080272 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆるゆる時間

PR

Profile


rockcity

Favorite Blog

もうひとつの江戸絵… 一村雨さん

【立ち呑み屋 ViVA … カレン♪08♪さん

合格点なイロイロ探し 足長ウサギさん
映画に恋してる 夏恋karenさん
♪~Smiley nico* hom… ミニ4686さん

Comments

rockcity@ Re[1]:ねちがい(01/07) >AKIさん そおなのー! でも、お風呂で…
AKI@ Re:ねちがい(01/07) むぉ~お大事にー!寝違えって、冷やすの…
rockcity@ Re[1]:「グレート・ギャツビー」(01/05) >らぽぽ☆さん 私にはとても合う翻訳です…

Freepage List

Shopping List

2007年03月21日
XML
カテゴリ:アート
埼玉県立近代美術館まで観に行ってきた。

シュルレアリスム。
私が一番好きな絵画ジャンルだ。
およそ100点の有名なシュルレアリストたちの作品が並ぶ。

ジャン・アルプ、ルネ・マグリッド、ミロ、ダリ、ピカソ、イヴ・タンギー、ポール・デルヴォー、デ・キリコ・・・・。
一つ一つの作品に丁寧な解説が付いている。
大好きな画家たちの作品がお腹いっぱい観れてすごく満足。

「シュルレアリスムとは」「シュルレアルスムの夜明け」から始まり、第1章から4章までに分けられての展示。
わかりやすくてよかった。
正直、ダダイズムはそれほど好きではないんだけど、シュルレアリスムに与えた影響が強かったのがわかる。

様々な技法についての説明もちゃんとあって、これはよかった。
正直今までわからないまま見ていたものもあったから。

でも、マン・レイもシュルレアリストだってことは知らなかった。
彼の撮ったポートレイトはその雰囲気や空気感が好きだ。

今回の展示の多くが私の地元、岡崎市美術館からの貸し出しだったのも驚いた。
確かにいくつか目にしたことがあるけど、これほどそろえていたのかと驚いた。

常設展も観て来たけど、靉謳(あいおう)の特集はなかなか面白かった。
レインボーシリーズ、楽しい。

ジェームズ・タレルの体験型アート「テレフォン・ブース」、興味があったけど、タレルの作品は閉所・暗所恐怖症の私にはちょっと危険なので今回はパス。

常設、企画ともにとても充実した展覧会でした。
ちなみに美術館のある北浦和の公園、静かで綺麗で、ところどころにアートもあり、落ち着く場所でした。






Last updated  2007年03月21日 22時37分03秒
[アート] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.