2862879 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「小さな花宇宙」そして それから「老いふたりの小宇宙」

全114件 (114件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

葉ボタン

October 22, 2018
XML
カテゴリ:葉ボタン
今日も朝からよいお天気です。とてもきれいな朝焼けでした。

このまま起きだすといいのですが、昨日はいつもとかなり違った生活をしたからでしょうか、

疲れが取れない感じでまた寝てしまいました。





朝の点検時に今日のガーデニングのお楽しみを決めました。

庭に在るものや室内で育てているものを使って寄せ植えの更新をすることにしました。






踊り葉ボタンがこのように役に立つとは思いませんでした。

来年に夢が広がります。









コリウスは最低気温が5℃を下回りしたらたちまち傷みだしました。

それでもこちらはノースポールが少しガード役になってくれたようです。

コリウスだけの鉢よりも傷みが少ないですが取り除きました。






なかなか良い感じに出来上がりました。自画自賛。

雪が降るまでのお楽しみ、ほんのわずかの期間ですが・・・









午後からの散歩、きれいな野の花に目が留まります。





今日のガーデンワークも夕陽に追い立てられてしまいました。

4時台で夕陽が山陰に消え、すぐ手元が見えなくなってしまいます。

今日も良い一日でした。感謝!




rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  October 22, 2018 10:02:56 PM
コメント(2) | コメントを書く


August 27, 2018
カテゴリ:葉ボタン

葉ボタンのサイズアップをしました。

今迄は4mmのセルトレーに植えていましたが、葉ボタンはすぐ大きくなるので

窮屈にならないうちに植え替えました。

でも、

私が育てたいと思っている葉ボタンはミニサイズ

ミニに育てるためにはミニのポットがいいのです。

又はたくさん一緒に植え込んで小さい株の集合にする方法です。

まずは基本になるミニを育ててそれからいろいろな大きさにしたり、

多数株の植え込みにしようと思います。






サフィニアローズの挿し芽株がいっぱいできました。

植え込んだところは株が大きくなると狭くなりそうです。

切戻しせずに頑張ってくれたイエローのペチュニアも先日の雨で傷みました。

それを取り除き、引っ越しすることにしました。

隣り合わせになる赤いペチュニアとはちょっと色の調和に問題がありますが、

場所がないので今年は仕方ありません。ちょっと計画性にかけますね。







今日は朝から風が強くて、花びらがちぎれていました。

明日も咲きそうなつぼみがあります。





rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​







Last updated  August 27, 2018 09:11:39 PM
コメント(1) | コメントを書く
August 7, 2018
カテゴリ:葉ボタン
今日は曇り、気温は最高気温が08:47に19.4℃ですから

だんだん気温が下がっているということですね。

なるほど私が庭にチェックに行った9時過ぎには風もあり肌寒い感じでした。

それで午前中の作業を取りやめました。




葉ボタンが元気です。

4日ほど前、かなり大きくなったアオムシを発見(複数匹)し、薬散布しましたが

やはり葉ボタンを育てている時にはアオムシに要注意、

既に遅し、けっこうあちこち穴が空いたりしています。










ヘブンリーブルーが大きくなりました。毎日ぐんぐん伸びています。

親蔓から子蔓、孫蔓と伸びたらピンチしてだいぶ横にも広がりました。

蕾はあまり大きくなりません、やはりまだ暑いので咲かずに消えるかな?









こぼれの芽が伸びたこと、伸びたこと。

この勢いなら十分今年中に咲いてくれそうです。甘いかな???





rain



日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi​​






Last updated  August 7, 2018 12:01:12 PM
コメント(1) | コメントを書く
December 30, 2017
カテゴリ:葉ボタン


北国の冬は厳しく、葉ボタンがせっかく発色しても楽しめる期間が少ないのです。

特に今年のように早くに雪になると愉しめなくなります。

そこで以前に折角きれいに発色した葉ボタンをあきらめきれなくて

室内で育てたことを思い出しました。

その時にどの程度、室内で楽しむことが出来ただろうかと思い出して

画像を探し出して見てみました。




何度も凍ったり解けたりして色も少し退色しています。

それでも葉ボタンは少し暖かになると持ち直す丈夫な花です。

可愛そうなので室内に入れることにしました。






室内でとても良い感じになったのですが、やはり室内は暖かなので

だんだん伸びてきました。葉の巻きが崩れだしました。




やはり、葉ボタンは暖かいとだめですね。

凍らない程度の温度が綺麗に発色してくれます。





もう一つの鉢植えの葉ボタンも見てみました。

遅くに発色を始めたグループでしたが、発色も不足です。

葉が何度も凍るので葉の展開がうまくいかないのでしょうか。

室内に入れたらよい調子になりました。




こちらの鉢もやはり徒長を始め,退色も進みました。

やはり、葉ボタンは寒いのがお好きのようです。

それも凍らない程度の寒さがお好きのようです。

やはり、葉ボタンは戸外でこそ、その持ち味を発揮できるお花ですね。





rain

日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi






Last updated  December 30, 2017 07:33:57 PM
コメント(1) | コメントを書く
November 7, 2017
カテゴリ:葉ボタン
葉ボタンの葉っぱが大きくなってしまったので下葉を取り除きました。

そろそろこの葉ボタンも整理します。

ここのレンガ鉢の土は冬期間に養生したい用土だからです。

この土にたい肥や牛糞、米ぬかを混ぜ合わせてひと冬眠らせます。

道内ではすでにあちこち降雪があって、当地にも冬が駆け足で近づいてきます。

昨年は11月8日日に大雪が降ってびっくりしました。

本格的な雪が降らないうちにすべての庭仕事は片づけてしまいたいと思います。



だいぶ発色が確かになってきましたが、イマイチ葉の重なりにボリュームがありません。






テラスからこの場所に移してから、ナメクジにだいぶ食べられたようで

穴が開いた葉を取り除いたら、すっかり小さくなりました。

でもこれからまだ葉が増えていきます。




rain

日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi






Last updated  November 7, 2017 01:15:29 PM
コメント(1) | コメントを書く
October 28, 2017
カテゴリ:葉ボタン

私が初めて葉ボタンに魅せられたのは2009年の秋、

園芸店で見た葉ボタンがとても美しく購入して楽しみました。

これいな葉ボタンでした。↓




そして次の年に種まきに挑戦して育てた私の葉ボタンが

こちら↓





かなりの違いです。早速いろいろ調べて頑張ったのですが

うまくいきませんでした。矮化剤について知り、それを試しました。



矮化剤によって葉の枚数が増え、葉の重なりが厚くなり、

丈がヒョロヒョロ伸びませんでした。

こちらはどの程度の違いがあるかを実験したものをまとめたものです。



この実験は矮化剤が発色にも影響するのではないかという疑問も生じ、

そのことを調べるためでもありました。

2011年~2013年からの種まきでは発色がうまくいかなくなり、

新しい悩みが生まれました。

下の画像のように厚みがある株に育ちましたが

発色がまずくなってしまいました。

僅かに発色の気配があっても10月下旬でもこのような状態、

更に色が濁った状態でした。



発色がうまくいかない状態はその後も続き、ようやく2014年になって初めて

発色がみられるようになり、矮化剤の効果について実験してみたのです。



その結果は、

発色の程度は矮化剤の使用有無による違いはないようでした。

違いは身長、葉の枚数などのボリュームに大きな違いがありました。

ただし、この違いも種類によってあまり違いが無い場合も見られました。


うまくいった2014年の種蒔きと矮化剤の使用メモです。

タネを蒔いた日は7月12日 
矮化剤は以下のように使用しました。
1回目 7/22 (播種後10日目:子葉に散布)
2回目 8/1 (播種後20日目:本葉も出ている状態)
3回目 8/27(鉢上げ3~5日後)
4回目 9/3(3回目散布から1週間後)


ネットなどで調べてみましたら、こうした記述もあり、私の場合には少し遅い感じです。


更に、

「使用時期が遅い場合には着色が遅延する場合があるので

適切な使用時期を逸しないように注意する。」

と説明書に書かれていたので、

発色開始を期待する1カ月前で切り上げるようにしました。

葉の枚数や立体的にこんもり葉ボタンを育てることに夢中になり、

いつまでも矮化剤を使いすぎることがいけないことだと気が付きました。




このような葉ボタン育ての経緯を調べなおしてみた結果、

 今年の問題点を多く気が付きました。


〇 矮化剤の使用のタイミング、

成長段階のいつが適切かをきちんとしなかったこと。


〇 幼苗期からの栄養が不十分であったこと。

これは肥料が多すぎた場合、発色が良くないということを勘違いして記憶しており

十分な肥料を与えずに育ててしまいました。

発色が始まる気温になるまでは発色のためのエネルギーを蓄えることが必要なのです。



大切なことは窒素肥料に偏らずバランスよい施肥をすることです。

私は肥料を不足で育てたこと、矮化剤の時期も不敵さなどもあって

発色がうまくいかなかったと考えています。

更に旧宅でも環境と違い、テラスで育てたために寒暖の差が緩和されたこと、

寒暖の差が大きい戸外に出しっぱなし状態で育てた旧宅は夜露、朝露を

受けてそのことも良かったのではないかと考えています。


ポット育苗の段階では、しっかり固形肥料も与え、

株をしっかり太らせ、定植段階(発色開始段階)では窒素肥料が多く残る古い用土を避け、

リン肥料(リン酸カリウム)などに変更することをしなかったことなど

期待する葉ボタンを育てるための条件を満たしていなかったことが種々

反省させられます。



rain

日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi






Last updated  October 28, 2017 10:21:23 PM
コメント(2) | コメントを書く
October 18, 2017
カテゴリ:葉ボタン
朝起きて一番最初にテラスの葉ボタンを見ます。

もちろん発色を確かめるためです。毎朝私はため息ばかり。

今日はあきらめ半分、期待半分の気持ちで定植をしました。





葉ボタンが大きくならなかったのでスペースが空いてしまいました。

コボレのビオラが咲いているのでそれらを植えてみました。

つい先日ピンチしたタネ蒔きビオラはこのところ低温が続き、

なかなか開花してくれません。






rain


農業の指導に関わったという方から土の冬期間の養生についてアドバイスを頂きました。

今年の使用済み用土にたい肥(バーク・牛糞)と米ぬかを混ぜ合わせて

寝かせると良いという事です。


旧宅にいた時は私も古い土に腐葉土、米ぬかを混ぜ合わせてコンポストや

袋に入れて冬中、裏庭に積んでいたのですが

今年はコンポストもないし、袋もない、それより大儀でもあり

土はまた来年新しくしようと思っていたのですが

雨風にあてて良し、雪に埋もれても良しとのこと、

これなら面倒なことじゃないと、あちこちに土を寄せ集めて

土の養生に取り組みました。






使ったたい肥は次の2種類です。

今までこのたい肥を使っていた私のお気に入りです。

                  ​                     
 東商 醗酵牛ふん 5リットル



[自然応用科学]バーク堆肥(栽培名人土づくりシリーズ)/5リットル


後は米ぬかを混ぜわせるだけです。

米ぬかは漬物時期になるとスーパーで安く販売されるので

その時期まで待つことにします。




rain






日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi






Last updated  October 18, 2017 06:23:26 PM
コメント(3) | コメントを書く
October 10, 2017
カテゴリ:葉ボタン
なかなか葉ボタンが発色しないので気が気ではありません。

寒さ、風に当てた方がいいかと思い花畑に移したりしたのですが

さほどの効果は認められません。




綺麗に発色して嬉しかった2年前と3年前の葉ボタンの同じ時期のと比べてみました。

やはり、すでに発色が始まっています。少しがっかり、かなりがっかり。

4年前までは何度やってもきれいに発色せず、いろいろ工夫してようやく2年前、3年前に

成功を収めたのですが、その4年前の状態によく似ているのです。

ダメかもしれません。今年は夢遊病者のような状態でタネ蒔きも育苗も

いまいち本腰が入っていなかったから仕方ないですね。


ま、もう少し様子を見ることにします。









rain


今、花壇を賑わしてくれているお花たちです。







2015年まで旧宅でやっていた時にはどうだったかしらと画像を見てみましたら、

やはり、ず~っとたくさんのお花が咲いています。

やはり時間もたっぷりかけていたのかしら、まだ若かったから元気もあったしね。






rain




日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi






Last updated  October 10, 2017 08:02:08 PM
コメント(2) | コメントを書く
September 29, 2017
カテゴリ:葉ボタン

葉ボタンが大きくなりました。

まだまだ葉の枚数が少なく、巻が全然できていません。

今朝の最低気温は4℃まで下がりました。発色は気温が下がるにつれて進みます。

寒くなるのは嫌ですが、早く発色して欲しいと眺めています。


定植時は​大きさは同じでもポットのサイズ次第で葉ボタンの成長に違いが出てきます。

ミニ葉ボタンにするにはもっと小さなポットにするか、たくさんの株を一緒に植えたり

最初から多粒蒔きにするといいようです。

今日は複数株植えのポットの撮影を忘れてしまいました。次回にはアップします。


~・~・~・~・~・~・~・~・


おせっかいおばさん​がつい手を出してしまった、その花たちのその後です。

おせっかいは1度ならずも2度も。そのような訳で面倒見るお花が増えました。

今は手元を離れて、私の部屋から同じ階のホールに引っ越ししました。

でもやはり気になるのでやはりおせっかいが続いています。

朝食から戻り、エレベーターを降りると、やはり通り過ぎることができずに

ホールに立ち寄り、毎日葉水、土の保湿チェックなどなど。

元の1階のホールに戻るのはまだまだ先の事、来春までおせっかいが続きそうです。
















rain

日本ブログ村ランキング参加中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

 mari いつもご訪問いただきありがとうございます。 vabi






Last updated  September 29, 2017 08:51:35 PM
コメント(1) | コメントを書く
December 5, 2015
カテゴリ:葉ボタン


昨夜からの雪降りでたくさん積もりました。

それも重たい雪で始末が大変、雪国に住む者の嘆きが春まで続きます。

12.5z1.jpg



食事前から雪かき開始、8時にはまだ融けていないので雪はたっぷりです。

葉牡丹もすっかり雪をかぶってしまいました。

12.5z2.jpg



そして午後になるとかなり融けてしまいました。

12.5z3.jpg



rain

いつもご訪問いただきありがとうございます。
日本ブログ村ランキング参加中です。


mariにほんブログ村 花ブログ 寄せ植え・ハンギングへvabi
よろしかったらクリック↑して応援してね!







Last updated  December 5, 2015 06:05:02 PM
コメント(3) | コメントを書く

全114件 (114件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.