4625938 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Dr.半熟卵のつぶやき~女性医療の現場で働く産婦人科医の日記~

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


半熟卵さん

歌って踊れるヒーリングドクター

フォローする

Favorite Blog

エネルギーを感じよ… New! いたる34さん

今年はワンネス整体1… ワンネス整体☆自由が丘さん

原稿原稿原稿 内藤みかさん

「センテナリアン」… 抗加齢実践家てるさん

放課後等デイサービ… セアラ姫さん

Comments

いるか@ Re:子宮頸がんの一次予防にはワクチンが「最適」(05/07)  こんにちは。    ワクチンを否定する…
半熟卵@ Re[1]:子宮体癌と子宮内膜増殖症(03/02) 48歳さん コメントありがとうございま…
48歳@ Re:子宮体癌と子宮内膜増殖症(03/02) はじめまして。本日、10年以上ぶりにや…
ふぅ☆@ Re:HPV感染と子宮頸がん(03/11) 子宮頸がんを風邪に例えるとしたら、風邪…
ようこ4101@ Re:がんで死なないために最も重要なことは?(09/27) 主人の父の食道がんが見つかり、今日手術…

Freepage List

新刊「今なら間に合う!妊活生活のススメ」発売!


 将来妊娠希望の方も、現在妊娠を目指している人にも参考になる一冊です。
 卵子の劣化や年齢による妊娠率の低下が気になるという人はぜひ読んでみてください。

 今すぐ購入希望の方は、こちら↓をクリック!
 http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%8A%E3%81%AA%E3%82%89%E9%96%93%E3%81%AB%E5%90%88%E3%81%86-%E5%A6%8A%E6%B4%BB%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1%E2%80%95%E5%8D%B5%E5%AD%90%E3%81%AE%E5%8A%A3%E5%8C%96%E3%81%8C%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%81%AA%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%B8-%E6%B8%85%E6%B0%B4-%E3%81%AA%E3%81%BB%E3%81%BF/dp/4776535432/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1368918748&sr=8-1&keywords=%E4%BB%8A%E3%81%AA%E3%82%89%E9%96%93%E3%81%AB%E5%90%88%E3%81%86%E5%A6%8A%E6%B4%BB%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1
August 13, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

女性医師募集中!

「ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ」

 クリニックでは女性医療に関心のある女性産婦人科医を募集しております。
 
 土曜日(毎週でなくても可)ご勤務いただける方がいらっしゃいましたらぜひご連絡くださいませ。
 電子カルテですので、あらかじめ診療内容が入力してあります。

 スポットの先生には初診の方の予約は入らないようにしてありますので、診療内容が不明な
 方をご担当いただくことはありません。

 お問い合わせはクリニックのHPからメール又はお電話でお願いします。

 「ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ」   http://www.vivalita.com/

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 二分の一成人式や、父の日・母の日などのイベントで「親に感謝しましょう」と促すことが、虐待を受けている子どもや「親に感謝」が難しい立場にいる子どもを追い詰める、という意見があります。確かに、「感謝する」ことは他人から強要されることではありません。自発的に、自然に湧き上がってくるのが「感謝」という感情だと思います。子どもの時は、その感謝を伝える方法をまだよく知らないから、どのような表現方法があるのかを周りの大人が教えてあげることに意味はあると思います。
 でも、「親に感謝すべき」という考えを押し付けるのは間違いでしょう。介護の現場や、子育ての現場でもよく見られる光景ですが、「親の世話をさせてもらえるなんてありがたいよね」「子どもはすぐ大きくなるから今の時間は貴重な時間だよね」など、他人の価値観を押し付けてしまうことで介護や子育てに疲弊している人に追い打ちをかけてしまうことがあります。これらはすべて、当事者が自発的に発言するものであって、「外野」が言うことではありません。

 では、子どもたちに「感謝」を教えることは間違いなのでしょうか?個人的に「感謝して生きる」という選択もあるよ、ということを教えることは必要だと思います。親や支えてきてくれた人たちに感謝して生きるのも一つの選択だし、悪態をつきながら文句ばかり言って生きるのも一つの選択です。何が正しいというわけでもなく、それらの選択はすべて本人の自由なのです。だから、どういう生き方をしていても「間違っている」というわけではありません。
 診療の現場でも、私はよくこうお伝えします。「根本原因と向き合わず薬で症状を押さえてだましだましいくのもありですし、根っこと向かい合ってスッキリよくなるのもありですし、どちらの生き方を選択してもいいんですよ」と。何を選択するかは本人の自由です。ただ、どのような選択肢があるのか、そしてそれらを選択した先に何があるのかを示しているだけなのです。

 親に感謝をしたくないという人の中には、恨みや怒りを持っていなければ生きる活力がなくなってしまうという人もいるかもしれません。その状態の時には、恨みや怒りが必要なのですから、無理に手放そうとしなくてもよいのです。時が来れば手放したくなるかもしれませんし、一生そのままかもしれません。
 ただ、一つ言えることは、悪態をつきながら「感謝したいこと」を体験するのは難しいということです。よく因果応報の法則といいますが、原因があるから結果が出るのではなく、結果を決めるから原因が発生するのです。例えば、儲かったからお金持ちになるのではなく、お金持ちになると決めたから儲かるわけです。「文句を言い続ける」という選択をしたら、文句を言い続けたくなる毎日がやってきます。「感謝して生きる」と決めたら、感謝したくなるような出来事がやってきます。
 人は、「赤い物を探そう」と思いながら青い物に目を止めることはできません。「恨みつらみ」を思い浮かべながら生きていると、うれしいことや楽しいことが目に入らなくなってしまうのです。

 そのことを理解したうえで、どのように生きるかを選択していけばいいのだと思います。そして、どのような選択肢があるのかを示し、本人の選択を温かく見守ることが、周りの大人ができることなのではないでしょうか。


★「健康でしかいられなくなる7つのステップ」無料配布中
  PDFファイルのダウンロードになります→無料ファイルダウンロードはこちらから


★薬を使わず病気をやめる方法や妊活カウンセリングも承っております。
 カウンセリングをご希望の方は、メールかお電話でお問い合わせくださいませ。
   お問い合わせ先:045-440-5577(予約専用電話) info@vivalita.com


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メルマガ発行中です♪
 
  「子宮癌検診で『異常あり』って言われたんだけど・・・」
  「不妊かもしれないけど受診したほうがいい?」
  「筋腫が見つかって『子宮をとりましょう』って言われてしまった

 そんなあなたのお悩みに、現役婦人科医がお答えします。

   メルマガ登録はこちら♪







Last updated  August 13, 2017 06:31:02 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.