405708 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はんぺん

2016.03.12
XML
カテゴリ:中国
中国「留守児童」6000万人、親は出稼ぎ…離れて生活 農村と都市の格差象徴    2016-3-12  産経新聞

 【北京=西見由章】中国で開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)で、出稼ぎに出た親と離れて農村で暮らす「留守児童」の問題に関心が集まっている。

多くは祖父母や親類が保護者となるが、犯罪や事故、児童虐待に巻き込まれるケースが後を絶たず社会問題化しているためだ。

中国では子供の5人に1人にあたる約6千万人が親から“置き去り”にされているとの統計もあるが、抜本的な解決策はないのが実情だ。

 今年1月4日、湖南省耒陽市の住宅で2人暮らしをしていた女性(57)と1歳10カ月の孫娘が家の中で死亡しているのが見つかった。両親は出稼ぎ中で、面倒を見ていた女性が急病で死亡し幼児は餓死したとみられる。

昨年6月には貴州省畢節市で、両親が出稼ぎなどでネグレクト(育児放棄)状態に置かれていた13~5歳のきょうだい4人が農薬を飲んで自殺する事件があった。

李立国民政相は9日、全人代が開かれている人民大会堂で「畢節市の悲劇はわが国の経済社会の発展段階のために起きた現象だ」とメディアに語り、留守児童の保護機構を早急に整備する考えを表明。

袁貴仁教育相も10日の記者会見で、寄宿制学校の整備や教育現場での心のケアの強化などを対策に挙げた。

 ただこうした対策は対症療法の感は否めない。留守児童が大量に生まれる背景には農業収入だけでは生活できない農村の貧困があり、出稼ぎの「農民工」は都市に欠かせない安価な労働力となっている。

 李克強首相は5日の政府活動報告で、都市と農村の格差解消へ戸籍制度の緩和や内陸部の中小都市の発展などを掲げたが、留守児童の根本的な解消に向けて、改革は緒に就いたばかりだ。






最終更新日  2016.03.12 16:07:53
コメント(0) | コメントを書く

PR

カテゴリ

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

森友疑惑 解明忘れる… New! 佐原さん

オンネリとアンネリ… New! 天地 はるなさん

韓国ドラマ「華麗な… 七詩さん

フリーページ

プロフィール


h1212jp

カレンダー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.