001958 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つかしーのVBA備忘録

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ripcream12

Favorite Blog

まだ登録されていません

Rakuten Card

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

2017.04.21
XML
カテゴリ:シートのそうさ
こんにちは!今回は初歩的ですがワークシートを選択する方法です。

'第1回という名前のシートを選択する
Worksheets("第1回").Select

'第3回という名前のシートを選択する。このとき、ReplaceでFalseとすると、複数選択が可能。
Worksheets("第3回").Select Replace:=False
'第3回という名前のシートをアクティブシートにする
Worksheets("第3回").Active


また、配列の形で選択することもできます。

'1つ目と3つ目のシートを選択する
Worksheets(Array(1, 3)).Select


以上!!!






Last updated  2017.04.21 08:11:54
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは!今回は選択してるセルのアドレスを取得する方法です。

目的のセル番号を取得する
Selection.Address

あまり使うことないかもしれないけど、セル番地が◯◯のときみたいに使うのがいいかもしれません。


以上!!!






Last updated  2017.04.20 06:28:31
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.12
カテゴリ:画像・図
こんにちは!
今日はシート内のオブジェクトを全て削除する方法です。
複数の図形や線や図やマクロボタンを一度に消せるので便利です。
F5でオブジェクト選択して消す方法をプログラム化してる感じです。

ActiveSheet.DrawingObjects.Delete

この1行だけでできてしまいます。

作ったシートをコピーして新しく作り直す時なんかに便利かなと思います^ ^

以上!!!






Last updated  2017.04.12 18:35:20
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.01
カテゴリ:エラー処理
こんにちは!
今回はエラーの内容を表示するプログラムです。

On Error GoTo errHandler
:
Exit sub
errHandler:
MsgBox Err.Number & ":" & Err.Description

Err.Number:エラー番号
Err.Description:エラー内容

です。
メッセージボックスにエラー番号とエラー内容を表示してます。
エラー情報をログとして保管するときに使えるかも!

以上!!!






Last updated  2017.04.01 06:03:49
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.31
カテゴリ:エラー処理
こんにちは!
今回はエラー処理後にエラーが発生した行に戻る方法です。

On Error GoTo errHandler
:
:
:
Exit sub
errHandler:
:
Resume
End Sub

エラーが起こるとerrHandlerに処理が移動し、
そこに書いた部分の処理が終わるとResumeで
元の場所に戻ります。
結構使い道がありそうなプログラムですね!

以上!!!






Last updated  2017.03.31 08:02:03
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.30
カテゴリ:エラー処理
こんにちは!
今回はエラートラップを作ったあと、もうエラー処理をしたくない場合に
エラートラップ無効にする記述です。

On Error GoTo errHandler
:
:
On Error GoTo 0  -(1)



(1)エラートラップを解除する

これで(1)以降で起こった処理に関してはエラーを何も処理しない形になります。
0にすると無効になるんですね


以上!!!






Last updated  2017.03.30 07:59:19
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.29
カテゴリ:エラー処理
こんにちは!
今日はエラーが起きても無視する方法です。
以下記述をエラーが起きる前に記述するだけです。

On Error Resume Next

これでエラーが起きても無視され、次の行に処理が進むというわけです。

エラーが起こっても処理を継続させたいという時に使ってみてください

以上!!!






Last updated  2017.03.29 08:00:42
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.28
カテゴリ:エラー処理
こんにちは!今日はエラー処理の基本について書きます!
エラーとは他言語ではエラーとも言うかと思いますが、
アプリケーションで予期せぬことが起きたり
異なる型のデータを変数に与えたりすると起こることをエラーといいます。


基本エラー処理
On Error GoTo errHandler  -(1)
:
:
:
Exit sub  -(2)
errHandler:  -(3)
:
End Sub

(1)エラーが起こる可能性のある記述より前に書く。エラーが起こるかもしれませんよということ。そしてエラーの場合はerrHandlerに飛んでねという意味。
(2)正常処理が終わった場合にプロシージャを終わらすために記述する(書かないと正常処理なのにerrHandlerまで処理してしまうため)
(3)エラーが起こった場合の処理を書きます

ちなみにerrHandlerの名前はなんでも良いです。
わかりやすいのがいいと思います

これでエラーが起こった場合の処理が書けます。

以上!!!






Last updated  2017.03.28 06:12:41
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.27
カテゴリ:コピー・ペースト
こんにちは!
今回は切り取ったorコピーしたセルを別の位置に挿入するプログラムです。
CopyもしくはCutした後に書いてください。

Selection.Insert Shift:=xlShiftDown  -(1)
Application.CutCopyMode = False  -(2)

挿入するときはInsertを使います。
これは引数ShiftでxlShiftDownを指定しています。
つまり挿入後セルを下にずらしています。

Shift:=xlShiftRightとすると右にセルをずらしてあげられます。


以上!!!







Last updated  2017.03.27 07:31:06
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.26
カテゴリ:画像・図
​今回は画像やPrtScで切り取った画像を決めたサイズに変更する方法です。
私はこれをショートカットキーに登録しており、ペースト→VBAと併用することで一瞬でサイズを変えるようにしています。

On Error Resume Next  ー(1)

Selection.ShapeRange.Width = 708.6614173228  ー(2)

(1)画像や図以外をペーストするとエラーとなるのでエラーを無視する為のコードです
(2)画像の幅のサイズを25cmにしています
画像の高さは自動で変わります(設定しだいですが既定ではそうなっているはずです)
図は高さは自分で設定しなければいけないはずなので自動ではなりません。

Widthの数値を変えれば好きな大きさに変更可能です。

PrtScで画像を貼り付けたときにいつもサイズがでかく、いちいち直すのが面倒なので思いついたプログラムです。


以上!!!







Last updated  2017.03.26 07:15:04
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.