5168998 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dr.半熟卵のつぶやき~女性医療の現場で働く産婦人科医の日記~

月経痛

月経痛


 月経痛が全くありませんという女性は少ないですが、ほとんどないといううらやましい人から、必ず月に1~2日間は痛くて動けなくなるという人まで、その程度には個人差があります。月経痛は病気じゃないから、と我慢する人も多いですが、日常生活に支障が出るほどの痛みは我慢すべきものではありません。
 鎮痛剤を1錠飲んだら何とかなるレベルなら、漢方薬や日常生活の改善だけで様子をみてもいいでしょう。鎮痛剤も効かないとか、年々痛みがひどくなるといった場合は、原因となる病気が無いか一度調べてもらった方がいいですね。
 10代や20代の月経痛は、これといった原因となる病気がないものがほとんどです。ホルモンのアンバランスや、子宮がまだ成熟しきっていないこと、骨盤内の血液の流れが悪い事などによって、内膜症や筋腫など明らかな病気がなくてもひどい月経痛を起こす事があります。症状を和らげる方法としては以下のようなものがあります。

 痛み止めをタイミングよく飲む⇒「痛くなりそうだな」くらいのうちに、早めに飲むのがポイント。
 漢方で体質改善する⇒体を温めたり血行をよくする作用によって症状が和らぎます。
 低用量ピルを飲む⇒出血量を減らし、月経を軽くする事が出来ます。

*日常生活で出来る工夫は、月経不順のときとほぼ同じです。
 そのほかにも、ちょっとした工夫で出来るだけ快適に過ごす方法はありますから、たかが生理痛なんて我慢しないで下さいね。

 ・月経前~月経中の甘い物や炭水加物は控えめにする
 ・筋肉を緩める⇒ストレッチや「体をゆらす系」の体操をする。
 ・蒸しタオルで温シップ⇒熱めのお湯にアロマオイルを数滴垂らして蒸しタオルを作り、腰やお腹・肩など痛みがあるところに当てる。
 


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.