1972859 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

タイまで5,750,000歩

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

マスコミ・取材関連

2006年12月30日
XML
テーマ:航空業界(1667)
サワッディー・クラップ

ana昨日お届けした赤い文字と緑のどんぶりの中で出てきたANA 飛行機 グループの機内誌 翼の王国ですが、そういえば当店 家 も載ったことがあります。

がそのときの記事です。
1ページ丸々ではなくて、その半分ですので、左下に見える料理 食事 の写真は関係ありません。

また、顔写真は私 ねずみ ではなく、マイボス 犬 です。
もうかれこれ3~4年前のことです。

あ~ びっくり あのときの ! と思い出す人はほとんどいないでしょう 泣き笑い




BRB002





緑のどんぶり ラーメン マークを決めているのはモームラーチャウォン・タナッシー・サワディワット
通称モーム・タナッシーであると、昨日のブログでお伝えしましたが、現在御年80歳、さすがに
今はその役目を息子さんに譲られているようです。

息子さんの名前はムックデーンといいます。
お父様同様モームラーチャウォンの称号をつけるかというと、さにあらず。
モームラーチャウォンの子供にはモームルワンという称号がつくことになっています。

また、モームルワン・ムックデーンのマークはどうも緑のどんぶり ラーメン マークではないみたいですね。
どんなマークなのか、現地特派員の皆様、調査いただき画像アップをお待ちしております。






Last updated  2006年12月30日 18時38分58秒
コメント(4) | コメントを書く


2006年10月16日
サワッディー・クラップ

この間いただいた小さな鉢植えがひとつ 花

それを見たボスが、これは



という、タイにもある花だと教えてくれました。


タイ語は「奥様は朝遅く起きる」という意味らしく、この花は日中花が咲いて、夜しぼむ、そして、また次の日花を咲かせるという、面白い花のようです。


この花をくれた人に、日本語では何ていうのか訊いたのですが、本人はそういうことには無頓着で、わからないという答え。

どなたか知っている方がいらっしゃいましたら、お教えください。


kunnai001
陽が当たる前は花が咲いていません
kunnai002
しばらくすると赤い花と薄いピンクの花が・・
kunnai004
薄いピンクの花はわかりづらいかも・・・。
別な角度から。
kunnai003
違う日にはオレンジ色の花も咲きました

※いただいてから日にちが経っているのと、最近寒くなってきたためか、当初より咲く花の数が少なくなったようです。




BRB001タイランドリンクランキング








Last updated  2006年10月16日 17時48分16秒
コメント(8) | コメントを書く
2006年04月26日
Welcome2
このほど文化出版局より「天然素材が気持ちいいねvol.3」月居良子著)が発売されました。

着心地のいいふだん着は気軽に洗えるシルクで」というサブタイトルがついた本が当店に送られてきたのは、先週末のことでした。


天然素材が気持ちいいねvol.3なぜ突然かというと、普通は取材を受けた場合にその掲載紙が送られてくるので、いつ頃いただけるか分かっているのですが、今回は取材を受けた覚えがなかったからなのです。


では、なぜ取材も受けていないのに送られてきたのか?

それは普通のお客様として、当店のシルクをご購入いただき、その生地を使って洋服を作って、本に掲載していただいた、ということなのです。

本に載せていただいただけでも嬉しいのに、わざわざ掲載紙まで送っていただいて恐縮至極、誠にありがとうございます。
この場を借りてあっかんべー お礼申し上げます。( ^.^)( -.-)( _ _)



BRB001



シルクというと、高級で扱いにくい布地というイメージがあるかもしれませんね。

でも、最近では普段着感覚で手軽に着れるシルクがいろいろあります。
自宅で水洗いもできますし、むしろ洗うことで柔らかくなり着心地もよくなる素材でもあるんですよ。



天然素材が気持ちいいねvol.3-生シルクシルクにはいろいろな特徴があります。

たとえば吸水性があって、放湿性がいい。ということは、暑い夏に汗をすばやく吸い取ってくれて、なおかつ、その汗を外に吐き出してくれるのです。

それはベトナムのアオザイを見ていただければ、一目瞭然。
暑いベトナムで、あんな長袖に裾の長い服を着て暑くないのか。
それは、そのほとんどがシルクでできているからなんです。



タイランドリンクランキング



また、保温性もありますから、寒いときには体温の熱を逃さないようにガードしてくれます。


結論!! 夏涼しくて、冬暖かいのがシルク、4季を通じて着れるのがシルク、ということです。

この本に載っているシルクにはタッサーシルクムガシルク生シルクなどいろんな種類がありますが、詳しいことを知りたい方は畜産産業振興機構のシルク情報ホームページをご覧ください。
(上画像が当店の生シルクを使って作っていただいたジャケットです~「天然素材が気持ちいいねvol.3」11ページより)


皆さん、もっとシルクに気軽に接して、普段着として、インテリアの一部として、日常生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。


天然素材が気持ちいいね(vol.1)「天然素材が気持ちいいね(vol.1)」


天然素材が気持ちいいね(vol.2)「天然素材が気持ちいいね(vol.2)」


天然素材が気持ちいいね(vol.4)「天然素材が気持ちいいね(vol.4)」







Last updated  2006年04月26日 13時59分25秒
コメント(7) | コメントを書く
2006年03月02日
HANDMADE STYLE INTERIOR
このほど主婦の友社から「小さな手作りのあるインテリアブック」という本が発売されました。
この本は布小物作家、革作家、クラフト作家、イラストレーター、陶芸家といったプロのアーティストたちが作った小物や雑貨が、その小物たちが飾られたり、インテリアの一部となっている自分の部屋やアトリエとともに紹介されています。
そういった小物たちがインテリアやオブジェとなって溶け込んでいて、何気ない部屋が小物ひとつでこんなにも素敵に、または可愛くなるもんなんだな、と感心させられます。
ちょっとした工夫で、自分の生活空間を素敵に変身させるヒントが見つかる本ではないでしょうか。
小物たちを作る材料やアイテムと、それが買えるお店の紹介もあります。日暮里繊維街(もちろん当店も)もマップつきで、ちょっとだけ紹介されています。(税込み\1,365)






Last updated  2006年03月02日 12時28分16秒
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.