482735 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

栃木の花旅

2019.05.22
XML
カテゴリ:日光
標高が 1,400mを越える六方沢橋から 1,200 m 前後の大笹牧場に向かって下っていくと次第に緑が目立つようになり、放牧場の牧草も程よく伸びてきれいな緑色になっていました。

16日にはまだ出ていなかった牛をはじめとする動物たちが17日には姿を現していて、高原の牧場にも明るい春がやってきたのを印象付けていました。

     


     


      

ポニーや子ヤギなどがとてもかわいくて子供たちが喜びそうです。

駐車場の奥がドローン体験場になっていました。


     

休日にはドローンを飛ばす体験をさせてくれたり、プロの技を見せるアトラクションなどが催されるようでした。

この草地の先に咲いているのがトウゴクミツバツツジやヤマツツジなど今日の目的のツツジ類です。
遠くからでもピンクや赤い色が見えていました。

明るい紫紅色がトウゴクミツバツツジ。

     

ちょうどこの時期が盛りだったようです。 きれいないい色でした。

ヤマツツジはこの辺りでは咲き始めたばかりでまだつぼみがたくさんありました。

     


     

山や高原にツツジの咲くこの季節は一年中で一番気持ちの良い時期、木々の間を飛んでいる鳥の声も楽しそうに聞こえます。

高い木のてっぺんに止まっていたこの鳥、名前は分からないけれど色のきれいな鳥でした。

     

最近は急に暑くなったり、寒さが戻ったり、大雨が降ったり・・・言葉通りのさわやかな「五月晴れ」の日が貴重なものに感ずるようになりました。

毎年決まった時期に決まった植物の開花を見られるのはありがたいことなのかもしれませんね。

     






Last updated  2019.05.23 23:07:07
コメント(0) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.