2007年02月12日

「異邦人たちのパリ」

カテゴリ:アート
母と国立新美術館へ。
「20世紀美術館探検」とどちらを観ようか迷ったが、母でもわかりやすそうな「異邦人たちのパリ」を観てみた。

内容としては半数くらいは抽象画だったため、母には「よくわからん」かったらしい。
かくいう私も、ポロックやミロ、カンディンスキーなら好きだけど、フランク・ステラとかになるとよくわからない。
終わりのほうのコーナーでは、オブジェが展示されていたけど、ちょっとスペース的に観るのが難しい配置だった。
前半の有名どころ(モディリアーニやシャガール、フジタなど)はさすがに人が多く、混雑していた。
個人的にはジャコメッティさんの彫刻が展示されていたのが嬉しかった。

国立新美術館は建物も素晴らしい。
さすが黒川紀章氏。
ガラス張りの波打つ壁面からは、さんさんと光が差し込んで、鑑賞後にコーヒーを飲むのもまた気持ちがいい。
次回「20世紀美術探検」を観に行こう。





TWITTER

Last updated  2007年02月16日 23時14分19秒
[アート] カテゴリの最新記事