000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆるゆる時間

PR

全666件 (666件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 67 >

2007年02月10日
XML
カテゴリ:旅行
旅行記をアップしました。
http://4travel.jp/traveler/moma_cool/
よければ見てください。






Last updated  2007年02月13日 23時01分27秒


2007年01月28日
カテゴリ:
久しぶりに村上氏の昔の短編を読み返すいい機会になった。
それぞれの作品のストーリーは、実際にはありえない世界だけれど不思議と(私には)違和感を感じさせずにしっくりくるし、読んでいてわくわくしたりもする。
好き嫌いは分かれるもしれないが、気軽に読めるし独特の村上ワールドを体験できる。
また、あとがきに村上氏の、それぞれの作品に対する解説がつけられていて「こういう思いで書いていたのか」と、新しい発見があった。ファンとしてはとても嬉しい。
長編とは違った、短編ならではの楽しさがつまった一冊だと思う。
個人的に好きなキャラクター、ワタナベノボルと羊男も出てくるのでそれもまた楽しい。






Last updated  2007年01月28日 20時49分16秒
2007年01月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりにポーラのエステへ。
年末に行くはずだったのが、担当の方の身内にご不幸があったのでひにち変更で今日に。
私の担当の方はとても丁寧で優しい方なんですが、予約変更させてしまったということもあり、
また知り合いが紹介で通い始めたこともあり、ボディクリームとか室内履き、エプロンなんかを頂きました。
わーい。

最近エプロンを懸賞で当てたんだけど、今日もらったやつはもっと大判。
いわゆるカフェエプロンってやつだけど、使いやすそう。
室内履きもとっても履きやすくてナイス♪
裏が豚革になっていてやわらかくて滑らない。

昨日の寝違えのことを話すと、いつもより丁寧にマッサージをしてくれました。
だいぶ楽になったかなあ。






Last updated  2007年01月08日 21時03分18秒
2007年01月07日
カテゴリ:生活
夜中に寝違えたらしい。
明け方、右の首肩が痛くて目が覚めた。
それから何度か痛くて目が覚めた。

仕方ないので、サロンパスを買ってきてべたべた貼った。
昨日マッサージに行ったばっかりなのにー!
えーん。

おかげで夕飯のカレーを作った後は右側を向けないくらいに。
困るぅぅぅ。。。






Last updated  2007年01月07日 23時00分30秒
2007年01月05日
カテゴリ:
その昔、「偉大なるギャツビー」のタイトルで翻訳されたときに読んだけど、当時はよくわからなかった。
訳もなんだか難しかったし、あんまり記憶に残らなかったのだ。

今回は村上春樹氏の訳で読んだ。
村上氏の大ファンということを置いておいても、素敵な訳だった。
というか、私は村上氏の翻訳は本当に素晴らしいと思っている。
ので、ついつい翻訳本も買ってしまうのだ。

「グレート・ギャツビー」って、こんなに悲しい話だったのかと、びっくり。
あれ?こんな最後だったのか。
ギャツビーって、実はすごく臆病者だったのか。
とかとか、新鮮な発見がたくさん出てきた。

あとがきで、村上氏がこの作品は自分の人生の中で間違いなく1番重要なものだと書いていたけれど、その気持ちが伝わってくる。
別に、村上氏の本来の文体がそこに出ているとか、そういうことではなくて、とても丁寧に訳されていると感じたってことですが。
きっと、村上氏が言っている様に、この作品はやはり原文で読むのがいいんだろうな。
でも、そこまでの理解力がない私にはやはりこのように素敵な翻訳をしてもらえるととてもありがたい。
翻訳って、ものすごく難しい作業だと思うんだけど、いつも丁寧に、本来の作家の意図やそのときの言葉の流行などを損なわないように訳してくれる村上氏に感謝。
おかげでたくさんの素敵な作家を知ることができました。これからもたくさん訳してください。






Last updated  2007年01月05日 23時51分21秒
2007年01月04日
カテゴリ:アート
お正月中、夜はほとんどBSテレビを見て過ごしていました。
その中で素晴らしかったのが、イタリア・フィレンツェからNHK BSで生放送された「フィレンツェ ルネッサンス」と、山口智子がゴッホの軌跡を訪ねる旅。

「ルネッサンス」のほうは、いかにしてルネッサンス美術が生まれたか、どのように発展したか、をまとめたもの。
それまではメディチ家ってどういうものか、正直あんまりよくわかっていなかったんですが、今回ようやくわかりました。
いわゆる普通の薬売りだった彼らが、高利貸しに手を出し大成功を収めたんだけど、キリスト教の「お金を儲けることは悪で、地獄に落ちる」という教えにおびえちゃって、じゃあ人の役に立つようにお金を遣おうってんで芸術にお金を遣ったためにあのようにルネッサンス美術が反映したと。

ふーーむ。
すごいじゃん、メディチ家。
結局は教皇の地位まで上り詰めるわけなんだけど、それまである特定の人たちのための芸術だったのが、コンペとかコンクールとかするようになって、市民に支持されるような芸術にしたってのはすごい。

何より、自分の家と仕事場をつなぐ1Kmの回廊を作って、そこにも素晴らしい絵を飾ってるってのがすごい。
というか、公開してほしいなあ。。。

で、もうひとつよかった番組が、山口智子の「ゴッホ」。
彼女は、浮世絵が大好きらしく、本当によく勉強してますね。
あれだけ雄弁になれるってのがまずすごい。
その語り口が時々芝居がかって見えちゃうのが玉に瑕だけど、でも「この人、本当に好きなんだなあ」ってのがよく伝わってくる。
ゴッホも、日本の影響を強く受けた画家。
浮世絵を部屋に貼って「自分も日本人の目を持ちたい」と、毎日勉強をしたらしい。
そういうことを頭に入れて、再度ゴッホの絵を観るとまた違って観えますね。

今度、もっとちゃんと浮世絵を勉強してみようと思ったわけでした。






Last updated  2007年01月04日 21時46分23秒
カテゴリ:生活
今日、東京に戻ってきました。

実家にいる間に、初めて両親の結婚式の写真とかを見ました。
今から40年ほど前。
おー、母も父もわっかい。
つうか、母、すごく痩せていたのね。。。。

新婚旅行の写真なんかも見せてもらい、自分が生まれる前の両親を見てなんだか不思議な気分でしたが、何ともレトロなモノクロ写真。
味があります。

珍しく私が昔に興味を示したので、父が大量に昔の写真を持ち出してきて。
兄や私が生まれた頃の写真を見せてくれました。

ふえーー。。。。
兄、かっわいい。ハート(手書き)

そして・・自分で言うのもなんですが、私、すっげーかわいい・・・・。赤ハート赤ハート
ちっちゃいころ、こんなにかわいかったのか。私は。。。

母も「あんたは本当にどこへ行ってもかわいいかわいいって言われた」と証言。
兄もかなりかわいかったんだけどね。兄弟揃って知らない人に「かわいい」と言われていたらしい。
しかもとても聞き分けのよい兄妹で、両親を困らせるようなことは全く無かったとか。
いい子だったんだ。うちら・・。
確かにデパートとかで駄々こねたりした覚えも無い。私はいつも母の後ろでもじもじしていた記憶が。。。

兄なんて、4歳くらいなのに白いブーツとか履いてるんだもんね。びつくり。
私もかわいい格好をさせてもらっていました。
よほど私たち兄妹ができたことが嬉しかったんだろうなあ、としみじみ。
あの時代にこれだけ写真やビデオまで残してくれていたのはありがたいことです。
兄が生まれてすぐに、スバルの軽自動車(てんとうむしってやつですね)を奮発して(しすぎ)買ったらしいし。あの時代に軽自動車って大変なことだったんだよね。
愛情いっぱいに育ててもらって感謝です。

・・・・・しかしなんですな。
あれだけかわいかった(しつこい)私、どこでどう間違ったんでしょうね?
なんでこうなっちゃったんでしょうね???

せいぜい親孝行をしなくちゃ、と思ったわけでした。






Last updated  2007年01月04日 21時24分39秒
2007年01月03日
カテゴリ:食べ物
実家に帰ったときの最大の利点。
「おいしいご飯が食べられる」スマイル

日ごろなかなか手が出ないような食材のオンパレード。
すきやき、蟹すき、そして自然薯。

実は私は大の自然薯好き。
実家では、両親の知り合いが天然の自然薯をくれるので、とってもおいしい。
おろした自然薯に卵と出汁醤油を混ぜて延ばしたのをご飯にかけて食べるのだ。
うーーーーーん。ごはん
他におかずはいらないね。

作ってもらってばっかりじゃ悪いなあと思い、ちょっと手伝ってみた。
自然薯をおろすのだ。

んが。

かゆい。。。。
かゆいかゆいかゆいぃぃいぃぃぃ!!!!

ええ。かぶれました。
その後2時間ほど、手は真っ赤に。
氷で冷やしながらご飯を食べたのでした。。。。
さすが天然物。手ごわい。
つうか、もう2度と私は触らないぞ。

結局何にも手伝いにはならなかったのでした・・・・。






Last updated  2007年01月04日 21時13分06秒
カテゴリ:生活
両親を連れ、商売繁盛で有名な「豊川稲荷」へ。
兄が会社をやっているので、商売繁盛するように、ということで母が「お札を買う」というので。

豊川へは何度も行っていたし、近くへも行っていたけど実はお稲荷さんへは初めて。

4時前に着いたのに、ものすごーーーーい渋滞失敗
なんじゃこりゃ!!

ちょっと離れた臨時駐車場に運よく停めることができ、歩いてお稲荷さんへ。
すると、参道も人で溢れかえっている。
ひーー!
15分ほど待って、ようやくお参りできました。OK

これで商売繁盛するといいけどねー。
帰りに、有名ないなりずしを買って帰りました。おいしかったです。

でも、神社やお寺ってなぜか「さん」をつけますよね?
それだけ親しみがあるってことなんだろうけど。






Last updated  2007年01月04日 21時00分44秒
2007年01月02日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は母と「赤のれん」という東海地方では有名な洋服屋の初売りへ。

安い!安すぎる!

下着が2枚で200円とかのレベル。
しかもグン○とかのメーカー。

もちろん大量購入。これでしばらくは買わなくて済みそう。
わーい(^O^)

赤のれん、東京にもあればいいのに。






Last updated  2007年01月02日 17時50分01秒

全666件 (666件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 67 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.