2019年12月27日

インフルエンザA型にかかりました

カテゴリ:株式投資

インフルエンザにかかってしまいました…
まだ忘年会の予定もあったし、お休み中にやりたいこともたくさんなのに。

喉が痛いという記事を書いてから、症状は良くもならず悪くもならずでした。

(関連記事)のど飴はプロポリス入り

微熱はあったものの、普段からよくあることだったので、
深刻にはとらえていませんでした。

それが今日になって明らかに悪化。
熱が38度5分まで跳ね上がり、身体のあちこちが痛い…

つらくてずっと寝ていたけれど一向に良くならず。
苦しいまま夕方になってしまい、
病院行かなきゃ!ちゃんと診てもらわなくちゃ!と、
なんとか気持ちを奮い立たせて病院へ。
近くのかかりつけ医まで自転車を必死にこいで向かいました。
幸い待っている患者さんたちは数名しかいなくて、すぐに診てもらえました。

薬局で咳止めだの熱冷ましの漢方薬だの5種類くらい出され、
インフルエンザ治療薬の一回吸うだけのタイプらしく、その場で吸うことになりました。
初めて見るタイプ…薬剤師さんの指導のもと、なんとか2本を吸い終えて帰宅しました。


今回は第一三共製薬のイナビル。


10歳以上は2本、10歳未満は1本だそう。


添付の解説書も詳しいけど、
薬剤師さんが最後までお手伝いしてくれたのでスムーズにやり終えました。


あとは家で安静にするだけ。
軽くご飯を食べてお薬飲んだら、
今日は寝ちゃおうと思います。

ですが。

せっかくですから、第一三共の株情報を少し。



第一三共(4568)
国内製薬大手。時価総額は5兆円を超える大企業です。
業績についてはここ数年横ばい傾向で、配当金も据置き状態です。

12月27日の終値は7,279円。
配当利回りから見ても、株価の高さから見ても、
私の投資対象にはならない高額株です。


あと、今までの失敗からバイオや医薬品関連には手を出さないと心に決めています。
理由は、そもそも医薬品関連の流れがよくわからないのと、
ボラティリティが大き過ぎて、鈍足の私ではついていけないから。
そんな怖い思いしなくても、違うセクターで穏やかに利益出したい、と考えています。

大きく利益を伸ばしたりする人は、バイオ系とか得意な方もいますよね。
今年の春に某バイオ銘柄が暴落し、5連ストップ安したのも見ましたから…
あんなの恐ろし過ぎます。


その点第一三共は、月足チャートを見ると安定的に右肩上がりです。



一方の武田薬品工業はこんな感じ。



こちらも6兆円を超える時価総額の大企業。
月足チャートを見ると2012年の水準まで下がってから反発しています。

あれ?

これって…見方によってはチャンス?とか思っちゃいました。
私には買えない金額だけど、配当利回りは4%を超えており、売り上げも着実に毎年成長しています。
そして、2020年3月期は赤字予想ですが、翌2021年度は黒転予想です。
ちょっと決算報告書類を精査してみたいと思います。


第一三共のお話から、思いがけず金の駒?が出たかもしれませんが、
株式投資は自己判断でお願いします。
私は初心者、まだまだ結果を出せていませんので、その点お忘れなきようお願いします。


本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

では、オヤスミナサイ。









TWITTER

最終更新日  2019年12月27日 20時20分02秒
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資] カテゴリの最新記事