1976547 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

クライマー系 最強

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


マコッティー二

フリーページ

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

夏山や ツワモノどもが 夢の跡@ Re:2018 乗鞍(08/27) 頑張ってください。 来年の乗鞍も応援して…
夏山や ツワモノどもが 夢の跡@ Re:乗鞍 2017(08/28) 頑張ってください。 応援しております。 …
けーすけ@ Re:2016 7月まとめ(08/15) 乗鞍3連覇おめでとうございます‼ 24時間テ…
マコッティー二@ Re:2015 菰野ヒルクライム(03/29) けーすけさん、スーさん、 ご購入ありがと…
スーさん@ 乗鞍連覇応援してます。 けーすけさんと同様に特集記事読ませてい…

ニューストピックス

2018.08.27

 
XML
カテゴリ:レース
5連覇、9勝目をかけて挑んだものの、ほぼなすすべなく惨敗。
今年は乗鞍前週の最終TTも疲労でまともに走れず、乗鞍でのTTはお盆の59分半が最速だった。タイムだけで見れば、恐らく、これまでで最も遅い。

敵を知り、己を知れば、100戦危うからずとは言うものの、、

敵は、、もはや飛ぶ鳥を超えて飛んで行く勢いの仙人(田中)、美ヶ原で最初の激坂で5秒で置いておかれたカトウ君、どうやったら勝負になるか、、他にも清宮さん、カセ君、シュンスケ、兼松さん、など。

まぁ、なるようにしかならんと開き直って乗鞍入りし、レース展開のことは全く考えないようにした。結局、ヒルクライムは脚のあるもの順に並ぶだけなんで。。(グロスタイム方式であれば)


当日朝、風は強いものの晴れということで、フルコースでの開催決定。
定刻通り、7時にチャンピオンクラスがスタート。

去年と同じく、CP1までは大人しく、省エネ走行を心がける。カトウ君が基本的にペースメイクしていたが、先頭はけっこうな出力だったのではないかと。天狗党員も出て来て、行くのか?!と身構えるが、平穏なまま集団は進み、CP1で無事アクエリをゲット。
まぁ、ここまでは脚の回りもよく、それなりに戦えそう。

CP1からは、ちょこちょことペースを上げる選手が出てくる。そして、三本滝の手前で、やっと、田中、シュンスケが現れたと思ったら、やはりペースが一段上がったかと思ったが、5連ペアピンあたりではまた落ち着く。
このまま旧コンクリ坂まで行くかと思ったら、大久保さんがアタック的にペースを上げて、それにつられて集団も上げ下げがある。荒田沢橋の手前の少し勾配が上がる区間で、シュンスケがダンシングでぐいぐい行くあたりで、かなり調子よさそうな気配あり。
続く旧コンクリ坂から冷泉小屋までは、シュンスケと並ぶようなかたちでペースを作る。冷泉小屋過ぎて、仙人が出て来る。去年のようにここでスパッと行くのかと思いきや、まだ様子を伺っている。

むしろ、確か、19号カーブあたりでシュンスケがダンシングでかなり勢いよく加速。すぐ後ろに居たが、ちょっと間が空くくらいの曳き。(後で聞いたら、このあたりで、清宮さん、カトウ君が千切れた模様)

このあたりで確認したら、残りは5名。
仙人、シュンスケ、カセ君、自分、、、そして、梅ぴょん。
梅ぴょんも粘りを見せていたが、CP2前には千切れていったか。しかし、伸びしろ考えたら、とんでもない逸材ですな。175cm-49Kgはもはや反則レベル。。^^;) 

Cp2でアクエリを貰ってほどなくして、カセ君の強烈なペースアップ。様子見かと思ったら、マジ中のマジのアタックで、ここは食らいつきながらも、これを何度かやられたらマズいぞ、と。

15-14号は確か自分先頭でダンシングで行くが、、このころにはもうゴール勝負に持ち込めれば、、と思っていたので、残り3人に合わせる作戦。

確か、13-12号はシュンスケが、アタックではないものの、かなりきつめのペースで曳く。これは、、やばい。後ろ2名の影が消えるのは確認したが、、シュンスケのペースが落ちない、、一気に自分の方が一杯一杯まで追い込まれてしまい、、11号カーブ手前で、千切れる。残り4km地点の少し先だったが、勝負あり。

ほどなくして、カセ君、仙人に捕まるが、ちょっと無理して付いていったせいか、二人のペースもきつくて付いていくのがやっと。仙人はまだそんなチカラ残してたんかという曳きで残り500mまで曳いてくれて、そこから並走。待ってくれている同僚らの声援を受けて、全力でもがいてゴール。

残り4kmからで、ゴールでのシュンスケとの差は50秒ほど。
これは大きい。
しかも、タイムは55'30。
序盤のスローペース、途中の風を考えると、、コンディションよければ54分半くらいか。これまでは単独TTで57分くらいだったらまぁ勝てるだろうと算段がたてられたが、今後は56分台の仕上がりでも独走は厳しいか。

来年は今年の反省を織り込んで、避けてたことにも取り組もう。

そういえば、乗鞍での最終TTが失敗に終わった後、2日休んでから久々にローラーで1H走にトライしてみたら、、286Wだった。2010の記録を振り返ってみたら、3月中旬のトライで293Wと記載があった。。
残念ながら恐らくピークを迎えていただろう、2010年6月頃の数値は分からないが、、ざっくり295Wあたりを目標にまずは仕上げて行こう。

と、その前に、まだタロコ・沖縄がある。
やはりしっかり仕上げて臨むからこそ、レースは面白いんで、ちょっと休んでから、今度はいい具合に、ロング練をやって行こう。






最終更新日  2018.08.27 18:04:20
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.