000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

HAPPY☆HAPPY☆HAPPY

N先生の離任☆

3月25日、今日は退院後の初外来。
受付を済ませ待合室で待っていると、張り紙に気づいた。

【3月31日付け、N先生離任。4月1日より、N先生着任】
(偶然同じイニシャル)
ちょっと…というか、かなりショック。
N先生が居なくなるだなんて、考えもしなかった。
どこの病院に行くのかな~。近くなら…聞いてみよう。

結局、今日は頭が真っ白になり何にも聞けなかった。

3月31日、外来。血液検査。
N先生とは今日が最後になる。
N先生の方から、

『今日で僕、離任になります。今度、○○さんの主治医は、新しく来るN先生です。』

『…』私は、涙があふれて言葉にならなかった。

『今度はどこの病院に行くんですか?』
『N市の大学病院だよ。』

『…』かなり、遠い。
ますます、私は黙ってしまった。看護士さんが背中をさすってくれる。

N先生が言った。
『闘うあなたの頑張り、治療を最後まで見守ってやれず申し訳ない』

涙がもう止まらなかった。

『大丈夫。今度来るN先生は、良い先生だから…大丈夫だよ。
だから、最後まで子供さんのために頑張って!』

『はい…有り難うございました』
沢山言いたい事はあったけど、涙が鼻水が止まらなくて何にも言えなかった。

私は、自分の主治医がN先生で本当に良かったと思った。
無口で、話し方がゆっくりしていて落ち着きがある。
1つずつ、何でも私と確認し合いながら進めて行く。
外科には【腕がいい】と言われるM先生もいたが、私はM先生の雰因気が嫌いだった。他の患者さんと話している様子を聞いていても、全然温かみがない。
だから、患者さんからは『診察が面倒臭い』とか『若い』とかいろいろ言われていたけれど、N先生の方が私にとっては【イイ】先生だ。
せっかちな患者さんにはせっかちなM先生があっていると思うし…。

N先生、本当にありがとう。
いつまでも、そのままで。そのままの先生で居てください。











© Rakuten Group, Inc.