2007.06.18

家のこと

カテゴリ:ハウスキーピング
古い社宅といっても、実は10数年しか経ってないんです。
もっと古い社宅もいっぱいあるので、入居前は「結構新しいんだな♪」って
ほっとしてたくらい。

しかーし!引っ越してびっくりでした。
家の中が昔の古い家のような臭い。
木の窓枠には黒かび。
畳もかびてる・・・
洗面所の壁紙は湿気でめくれてて、そこにもかびが・・・
居間の壁紙は、ところどころだけ張り替えられてて
換えてない部分はヤニでまっ黄色でした。

なんといっても我慢できないのは、台所と洗面所の排水口から
下水の臭いがすることなんです(涙)
排水口というより、正確には排水パイプの根元が臭うのか、
収納扉を開けると、もわーっと下水の臭いが漂ってきます。

雨が降るとさらに臭いやすいのか、離れた場所にいても臭いがわかるくらい。
パイプ洗浄剤を使っても全然効き目はありませんでした。

今日お香を焚いたのはそんな訳なんです。臭い消しってことですね。

仕事で遅く帰ってきてあまり家にいない夫は、「1年の辛抱だから・・・」
と初めは他人事のようでしたが、あまりの臭いにようやく重い腰を上げ(重すぎる!)
担当者に話をしてくれたようです。

汚いのは我慢しますから、どうかこの臭いからだけでも解放させてください。





TWITTER

Last updated  2007.06.18 23:36:11
[ハウスキーピング] カテゴリの最新記事