2960810 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「小さな花宇宙」そして それから「老いふたりの小宇宙」

全て | カテゴリ未分類 | パソコン | 葉ボタン | 画像加工 | パンジー・ビオラ | ブリエッタ | カリフォルニアローズ | プリムラ | | ご挨拶 | アイビー | ゼラニウム | 球根 | お花いろいろ | タネまき | カリブラコア | ガーデニンググッズ | ペチュニア | 我が家の軒下ガーデン「小さな花宇宙」 | ガーデンワーク | アサガオ | インパチェンス | アズーロコンパクト | マーガレット | シンビジュウム | 本気野菜「ピュアスイートミニ」 | 花の病害虫 | カリブラコア「ラブリカ」 | ミルフル | ひまわり | 肥料 | ガーデンシクラメン | ガーデンマム | バーベナ | カサブランカ | 野菜栽培 | 挿し芽 | 挿し芽つくり | ミニ花壇 | 用土つくり | HPの更新 | クリスマスローズ | 70歳 | 余命の日々を生きて | 自宅療養、最後の45日間 | 夫が逝って | お花のお話 | 遺さてた日々を生きて | 遺された日々を生きて | ホスピスの日々を共に生きて~
May 2, 2017
XML

6月22日(退院前日)の続き

「 PM7:58 mawakoが今、帰りました。

今晩は明日に備えてたくさんの食材をデパ地下や魚市場で買ってくれて、夜7時には調理の

時間が欲しいので帰るというのを8時まで残ってもらいました。

8時までいてくれるのに慣れてすっかり甘えてしまいました。両手に余るほどの荷物をもって

かえるmawakoの後ろ姿に手を合わせていました。






今日の衣装なんというのかとても素敵でした。

いつもおしゃれでいてくれてとても嬉しい日々でした。



そろそろ家に着く頃でしょうか、これから調理の下準備をして遅くなってしまうね、

申し訳ないことをしました。毎日毎日硬い椅子に腰かけて私の面倒を見てくれてさぞ

お尻が痛かったでしょう。お疲れさまでした。

mawakoの献身的な支えを杖に無事入院生活を耐え忍び、明日の退院へとこぎつけることが

できました。心からお礼を言います。ありがとう。







今日のmawakoの返信を読んで感激しました、読んで真心溢れる共生への想い、その熱い言葉の

数々、嬉しくわが身が熱くなりました。「ありのままでいい」と言ってくれるmawakoの

励ましをどんなに心強く思ったことか、あまり私を甘やかさないでください。

それなくともわがままな性格ですからありのままなどと言ったら手をかけられない状態に

なるかもしれません。

mawakoが言うように本音をぶつけられる相手は私にはmawakoしかいないので死ぬまで迷惑を

かけ通すことになるでしょう。そういう我がままな私の最後を看取り切ることをmawakoの

生きる力に代えて長生きしてください、すなわち、私を支え切ったという達成感をもって

生き抜いて欲しいという意味です。オヤスミ」


今日は夫は3回に亘ってレターを綴り、一日を終えました。


rain


退院の朝、レターを読んだ私は最後の「オヤスミ」の言葉から昨日の夫の辛さを思い

涙があふれてきました。それは妻への言葉であると同時に自分自身に向けた「おやすみ」

だったのだろうと思いました。本当に辛く、悲しい一日を過ごした自分への「オヤスミ、

お疲れさま」だったのだと思いました。



「腹膜転移、播種の話だと検討つけていたから抜き打ちの話という感じはあり ません

でした。」と医者の話を冷静に受け止めたという夫でしたが、簡単にそれを現実と受け止め

得ない夫の心理は十分すぎるほどわかりました。 夫の本音に耳を傾けながらその辛い気持ちを

思い、お互いに一人きりの時間がかえって救われるような思いで再び街にでました。

それぞれの現実を自分に語り掛け、整理する時間が必要でした。





夫が8時までいてほしいと求めたのも、いつもの慣れというだけではなく、その日は特別

一人きりになる孤独感から救われたかったのだと思います。

8時まで一緒に居る私をいつもは「疲れるから少しでも早く帰りなさい」という夫でしたから、

その日は8時までいてほしいと夫が言ったのは思いがけないことでした。

トイレに行く振りをしてタクシー予約をし直しました。







夫はおしゃれな人でした。おしゃれというよりもきちんと身だしなみを整えている人でした。

いつもワイシャツにネクタイ、そのスタイルが一番落ち着くと言い、それが一番夫らしい服装で

よく似あいました。私に対してもいつもきれいでいて欲しいと、おしゃれにお金を使うことに

鷹揚でした。ガーデニングの多くの時間は夫の古いワイシャツにエプロン姿の私でしたが、

エプロン用の端切れを探す私に「これがきれい」と勧める布はカラフルで明るい楽しいものでし

た。病院へ毎日通う私は身だしなみには気を付けました。特別な洋服ではありません。秋冬は

薄手のウールのアンサンブルが定番でしたが、アクセサリーをつけイヤリングをしていました。

だから看護師さん達から「どこかにお出かけするみたい」「旅行へ行くときみたい」といつも

言われていました。





ですからその日「今日の衣装なんというのかとても素敵でした。

いつもおしゃれでいてくれてとても嬉しい日々でした。」と書いてありましたが、

6月下旬に入り、ウールからコットンに代えて1年ぶりに着用したカーデガンだったために、

夫には新鮮に見えたのだと思います。

rain



これが一番マーガレットらしい、心の中に在るマーガレットだと言ってお気に入りでした。




日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 寄せ植え・ハンギングへ
にほんブログ村
  mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi






Last updated  May 2, 2017 12:31:47 PM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:余命の日々を生きて~余命告知以来の辛く悲しい一日が終わりました。(05/02)   dekotan1 さん
身だしなみがきちっとされていたのですね。
素朴なマーガレットがお好きでしたね。

今度のお花畑はどんなお花が合うのかしら?
私もガーデンマムの挿し木を先日から始めましたが、
うまくいくか?
vabimariさんはきっとうまくいくと思いますよ。
楽しみにしてます。明日から出かけます。☆ (May 2, 2017 06:03:47 PM)

Re:余命の日々を生きて~余命告知以来の辛く悲しい一日が終わりました。(05/02)   dekotan1 さん
これから出発します。
花壇楽しみにしてます。☆ (May 3, 2017 08:18:02 AM)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.