2007年03月09日

フンデルト・ヴァッサー

カテゴリ:アート
チケットが当たったので、日本橋三越でやっていた「フンデルト・ヴァッサー展」を観てきた。
閉館近かったのに、結構な人。

ヴァッサーの作品は、大阪のごみ焼却場の建物くらいしか知らなかったんだけど、とてもカラフルで楽しい。
テーマとしては決して明るくはないんだけど。
日本画に影響を受けて、日本の彫氏、刷氏と制作した板画がとても良かった。
ところどころに貼られているメタリックな紙が不思議にマッチしている。

ヴァッサーは、環境問題にも熱心に取り組んだようで、ポスターなども制作していた。
家族、社会、国、そして地球。
自分を取り巻く環境の単位は違ってもそれを守ることの大切さを訴えてきたのだ。
だから、ごみ焼却場を作ったんだなーって納得。

今回初めて日本橋三越の展覧会に行ったけど、なかなか良かった。
点数も多かったし。
日本橋高島屋も現代アートの展示スペースを作ったらしいし、デパートのアートへの取り組みがもっと広がっていくといいなあ。

でも、2枚当たったチケットの1枚を誰かにあげたかったんだけど、結構人が多くて、1人を選べず結局無駄にしちゃいました・・。





TWITTER

Last updated  2007年03月09日 21時47分55秒
[アート] カテゴリの最新記事