2007年03月31日

河合玉堂展

カテゴリ:アート
日本橋高島屋で行われている展覧会のチケットをもらったので、観に行ってきた。

母が好きで先日名前を知った。
日本画では大家とのこと。

なるほど。
日本画はここ2年くらいで興味が湧いてきて、まだまだ全然詳しくないけど、さすが、とうなってしまうような素晴らしさ。

特に雪景色や鳥を描いたものが気に入った。
17歳の時に描いたという屏風絵の松もすごかった。
力強くて伸びやかだ。

日本画の風景は、その空間の使い方がとても好きだ。
無駄がないけど遊びがあるというのか。

今回の作品には、詩を書いたものもあったけど、ここで初めて「自画自賛」の本来の意味を知った。

自画自賛:賛とは、絵の中に書かれた詩のこと。自分の絵に自分で詩を書き込むことを自画自賛という。

へーーー。
勉強になります。





TWITTER

Last updated  2007年03月31日 23時15分35秒
[アート] カテゴリの最新記事