今日のハプー

フリーページ

全317件 (317件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 32 >

季節の花/木/風/光

2010年11月24日
XML
カテゴリ:季節の花/木/風/光
朝 起きると 天気がエエ♪

カミさんに 声をかけた  「お参りに行こか?」


歩き出し9じ
6日前 下見した白滝谷を登る
10じはん 羽鳥峰;はとみねの稜線着
もう稜線は裸木 冬の装いである

釈迦ヶ岳まで 稜線渡り
12じ着 味噌汁 弁当
さらに北上する ピーカン すこしく風

四日市が見える 伊勢湾が見える セントレアが見える
びわ湖が見える 湖西の山が見える もっと遠い山が見える

釈迦から1じかんはんの歩行で・・・・


586


八風峠の 八風神社の 八風大明神 に お参り♪

八風大明神 と刻まれた石碑の前に 

小さな木像 木偶:でく

これに会いに来た


585


 デクノボーな わたしである 
 つまらない わたくしである
 才 うすき じぶん である
 どーしよーもない 己である 

   神仏の加護なくして 
   苦しみ多いこの世を
   平安に 歩めようや    

 いわんや やきもん屋 においておや
 カミさんと2人 細々と手づくり手描き・・・・

   マンマンチャン アン♪


 2じすぎ 八風谷(滋賀県側の)を下る
 登山道にも 渓流にも 落葉しきり

 おびただしい 落ち葉 道はフカフカ
 おびただしい 落ち葉 渓流を流れ下り
             水底に 静まれり


 

596


 あわれ いみじ おもしろき すさまじ 

 ・・・とも 思いおり


      八風谷 下り

 3じをすぎて 最期の光り

      この秋を 見送り



592

  
   カミさん 右の方にいて 

   そこにも 残光

   吐く息は 白い 


    あやまたず季節はめぐる

      ときどきのちいさなウレシサ

        それを縫いつづってシアワセとし

           霜月 師走 年の瀬・・・・

   元気に ハタライて 行こう♪


ほな 豆奴はん あんじょうに♪

1161

 
 天気よーて よろしおしたんどすなぁ♪

 鈴鹿の山 キレーどすなぁ♪  

 ーーーー
  
 ブログ読者のみなさまの お力添えを頼りに 
 書きついでまいりますよって
 どーぞ今日も1クリック おたのもうしますー♪ 
 
   ↓
b5ana-
 






最終更新日  2010年11月24日 18時18分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年11月19日
カテゴリ:季節の花/木/風/光
おととい17日に終わった
ナゴヤドームの やきものワールド
そのソーカツもいずれ ちょい先で・・・

きのう18日 朝起きると 天気がエエ
そやしカミさんにテーアン 

  どや? キブン転換
  今日 行かへん?

  サンセー♪

とゆーことで カミさんの企画立案での 
うちの裏の山 鈴鹿山地のある谷へ 
朝8じから行きましたわー♪

ここに住んでてよかった
思いついたらすぐ登れる山がある
旧の永源寺町 滋賀湖東の山里 
三重との分水嶺 鈴鹿の山々 シブイ山♪


秋 まっさかり である
登山道 落ち葉 厚く散り敷いていて
足当たりが柔らかいカンジ 
木々すでに葉を落とし 天辺が明るい


さまざまな落ち葉の色とカタチ
さまざまな諧調の 茶赤黄緑 そのミックス 
千の色 万の色 千変万化 いろんな落ち葉の 吹き寄せ

 
  キケンも潜む  登山道を覆う落ち葉
          ルートが覆われていて
          正規ルート見失うおそれあり

       厚く散り敷いた落ち葉
       下りの急坂では 滑る

    登山道を覆う落ち葉
    転落する危険のある箇所 
    その道のエッジ=端の見定めを 誤まる怖れ


    しかし 晩秋の山 初冬の山 美しい  



521


   山川草木 一木一草 森羅万象 

   春夏秋冬 四季うつろい ひととき宿る 天然の美 一期一会  

   
   どんな画家の筆よりも・・・・


525


   そこに漂う 匂い 香り

   そこに響く 音

   そこを通り過ぎる 風

   そこにある 熱 気温     

         すべてが 変化する 

         一期一会

    あやまたず 季節はめぐる・・・・


きのうは 山に登るとゆーより リラックスのためのハイキング
この先の 山行き計画に備えて ある谷のルート偵察やったんやが

まあ 目指すポイントとして・・・・


526


    天狗の滝 まで行きました

    神崎川のダイブ上のほー ハト峰の下のほー

    岩場をかなりロープで下りるんで オモシロイー

着いたら 男1女2 がいたんで ビックリ
聞いたら 三重県がわから来たそーでね
見たら 女の子たち 山ガール=オシャレ装備・・・

    キミらが いま流行りの 山ガールやなぁ

    こっちは ムカシからの 山オジンやぁ

       ウケました♪

531


この子らもすぐに 登っていったんで カミさんと2人

滝の音 聞きつつ 滝のイオン 浴びつつ 昼メシ食うた♪


533

 
 滝壺の小砂利 それが食卓
 黄色の葉っぱ 集めたお皿

 腹がへってたら どんなもんでも まいうー!
 あったかいもん を腹に入れると 元気出るー!

山用のバーナーは よー役に立つ道具♪

滝の水を沸かして 熱い味噌汁 
カミさんの握った おにぎり(しゃけ) 
日野菜のつけもん サバ缶をバーナーでグツグツ
箸 忘れたんで 見つけた小枝でなんとかかんとか


  帰り ずっと下の沢
  白い岩をピョンピョン飛んで帰り
  3時すぎの暖かな残光を身に浴びつつ
  コーヒーを飲んだ お菓子はドームに来てくださった
  リピーターさんの差し入れの 夜のお菓子 うなぎパイ♪

  行く秋を見送れて ええキブン転換になった♪  
 

    
ほな 豆奴はん あんじょうに♪

1161


 そーどすなぁ・・・・ うちも京都の舞妓どっしゃろ

 お客さんとの ごはん食べ もよーおして 懐石料理やなんやかや・・・

 世間の娘さんとは比べられへんほど ええもん食べさしてもろてますけど・・・

 なんや このごろ思いますんえ

     食は命をやしなう糧 
     おいしいまずいで食べるもんやない

 これ 忘れたこと おへん・・・・
 これ 忘れたら バチあたる


  ーーーー
  
 ブログ読者のみなさまの お力添えを頼りに 
 書きついでまいりますよって
 どーぞ今日も1クリック おたのもうしますー♪ 
 
   ↓
b5ana-
 
      
   






最終更新日  2010年11月19日 20時37分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年11月06日
カテゴリ:季節の花/木/風/光
2406


今朝 5じ45ふん がまごおり
          空のひろがり
          海のひろがり 

          朝はだんだん見えてくる


2424


今朝 6じ30ぷん がまごおり
          黄金色 陽の光
          金の水 黒い 水鳥 
          ポカリ ユラリ 浮び居り

          水鳥は 悲しからずや
          空の青 海の青にも 染まずただよふ


2427


今朝 6じ40ぷん がまごおり
          カモメ ヒラリ
          鳥の翼が切る 朝の光り

          今 今がすぎて行き
          それを見て 美しいと思った
          思ったこと その記憶 それが 私
          そのことの 集積が 私の生


 

           
         



ほな 豆奴はん あんじょうに♪

1161

  
 がまごおり 晴れの日の多い町

 快晴が7・5% 晴れが49・5% 

 雨の日は 8%しかない


      よー晴れるんどすなぁ♪ 
      

 ブログ読者のみなさまの お力添えを頼りに 
 書きついでまいりますよって
 どーぞ今日も1クリック おたのもうしますー♪ 
 
   ↓
b5ana-








最終更新日  2010年11月06日 17時24分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年10月21日
カテゴリ:季節の花/木/風/光
えーと 2.3日に オレが行った 奈良のイベント

あおぞらクラフトって ことで 週末ごとに 5回

2・3日 3日は風で みんなもう昼前から 撤収したんで

1日と2時間の売;ばい 9・10日は カミさん長浜 オレ金津

奈良へは行けんかった 

16・17日 カミさんが奈良に行き 5・8の売り上げ まずまず 
オレは16日 地元小学校の手びねり教室 子供34人親34人

今日の昼 禁煙治療に行ってから その足で中央道小渕沢へ
ええ オレ 明日から3日のイベントですわ 21・22・23日 
山梨甲州街道 台ヶ原宿クラフト これで5回目
甲斐駒ケ岳の 直下で売る3日間      

カミさんは23・24日 また奈良に行く

でね こないだ行ったとき クラフト会場 農産物も売っててね
   ここらのスーパーで 買うと¥500はするであろう
   クリを¥300で売ってた と・・・ミカンなんかも
   買おて帰ってきよりまして 

栗ごはん を焚いてくれましたんやが

ちょっと 残しておいて ゆで栗 としても食べたんですわ


2158


前歯でバキッ!と割って スプーンでホジホジ・・・マイウー

ほっこり シミジミ おだやかな味 

かすかに甘み 和む味 秋味


     去年までは ゆでてあっても
     めったと 食べなかったんですわ 栗

     なんとのー めんどくさいカンジ
     ついついオックー=億劫やったんでね

     ところが ことしは食べる 
     栗だけやのーて カキやリンゴがあると
     ちょっと食べてみるかな ってカンジで
     サッと 台所に立ち洗い 自分で皮を剥いて食べてる

     ついでってことで 家族の分も
     鉢に入れてフォークを添えてサーブするんで
     まあ カミさん 喜ぶ 株が上がる

     これねー 禁煙効果 です♪

     9月のアタマから 禁煙治療をうけてる
     クスリのみながら 12週間で禁煙する治療
     あと5週間ですわ 

     タバコを吸わないと
     時間があまる んで
     いろいろと生活習慣が変わる


 もうちょっとしたら 禁煙治療のこと くわしく♪


2158


 タバコやめ スプーンほじほじ 栗 美味し♪ 


ほな 豆奴はん あんじょうに♪

1161

 うちは キライやおへんえ
  
 タバコ吸わはる 男はんのこと

 なんや モノ思わしげ 

 なんか シブイ感じしますやんかー

 こんな見方も 古い見方 どすやろかいなぁ・・・・?

 全時代的 時代錯誤的 アナクロニズム 前の時代を引きずってる?

 そーかも知れまへんなぁ・・・・・

  ーーーー
  
 ブログ読者のみなさまの お力添えを頼りに 
 書きついでまいりますよって
 どーぞ今日も1クリック おたのもうしますー♪ 
 
   ↓
b5ana-






最終更新日  2010年10月21日 07時40分40秒
コメント(3) | コメントを書く
2010年10月05日
カテゴリ:季節の花/木/風/光
はい 土日 奈良のソーカツ♪


2日目の朝 県庁東の駐車場 北東から 道路を渡り 

裏道を往く 博物館の前のメインからゆーと 一本 北の裏通り 

寧楽美術館のある通りを抜けて 出展場所へ 出勤する


897


どこからか キンモクセイの香り  

この秋の初物 和むなぁ


898


あおによし 奈良には古き 仏たち

えーと ここ曲がって どこに出るんかな?

・・・・あっ!

東大寺への参道の石畳 南大門と内陣との間に出た


900


鴟尾:しび 金色に光り


902


金剛力士 足 ふんばり


  いやぁ すんごいですねぇ 金剛力士像は
  ですが 今回 北から逆に 南大門をくぐりましたんで
  その裏側にある 狛犬のほーに気がいって 観察したんですわ

    画像撮るのん忘れたけども・・・

  なんや ごっつ 異国風 ペルシャ風 シルクロード風
  南側の 金剛力士とおんなじ空間に 入ってて 異常にちっさい
  そやから バランス的につりあってない よけーに気になる
  台座を見ても 通常の作りでなない 雲や天女のレリーフ

  現場にはなんのセツメーもなかったんやが

  日本最古の狛犬 とされてて重文
  しかしこれは 中国獅子 である
  鎌倉時代 建久7年 1196年の作
  宋の工人が 宋から取り寄せた石を 奈良で彫った らしー
  左右どちらも 阿吽:あうんでゆーと 阿形:あぎょうである

  みなさんも こんど南大門くぐらはったら ぜひ♪




朝8じ ですが 
早起きの観光客たちが 動き出してます

この人は 韓国のツアー客 
ぼくの後ろ側では30人ほどが
ガイドさんのセツメーを聞いたはります


883


さて 出展場所の芝生広場

ほー もう鹿とのモンチャクが・・・


962


いやねー ほんま 鹿は カワイイ

カワイイんで エサをやりたくなる それが人の情

鹿と私 奈良のほのぼのとした思い出 ができそーに思う・・・


  チッ チッ チッ 甘い


鹿せんべい とゆーものを売ってはりますわね ¥150で

で それを買う 買おたとたんに まわりにいてる鹿たちが 群がり

人は いったん 走ったりして 遠くに離れる 離れたうえで

なるたけ 小さい ひ弱げなる いと可愛げなる小鹿 にやろーとする

ムリムリ ごっついのんが 横取り


ともかく 鹿せんべい 買おたら 一瞬も気を抜かず
四方八方に目を配って 強引な強欲な鹿たちの攻撃に備える
それでも 鹿密集地帯では 最期 そこらにバラ撒いて 逃げる 
ってことになりがちなんですわ 

 ちっともホノボノしない 「鹿と私と奈良」

 親御さんは注意したげてください

 ヘタするとトラウマになりかねない

 お小さい方々には くれぐれも 

 鹿への恐怖 を植えつけないようにしたげてください


このへんの機微 実情を知っている 
奈良の女子大生が 友人の大学生たちを案内していて 
はじめてらしき友人が 鹿せんべい購入しよーとしたとき

こわいで こわいで ほんまに こわいでー 

とゆーてました♪


さて・・・奈良アオゾラクラフト 10月毎週末
     その口切り10月2・3 この販売2日
     うちはこんなしつらえ

905


2・5m角が持ち分 あえて2日とも テント張らず

  初日は 雨の心配なし むしろピーカン 暑さに耐えた
  2日目 雨が降る予測 しかし張らなかった 濡れるカクゴ

  それが 結果として正解やったわけで 強風突風でしたんやわ
  それに かすかに雨も降り みんな昼前にあきらめて 店じまい

  ぼくだけ ひとりで突っ張ってるわけにも行かず うちも仕舞い
  1じはんには撤収2じ10ぷんに車載完了 商売は午前の2時間ほど

売り上げセキララ 初日 ¥11200
         翌日 ¥12500 都合¥23700

  去年5月の須磨離宮公園のクラフト 2日で¥24000
  を下回ってサイテイ記録を更新したわけなんやけども

  むしろ ウチの品はそーゆー状況でも 
  ¥23000売れる と意を強くした

初日に出しておられた右隣の1ブースの方や
左隣の5軒ほどのブースの方々は 翌日 出店されませんでした

もともと34ブースしか出店はないんで 歯抜けになると
よけーにサビシイ 人は「活気のある現場」でモノを買おうとするんで
売れ行き悪く ヒト少なく 天候悪化確実で いろんな意味 シンドクても

 出してもらいたい
 1点も売れなくても 
 ニコヤカに場を張ってもらいたい

     ヒトの情から言えば それはムリ
     ムリなことゆーてると 思うけども
     
     野外でモノを売る イベントは水物
     そこでモノを売る者のカクゴ が試されてる

     冥府魔道 生死順逆の境に生きる もと公儀介錯人 
     拝一刀:おがみいっとうと一子 大五郎=子連れ狼を見習って・・・
  

 みんなで 活気ある場を作り
 風の中に 来てくださるお客さま
 雨の中で 見てくださるお客さま に 

 なにがしか 楽しんでいただく 喜んでいただく

 そこが 野外で 売:ばい する人間の・・・・


902


 ふんばりどころ♪


1843


    はいー 思わぬ早仕舞い
    先に 家に帰ってたオレ 3合の米を焚き
    長浜に出店してたカミさんを 向かえた

    長浜は アーケードの下 2・2m角が持ち場
    初日は10じ~17じ 2日目は16じまでやって
    売り上げのセキララ 10 まあ順当な売れ行きである

さて 9・10・11日の3日が 信楽陶芸の森 カミさん
   9・10日の2日が 石川福井県境 金津創作の森 オレ

さて そのあとの3週の週末 どちらかが奈良に出店するわけで

さて どーゆーことになるか 楽しむ♪ 

   どーなっても カクゴはできてる♪・
    

 ほな 豆奴はん あんじょうに♪

1161


 ほんまに ハプーさんとこは 
 寅さんのよーな暮らし どすなぁ♪ 

 ブログ読者のみなさまの お力添えを頼りに 
 書きついでまいりますよって
 どーぞ今日も1クリック おたのもうしますー♪ 
 
   ↓
b5ana-






最終更新日  2010年10月05日 07時42分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月28日
カテゴリ:季節の花/木/風/光
いま 

山里のそここに 

曼珠紗華:まんじゅしゃげ 花ざかり

 その紅さに ハッとする花 

 秋の農村を シンボライズする花


851


ふしぎな花 葉っぱ無く
すっきり茎 いきなり花

この花を 高浜虚子が 詠んだ句
    

      曼珠紗華 見ればかならず 笞:むち打たれ


   よけい枝葉 いっさいなく 
   すっきりと 茎を伸ばし
   ひととき 命の歌 紅い紅い花 
   ひそやかに 朽ち 
   人知れず 地上から消える

      

      高浜虚子は 句を詠む者として
      曼珠紗花の シンプルな姿に 
      笞:むち打たれる と詠んだ

      芸 研ぎ澄まし しがらみ廃し ただ一つのことを


                    





ほな 豆奴はん あんじょうに♪

1161


 ウチも 芸事をやるもん お稽古に精進しますぇ♪ 

 ブログも芸事 
 読者のみなさまの お力添えを頼りに 
 書きついでまいりますよって どーぞ今日も1クリック おたのもうしますー♪ 
 
   ↓
b5ana-






最終更新日  2010年09月28日 07時16分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月15日
カテゴリ:季節の花/木/風/光
帰宅3日目 明日は出発
草津京都と 納品をいくつかして
夕方 神戸からの船 あさってには新門司
小倉で6日間 西日本陶磁器フェスタ

めずらしく帰りは陸路 
広島県の福山に行って・・・・ちよいタノシミ♪


今朝 窯から コレ↓ が出た

711

鹿は親子

父 母 子 3頭

鹿と月と山絵 の小判長皿   

鈴鹿の山里に暮らしている 山には鹿がたくさんいる

夜に声を聞く 朝に足跡を見る 夕方クルマでぶつかりそうになる

秋のあわれ

       山びとの 言いゆきことの かそけさよ

       昨日(きそ)の夜 鹿の峯を渡りし

                    釈超空=折口信夫


きんの 絵付けしてた


470


片目ですけども 絵付けの繊細なタッチ 
筆と器の距離感を測るのに とくにモンダイはない

筆を近づけていくと 筆の穂先の影が 画くべき器の表面に映る 
その影の穂先と 筆の穂先が近づいて 接触する瞬間 そこが器面

細い線 こまかい点 繊細なタッチ には
影と穂先が ふれあう瞬間 そこに注意を集中する これでOK♪


まあ 絵付けは 緊張 ですんで
ときどき 窓の外の景色に 目を休める

と・・・


451


横で 色さししてた カミさんが アレなに?

え? 

あ!

窯屋根の向こう 川向こうの崖 その木の上に・・・


449


 ほー 

 めずらしいなぁ

 大きいサギや


468 


 このサギ かなりの時間 

 この枝の上に とどまったのち

 ポイと 飛び立って 北へ羽ばたいていった



 ・・・・さあ 明日 オレも 南へ

 

 


 





ほな 豆奴はん あんじょうに♪

1161


 へぇ おーきにぃ

 ブログ読者のみなさまの お力添えを頼りに 
 書きついでまいりますよって
 どーぞ今日も1クリック おたのもうしますー♪ 
 
   ↓
b5ana-






最終更新日  2010年09月15日 14時02分50秒
コメント(1) | コメントを書く
2010年09月09日
カテゴリ:季節の花/木/風/光
一晩だけ 家に寝て きのう朝7じ 出発
台風の降らす雨を突いて 岐阜に来て
16日まである 器展の搬入

ちょい濡れたが まあうまくいき
どーせこのスゴイ降りでは
開店休業や と思いきや

雨は早々に上がり
来客の方々 続々

ありがたいことである

夕5じで会場をあとにして
岐阜公園のそばの風呂に浸かり
暮れていく長良川を見て歩いた


645


台風一過

スゴイ 空の色やった



駅のほーへ行って 2軒で呑んだ

1軒目 サンマの刺身 あんきもポン酢 生ビール中×2
2軒目 串カツ4本 おでん(湯葉 牛スジ) 生ビール中×2
          おでん(じゃがいも たまご)と ごはん

 関川夏男 の「おじさんはなぜ時代小説が空きか」を読みながら
      呑んでるんやが この本が すこぶるおもしろい♪

 10じすぎ 岐阜公園のクルマにもどって寝て 

 朝7じ

 今朝の秋


1662


 オシイ! 岐阜城が 切れた! クソッ!
 

 金華山 長良川 疾駆する女子高生

 台風一過 空気は澄んでいて

 陽射しが 痛い


1659


 鵜匠 朝の一仕事

 鵜船 薄く うつくしく 研ぎ澄まされた シェイプ

 鵜籠 いくつも波に浮かび 川 光り輝き ばっちり♪


 山 川 海 町 里

 いろんなとこ 歩きまわり

         見てまわり

          心うちに しばし 留める 

           そのときの 記憶

             匂い 音 肌ざわり 光景 味・・・

 

    それら 記憶の総体こそ  

    人の生 そのものである



    ただ一度しかない 生 である

    せいいいっぱいの 関係を持とう

    ヒトとも 自然とも 季節とも

 

 





ほな 豆奴はん あんじょうに♪


1161


 へぇ おーきにぃ

 ブログ読者のみなさまの お力添えを頼りに 
 書きついでまいりますよって
 どーぞ今日も1クリック おたのもうしますー♪ 
 
   ↓
b5ana-






最終更新日  2010年09月09日 10時22分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月04日
カテゴリ:季節の花/木/風/光
やきもん屋は 作り売り
売る者は商人 あきんど
商人は利:り を求める


きのう10じ 家を出て 12じはん 駒ヶ根に着いた
きょう4日と 明日5日 もみじクラフト である
2じはんまで 前日準備 そのあと下見に 行った

駒ヶ根から見えてる 南アルプスの 仙丈岳に
6・7日で登るんやが その下見に行った

高遠:たかとう を通ったんで 高遠城址 に行った


492


石 組み合わさり


488


藩校=進徳館 静まり


480


木の間 くらがり


477





478


夏の花 なごり

 

終焉の美 残酷の美 

凄惨にうつくしい 滅びの美


479


秋の花 はしり

空 澄みつつあり




このあと山手にむかって 戸台口ってとこへ
それはまた 明日♪ 





ほな 豆奴はん あんじょうに♪
 
1161


 へぇ おーきにぃ

 ブログ読者のみなさまの お力添えを頼りに 
 書きついでまいりますよって
 どーぞ今日も1クリック おたのもうしますー♪ 
 
   ↓
b5ana-






最終更新日  2010年09月04日 05時33分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年08月27日
カテゴリ:季節の花/木/風/光
えーと・・・ 1年中ゾウリはいてます

家で仕事してるんで 通勤もないしね
  好きなモン履いてたらええんでねー

  ¥500のケミカルゾーリを履いてる
  もっとも安く 実用的かつ便利な履物

家 仕事場はコンクリートのタタキ
  居間兼台所は 床を張ってあるわけで

  日本のフツーどおり 靴は脱いで上がる
  ゾーリやから 上がったり下りたりが 
  バリアレス 自由自在 ストレスレス

  ゾーリはふんばりも効く 通気性も良好
  ムレたり 足 臭くなったりせんしねー

  寒い時期は 靴下はいて それで ゾーリ履く
  居職=家の中での仕事やし 出かけるときもクルマ
  寒いから 足指先ちびたい ってこともないですわ

  1年中 ゾウリ履き 一足¥500 安上がり
  年に4~5足のゾーリを 履きつぶしてるかな

  年に数回しか スニーカーってはかない
  サッカーの審判用の 黒のスニーカーを履くのは
  お葬式とか結婚式のとき その1足があるだけ

  山に登るときの登山靴 夏用冬用 2足
  あ 長靴が1足 字に草刈りのときとか
  靴3足 長靴1足 ゾーリがあるだけ 
  それで 十分やっていける


  で・・・・・・ 


        オッサンの きちゃない足
        ちょっとでも サワヤカに と 
        裏の川に行って撮影してみました  

            気配りでおます 心配りでおます 


377


   夏中はいてたゾーリ を 脱ぐと・・・・・



378


   ゾーリ日焼け が くっきり

   はは オモローイ♪


ひさびさ 川に入って チャポチャポ 歩いてみた
ゾーリはいてると すぐ川に入れるのも メリット

   キモチいい

   空を見上げると 白雲 湧きあがり

   空の青みが澄んで 夏なごり


380


   今日は 削り

   明日は 手びねり

   8月 あと5日で 終わり

   9月 繁忙期の はじまり

   週末ごと どこかへ 飛びまわり



ほな 豆奴はん あんじょうに♪

1161


 へぇ おーきにぃ

 ブログ読者のみなさまの お力添えを頼りに 
 書きついでまいりますよって
 どーぞ今日も1クリック おたのもうしますー♪ 
 
   ↓
b5ana-






最終更新日  2010年08月27日 05時15分22秒
コメント(0) | コメントを書く

全317件 (317件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 32 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ハプー山人

お気に入りブログ

鎌倉三十三観音巡礼… NYG☆石田美都さん

コメント新着

 ツクイ近江八幡デイサービス 井原@ Re:三線サークル「心:くくる」増長しちゃうぞっ! (09/27) 突然のメッセージですいません。 ツクイ…
 戸田和章@ Re:宝剣岳のトンガリ 3(06/15) 歳月の経過は早いものです。三沢岳事故の…
 ハプー山人@ ありがとー♪ あの日以降も ぼくのやきもん屋の日常は…
 jiq@ Re:ブログ再開 そして引越し(06/04) 待ってましたぁ! 3.11以降日本の誰もが、…
 じむ@ 心境。。。 阪神大震災の時もこんな気分でしたね。。…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.