさんの車が停まっているのを見ました。
それも首都圏方面の他県ナンバーばかり。 予想していなかったのでちょっとビックリ!
すれ違ったバスには小学校高学年と見える子供たちが乗っていました。
足尾銅山と鉱毒事件の学習に来ていたのでしょう。

     

このダムから先が渡良瀬川です。

最後に走ったのは足尾と日光を結ぶ旧国道122号線。細尾峠(1193m)を通る道です。
1978年に日足トンネルができてからは国道の座を明け渡したほとんど車の通らない山道です。

細尾峠は薬師岳、夕日岳、地蔵岳、また茶の木平への登山口となっていますが、この日は車は一台も停まっていませんでした。
マイナーな山だし、今年はクマも心配ですから当然かな・・・。

でも、紅葉がとてもきれいなところなんですよ。
この日も近くの薬師岳がいい色に染まっていました。


     

観光道路ではないので見晴らしの良い場所は少ないのですが、いい場所を見つけたらどこでも車は停め放題。 対向車がほとんどないのですから・・・。

     


     

きれいな紅葉を見て降りてくると、いろは坂方面からきた車の多さに驚きました!
2時を少し回ったばかりなのに信号の先にも帰りの車がつながっていたのですから・・・。

有料道路に入ってしまえばスイスイなのですが、夕方首都圏まで帰る車の運転手さんには頭が下がる思いです。

こんなに大勢の方が訪れてくださる日光という場所がありながら、どうして栃木県は魅力度最下位なのでしょう? 不思議です!

個人的には、中途半端でなく思い切って最下位という位置、私はきらいではありません。スマイル






Last updated  2020.10.24 00:12:07
コメント(2) | コメントを書く
2020.10.17
カテゴリ:日光
10月14日の朝、仲間のNちゃんからきれいな画像が届きました。

          

          

奥日光の「竜頭の滝」と「金精峠」付近の紅葉です!

もうこんなにきれいに色づいたのか、と思うと家にいるのがもったいなくなって10時をまわってから夫と2人でNちゃんの後を追って奥日光へ行ってみることにしました。

いろは坂は霧降方面からの霧が流れてきて視界不良。
紅葉もまだほとんど色づいてはいませんでした。

でも、標高約 1,300の中禅寺湖畔まで登ると色づき始めた木々が目につくようになってきました。

        


そして、お約束通りに丸山駐車場に着くころは霧も晴れ、ボートハウスに着いた時には空は青く広がって暑くもなく寒くもなく実に気持ちが良かったです!

     

絶好のドライブ日和になってきました!

まずはNちゃんの後を追って金精峠まで行ってみることに。

以前の奥日光は今頃の季節にはノロノロ運転で進むほかなかったのですが、さすがに今年は混雑するほどではありませんでした。 それでも一時期よりは県外ナンバーの車が多く、団体旅行のバスもたくさん走っていました。
道路はスイスイでしたがさすがに紅葉名所の竜頭の滝はこの時間になってしまうと混雑している様子なのでそのままスルーして先へ進みました。

赤沼手前のミズナラ林がきれいに色づいていました。

     

戦場ヶ原の脇のズミの木には真っ赤な実がたくさんついて、まるで花が咲いたよう・・・。
今年は台風が上陸しなかったので、木の葉もズミなどの実も落ちないで残っていてくれたのでしょう。

     

竜頭の滝を過ぎるとこんなに道路が空いているなんて、いくら平日とはいえ想像していませんでした。
思い切って出かけてきて良かった~!

標高の高い金精トンネル入り口(1,840m)では紅葉が見ごろを迎えていました。

     

     

金精峠からNちゃんたちは湯の湖を一周して帰るという連絡があったのですが、年寄りの私たちはドライブだけ。
山王林道を通って旧栗山村に抜けて帰ることにしました。

初夏にズミの花がきれいだった光徳入り口のズミの林の中へ入ってみました。

     


     

このあと、光徳牧場付近のミズナラ林を走るのが気持ち良かったです。

     


山王帽子山は思った通りの色づきでした。

     

     
     

この道でのびっくり出会いは・・・

     

キツネ(ホンドギツネ)でした。
奥日光ではシカに会うことはよくありますが、キツネに会うのは珍しいのです。
なぜか車の窓を開けても逃げようともしない不思議なキツネでした。

山王林道を先へ進んで旧栗山村に入り、川俣の少し手前のところで、黒い影がす~っと横切り道路わきの藪の中へ・・・??!!!

「えーっ! 今のクマだった?」
「たぶんねえ!」

カーブの多い道なので一瞬しか見えなかったけれどおそらくはクマだったのでしょう。

山王林道は去年の台風以来通行止めになっていて、つい最近(9月末)に通行可能になったばかりなので長い間この辺りは野生の王国になっていたのかもしれません。

人間様は邪魔ものですよね~!

栗山村を抜け、霧降横断道路へ。

六方沢橋あたりで紅葉が見られるかと期待していたのですが・・・

        

霧降はやっぱり霧の中・・・それもかなり深い霧だったので何にも見えませんでした。

     

キスゲ平ではうっすら色づいた木が見えていたので、晴れたらきれだろうな、と心を残して帰りました。


この記事を書いているのは17日(土曜日)。
朝から冷たい雨が休むことなく降り続いています。

せっかくの行楽シーズンなのに何ということでしょう!

人生の秋もゆっくりと過ぎて行ってほしいと願っているんですけどね~!






Last updated  2020.10.17 15:55:34
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.12
カテゴリ:那須
紅葉見ごろの姥が平に行ってきたNちゃんから写真が届きました。

あいにく霧雨だったようですが、風も穏やかで昨日までのような寒さも感じることなく楽しく歩いてくることが出来たようです。


      

姥が平に下りていく途中からの写真ですね。
かすかに焼け残った木が見えています。

そして、姥が平に下ったところ。

     

茶臼岳が見えなかったのは残念でしたが、紅葉はまだきれいでしたね!


     

台風が去った後だというのにひょうたん池が全く波立っていないのは幸いでした。

左側のツツジの葉がだいぶ落ちてしまいましたが、直前の寒さで落葉が進んだのでしょうか・・・。

昔は「台風一過の秋晴れ」とよく言ったものですが、最近は台風が過ぎてもどんよりした日が続くことが多くなったような気がします。

でも、多少の雨や霧でも姥が平は十分楽しめる場所です。

今週いっぱいは見ごろが続くでしょうか・・・。






Last updated  2020.10.12 23:47:10
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.09
カテゴリ:那須
小田代ヶ原の草紅葉が終わるころ、本格的な栃木の紅葉シーズンは那須の「姥が平」から幕を開けます。

姥が平の紅葉の写真を見てその美しさに感動しあこがれ続けて、ようやく思いがかなったのは50代半ばの頃。

自分の目で見た姥が平は写真の何倍もの美しさでした!

それまで紅葉というのは見上げるものだったのに那須の紅葉は足元に広がる真っ赤なじゅうたんのようで、自分の体がその赤い色の中にすっぽり包み込まれるのがうれしくて、すっかりお気に入りの場所になり毎年のように通いつめたものです。

私たちはロープウェイを利用し、牛ヶ首経由で姥が平に向かう楽なコースをとるのがほとんどでした。

     

ロープウェイを降りた時はまだ緑が残る景色ですがそれでも盛りの時期はじゅうぶんきれい!

さらに牛ヶ首に向かってピークを一つ越えるたびに赤い色の深みが増し、そのたびに仲間たちの歓声があがったものです。

     

この真っ赤な斜面はまるで茶臼岳からの溶岩の流れのように見えませんか?
那須はツツジ類が多いので赤系統の色に紅葉するようです。

殺生石との分かれのあたりも大好きな場所でした。

     

牛ヶ首から見下ろした姥が平。

     

白く見える場所まで下りて行った場所が絶景ポイントであり、格好の休憩場所になっています。

晴れた日には下る途中から見る流石山方面が素晴らしかった~!

     

枯れた木は茶臼岳が過去に噴火した時の名残だと記憶しているのですが・・(ちょっと自信がない しょんぼり

砂地のような広場から見上げる盛りの紅葉、そして、その上に噴煙を上げる茶臼岳のどっしりした姿が見えれば最高に幸せな気分になれました。

     

でも、天気が悪ければ茶臼岳が見えないこともしばしば・・・。

     

こんな霧の中の景色もしっとりしていていいものでした。

少し季節が進んでしまうと・・・

     

木道を歩いてひょうたん池まで行くのは逆さ茶臼岳を見る楽しみがあるから。

     

でも、ここの展望場所は狭く、混んでいるときには写真を撮るのも遠慮がちになってしまいます。

霧の日などは人が少なくかえって幻想的な紅葉をゆっくり楽しむことが出来たような気がしました。

     


     


また、深い霧の日に歩いていて思いがけず見つけたものがありました。
足元に小さな赤い花が咲いているかと思ったら・・・。

     

硫黄ガスが噴出する場所に見られる「イオウゴケ(硫黄苔)」。
ハナゴケ科ハナゴケ属の地衣類だそうです。
赤い色の部分は「モンローリップ」。 なんだか笑えました スマイル

遠望が利かず下ばかり見ていたからこそ目についたもの。
どんな時にも楽しみはあるものだと感じました。

7日水曜日、NHKの夕方の番組の中で姥が平の映像が流されていました。
今年は夏が暑かったので、まだ盛りには早いようでしたが、昨日、今日と11月並みの気温が続いています。現在午後1時を過ぎた宇都宮市内でも暖房が欲しくなるくらい冷たい雨が降っています。

冷え込みの厳しい姥が平では一気に紅葉が進んでいることでしょう。

これからお出かけになる方、那須は天候の変化が激しい所です。
暖かい服装、カッパは必携ですよ!

自分の足で行けなくなった私はこうして過去の写真で行った気になって楽しんでいます 音符






Last updated  2020.10.12 23:23:19
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.05
カテゴリ:日光
若くて元気な花旅仲間から奥日光の写真が届いています。 

今の狙いどころは小田代ヶ原の草紅葉。

最初に届いたのは9月30日。N恵さんからでした。

          

一日中良く晴れて気持ちの良い日でした。
そして、朝方冷え込んだ戦場ヶ原に初霜の降りた日。

霜が降りたら草紅葉も終わりかしら?と思っていたら昨日(10月3日)歩いて来たNちゃんからの写真でもまだ小田代ヶ原は帯状に染まった草紅葉がとってもきれい!

     

     

     

早めの緑が残った草紅葉も、こっくりと濃い目に染まった草紅葉もそれぞれに趣があるので、結構見ごろは長いのかもしれません。

私の花旅アーカイブスから早い時期の小田代ヶ原とちょっと遅めの小田代ヶ原を・・・。


     

上の写真は2006年9月20日。

そしてこちらは2010年10月8日の小田代ヶ原。


     

さて今の小田代ヶ原はどんな色をしているのかしら?






Last updated  2020.10.05 00:01:35
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1288件 (1288件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.