461486 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

栃木の花旅

2019.05.22
XML
カテゴリ:日光
5月16日はE花旅の仲間たちと、翌5月17日はいつもの花旅の仲間たちとつつじが盛りの霧降高原で遊んできました。

霧降の滝入り口の「霧降高原つつじヶ丘」に自生するヤマツツジは16日には色鮮やかでとてもきれいでした。
たった一日違いの 17 日は前日の雨で花が傷んでしまったのか、赤い色が少々抜けた感じがしたのは連続で行ったからこそ分かったこと。
ちょうどよい時期に当たるというのは難しいようですね。

霧降の滝入り口付近ではもみじなどの新緑が美しく、そこにヤマツツジが赤い色を添えている景色がとてもきれいでした。

     

奥のつつじヶ丘には庭植えのツツジからは想像できないような大きさの立派なヤマツツジが群生していました。

     

つつじのトンネルの中に入ってみると・・・

     

見上げるようなヤマツツジがいっぱい!

     

トンネルを抜けた先にはベンチの置かれたちょっとした広場がありました。

     

トンネルの下に咲いていたのは「ツクバキンモンソウ」。

     

     

つつじの中を歩いて楽しめるように遊歩道がめぐらされているようでしたが、私たちはほかのツツジも見たいので先を急ぎました。

E花旅が次に車を停めたのは「キスゲ平」。
天空回廊を少し登ってみましたが、足元にはまだ「カタクリ」の花が咲いていました。

     

ここではまだ本格的な春の訪れは先になりそうです。

期待していた「トウゴクミツバツツジ」はやっと色が見えてきた程度。
「シロヤシオ」に至ってはつぼみの数が少なく、今年は期待薄かと残念な気持ちになりました。

     


霧降高原道路をさらに先へ。

六方沢では2日ともお決まりの霧が出迎えてくれましたが、一瞬でも晴れることを祈りました。

     

E花旅ではこの後「大笹牧場」を回って帰りに寄ったときに、奇跡ではないかと思うように霧が晴れて念願の美しい「アカヤシオ」の姿を見ることができました。

     

行きには見えなかった山全体のアカヤシオに歓声が上がりました。

花旅仲間の時にも最初は霧で見えなかったのに少し待つと私たちの願いがかなったのか青空まで出てきて大好きなアカヤシオの美しさに浸ることができました。

     


     


     

アカヤシオをはじめとするヤシオツツジはほかのツツジのような華やかな印象ではなくひっそりと静かな佇まいで咲いています。

アカヤシオ、シロヤシオ、ムラサキヤシオ・・・どの花も一度見たらとりこになる存在感のある花です。

人里離れた山に春の訪れを告げるヤシオツツジが栃木県の花であることがうれしく、また誇りに思えてきます。

つつじ巡りはまだ続くのですが、今夜はここまで。






Last updated  2019.05.22 00:31:32
コメント(0) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.