000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ん?べつに、タイトルなんか、ないよ。

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

コメント新着

バックナンバー

お気に入りブログ

*ごはんがすすむ、… けいぼうぼうさん

TUBE in 愛知県体育館 ローディ♪さん

世田谷ボロ市 しゅうちゃんさん

ポケモン騒動 雑感 健康mamaさん

『最高裁の判決が<… イルクジラさん

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

ニューストピックス

楽天カード

占い

2017年11月25日
XML
カテゴリ:障害の話




今年から中学生になった我が家の高次脳機能障害児、ボン。
中学生になると、定期的にテストが。

障害のおかげで、短期記憶が特に苦手。
言語領域でかなりの遅れのあるボン。
地域の中学校の支援級に在籍しているものの。
テストは普通級で、一般の生徒と一緒の受験。
テストは、辛いものがあります。

お願いすれば、支援級での受験も可能ですが、そこは本人がみんなと一緒にテストを受けたいとの希望で。
しかしながら、問題文が読めなかったりするのは、日常茶飯事で。
テストの時間中、集中するのも大変。

学校の授業も、漢字が読めない、書けない分、先生の板書を写すにしても、本人は意味が分からず。
聞くと、文字も文字として認識しているわけでなく、記号と同じイメージ?
だって、何かいてるか分からない、らしくて。

それでも、一生懸命、テスト勉強もするわけで。

絶対に出るところだけでも、一緒に勉強しようと。
テスト範囲から出題されそうなところを絞り、出来るところだけでも頑張ろうと。

視覚優位のボン。
理科、社会は、図のある問題で、必ず出そうなところ。
イメージを記憶することで、なんとか、点数をとってほしいなと。
ノートに書き出し、何度も何度も漢字練習。

理科は、体験の中で得た知識をつなげられるように。
社会は、行ったことのある地域や経験から。
少しずつ経験とつなげて。

少しでも勉強を続けることができるように支援していきたいな。


サンスター文具 スターウォーズ ペンケース S1410377 ブルー


これでわかる理科中学1年 (シグマベスト) [ 文英堂 ]


中学教科書ワーク(社会地理) 日本文教版中学社会



今シーズン初めてのスノーボード。
いつもより早くシーズンイン。



今年最後のサーフィン。
波はなかったけど、いつものみんなでワイワイしたよ。

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ






最終更新日  2017年12月04日 22時22分44秒
コメント(56) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.