000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゆるゆる時間

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

プレイ

2007年03月11日
XML
カテゴリ:プレイ
歌舞伎のチケットが当たったので、一人で観に行った。
一日早い神様からの誕生日プレゼントだ。たぶん。
席は3階B席。のでまたもや花道は見えない。。しょうがないか。

3月は、通し狂言「義経千本桜」。
夜の部を観て来た。通しだから、朝も観たいけどね。
時代物ってちょっと苦手なんだけど、イヤホンガイドのおかげもあってかわかりやすい。
題目から、義経が主人公かと思いきや、そうでもないらしく、どっちかというとそれを取り巻く人たちが中心。

根っからの詐欺師で根性が悪い「いがみの権太」や、殺された親狐が鼓の皮にされ、それを慕って義経の家来佐藤忠信に化けて静御前の前に姿を現す「狐」。

どの演目でも、親、妻、子、主君への思いや愛情が伝わってくる。
特に「すし屋」では、悪いやつだと思っていたいがみの権太が、最期に見せた思いやり。
逃げている平維盛とその妻子の身代わりに自分の妻子を差し出す。
悪人だって、自分の妻子を引き渡すことのつらさが伝わってきて泣けて仕方なかった。
そして「川連法眼館・奥庭」での佐藤忠信に化けていた狐の親への思い。
「獣畜生でも親への愛情はこんなにも強い。それに引き換え人間は、兄弟間でもいがみ合い殺しあう」と、狐の思いに打たれる義経。

あの時代、理不尽に殺されてしまったり、自ら命を絶たなければならなかったり、妻子を敵に取られたり、いろんなひどいことがあったようだけど、それでも自分より誰か大切な人のために、という思いがあったような気がする。

今回は狐役の菊五郎さんが素晴らしかった。早変わりや欄干の上を歩くなど、びっくり。
それから、福助さん。きれいねえー・・。うっとり。

朝の部も観たくなったなあ。。






Last updated  2007年03月11日 23時13分48秒


2006年05月02日
カテゴリ:プレイ
母と、「團菊祭 五月大歌舞伎」を観て来ました。
午前の部、3階A席で4,200円。充分楽しめました。花道が見えなかったのは残念でしたが。

今回は、市川團十郎さんの快気祝いの会でもありました。
尾上菊五郎さんと團十郎さんの「外郎売」。
これが観たかったんですが、とってもとっても豪華絢爛で美しかったです。
團十郎さんの外郎売の早口の言い回し。すごかったです。
初めての「とざい東西~!」という、お客さんに静かにしてほしい時に言われる言葉もあり、それに続いては、復帰の挨拶がありました。
病み上がりなのに、そうとは思えない芝居。さすがですね。

海老蔵さんの「江戸の夕映え」も、じーーんとくるいい話。
海老蔵さんは初めて観たのですが、いい声ですねえ。。。
時間の都合で最後の「権三と助十」を観ずして帰りましたが、また幕見で行こうかなー。
今回はイヤホンガイドを借りたので、よく内容がわかりました。






Last updated  2006年05月02日 22時42分57秒
2006年03月25日
カテゴリ:プレイ
昨日からうちに泊まっている、歌舞伎好きの地元友人Aと歌舞伎座へ。
一幕見のチケット1000円を買って、「道明寺」を観て来ました。
一幕見は初めてなんだけど、あれで1000円なら安すぎ!
やはりほんとに好きな方たちがしょっちゅう見に来るような席らしく、「成駒屋!!」とか掛け声もたくさんあがっていました。
友人は「毎月歌舞伎が見れるんだよー!東京ってパラダイスだよね!」と喜んでいました。

確かに。
外国の方も結構多くて、イヤホンガイドを聞きながら結構笑ったり、びっくりしたりして楽しんでいました。
これからもすこし足しげく通おうっと。
でも、隣に座ったおっさんが、すっごく臭いし、ずーーっと居眠りしてるし、体がでかいからこっちまで進出してくるしで、落ち着かなかったな。
歌舞伎座に、寝に来るのはやめてください・・。






Last updated  2006年03月25日 22時36分01秒
2006年03月11日
テーマ:洋楽(2594)
カテゴリ:プレイ
The WHOの音楽を使ったミュージカル「TOMMY」を観てきました。
場所は新宿厚生年金会館。
ここ、以前ハノイ・ロックスを観た時にモンローちゃんがぶち切れちゃったところで、あんまりいい思い出はなし。
お客さんの入りは全然だめでした。。。
客席は真ん中はなんとか埋まったけど、両脇はがらがら。

ステージの上半分にはバンドが演奏する場所が作られていて、生演奏。
でも、お客の入りが悪いせいか、どうもいまひとつ迫力がない。
俳優さんも、歌はうまいんだけど、なんかいまひとつ・・・。
でも一番問題だったのは、脚本ですね。
だって、話の内容がまったくわからん。

舞台の前には薄いカーテンが下りていて、初めはそこにいろんな映像が映し出されつつ進むんだけど、展開が速いし、前後の結びつきがばらばら。
なんでピンボールが得意だった子がいきなりギター弾いてツアーしちゃうの?
なんで家に仲間を呼んじゃうの?
???
最後は一体なんだったの???
って、???だらけでした。。。
たぶん、日本語訳がすごーく悪かったってのもあるんだと思うけど。。

どうせとっぴな話にするなら、QUEENのミュージカルみたいにすればよかったのに。
そうじゃなくてバンドの話にしたいなら、三重苦の話はおかしいだろうし。。
うーーーん・・・。
脚本もピートらしいんだけど、なんだか独りよがりな内容になっていたような気がします。
それでもThe WHO世代の方たちは拍手喝采でしたが。。。
もっと違う曲も聴きたかったよねー、話、暗すぎるよねー、と友人と二人で言いながら帰ってきました・・。






Last updated  2006年03月11日 23時40分49秒
2006年01月21日
カテゴリ:プレイ
朝、カーテンを空けると外は真っ白。
わーい。雪だ雪だ♪
東京でも5センチ以上の積雪。
そんな中、楽しみにしていた茂山千作おじーちゃんの狂言を観て来ました。
狂言を観るのは4回目くらいですが、茂山狂言会は初めて。
以前テレビで千作じーちゃんを見て、「なんて素敵な笑顔なんだ!」っていっぺんに好きになっちゃいました。

場所は渋谷のセルリアンタワー。
あんなホテルの中に能楽堂があるなんて、知らなかった。
とてもきれいで、200人程度収容できる大きさ。

最初に千三郎さんの狂言についての解説があり、舞台の作りや役によって動作がどう違うか、といったことをわかりやすく面白く説明してくれました。
日本で一番大きな能楽堂は、名古屋だったんですねえ。知らなかった。
尾張はさすが、何でも大きくしますね、っておっしゃってました。
でも能舞台は柱と柱の間隔が決まっているので、名古屋のは天井を高くしたらしいです。^^;)

演目は「末広かり」「口真似」「仁王」の3曲。
「末広かり」は、以前観たことがありましたが、千作さんの演じる果報者がなんともおかしくて楽しかったです。ただ、やはりお歳のせいか、声の出があまりよくなかったかも。。
でもあの笑顔は健在。見ているだけで幸せになりました。
「口真似」と「仁王」は、テンポがいい、わかりやすい演目でした。
いずれも逸平さんや茂さんといった若手もとてもいい声で、見ていて気持ちがよかったです。

4月に能楽堂であるみたいなので、また観に行きたいなあ。






Last updated  2006年01月22日 00時45分37秒
2006年01月11日
カテゴリ:プレイ
うーん・・。いかん。
ここのところ毎日2回は「どうぶつの森」をやってしまう。
夜も寝る前までやってしまう。。

だって昨日はカバ(私はワニだと思っていたが)のゴンザレス君が風邪をひき、薬をあげないといけなかったんだけど、店が閉まっていて買えなかったし。
店が8時から23時までしかやってないから、この時間内でないと物を売ったり買ったりできないのね。
で、ついついやっちゃう。
おかげで家も改築できたんだけどさ。
今日は「すれちがい通信」をしたくて会社にも持って行ってみましたわ。
DSを持っている人同士が街中ですれ違うと、お互いにメッセージを投げあったりするってやつです。
週末に試したら、2回ほど見知らぬ人からメッセージいただきました。
ほほ。

そのせいか、どうも最近目が悪くなった気がします。
この歳でここまでハマるとは~。






Last updated  2006年01月11日 23時57分23秒
2005年12月06日
カテゴリ:プレイ
美しい しなやか 凛とした 力強い 躍動感 なめらか

バレエ好きの友人に「これを見逃したら絶対後悔する」と言われ、初めて観たシルヴィ・ギエムの「ボレロ」。
その感動を表そうと思ったけど、思いつくのは冒頭のような言葉しかないです。
まさに圧巻。衝撃。
彼女の完璧なバランスのボディが、まるで関節がないかのようになめらかに動いたかと思えば、次の瞬間には力強く彼女の内側にあるパワーを外に向ける。
一つの動きから次の動きへと行く間の空気というか、空間まで感じ取れるような踊りでした。
ボレロの音楽は私も好きですが、曲の盛り上がり方も、ギエムの踊りをより一層引き立てていました。
舞台セットと音楽とダンサーが一体となった、素晴らしいステージでした。

何と表現したらいいのか・・とにかく言葉にならないほど素晴らしかったです。
初めてバレエを見て涙ぐみました。
これが最後の「ボレロ」になるそうですが、本当に観ておいて良かった。
でもこれでもう観れなくなるのかと思うと、残念です。
しかし、ベジャールって、本当にすごい振り付けしますよね。

今日の公演内容は、
「スプリング・アンド・フォール」「Push」「シンフォニー・イン・D」そして「ボレロ」でした。
それぞれが違った味わいの内容で、とても楽しめました。
「Push」のギエムも素晴らしかったです。
ものすごい筋力だなあって、感動しました。
もちろん表現力もね。

ボレロが終わった後は、お客さんはスタンディングオベーションでした。
でも、ボレロ踊ってるギエムが髪を効果的に振り乱していたのをみて、ちょっと「連獅子」を思い出してしまったのは、私だけ??






Last updated  2005年12月07日 00時07分55秒
2005年10月14日
カテゴリ:プレイ
深夜の教育テレビを何気なーく見たら、「TRスペシャル・首藤康之 ボーイズ・クラス」ってのをやっていた。
ので、つい見た。

だって首藤君だもの♪
前回の「スワン・レイク」では見れなくて残念でしたわ。

番組では、首藤君が先生となり、小学校低学年から18歳くらいまでの少年だけを集めて1週間の集中レッスンをしていました。
日ごろは女の子の中で一人でレッスンを受けている彼ら。
ここでは同じ目的の仲間と、厳しいけれど楽しいレッスンを受けていました。
首藤君は、とにかく基礎をしっかりと教えていきます。
あるときは自分で踊ってお手本を見せます。

ほんっとに、美しい♪
何がって、姿勢が。
バレエをやっている人って、とっても姿勢が綺麗ですよね。
それだけで「はっ」とさせられます。
少年たちも、上級クラスになるとやはり見ごたえがあります。
とっても上手。
でも、まだやっぱり何かが首藤君とは違うんですよね。
何だろう?
天賦の輝き?
いやいや、それもあるけど、やっぱり人をひきつけるダイナミックかつ繊細な踊り。

「基本ができないとバレエではない。基本だけで表現力がないと、それもバレエではない。そのバランスが難しいんです。」と首藤君は言います。
なんでもそうでしょうね。
まずは基本ができて、そこから広がるってことがありますもんね。

でも、日本ではダイナミックな踊りを思い切りできるような広さのスタジオ自体がとても少ないそうです。
だからみんな海外へ行っちゃうのかな。
日本も誰も使わないような施設じゃなくって、そういう施設を作ってもっと芸術に力を入れて欲しいな。






Last updated  2005年10月14日 23時30分11秒
2005年03月21日
カテゴリ:プレイ
観てきました。騎馬オペラ「Zingaro」
友人A子に教えられて、初めて存在を知り、チケットを購入。
彼女曰く、「20年ほど前にテレビで観て以来、ずーっと観たかった」
A子はいろんなジャンルのエンターテイメントに詳しいので、そんなにいいのならと観に行くことに。

場所は木場公園内の特設会場。ちょっと不便。
チケットにも、チラシにも、「馬が出演する演出の都合上、必ず開演の20分前までにお越しください。場内への案内は15分前からになります。開演後の入場では自席にご案内できないことがございます。」とあり、やや焦りつつも無事到着。
きっかり15分前に開場しました。円形の開場内はとっても暗く、席を探すのも一苦労。
すり鉢状の観客席の底辺に円形の舞台(砂が敷かれている)があり、そこには丸いテントが張られていました。
場内ではお香がたかれ、すでに役者さんたちが円形の舞台で五体倒地をしていました。なんというか、徐々に非日常の別の世界へ気持ちが行ってしまうような感じ。


アナウンスが流れ、「上演中の拍手は、チベット僧の読経に敬意を表する意味でご遠慮ください。」とのこと。
「え?チベット僧?」と驚いたのですが、本当に本物のチベットの僧侶たちが演奏をするのです。
いや、演奏じゃないですね。読経ですね。でも、その声がとても心にしみいるというか、聞いていて不思議に穏やかな気持ちになるのです。

騎馬オペラという名のとおり、馬が出演するのですが、オペラと言ってもセリフは一切ありません。ただただ僧侶たちの声や太鼓の音が厳かに流れる中、馬と人が一体になって踊ったりします。テントもとても効果的に使われていて、光の具合でうっすらと中が透けて見えたり、スクリーンのように映像を映したり。
今回のタイトル「ルンタ」は、チベット語で「風の馬」という意味もあるそうです。特にストーリーはなく、観客がそれぞれに感じ取ってくれればいいという主義のようです。

で、私はと言えば・・うーーーん。なんと言っていいのか・・。とにかくショッキングでした。
まず、1時間45分の間、全く目が離せず、ほとんど身動きもしないで食い入るように見入ってしまいました。
美しいんです。美しいという言葉は、こういうことに使うんだなと思いました。
それに、馬と人が本当に一体化してるんです。その馬術のレベルの高さはもちろん(疾走する馬の背で立ったり逆立ちしたり飛び跳ねたり)のこと、それを難しいことのように見せないすごさと、本当に馬と人間が信頼しきっている関係が見ていてわかるんです。
主宰のバルタバスが一人と一頭で演じるパートでは、まさにケンタウルスのよう。
手綱を使っていないのに、馬がまるでバルタバスの下半身のように動くのです。馬が、人間のように演じてるんです。これには本当に驚きました。

Zingaroのメンバーは24時間、馬とともに過ごして信頼関係を築いていると聞きましたが、それでなければこんな演技はできないでしょう。
最初のパートで、テントの中がうっすらと透けて見えたとき、中に12頭の馬がいたのですが、彼らがとてもゆったりと、静かに佇んでいました。「この馬たちは人の言葉を理解するんだ」とつい思ってしまいました。誰も制御していないのに、そこでじっとしているんです。
ガチョウやロバも出演しますが、彼らもまた見事に演技(?)を披露してくれました。特にロバは、驚きの表現力。ガチョウは、ガアガアと鳴きながら、コミカルな演技を見せてくれました。ちょっと笑っちゃった。

ただ、観ていて気になったのは、「うんちしないのかなあ?」ってこと・・。すいません。くだらない事考えて。。。
でもやっぱり演技中でもうんちはしちゃってました。仕方ないんですね。というか、演じながらうんちできるって、すごいですね。
ちゃんとそのうんちは、暗転したときに係の人が片付けていました。

言葉でうまく表現できませんが、人間も馬も、他の生き物も、同じ世界に生きていて、生と死は同じように隣り合わせなんだって感じを、脳みそではなくて心で感じたようです。
余裕があれば、ぜひまた観たいと思いました。こんなにすばらしいエンターテイメントを教えてくれてA子、ありがとう。
でもこれ、本当にお勧めです。つうか、言葉でうまく表現できないので、ぜひ観てほしいなあ・・。






Last updated  2005年03月21日 23時56分07秒
2005年03月18日
カテゴリ:プレイ
午後はお休みをとって、母と歌舞伎座へ。

今日の演目は
「近江源氏先陣館」「保名」「鰯売恋曳網」
どれも初めて観る演目でした。
「近江源氏先陣館」は、鎌倉時代の物語。内容はちょっと歴史に弱い私には難しかったのですが、ざっくり言うと、敵味方に別れた兄弟、佐々木盛綱が弟 高綱の息子 小四郎を人質に取るんですが、それでも弟のことは案じていて、小四郎が北条家に人質に取られて弟が本意でない戦に巻き込まれることは避けたいと考えます。
で、まだ幼い小四郎に自害するように母(小四郎の祖母)に説得するよう頼むのです。
もうこの時点で「ありえない!」って思っちゃうんだけど、あの時代の人たちはお家のことが第一だったから、ありえたのかなあ。
幼い小四郎が、「父上がそれで戦に勝てるのであれば、何でこの命が惜しいでしょうか。」って、自ら自害することを受け入れちゃうんですよね。
もちろん、「ただ、人目父上と母上に会いたい」と訴えるんですが・・。
もうね、このあたりでうるうるしちゃいました。

結局、小四郎は切腹するんだけど、こんなに幼い子が、父のために命を捧げるなんて、悲しすぎる!ってまたうるうる。。。。

肝心の勘三郎の演技はもちろんですが、祖母役の中村芝カン(漢字が出ませんでした・・)の演技に泣ける泣ける。

「鰯売恋曳網」は、三島由紀夫が書いた歌舞伎ということで、興味津々。
お話としては、鰯売りが高級な遊女に惚れてしまい、大名を偽って遊郭に遊びに行くのですが、酔って寝ごとで鰯売りの口上を言ってしまい、大名ではないことがばれるのですが、その遊女は実はある国のお姫様で、昔鰯売りの声に惹かれてそれを追っているうちに国に帰れなくなってしまって遊郭に売り飛ばされた(!)という過去の持ち主。
二人はめでたく結ばれるという、なんとも面白いお話でした。
勘三郎の演技も滑稽で、大笑い。でも女形の玉三郎の綺麗なこと!
あの人は、本当に美しいですね。見とれてしまいました。

歌舞伎って本当に楽しいですね。素人でも楽しめます!






Last updated  2005年03月18日 23時03分56秒

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.