183100 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ハナチョコの少額投資で叶えたい不労所得のある生活

PR

X

全5件 (5件中 1-5件目)

1

楽天ポイント投資

2020年07月15日
XML
カテゴリ:楽天ポイント投資
​​​​​​​​


夢をかなえるために、
将来の大きな出費のために、
老後のために。


貯金したい、
積立を始めたい。


そう考えている人も多いことでしょう。


中には、
ただ預金で積み立てても金利もつかない。
どうせ貯めるなら、
リスクはあるけどリターンも見込める投資信託がいいな。

と考えたところまではいいのですが、
いざとなると最初の一歩が踏み出せない・・・

そんな人もいるでしょう。


踏み出せない理由のひとつに、

今って良いタイミングなの?
悪いタイミングなの?

と、いう問題があるかもしれません。



奇しくも2020年は、
新型コロナウイルス感染の影響で、
金融市場は大きく揺れ動きました。

ちょっと怖いなぁ…って感じた方もいれば、
絶好のチャンスだった!と感じた方もいるでしょう。



そこで。


積立型の金融商品を買い始めるのに
タイミングって考えた方がいいの?という点について、
参考のひとつになればと思い、
ハナチョコの実例をご紹介したいと思います。



・・・・・・・・・・


ハナチョコの場合。

投資信託を使っての資産運用を始めて、
7月で9か月目になりました。

…と言っても、9か月目になったのは
楽天ポイントを使っての投資信託

本格的な積立投信は今年の3月から。
つみたてNISAで5か月目になりました。




ハナチョコが選んだのは、

楽天・全米株式インデックス・ファンド

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

いずれも、
米国株式を対象にしたインデックスファンド
です。



​インデックスファンドとは?​

インデックスファンドとは。
例えば「日経平均株価」や「NYダウ」のように、
株式指標(インデックス)と同様の動きをするよう組まれた投資信託です。



今回は各投資信託についての詳細説明は割愛しますが、
お伝えしたいのはそのパフォーマンスについてです。



それぞれの運用実績はこのようになっています↓




特定口座が、2019年10月から始めた楽天ポイント投資。
つみたてNISA口座が、2020年3月から始めた定期積立投資です。

その両方で運用していうのが、
eMaxis slim米国株式(S&P500)

特定口座はトータルリターンが1.29%
つみたてNISA口座は9.23%となっています。


同じ銘柄を購入しているのに、
どうしてこのような差が付いたのでしょうか?


その答えは主に開始時期運用期間によるものです。




まずは特定口座のeMaxis slim米国株式(S&P500)です

こちらの投資状況は
・楽天ポイント投資…毎月1000または500ポイント
8ヶ月保有中(9ヶ月目)
・基準価格は11,433.95円
・損益率は+1.29%

運用金額合計は2020年7月現在で
8,500円 → 8,610円です







次に
つみたてNISA口座のeMaxis slim米国株式(S&P500)です。

こちらの投資状況は
毎月20,000円積立中
4ヶ月保有中(5ヶ月目)
・平均取得価格は10,602.54円
・損益率は9.23%

運用金額合計は2020年7月現在で
100,000円 → 109,238円です








二つの運用の違いは
平均取得金額にハッキリと現れています。

それぞれの平均取得金額は、

2019年の米国株はまだ高値を更新していた時期からの
ポイント投資は11433.95円です。

暴落後の3月からたまたま開始した、
つみたてNISA口座は10602.54円

800円以上の差があります。



この数字だけみると、
「やっぱり暴落時に始めるのが最適」
「高値で始めるのは損」
などと思われるかもしれません。

本当にそうでしょうか?

ハナチョコの運用実績は
1年に満たない短期間でのパフォーマンス。
これから3年、5年、10年…と長期に積み立てを続けていくことで、
この差は埋まっていくと思います



ハナチョコの投資している
eMaxis slim米国株式(S&P500)は
S&P500に連動します。
値動きの参考にその10年チャートを見てみましょう↓





​赤い矢印​​で示したところが、2020年3月の暴落です。

その谷の深さからも、
今回の暴落の凄まじさが見て取れます。

ですが、その後株価は回復に向かい、
今のところ、チャートは右肩上がりの流れに戻ろうとしています。

2020年1月が、
現在のところ最も高値を更新した時期。

もしこの時期に始めた人がいたとしても、
ドルコスト平均法で積み立てているのであれば、
2020年7月現在の時点では、
それほど大きな損失は出していないと考えます。

ハナチョコが始めた楽天ポイント投資も2019年10月末ですから、
天井近くですよねw


・・・・・・・・・・


結論、というか、一個人の考えではありますが。

タイミングなんて、計ってもわからない
​(スミマセン…)​


ハナチョコ自身は、
S&P500指数が上昇傾向を崩さないのであれば、
今後も変わらず今の積立投信を続けます


もしもS&P500指数がずっと右肩下がり…なんて状況になったら考え直します。


ちなみに。


楽天ポイント投資は月に500~1000ポイント
つみたてNISAは年間40万円分を分散しています。


(関連記事)
NISA口座のお引越し~(他証券会社に変更する方法)
https://plaza.rakuten.co.jp/hanatochoco/diary/202001100000/

つみたてNISA~これからスタートの実例紹介
https://plaza.rakuten.co.jp/hanatochoco/diary/202002040000/




今回の記事は特定の投資信託をお勧めするものではありません。
ハナチョコの実例をもとにお話をさせていただきましたことを、
ご了承くださいませ。



今回も最後までお読みくださって、
ありがとうございました!





ハナチョコROOM




厳選したものを大切に長く使いたい
シンプルでミニマルな暮らしを求めて…





​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2020年07月29日 16時44分41秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年11月07日
カテゴリ:楽天ポイント投資
先月から始めた、楽天ポイントを使っての投資信託。

私が選んだのは、eMaxis slim米国株式(S&P500)
これがどんどん上がり続けています。




時系列データを見ての通り、
1ヶ月で700円も基準価格が上昇しています。



米国株は現在絶好調。
ナスダックが史上最高値を更新したり、
ダウ平均も高値圏で推移。
それに伴ってS&P500も言わずもがな、な動きです。

S&P500の10年チャートを見てみましょう。




ほぼひたすら右肩上がりです。
こういう上がり続ける銘柄って、いつインしたらいいか迷いませんか?

このまま上がり続けるの?
それともそろそろ下がり始めちゃうの?

この先の値動きなんて、いろんな想像は出来ても的中するかは別の話。
はてさて…どうしましょうか。


…と、なることは人ならば必然ですよね。

そんな時に迷ったりあとで後悔しないためにも、
自分なりの投資ルールを作りました。

(関連記事)​株の買い時に備えるバランス投資プラン

この記事では、日本株のインデックス(指数)である日経平均価格を基準に、
資産作りのために積み立て中の資金を、どのくらいの割合で投資に使うか、
というお話をしました。
要約すると、高値圏の時はキャッシュを多めに持っておいて、
暴落などのチャンスに備えておこうというものです。

米国株の投資信託についても同様に考えています。
米国株は個別銘柄ではなく、インデックス投資をと思っています。
買いたい銘柄はS&P500関連なので、まさにこの値動きを基準にします。

先に出したS&P500の10年チャートの右上に、
明らかに深い谷があることにお気づきになりましたでしょうか?
その部分が分かる2年チャートはこちらです。





2018年のクリスマス暴落です。
中国大手通信機器ファーウェイの幹部逮捕による中米貿易摩擦への懸念、
中国や欧州の景気減退を予想させる指標が出たこと、
当時のトランプ政権に対する不安、
これらに加えてクリスマス休暇前の手じまいが重なって、下落に拍車がかかりました。
この時は日本株もつられて同様な動きを見せ、
大発会のあとV字回復しました。

短期間に大きく下がり続ける株価。
株はリスク資産だと、私も身をもって再確認しました。
阿鼻叫喚の中、この暴落をチャンスに変えて、
大きく資産を伸ばした人もいるようです。

得する人と損する人。
どちらの側に居たいですか?
答えは明白ですよね。

暴落時にチャンスを掴むためには、キャッシュが無くては動けませんね。
米国株投資に関しても今が天井圏とするならば、
運用に回せる資金の10%以下くらいで考えています。
暴落を待つなんて不謹慎かもしれませんが、
少なくとも今は、積極的に買い向かうタイミングとは言えない気がします。



ちなみに私の現在の保有状況はこちらw




2,034円ですw

あーだこーだ偉そうに語ってて、これだけかーい!!
とお叱りを受けそうですね、スミマセン雫
コツコツどころかチビチビですがw増やしていきます。

一応目標は、ポイント投資だけで年間5万円ですきらきら
24年続けられたら120万円ですよ~
不労所得で120万と考えたら楽しくないですか?
24年かかりますけどw


今回も最後までありがとうございました!




モッピー!お金がたまるポイントサイト

​​​ ​​ ​​ ​






最終更新日  2019年11月07日 18時33分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月25日
カテゴリ:楽天ポイント投資
20日に購入手続きをした「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」
久しぶりに楽天証券にログインして、
その後どうなってるのか確認してみました。

購入した時の記事はこちらです↓
ポイント投資~米国ETF購入


23日に約定し、910口購入出来たようです。
そして現在、6円の利益が出ています。



楽天スーパーポイント1000Pからの投信デビュー。
また土日に追加購入しようと思うのですが、
手作業だと、すこし安くなってからにしようかとか、考えちゃいますね。


チャートが示す通り、かなり高値圏です。
半月ほど前が安かっただけに、
このまま買い続けて良いものかどうか。
考えてしまいます。
まぁ、わずか1000Pのことなんですけどね。

現在の基準価格はこちら
eMaxis Slim 米国株式(S&P500)


よくよく調べたら、
積立注文は出来ないと思っていたのですが、
ポイント投資でも出来るみたいです。
感情抜きで安定した購入を継続するためには、
やはり自動積立がいいですね。

あと松井証券からNISAを移す方法も調べないと。

まだまだやることは山積み。
先は長いけどコツコツ進めていきます。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


 モッピー!お金がたまるポイントサイト


    







最終更新日  2019年10月28日 11時35分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月18日
カテゴリ:楽天ポイント投資



買いました!
きらきらeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)きらきら
取引時間外だったので約定前ですが…

楽天スーパーポイントを1000ポイントを使いました。
自動積立ができないので、
残高のある時に自分で購入していきます。
週1ペースくらいで出来たらいいかなぁ。

まずは10万円を目標に続けてみます。
1,000ポイントずつを100週間…2年はかかりますね。
しかもそれだけポイントが貯まれば、の前提ですし。
できるかな?できたらいいな。
小さなコツコツを積み重ねて大きく育てたいです。


・・・・・・・・・・ぺんぎん

今日思いがけず嬉しいことがありました。
ATMを使っていたら、画面のお知らせにポイント貯まってますよ〜の表示が出ました。

ん?ポイント?

銀行のポイントなんて、いつまで経っても貯まらない。
そう思い込んでいたのですが、確認すると800ポイント以上貯まってました。

い、いつの間に…??

今まで銀行口座で貯まったポイント交換なんてしたことなかったので、
何に換えられるのか調べてみました。
ありましたよ!
楽天スーパーポイント!

そこで電車移動中にポイント交換。
反映されるのは1、2ヶ月先らしいけど、
思いがけずのポイントゲットで嬉しかったです。


・・・・・・・・・・ぺんぎん


昨日リストアップした中で、今日はひとつクリアできました。
  1. 楽天ポイント投資をする きらきらClearきらきら
  2. NISA口座を楽天証券に移設する
  3. 楽天証券でSPYDの積立を始める
  4. 交通系ICの引き落とし口座を変更する
  5. 保険の引き落とし口座を変更する
  6. 楽天でんきへの移行を検討する
  7. 固定電話を解約する
  8. 自宅のネット環境を改善する
  9. スマホを格安SIMに乗り換えを検討する
  10. 収入を増やす方法を考える

本日も最後までありがとうございました!



 モッピー!お金がたまるポイントサイト

​​  ​​ ​​






最終更新日  2019年10月25日 17時09分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月16日
カテゴリ:楽天ポイント投資
世界の中でも遅れているといわれている日本のキャッシュレス化。
ようやくそれが進もうとする中、
ポイントがお金として使えるサービスも当たり前になってきて、
たかがポイントと軽視できなくなってきましたね。

いままでの私はポイントはすぐに使ってしまうタイプでした。
そうしないと、ポイントの存在を忘れがちだったから。
その私が最近、楽天ポイントについては貯めておくようになりました。
目的はポイントで投資をするため。
その下限が500ポイントだからです。

9月から貯め始めた楽天ポイントは8445ポイントになりました。
カードを発行したりちょっと大きな買い物もしたので、結構貯まりましたね。

さあ、ポイントが貯まったら、いよいよ投資開始ですきらきら


・・・・・・・・・・ぺんぎん


この2年間、国内個別株投資にチャレンジしてきました。
その成果は鳴かず飛ばず…
このままではダメだわ!と、キャピタルゲイン目的一本の投資スタイルを諦めることに。
リターンは少ないけど安定して増やしていけそうな投資信託も並行することを検討していました。

いろいろ調べるうちに、興味を持ったのは米国ETF
今好調な米国株。
個別は資金的にも無理だけど、ETFなら少しずつ購入できます。

口座は、投資スタイル別に分けた方が良いだろうと考えていたので、
新たに楽天証券を開設。
興味のあったポイント投資もやってみたくて、
取引開始できるのをとても楽しみにしていました。

前置きが長くなりましたが、さあポイントも貯まったし。
投資開始です!ということで、ワクワクしながらお目当ての銘柄ページまでたどり着いたのですが、
そこで待ち受けていたのは、残酷な現実でした。

SPYDって、ポイントで買えないの??

SPYDとは、「S&P500高配当株式ETF」のこと。
S&P500とは、米国上場銘柄から代表的な500銘柄の株価をもとに算出される
「時価総額加重平均株価指数」のこと。
その中でも高配当銘柄を集めたETFがきらきらSPYDきらきらです。
特徴的なのは、不動産と公共事業のセクターが全体の4割以上を占めることです。
利回りの高いこと、
S&P500銘柄の値上がり益も期待できることが魅力。
初めに買うならぜひコレ!と思っていたので、
これは出鼻をくじかれました…

うーん…どうしよう?

米国ETFへの投資は、現金での積立もする予定なので、
SPYDはひとまず置いておいて、選び直し雫

数日いろいろ調べた結果、
「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」に白羽の矢を立てました。



楽天証券のサイト内で確認しましたが、
この銘柄はポイント投資できるようです。

信託報酬は0.165。
投資先銘柄も、マイクロソフトやアップル、amazon、フェイスブックなど
有名企業が上位を占めます。



SPYDもeMAXIS Slimも米国S&P関連。
「投資は分散が鉄則」という点では良くない選択かもしれません。
でもまずはココから始めて、今後勉強していく中で分散も考えたいと思います。


・・・・・・・・・・ぺんぎん


…と考えをまとめてみたものの、
今回の記事では「購入」にまで至りませんでした。
買います!今週中に!ぐー

今回も最後までありがとうございました!



 モッピー!お金がたまるポイントサイト



​   







最終更新日  2019年10月25日 17時09分48秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.