000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dr.半熟卵のつぶやき~女性医療の現場で働く産婦人科医の日記~

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


半熟卵

Favorite Blog

再会 New! いたる34さん

大阪で成人式クラス… New! 内藤みかさん

節酒に運動 認知症… 抗加齢実践家てるさん

「みんな違ってみん… ひいちゃんファミリーさん

活き生きとした幸せ… 高田みかん♪さん

Comments

Kazumi@ Re:体の声の奥に潜む「心の声」(04/11) ホメオパシーのレメディを試してどうでし…
半熟卵@ Re:良かったです。(10/18) たなかさんへ コメントありがとうござい…
たなか@ 良かったです。 外部サイトから参りました。 日本語が綺麗…
半熟卵@ Re[1]:性的不快体験と家族関係に因果関係はあるのか?(02/14) かおりさんへ コメントありがとうござい…
かおり@ Re:性的不快体験と家族関係に因果関係はあるのか?(02/14) 毎日お疲れ様です。 国家試験の問題で割れ…

Freepage List

August 13, 2009
XML
カテゴリ:日々思うこと

今日の言霊:
 大丈夫
 歩いていれば
 道はちゃんと「そこ」にあるから♪


 
おかげ様でランクアップです!(^^)
あなたの応援が多くのハッピーの源になってます♪
ポチッと押して、私のブログのタイ トルをクリックしてくださればここに戻ってこれますからね♪
愛のクリックをお願いしま~す♪⇒ブログランキング

 
<NPOティーンズサポート・ホームページ開設♪>
 アドレスはこちら⇒http://www.teens-support.org/
 ティーンズルームを運営している特定非営利活動法人ティーンズサポートのホームページです。
 事業内容や活動への想いをお伝えしています。
 よかったら見てみてくださいませ~。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

新ブログ開設!

「Dr.半熟卵の開業日記」

 私の開業プランやその根底にある「想い」を皆様にご紹介していきます。
 開業までの道のりを、一緒に歩んだり応援したりしてくださる方の
 コミュニティーとして、作り上げていけたらなと思っています。
 よかったら、あなたも応援団の1人になってくださいませ。

 「Dr.半熟卵の開業日記」   http://ameblo.jp/hannjyuku-kaigyou/

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


 昨日辺りからお盆休みなんでしょうか。通勤の電車や、外来が微妙に空いているので「あれ?何で?」と思っていたのですが、世間はお休みモードなんですね~。
 病院はお盆も関係なく営業(?)しているので、あまり実感なく過ごしてました。

 6月からの激動の波が、やっとゆっくり引いてきて、何とか日常を取り戻せてきたぞ~という感じです。
 先月末くらいから、ブログを書く元気も戻ってきて、段々自分のペースを取り戻せつつあったのですが、なぜか今ひとつ幸せ感というかワクワクした感覚が戻らず・・・
 振り回されっぱなしだった頃に比べると、もろもろ落ち着いてきているはずなのに、なんだかまだ真っ暗なトンネルの中を1人で歩いている気分が続いてました。

 数日前から、やっと「あ~出口だ」と思えるようになってきて、心から「感謝します。ありがとう」と言えるようになったんですよね。それまでは、とにかく苦しくてもネガティブな感情が渦巻いていても、音霊を頼りに「ありがとう」を口にしていた感じでした。
 この「トンネルを抜けた感」が私にとっては運気のバロメーターで、この感覚が出てくると上昇気流に乗り始めるんです。これまではひたすら低空飛行で踏ん張ってましたわ(笑)
 はたから見ると、本も出版して、テレビにラジオに雑誌にとメディアの露出も増えて、何もかもが順調じゃないの~と思われるかもなんですけど。実は6月から今まではずっと低空飛行だったんですよ。
 
 やっと「上向いた」という実感があったので、自分の中に眠っていたワクワク虫も起き出して来たようです。あ~、なんて長い冬眠だったのでしょう。

 昨日は、とある医療コンサルティング会社の方とお会いしてきました。
 先月、この会社が主催の開業セミナーに参加して、講師の方のお話しにピンときたので、「○○さん指名でアポ取らせてください」とお願いしちゃったんですよ。

 組織の大きなコンサルティング会社だと、その会社自体の業績がよくても、担当のコンサルタントさんとの相性とか、開業プランへの理解度がイマイチだと一緒にお仕事するのは難しくなってしまいますから。
 パートナーを選ぶ時の基準は、やっぱり会社よりも「人」なので、今回も無理を承知で指名させていただきました。

 面談の感想は、予想以上に好感触。
 私のワガママで、独特のプランにもちゃんと耳を傾けてくださって、「模範解答」ではないのに押さえるべきところは押さえたアドバイスがいただけました。
 特に、今まで誰も指摘してくれなかったことをさらっと指摘してくださったので、微妙に迷っていたあることがスッキリとしてきたんですよ。

 改善すべき点はきちんと指摘して、頭から否定するのではなく模範的なやり方を示すのでもなく、私のポリシーは守りながらも「ちゃんと成功するにはどうしたらいいのか」をちょこっと示してくださいました。
 こういうパートナーは貴重ですね。

 実は、このご縁を下さったのも、ティーンズルームの主要メンバーのお1人なんです。
 「彼なら信頼できるから」というお墨付きをつけてご紹介してくださったので、そういう意味でも安心してプランをお話しすることができたんだと思います。

 具体的な物件が決まったら、もっと本格的に求人をしていきたいと思ってるのですが、今一番欲しいパートナーは一緒に診療してくださる女性産婦人科医です。
 昨日のアドバイスを受けて、クリニックに必要なのは、心療内科医でも美容皮膚科医でもなく、まずもう1人の婦人科医だということがはっきりしたんです。

 私自身のクリニックの中での「立ち位置」をずっと迷っていたんですよね。
 婦人科医としてもちろん診療するんですが、単調な検診やスタンダードな一般保険診療はむしろ自分がやらない方がいいのではないかと思い始めていたんです。
 一般的な診療は他の先生にお任せして、私にしかできないカウンセリングと代替医療を中心とした診療を「院長特別枠」としてやった方がいいのかなと。
 そうすると、心療内科や美容やヒーリングは私が中心となって診療し、むしろ「普通の婦人科」を支えてくれるパートナーが必要なんだわ、ということに気付きました。

 例えば、不妊の原因が分からずに悩んでいる方に、普通の婦人科で一般的な不妊検査を行うと同時に、私の方で治療の説明やカウンセリングやキネシオロジーを使っての原因検索を行っていく。
 更年期症状が辛いという方に、普通の婦人科でホルモン検査やホルモン補充療法を行っていくと同時に、私の方でカウンセリングやインテグレイティッドヒーリングを行ったり、ハーブやサプリメントの活用法をアドバイスしていく。
 中絶や流産後の経過を普通の婦人科で診ると同時に、そのトラウマ解消やメンタルフォローを私がセッションによって行っていく。
 
 もちろん、私も普通の検診や婦人科診療も行うので、クリニックのメインは「婦人科診療」ということになりますが、心療内科医を雇ってメンタルフォローするのではなく自分が心療内科的な要素を引き受ける方がしっくりきたんです。
 こんな私のプランに乗ってもいいかもと思われる婦人科の先生いらっしゃいましたら、ぜひぜひご連絡下さいませ~。

 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新刊 携帯小説「産科医療・崩壊」
好評発売中!


   
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「本田晃一さんのグループコンサル
     ~HRDSからのメッセージ~」
 
  無料ファイルのダウンロードは
  こちらのページからどうぞ♪


あなたのクリックお待ちしてます♪⇒ブログランキング






Last updated  August 13, 2009 02:08:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
[日々思うこと] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.