176952 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My precious days

PR

X

カレンダー

お気に入りブログ

ちえぶうの日記 chiebu2007さん
「コガネメキシコイ… pit01さん
おりーぶのtori biyo… ☆おり〜ぶ☆さん
西南角部屋 ふみ@ZEP750RSさん
あや吉日記 *あや吉*さん

コメント新着

anzumama@ 冬眠してましたが 地震のも少し落ち着き、やっとブログを再…
岩のり@ 怖かったですね~>< さすがにおったまげました。 記憶する地…
あきこ@ 大丈夫ですか? まだまだ余震も続き不安なことと思います…

カテゴリ

バックナンバー

2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2008年04月01日
XML
カテゴリ:鳥さん

 

朝から冷たい風が吹き荒れて
さえぎるもののない我が家の周り
ビュービューすごい音でした。

内陸のこのあたりは
朝晩急に冷え込みます。

これからの時期
巣立ちしたばかりの
すずめの子が
急な寒さに飛べなくなって
道路に落ちていることがあります。

一晩保温して
水とゆでたまごをあげると
元気に飛び去っていきます。

雀のチュンちゃん

すずめちゃん.JPG



飛べないうちに巣から落ちていました。
これはうちに来てから2週間たったころの写真

できるだけ野鳥を拾っては
いけないのですが
待てどもママの姿は見えず
連れ帰って挿し餌をしました。

私のあとを追いかけて
足もとにじゃれついたり
髪の毛の中に隠れたり
チュンと呼ぶとお返事をしたり。

でも飛べるようになると
外で鳴いている雀たちの声に反応して
さえずり返すようになって。

小さな虫を捕まえたり
床にばら撒いたシードを
上手にさがして食べられるようになったチュンちゃん。


連休前の晴れた朝
「さあ お行き」
窓を開けると飛び出して
庭木に一度止まり
そのまま戻ってきませんでした。

少しの間だけうちの子だったチュンちゃん
自然界で元気に生き抜いてくれたでしょうか。

てんてんを迎えるきっかけとなった
6年前の話です。


ひよこ

てんをお迎えしてからは
野鳥を育ててくださる
動物病院を市内で見つけ
以来、保護の必要な子は
そちらでお願いしています。

巣ごと落ちてきた
ツバメの子たちをお願いしたり
ずいぶんお世話になっています。








最終更新日  2008年04月02日 11時01分28秒
コメント(12) | コメントを書く
[鳥さん] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


心温まる話ですね。   ジャスミン さん
ちゅんちゃん、きっと感謝してるでしょう。
我が家(マンション)のガレージにも、毎年ツバメがやって来て、同じ場所で巣を作っています。
幸い家主さんもいい方で、そのままにしていて下さっています。
可愛い顔が覗くと嬉しくなります。
みんな元気に育って欲しいですね。
疲れきっていた所に、暖かいお話、ありがとうございました。
なごみました。 (2008年04月02日 11時48分16秒)

うん・・・   ☆おり~ぶ☆ さん
泣けちゃった。桔梗さん。
こんなかわいい子とさよなら。
嬉しくもあり哀しくもあり・・・
複雑な想いだったんだろうなって。
野生さんだもの。みんなと一緒が1番なのよね。

ちゅんちゅんちゃん。
庭木に止まってお別れの挨拶だったんだろうね・・・
ありがとうって^^ (2008年04月02日 14時30分04秒)

はじめまして!   みつた さん
おみゆさんのところからやってきました。
このお話を読んで、私も昨夏にキジバトの雛を保護したことを思い出しました。
確かに野鳥を保護することは自然に反する事と言われていますよね。
でも、愛鳥家ならば巣から落ち、まだ自力でえさを取ることのできない雛を黙って見過ごすわけには行かないですよね。
幸いキジバトは保護しても動物病院で無償で診てもらえる種であったのでよかったです。
見つけたときの状態は、バイ菌により左まぶたは腫上がり半分しか開かず、そ嚢も壊死していました。
その後、回復し無事山に放鳥したと病院から聞き「あの時助けていてよかったな」と思いました。
すみません、初めてなのにこんなに長々とカキコしまして。 (2008年04月02日 16時48分39秒)

切ない   紅茶 さん
別れがとても切ないけれど、心温まるお話です。
やっぱり、庭木に一度止まったというところ、何度読み返しても凄く切ないです。

でも自然からきた子は、本能で自然へとまた帰っていくんですね。

もしかすると、ちゅんちゃんの子供や孫たちが、桔梗さんの家の意外と近くで、今も暮らしていたりするのかもしれないですよね。:) (2008年04月02日 18時27分20秒)

Re:心温まる話ですね。(04/01)   桔梗365 さん
ジャスミンさん
>ちゅんちゃん、きっと感謝してるでしょう。
私こそありがとうなの~ 鳥の可愛らしさを思い出させてくれたんですもの

>我が家(マンション)のガレージにも、毎年ツバメがやって来て、同じ場所で巣を作っています。
>可愛い顔が覗くと嬉しくなります。
>みんな元気に育って欲しいですね。
ほんとですよね~ 虫を食べてくれるツバメは農家にとって大切な鳥です。
つばめさんは遠くまで大変な旅をするのですもの、来年またお嫁さん連れてかえってきてほしいですね。
>疲れきっていた所に、暖かいお話、ありがとうございました。
>なごみました。
こちらこそ、思い出話につきあってくださってありがとうございます。 (2008年04月02日 21時46分24秒)

Re:うん・・・(04/01)   桔梗365 さん
☆おり~ぶ☆さん
>泣けちゃった。桔梗さん。
>こんなかわいい子とさよなら。
>複雑な想いだったんだろうなって。
ありがとうございます。そうなの、飛び去ったあとずっとずっと去った空を見つめて・・・

>野生さんだもの。みんなと一緒が1番なのよね。
はい、懸命に鳴き返す姿にさよならしなくちゃって。

>ちゅんちゅんちゃん。
>庭木に止まってお別れの挨拶だったんだろうね・・・
>ありがとうって^^
そうだと嬉しいです。この季節になるとことさら思い出します。 (2008年04月02日 21時49分57秒)

Re:はじめまして!(04/01)   桔梗365 さん
みつたさん
>おみゆさんのところからやってきました。
はじめまして。ようこそおいでくださいました。
みつたさんもズグロシロハラをお迎えなんですね~^^ 

>このお話を読んで、私も昨夏にキジバトの雛を保護したことを思い出しました。
回復し無事山に放鳥したと病院から聞き「あの時助けていてよかったな」と思いました。
>すみません、初めてなのにこんなに長々とカキコしまして。
書き込みしてくださりありがとうございます。
ブログにお邪魔して読ませていただきました。
キジバトちゃん、みつたさんのおかげで山に帰れたんですね^^ほんとに助けてあげられて良かったですね~^^ (2008年04月02日 21時57分25秒)

Re:切ない(04/01)   桔梗365 さん
紅茶さん
>別れがとても切ないけれど、心温まるお話です。
>やっぱり、庭木に一度止まったというところ、何度読み返しても凄く切ないです。
読んでいただいてありがとうございます。
去っていった方角をみて、空っぽの鳥かごをみて、ホッとするとともにとても淋しかったです。

>でも自然からきた子は、本能で自然へとまた帰っていくんですね。
そのまま人に懐く子もいるようですが、この子は怪我はなく、みんなのところに返すべき子でしたので帰ってくれてよかったと思います。

>もしかすると、ちゅんちゃんの子供や孫たちが、桔梗さんの家の意外と近くで、今も暮らしていたりするのかもしれないですよね。:)
はい、私もそう信じたいです。もしそうなら、とても素敵です^^ (2008年04月02日 22時04分40秒)

チュンちゃんかわいい…   ねぇね さん
昔、よく通っていた鳥病院には、保護された可哀相な姿の野鳥がたくさんいました。
人里の近くで暮らす鳥は、人間のせいでたくさんの危険に囲まれているんだなと実感し、やるせない気持ちになったものです。
でもチュンちゃんのように人間に救われて、愛情を注がれて、また自然に帰っていける鳥もいるんだと思うと、ちょっと救われます(^^)

ふと見かけたスズメさんも、チュンちゃんの血縁かもと思えば、いとおしさもひとしおになりますね。
すてきなお話、ありがとうございました。
(2008年04月03日 00時07分31秒)

Re:すずめのチュンちゃん(04/01)   さじた さん
私もスズメの子を育てて巣立たせたから、その気持ちわかりますよ~。うちの子は一直線に飛んでって、振り返りもしませんでした。寂しかったです~<後日仲間たちと一緒に戻ってきたけど
野に放すのが一番って分かってても、放したその日は落ち込みました。
ちゅんちゃん、きっと子孫をたくさんつくって、桔梗さんちの周りのスズメはちゅんちゃんの子供とか孫とか嫁とか婿とかの「ちゅんちゃん一族」ばっかりにちがいない(笑) (2008年04月03日 00時23分08秒)

Re:チュンちゃんかわいい…(04/01)   桔梗365 さん
ねぇねさん
>人里の近くで暮らす鳥は、人間のせいでたくさんの危険に囲まれているんだなと実感し、やるせない気持ちになったものです。
春先、たぬきがはねられていて、こんなふうに事故にあう動物が減らないものだろうか、と運転していて思います。やるせないですよね・・・
>ふと見かけたスズメさんも、チュンちゃんの血縁かもと思えば、いとおしさもひとしおになりますね。
はい、そうなんです~^^ 雀に限らず、いつも遊びに来るおなじみさんも可愛いです。
>すてきなお話、ありがとうございました。
こちらこそ、呼んでいただきありがとうございます^^ (2008年04月03日 09時03分13秒)

Re[1]:すずめのチュンちゃん(04/01)   桔梗365 さん
さじたさん
>うちの子は一直線に飛んでって、振り返りもしませんでした。寂しかったです~<後日仲間たちと一緒に戻ってきたけど
広い世界に夢中になって飛んでいったのでしょうね^^ 数日後に帰ってきたなんて、素敵です。みんなに「この人が助けてくれたんだよ」って紹介しに来たのですね。「さじたさん、ありがと」って言いに来たのですね。

>野に放すのが一番って分かってても、放したその日は落ち込みました。
同じです~ 情がうつってしまいますものね。

>ちゅんちゃん、きっと子孫をたくさんつくって、桔梗さんちの周りのスズメはちゅんちゃんの子供とか孫とか嫁とか婿とかの「ちゅんちゃん一族」ばっかりにちがいない(笑)
すずめの行動範囲はそんなに広くないと聞いたので、そうかもしれません。チュンちゃんの一族に囲まれていたんですね(笑)
ということは、毎朝さじたさんのベランダに、はるぼーちゃんの餌を食べに来ているのは、そのときの雀ちゃん一族ですね。素敵だわ^^ (2008年04月03日 09時16分00秒)


© Rakuten Group, Inc.