000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My precious days

PR

X

カレンダー

お気に入りブログ

ちえぶうの日記 chiebu2007さん
「コガネメキシコイ… pit01さん
おりーぶのtori biyo… ☆おり〜ぶ☆さん
西南角部屋 ふみ@ZEP750RSさん
あや吉日記 *あや吉*さん

コメント新着

anzumama@ 冬眠してましたが 地震のも少し落ち着き、やっとブログを再…
岩のり@ 怖かったですね~>< さすがにおったまげました。 記憶する地…
あきこ@ 大丈夫ですか? まだまだ余震も続き不安なことと思います…

カテゴリ

バックナンバー

2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2011年03月26日
XML
カテゴリ:日々のこと


久しぶりに中学、高校生の頃に
好きな詩や歌を書きとめたノートを手にとった。
その中のひとつ

「うたのように」 大岡信

 十六才の夢の中で、私はいつも感じていた。私の眼からまっすぐに伸びる春の舗道を。空にかかって、見えない無数の羽音に充ちて、舗道は海まで一面の空色の中を伸びていった。恋人たちは並木の梢に腰かけて、白い帽子を編んでいた。風が綿毛を散らしていた。

 十六才の夢の中で、私は自由に溶けていた。真昼の空に、私は生きた水中花だった。やさしい牝馬の瞳をした年上の娘は南へ行った。彼女の手紙は水蓮の香と潮の匂をのせてきた。小麦色した動物たちは、私の牧場で虹を渡る稽古をつづけた。

私はすべてに「いいえ」と言った。けれどもからだは、躍りあがって「はい」と叫んだ。

 

 







最終更新日  2011年03月27日 17時35分47秒
コメント(0) | コメントを書く
[日々のこと] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.